<< ゴールデンウィークはギターを抱...      南澤先生直伝レッスン “SP-... >>

ついに、「Yokoyama Guitar (横山ギター)」!!

c0137404_18503141.jpg

 4月26日(月)、ちょうど桜が満開の長野県へ!

 そうなんです!
 「いつかは欲しいと思っていた横山ギター」をお願いする日が
 ついにやってきたのです!!


 本当は、以前にも行ったことがある
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス」にまた行って、
 改めていろいろお話を伺ってからにしようと思っていたんですが、
 今年の開催日である5月15日(土)、16日(日)が
 仕事の都合でどうしても行けない状況になってしまって、
 「どうしようかなぁ~」と思っていたところだったんですよね。

 そんな話を南澤先生にしたら、
 「ちょうど4月26日にヨコヤマギターズに行くんですけど、
 よろしければ一緒にどうですか?」
 と、お誘いを受けたんです。

 なんという幸運!
 土日は仕事ですが、4月26日はボクが休みの月曜日です!
 
 実は、「横山ギターを手に入れるならば
 できることなら工房まで訪ねてダイレクトオーダーしたい!」
 というのが希望ではあったんですが、
 それほどギターに詳しいわけでもないし、
 確固たる耳を持っているわけでもないし、
 何をもってして自分として良い音とするか?とか、
 コントロールしやすいギターとは?とか、
 「いざとなったら、何をどうしていいやら悩んじゃうかもなぁ~」と
 少々不安でもあったんですよね。

 でも、南澤先生が一緒なら鬼に金棒!
 南澤先生の意見も参考にできるんですからねぇ!
 いや、南澤先生が選んだものと同じだっていいわけだし!!

 こんなにありがたく、ラッキーなことはありません!!!

 
 当日は朝早くに自宅を出ることになったので、
 前日は早くに床に入ったんですが、
 まるで遠足前の子供のように興奮して寝付けない状態でした。

c0137404_192742100.jpg

 南澤先生の現在のメインギターであるモーリスの「S121-SP」は、
 ギタークラフトマン(= ルシアー)・横山 正さんの作品です。

 ですから、お二人は旧知の仲という感じ。

 「Yokoyama Guitars (ヨコヤマギターズ)」は、
 その横山さんがモーリスから独立して、2006年に設立した工房なんですよね。

 そして、ボクが「Yokoyama Guitars」にお願いすれば、
 南澤先生のギターと同じ横山 正さんに作っていただけるというわけなんです。

c0137404_1910517.jpg

 さあ、南澤先生による試奏がはじまりました。

 ボクも初めは自分でもポロンポロンと弾いたりしてたんですが、
 南澤先生が弾く音を正面で聴いた方が音の違いがとても良くわかるんですよね。
 いつしか自分で弾くより南澤先生の弾く音に聴き入っていました。

 すると横山さんが、
 「そう、自分で弾くより、誰かが弾いた音を正面から聴いた方が、
 音が一番良くわかるんだよね」と。

 「やっぱり、そうですか!じゃあ先生、こっちのはどうですか?」などと、
 南澤先生が付属のCDでいろいろなギターのデモ演奏をされている
 リットーミュージック刊「銘器の音」の実演みたいになって、
 なんとも贅沢な、この上のないギター選びとなったのです。

c0137404_1952234.jpg
c0137404_1953263.jpg

 さて、南澤先生のお気に入りのギタータイプが決まりました。

 ボクも南澤先生と同じものにしようかどうか最後まで悩んだんですが、
 ちょっと材の組み合わせの違うタイプを選ぶことにしました。

 ところで、その材ですが、同じ木でも、それぞれ個性があって
 違うもんなんですね。

 横山さんはポンポンと木を叩いて聞かせてくれるんですが、
 確かに音が違うことはわかるものの、
 どういう音の板がギターになった時に、どういう音になるのかはわかりません。

 横山さんは、その音を聞き分け、
 こっちの方が、この材には合うなとか、
 それぞれで組み合わせのベストなもの選んでいただきました。

 その後、デザインをどうするかなど、
 細かいところまでいろいろ打ち合わせ。

 「う~ん、どうしよう?こっちもいいこど、あっちも捨てがたい・・」

 あれこれ悩んで、横山さんにもあれこれ質問して、
 なるほど!という回答をいただいたり、部材を見せてもらったりして、
 ・・・ついに注文!

