<< 『 世界に一つだけの花 』 を...      こんな日のために!? >>

エスケープで逃避行! その4

c0137404_15235786.jpg

 2016年、上半期は
 イマイチあまり良くない日々が続いていたので、気分転換!
 またまたエスケープで逃避行してきました。

 (愛車がフォードのエスケープというクルマなんです)

 梅雨の合間にもかかわらず、
 明日は好天に恵まれそうなので、
 仕事終わりの夜に東京を脱出、
 目指すは長野県の「高ボッチ高原」です。

 自宅からの距離、約260キロ。
 所要時間、約3時間半。

 ちょっと遠いのが玉にきずなんですが、
 もう何度も行っているお気に入りの場所で、
 クルマで山頂まで行けて、
 最高の絶景が楽しめるんですよね。

c0137404_15241940.jpg

 月もない真っ暗な夜でしたが、
 お気に入りポイントにクルマを停めて、
 夜のひと時を過ごします。

 今回はギターも持って行ったので、
 闇夜の中で演奏してみました。

 「リーフ・クワイエット」なので、
 音は小さいんですが、
 虫の音以外音が無い高原に
 静かに響いて
 なんかすごくリラックスできて良かったです。

c0137404_15243166.jpg

 就寝は車中泊です。

 エスケープに乗り始めてからもう15年になろうというのに
 最近になって、後部座席の座面が簡単に取り外せることがわかりました。
 そうすると、後部座席を折りたたんだ時、
 仕切りの壁のように立っていた座面がなくなるので、荷台が長く使え、
 今まで対角線状に寝ていたものが、
 縦にも寝られて、グッと広く使えるんです。

 さらにエスケープはSUV系のクルマの中でも
 荷台の室内高が高く、思った以上に広く使えるので、
 中でギターが弾けちゃうんです。

 これはありがたい!

 「さすがに買い替え時期だろうか?」と思っていた
 15年目のクルマの新発見。
 「まだまだ使えるよ」と訴えているようで、
 妙に嬉しかったりします。
 
c0137404_15244642.jpg

 そして、就寝。

 ただ深夜までギターを堪能してしまったので、
 翌朝、日の出の時間まで3時間ほどしかありません。

 でも、せっかくなら朝日を拝みたい。
 朝を高原で迎えるために
 前の晩のうちに ここに来たんですからねぇ~!

c0137404_15245616.jpg

 わずかな時間ながらもグッと寝て、
 スマホのタイマーが鳴り始め日の出の時間を迎えました。

 はじめは霧がかかっていましたが、
 しばらくすると、
 おお、中央アルプス(木曽山脈)や
 北アルプス(飛騨山脈)の山々が一望できます。

c0137404_15251420.jpg

 標高約1600メートル。
 自宅では決して味わえない朝。
 
 雲の上から山々を見るようで、まさに絶景です。

 しかも、この時間、
 ほかの観光客がいないので貸切、一人独占状態なんです。

c0137404_15253084.jpg

 高原の東側にちょっと移動すると
 今度は南アルプス(赤石山脈)、富士山、八ヶ岳、
 そして諏訪湖が一望できます。

 こんなに手軽に日本の名山を一望できるなんて
 ここしかないんじゃないでしょうか?

c0137404_15254479.jpg

 しばし、貸切、独占状態で景色を眺めるだけの、
 何もしないボーっとしたひと時を過ごしました。

c0137404_1526086.jpg

 最高に幸せ!
 睡眠時間も短かったので、
 朝日を浴びながら
 うつらうつらした時間をゆったり過ごしました。

 その後は、山を降り、
 ちょっと足を延ばして、
 ぶらっと秘湯気分が味わえる
 「竜島温泉せせらぎの湯」へ。
 
c0137404_15261393.jpg

 半分、公営のような
 「一般社団法人 梓川ふるさと振興公社」というところが運営している
 別にどうってことのない温泉なんですが、
 別にどうってことのない感じが、
 肩ひじ張らず、リラックスできるところなんですよね。

 10時から営業開始なので、
 10時ちょっとすぎに入りました。

c0137404_152624100.jpg

 ボクのほかには地元の年配が3人くらいいるくらいの
 の~んびりした雰囲気。

 豪華でもなく、大きいわけでもなく、
 別にどうってことがない感じだけど、
 とっても清潔感があっていいんですよね。

 ゆ~っくり入らせていただきました。

c0137404_15263978.jpg

 さて、お昼は
 知る人ぞ知る「やきそば よっちゃん」に
 立ち寄りました。

 ここは、ヨコヤマギターズの社員食堂といいますか、
 ヨコヤマギターを販売をしている
 「ワンダートーン」の社長さんの奥様が焼いているお店なんですよね。

 今までもヨコヤマギターズの工房に行った帰りなどに
 何度か立ち寄らせていただいたことがあるんですが、
 その味が忘れられず、はるばる来てしまったというわけなんです。

 お好み焼き、特製ソーセージ、それに焼きそば、
 う~ん、どれもこれも美味しい!!

 ただ一人ではそんなに量が食べられないので、
 いろんな種類が食べられない・・と思っていたら、
 自宅で仕事中だったワンダートーン社長のSさんが来てくれました。

 今年で創立10周年を迎えるヨコヤマギターズ。
 ヨコヤマギターがある生活のおかげで、
 充実した日々を過ごしていますとお礼を述べるなど、
 ギター談議にも花を咲かせ、
 これまた充実したひと時を過ごすことができました。

 さあ、リフレッシュできた!
 ありがとうございました!

 2016年上半期は、あまり良くなかったけど
 下半期は充実した日々になるように頑張るぞぉ~!
 と、決意して帰路に着きました。
 

c0137404_15264830.jpg

by acogihito | 2016-07-03 16:59 | ☆その他 | Comments(4)  

Commented by RSR at 2017-01-10 09:47 x
はじめまして。フォードエスケイプについて調べていてこちらのブログに辿りつき拝見いたしました。
実は当方、最近中古のエスケイプを購入することにしたのですが(納車待ち)、後部座席の座面が簡単に外れるということを読ませていただき不躾ならがコメントさせていただいた次第です。具体的にはどのようなやり方で外すことが出来るのでしょうか? お教えいただけますと幸いです。(ボルトを外すだけ位の簡単なものでしょうか?)
Commented by acogihito at 2017-01-11 07:47
RSRさま、コメントありがとうございます。

ボルトを外すよりもっと簡単です。
2か所がバネのようなフックで固定されているのですが、それを手で持ち上げて、シート部分を横にずらせば簡単に外れます。工具はいりません。外せるように設計されています。
言葉では上手く伝わらないかもしれませんが、実物を見ると予想以上に簡単です。
Commented by RSR at 2017-01-11 10:36 x
acogihitoさま

早速コメントいただきまして有難うございます!
そうなんですか、予想以上に簡単そうで嬉しい限りです、納車が待ちどうしいです。
Commented by acogihito at 2017-01-11 21:56
RSRさま
エスケープって、内装もしょぼかったり、地味な車ですが、
「道具」としてはなかなか優れモノです。
納車が楽しみですね!!

<< 『 世界に一つだけの花 』 を... こんな日のために!? >>