<< ついに完成! 人生最高のギター      『練習曲第21番 消音Ⅱ』を弾... >>

「2014楽器フェア」に行ってきました!

c0137404_22485016.jpg

 2014年11月23日(日)、
 東京ビッグサイトで開かれた
 「2014楽器フェア」に行ってきました。

c0137404_22491192.jpg

 前に行ったのが2007年
 ソロ・ギターを始めたばっかりで、
 まだ右も左もわからないころでした。

 あの時は、会場は横浜で、
 今回は東京・有明のビッグサイトですから、
 ボクにとっては自宅の千葉からも近くなり、
 とっても便利になりました。

c0137404_22491924.jpg

 そして、規模も以前より大きくなった感じです。

 不景気な時代ですが、
 楽器業界は盛り上がっているんでしょうか?
 それとも盛り上げようと頑張っているんでしょうか??

 いずれにしても「音楽」という
 生命を維持するためのものではない第三次産業、
 「文化」が盛んということは「豊か」ということですよね!

 さて、今回、真っ先に目指したのは、
 「モリダイラ楽器」のブースです。

c0137404_230162.jpg

 ちょうどいいタイミングでした。
 ほどなくして始まった打田十紀夫さんの
 デモ演奏ライブです。

c0137404_23244100.jpg

 「楽器フェア」の会場は、
 「TOKYOハンドメイドギターフェス」なんかに比べると、
 いろいろなところでアンプを通した楽器が鳴っていて
 かなり騒々しいので、
 演奏する方もそうですが、
 聴く方も気持ちを集中しなくてはなりません。(笑)

c0137404_2373369.jpg

 でも、そこはさすが打田さん、
 軽妙なおしゃべりと演奏で
 お客さんをグイグイ引き込んでいきます。

c0137404_23102629.jpg

 PAのセッティングは、少し硬めの音にして、
 音量を上げてもハウリングが起きないようにしているとのことでした。

c0137404_23114338.jpg

 打田さんの演奏は、2ステージ見たんですが、
 曲目はすべて違ったので、
 1時間分のライブを堪能させてもらったことになります。
 ありがとうございました!

c0137404_23123087.jpg

 続いては、南澤大介先生のステージです。
 まずは、「やさしさに包まれたなら」で軽くジャブ。

c0137404_23153426.jpg

 そして2曲目は、ガツンと
 RCサクセションの「雨上がりの夜空に」です。

 ストロークで演奏するこの曲は、
 周囲の騒音の中でも遠くまで響いていきます。
 しかもロック系の人が多い中での RCサクセション、
 なんだなんだと続々とモリダイラ楽器のブースに
 人が集まってきます。

c0137404_23184580.jpg

 ちょっと外を見に行ってみたら、
 周囲の人は、モリダイラ楽器のブースに入れず
 外から覗き込んでいる状態でした。

 ちなみにボクも席には座れず、
 周辺をウロウロしている状態でした。

c0137404_23202072.jpg

 そして、「天国への階段」から「サザエさん一家」
 オリジナル曲「星を継ぐもの」まで、
 ソロ・ギターを知らない人に
 「ギター1本でここまでできるんだぞ」と知らしめるようなライブでした。


c0137404_23255615.jpg

 ちょっとほかのブースも見てきましょうということで、
 ザザッと回ってみました。

 エレキギターから、シンセサイザーやDJなどの電子楽器、
 それからクラシック系の楽器まで、
 以前より、より多彩な楽器が展示されています。

 興味深かったのは、
 普段、実物を見ることがほとんどない
 和楽器の琵琶とか、笙(しょう)とか、
 面白いものでは、ハ長調専用の
 白鍵だけのピアノなんてのもありました。

c0137404_23293030.jpg
c0137404_23294069.jpg
c0137404_2330956.jpg

 あと、ハープも普通の楽器屋さんでは見かけないので、
 どういう仕組みになっているのかとか、
 どういうところで売っていて、
 どういう人がどういうきっかけで弾くようになるのかとか、
 いろいろ質問することができて勉強になりました。

 あらゆるジャンルのあらゆる楽器が
 分け隔てなく、一堂に会している雰囲気が
 とっても良かったです。

 さて、そうこうしているうちに
 南澤先生の2回目のステージです。

c0137404_23384459.jpg

 今度は「アトリウム中央ステージ」という
 楽器フェアのメインステージなので
 周りも静かだし、PAもばっちり、
 先ほどと打って変わって
 とっても聴きやすい環境です。

c0137404_23391878.jpg

 ここでも先生は、誰もが一度は聞いたことがありそうな曲を披露。
 そうするとお客さんはどんどん集まってきました。

c0137404_2334671.jpg

 ボクはもうソロ・ギターのことは、
 すっかり「知っている人」になってしまいましたが、
 ソロ・ギターを知らず、初めて聴いた人は
 南澤先生の演奏を聴いて、
 どういう感想を持つんでしょうかねぇ?

 「すごいね、ギターって1本でこんな演奏ができるんだね」とか、
 「ギターってこんなにポテンシャルの高い楽器だったんだね」とか
 思うんでしょうかねぇ??
 自分はそう思ったんだよなぁ~。

 先生の演奏を聴いていて、
 そんなことを考えてしまいました。

c0137404_2342943.jpg

 いや~、
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス」なんかに比べると
 騒々しくて会場をちょっと回るだけで
 クラクラしちゃうような感じでしたが
 最後の南澤先生の演奏にホッとさせられました。

 南澤先生、打田さん、
 そして、今日ずっとご一緒してくださった
 千葉の南澤レッスンで同級生の寿さん、
 どうもありがとうございました!

c0137404_23501344.jpg

 会場を出ると、
 ビッグサイトの壁面を使って、
 プロジェクションマッピングを上映していました。

 実物は初めて見るので、これも良かった!

 またまた充実の1日でした!!
 ありがとうございました!!

c0137404_2351025.jpg

by acogihito | 2014-11-23 23:51 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by Kaze at 2014-11-29 15:28 x
僕は土曜日に行ったのですがプロジェクションマッピング知りませんでした、うーん残念。
楽器フェア、来年も開催してくれるといいですね。
Commented by acogihito at 2014-11-29 21:41
Kazeさま、コメントありがとうございます。
プロジェクションマッピングは土曜日もやっていたようです。
それを撮った画像はTouTubeなどで見ることはあったのですが、本物は初めてなので良かったです。

楽器フェアは毎年行われているようです。
春は「TOKYOハンドクラフトギターフェス」で静かにアコギを堪能し、秋は「楽器フェア」で賑やかに普段見ないさまざまな楽器に触れるのがいいかもしれませんね!

<< ついに完成! 人生最高のギター 『練習曲第21番 消音Ⅱ』を弾... >>