 南澤先生も注文することになり、
 先生とは材も装飾デザインも少し違うものの
 兄弟ギターということになりました!!
 
c0137404_205042.jpg

 いやぁ~、ボクにとって単体の楽器としては、
 今までで一番高価な買い物となりましたが、
 オーダーメイドで作ってもらうんですからねぇ。

 しかも、一流プレイヤーと一流クラフトマンが同席するという
 最高のシチュエーションでのギター選びですからねぇ。

 「こんなにありがたいことでいいんだろうか?」と心配になるほどです。
 
 南澤先生、横山さん、本当にありがとうございました!

c0137404_2038513.jpg

 さて、完成するのは4~5ヶ月後。秋の始まるころになりそうです。

 それまでに一生懸命、練習しとかなくちゃなぁ~!
 
 予想としては、↓ こんな感じ。う~ん、楽しみです!!

c0137404_2091379.jpg

 当日の模様は、ヨコヤマギターズのウェブサイト内の
   「横山さんのブログ」にも掲載されています。

 南澤大介先生のブログは、こちら


  関連記事
   横山ギター、製作中! (その1)
   横山ギター、製作中! (その2)
   横山ギター、製作中! (その3)
   完成!横山ギター!! (その1)
   完成!横山ギター!! (その2)「AR-WR #300」
   小さなことで“R”が・・・

by acogihito | 2010-04-27 20:27 | ★アコギ関連 | Comments(42)  

Commented by Yasu at 2010-04-27 21:09 x
オーダーおめでとうございます。

しかもすごく贅沢なシチュエーションでの
夢のようなオーダーでしたね。

前日、興奮してしまう気持ちもよ~くわかります。
完成したらぜひ実物を拝ませてくださ~い。
Commented by のぶぞ~ at 2010-04-27 21:35 x
おーーーーーーーーーーー!
とうとうやりましたねぇ。
おめでとう御座いま~す。

しかも先生と一緒だったとは。
羨ましい限りです。

是非、音を聞かせて下さいね。ね。ね。
Commented by piyopiyo at 2010-04-27 21:55 x
か~、羨ましすぎる~。
どうしてボクも誘ってくれなかったんですか!(笑)
Commented by 必着仕事人 at 2010-04-27 22:17 x
なんと羨ましい日記でしょう!!!!!!!!

完成まで4~5ヶ月後ですか?!

楽しみですね~(^o^)
Commented by fujitone at 2010-04-27 22:52 x
完成が楽しみですね☆
南澤さんと兄弟ギター。。なんともスペシャルなギターですね~^^
横山ギター、僕も欲しくなっちゃいました。
Commented by acogihito at 2010-04-27 22:58
Yasuさま、こんばんは!
お久しぶりです。

夢のようなシチュエーションでした。

横山さんからもいろいろお話を伺うことができ、
なるほどなぁ~ということが沢山でした。

Yasuさんも機会があれば是非!
Commented by acogihito at 2010-04-27 23:01
のぶぞ~さま、こんばんは!

「いつかは!」と思っていたのが、ついにやってきました。

音は、南澤先生の方が柔らかくやさしい音色で、
ボクの方がそれより固い感じになるはずです。

2つの音を比較すると面白いかもしれませんねぇ!
Commented by acogihito at 2010-04-27 23:02
piyopiyoさま、こんばんは!

実は受け取る時も行きましょう!
なんて話をしているんですが、
その時なんてのはいかがでしょう???
Commented by acogihito at 2010-04-27 23:07
必着仕事人さま、こんばんは!

本当に楽しみな4~5ヶ月です。

ボクにとってはかなり高価な買い物なんですが、
普通に市販されている高級ギターと比較して、
「オーダーメイド」ということを考えれば
決して高くはないんでしょうね。
しかも4~5ヶ月もわくわくしていられることを考えると
なおのことのような気もします。
Commented by acogihito at 2010-04-27 23:11
fujitoneさま、こんばんは!

横山ギター、いいですよ!
ハンドメイド、オーダーメイド、
デザインもいろいろ注文できたりする割には
良くあるルシアーのギターよりは割安な感じもしますしね。

ボクとして基本的なデザインが好きなので、
それをいろいろ組み合わせてもらいました。

あとはスペシャルなワンポイントです!
Commented by Piyo at 2010-04-27 23:43 x
いいなぁ・・・あこがれの横山ギター^^!
私も、欲しいんですよね。
是非、先生と一緒に、お披露目しに来てください。・・・大阪へ
待ってます(#^.^#)
Commented by Yasu at 2010-04-27 23:55 x
私も横山さんがMorris在籍時に製作された
楽器フェアショーモデルの『M-150』(ハカランダ)を
持っているのですが、とても良くなっていますよ~。

横山さんのギターは間違いなく一生モノになるはずですから
完成が楽しみですねー!
Commented by まきろん at 2010-04-28 07:30 x
はずかしながら
これを読むまで
横山ギターって知りませんでした

いいな~
楽しみワクワクの待ち時間ですね
南澤さんと一緒に行けちゃうというのも
なんだかうらやましいですね
Commented by acogihito at 2010-04-28 07:37
Piyoさま、おはようございます。

横山ギター、ボクもずっとあこがれでした。
さらに今回、南澤先生と一緒に作っていただくことになり、
南澤先生と共通のワンポイント・デザインを入れることにしました。

その型が残っている間なら、兄弟ギターが作れるかも?

大阪、6月は間に合いませんが・・・、その次なら・・・?
Commented by acogihito at 2010-04-28 07:40
Yasuさま、おはようございます。

ハカランダですか、いいですねぇ。

音として、
マホガニー→ローズウッド→ハカランダ
の順で、きらびやかさが増していくと聞きましたが
いかがなものでしょうか?

今回、ハカランダモデルはなく、
どんな音なのかなぁと思っていたところなんです。
Commented by acogihito at 2010-04-28 08:03
まきろん さま、おはようございます。

横山ギターは、元モーリスのギタークラフトマン横山正さんが、
一人でやっている工房です。
ですから、今までの生産台数が約270本だそうです。

一人でやっている割には、これでもかなり多いそうなんですが、
大手メーカーに比べれば圧倒的に少ないですよね。

ですから、ボクのように偶然に知って、
魅せられたりしない限り、なかなか気がつかないかもしれません。

ボクの場合、たまたまアコギマガジンなどで「ルシアー」という存在を知り、
「最近は、個人でギター製作する人が多いんだな」というか、
「そういう人が雑誌で取りあげられたりするんだな」と興味を持ち、
「そういう人が作るギターっていいな」と思っていた時に、
魅せられたデザインのギターが横山ギターだったんです。

また、大手メーカーから独立した横山さんのギターって
「どんなギターを作るのか?」という背景がしっかりわかるので、
安心感が高いような気がしています。
Commented by まきろん at 2010-04-28 10:01 x
またまたわからず
「ルシアー」というのをネットでひきました
こういうときにネットってホントに便利ですね

なるほど
クラフトマンの世界があるんですね~

いつか私も横山さんのギターをいじってみたいな~
(弾いてみるとは決してまだ言えない…)
工房にもいってみたい気がします
Commented by acogihito at 2010-04-28 10:20
まきろんさんは、お住まいはどちらなんでしょうかねぇ?

東京近郊でしたら、5月15日(土)、16日(日)に開かれる
「TOKYOハンドクラフトギターフェス2010」に行ってみるといいかもしれません。
  ↓
http://handcraftguitar.jp/

「へぇ~、世の中にはこんなにいろんなギターがあるのかぁ」とか、
ギター職人の心意気というか、
マニアックな世界ではありますが、
美術展のような工芸展で、見ているだけでも楽しく、
ボクはずいぶん感銘をうけました。

そういうところでいじれますよ!
(ボクもいじらせてもらいました)

それから、関西方面でしたら、
横山ギターズへ行ったときに聞いたんですが、
今年はそれより同様のイベントを大阪でも、
東京よりも大規模に行う計画があるそうです。
Commented by まきろん at 2010-04-28 10:34 x
ボクは東京大田区に住んでいます
行ってみようかな
クラフト展

でもまた臆病風がすぐ吹くのです
とほほ

でも確かに
見ているだけでも楽しそうですもんね
Commented by スタッフS at 2010-04-28 10:56 x
先日は遠路遙々、山奥までお越し頂きましてありがとうございました(笑)

ちょっと駆け足気味の打ち合わせになってしまいましたが、概ね楽しんで頂けたようで幸いです。次回は、是非一泊の計画で遊びに来てくださいね!

ご依頼の楽器は正式な書面にて改めてご案内致しますので、暫しお待ちくださいませ。今後とも宜しくお願い致します。

PS:帰路ではご迷惑をお掛けしまして失礼しましたm(_ _)m
--------------------------------------------------------
今年は下記のイベントに横山自身が参加させて頂く予定です。
お時間がございましたら、遊びに来てくださいね!

05月15日~16日 TOKYOハンドクラフトギターフェス(東京/錦糸町)
http://handcraftguitar.jp/

06月05日~06日 大試奏会&選定会in三木楽器(大阪/心斎橋)
http://www.mikigakki.com/shinsaibashi/index.php

09月25日~26日 サウンドメッセ in OSAKA(大阪/千里中央)
http://www.sound-messe.com/

※宣伝気味で恐縮です。。。
Commented by s-121sp at 2010-04-28 11:13 x
あこぎひとさんへ
うらやましい~羨ましい過ぎるですわ~
師匠にギターを弾いてもらい、ギターを選ぶ
贅沢な日ですわ~(^▽^笑)
横山さんのギターを作ると言う事は
私のS-121Spの兄弟と言うことにしておきます。
師匠の新しいギターも気になるわ~金がないけど。
Commented by acogihito at 2010-04-28 15:01
まきろんさま、

ボクも初めて行った時は、ちょっと圧倒されてしまったんですが、
今になって思えば、やっぱり百聞は一見にしかずで、
行っておいて良かったと思っています。

美術展、工芸展を見る感覚で見るだけでも楽しいです。
Commented by acogihito at 2010-04-28 15:07
スタッフSさま、
当日は本当にありがとうございました。
おかげさまで本当に有意義な一日を過ごすことができました。

それからイベント情報もありがとうございました。
ボクの不正確な記憶でなく、正式なものを書き込んでいただいて、
大いにありがたく思います。

「正式な書面」、楽しみにしております。

それから、次にお伺いする時、
受け取りにお伺いする時は、
もう少し大勢で行くようになるかもしれません。
そうなった場合は、またよろしくお願いします。
Commented by acogihito at 2010-04-28 15:15
s-121spさま、こんにちは!

いやぁ~、申し訳ない限りです。
自分でも本当に夢のようなひと時でした。

でも、ボクもこれで、
ようやく横山正さん作のギターを手に入れられるようになり、
s-121spさんとも兄弟になれるんですね!

それから、南澤先生の北海道は、
3箇所くらいを回ることになりそうだそうですよ!
Commented by 必着仕事人 at 2010-04-28 23:30 x
なんか悔しいんで、昨年購入したギターhttp://dolphin-gt.com/stock/3950/です・・・

モーリス時代と音色が違うのかな~(汗
Commented by acogihito at 2010-04-29 00:14
必着仕事人さま、こんばんは!

おお!いいギターをお持ちなんですねぇ!!

音色に関しては、トップとサイド、バックの木の組み合わせで
かなり変わりますからねぇ。
でも、材質から言うとボクのに近いかも。

本当に木の組み合わせで、いろんな音色があって、
それぞれに素晴らしいんですよね。
どれも欲しくなっちゃう。

今回、ハカランダのギターはなかったので、
どんな音になるのか、聴くことはできなかったのですが、
何しろ貴重な木材ですから高価すぎますよね。

でも、数年前にモーリスのS-102を買った時は、
「ずいぶん高価なギターを買ったもんだ」と思っていたのに
今はこれですからねぇ。

数年後、どうなっているか・・・。
おー怖い怖い・・・。
Commented by まきろん at 2010-04-29 09:32 x
う~ん行ってみたい
しかし この話題書き込み多いですね
みんなすごく関心あるみたいだな
すごいっす
Commented by acogihito at 2010-04-29 10:11
まきろんさま、おはようございます。

買う買わない、好き嫌いはそれぞれあるにしても、
クルマ好きがクルマの話をするように、
電車好きが電車の話をするように、
みんな好きなんでしょうねぇ。

もちろんボクもいつのまにかそうなっていたんですが・・。
Commented by kuma at 2010-05-01 22:32 x
acogihitoさん、こんばんは。
ちょっと、こちらのブログから目を離していた隙に、なんとも羨ましいことになっていたのですね。私もS-92を勢いで購入したときは、「ずいぶん高いギター買っちゃったなあ、カミサンに何て言おう」なんて思っていましたが、ろくに弾くこともできないくせに、欲望だけは、どんどん膨らんでしまいます。でも私が横山ギターを手にするのは、いつの日のことになることやら。転勤族の私にとって、ギターを思う存分弾ける我が家を建てることが今の大きな課題です(-_-;)
とにかく羨ましいの一言につきますが、ギターの出来上がりを私も楽しみにまっております。(^_^)
Commented by acogihito at 2010-05-02 14:30
kumaさま、こんにちは!

ボクがソロ・ギターを始めて、今年で4年目になるんですが、
その割には成長してない自分にがっかりしてしまいます。

一方で、今後のために、ここで勢いをつけるためにという思いもあって、
「いつかは欲しい」と思っていた横山ギターを手に入れることに決めました。

一流のギターが「もったいない」ようにならないように頑張りたいと思います。

Commented by mstsswtr at 2010-05-04 21:10
はじめまして
あちこち覗きながらたどり着きました。
なかなかおしゃれなギターですね。
スティール弦のギターははあまり弾いていないのですが、お写真のようなギターも1本欲しくなりました。
Commented by acogihito at 2010-05-04 22:39
mstsswtrさま、初めまして!
書き込みありがとうございます。

このギターはスティール弦のギターでも
どちらかといえばフィンガーピッキング用で、
弦高も低く、弾きやすくできています!
いいですよ!!
Commented by まきろん at 2010-05-16 18:35 x
行けたらと思っていたハンドクラフト展ですが
仕事の都合やらで結局いけずでした
ガックシ…

かわりというわけではないですが
S92の試し弾きを楽器屋さんでしてきました
ギター自体の軽さにびっくりしました
それから音がやわらかいんですね~

あこぎひとさんの
6弦12フレット
2.2ミリ弦高という 低めのオーダーで
お願いしようと思っています

とうとうこちらも注文しちゃう予定です
これはもう殆ど心の中で間違いない!
ここから引き返せない!と勝手に思っています
すまぬ 家族よ!

そうそう
触るまで気が付かなかったんですが
S92というのは
エンドピンというか
ストラップピンというか
下についているピンがないんですね
これまたシンプルさに驚きました
Commented by ひでー at 2010-05-16 22:06 x
おひさしぶりです。
yokoyamaギターのオーダーおめでとうございます!
すごいシチュエーションでのオーダーですね!

ボクも一度試奏したことあるのですが(多分、3枚目の写真で先生が弾いているモデルと同じ型)、一発で気に入り、本気で金策を考えました。が、断念しました。

いつかは欲しい1本です。
Commented by acogihito at 2010-05-18 12:32
まきろんさま、こんにちは!

S-92は、サイドとバックに使っているマホガニーという木材が、
ローズウッドなどに比べると軽いので、随分、軽く感じますよね。

ボクはS-92を弾くまでは、
キラーンとか、パリーンとか、シャリーンとした音の方が
スチール弦的でイイ音なのかな?と思っていたんですが、
ソロ・ギター、特に南澤先生のソロ・ギターには、
S-92のソフトな音が合うようで、
最近はその音の方が耳に馴染みが良くなっています。

また見た目も、貝などの装飾がなく、
木だけでできていて、ちょっと地味な印象が最初はあったんですが、
慣れてくると、この方が良く、
そもそも山の素材である木が主体の楽器なのに、
なんで海の素材が入っているんだろう?と
貝の装飾に疑問を感じるようになりました。

(今度の横山ギターにも貝は使っていません)

S-92の音はソフトな中にも張りがあったりして、
小さく(弱く)弾いてもイイ音で、気に入っています。

味わい深い楽器ですよ!

(今度の横山ギターもS-92に近い系統になる予定です)
Commented by acogihito at 2010-05-18 13:15
ひでーさま、こんにちは!
お久しぶりです。

そうなんです。夢のような状況でオーダーできました。

ボクにとって相当高価な買い物ですが、
でも、いろいろな条件を考えると、十分に納得のいく値段というか、
逆に安いのかも、と思うほどで、
ありがたく思っています。

どんなギターになるのか、完成が楽しみです!

ひでーさんも「いつかは!」と、お思いなら、
その時は、工房まで訪ねて注文するのも一つの方法で、
より納得のいく、オリジナルな1本を作ってもらえます。
Commented by まきろん at 2010-05-23 18:33 x
あこぎひとさま
ついにきてしまいました
92
本日手に入れてきました
タカラのもちぐされにならないように練習しないと

ちょっとひくとこころなしか
うまくいくような気が…

と日記にはかいておこう

いや~満足しています
色々ありがとうございました
しばらく呑みに行くの控えないと(^^ゞ
Commented by acogihito at 2010-05-24 21:23
まきろんさま、こんばんは!

そうですか!
それはおめでとうございます。

練習していると、だんだん少しずつ、いろいろなことが分かってきて、
ゆっくりであっても一歩一歩上達していき、
それが嬉しかったりします!

一緒に末永くソロ・ギターに親しんで参りましょう!
Commented by あるにこ at 2011-10-18 11:47 x
はじめまして
検索 yokoyama guitar からこちらにたどり着きました。

古い記事ににコメントして申し訳ないのですが、
この記事の6枚目で、
あこぎひとさんと南澤氏がそれぞれ抱えてるギターなのですが、
現在、縁あって両方が手元にある状態です。

もし覚えておられたらでいいのですが、
弾いた時の感想を教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いしますm( _ _ )m
Commented by acogihito at 2011-10-19 08:27
あるにこさま、

初めまして。書き込みありがとうございます。

あれぇ~、そうなんですか!それは奇遇ですねぇ!
あの2本は、ヨコヤマギターとして珍しい、
ヘリボーンデザインのギターですよね!

その音が良くて、南澤先生は、
ホワイトスプルース・ホンジャラスマホガニーの仕様にしてもらい、
ボクのギターは、ホワイトスプルース・ローズウッドの仕様にしてもらいました。

音に関して、
南澤先生の選んだマホガニーの方は、
中低域はやや抑えられた甘くデリケートな音。
ローズウッドの方がそれに比べてパンチのある音で、
特にストロークの場合に音の違いがはっきりしました。

マホガニーの方は、
今の南澤先生のモデルの、原型になったモデルでなんですよね。

Commented by あるにこ at 2011-10-20 23:19 x
感想ありがとうございます。

なるほど!
「プロトタイプ」
と表記があったので、?でしたが、
そういうことなのですね。

最初はどちらか片方だけ買うつもりだったのですが、
シリアルも連番でしたし、
サイドバック材以外が同じスペックということで、
引き離すのは忍びないということで、
2本とも、ということになったのです。

引き比べが楽しいですw

あこぎひとさんのもカッコイイですね。
しかもシリアルキリ番だし。

そろそろ、寒くなってきましたが、
おたがいに秋の夜長を横山ギターで楽しみましょう。

ではでは。
Commented by acogihito at 2011-10-22 00:37
あるにこさま、こんばんは!

「プロトタイプ」、なるほど!
初めてヘリボーン。

そして、その組み合わせは、ボクと南澤先生のギターの原型。
兄弟のギターですよね!

イイですねぇ!!

同じような音で鳴っているわけですね!!

今後ともよろしくお願いします。

<< ゴールデンウィークはギターを抱... 南澤先生直伝レッスン “SP-... >>