<< 荘厳な響き      良かったです!「Morris ... >>

リッケンバッカーの音がする!「LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL」

c0137404_123539100.jpg

 おお、いいですねぇ~!

 ビートルズのライブ盤
 新しい「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」!
 
 最新の技術でリマスターされ、
 音がよりクリアになったようです。

 この「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」は、
 アナログ盤では1977年に発売されたものの
 正式にはCD化されていませんでした。

 でもボクは海賊版のCDを持っていました。
  (上の写真の右側)

 海賊版といっても、
 マスターテープからコピーしたんじゃないかというくらい音が良くて、
 「なぜ正式にCD化しないんだろう」と
 ずっと思っていたんです。

 でも、なるほど、
 今回発売された正式盤は、
 さらに音が良くなっていました。

 このライブ盤は、1964~65年に
 3トラックのレコーダーで行われ、
 確か、ボーカル、ギターとベース、ドラムの
 3つに分けて録音されたんだと思います。

 そこにたくさんの歓声がかぶり、
 まともに使えないという録音を
 綺麗に整音したわけですよね。

 今から思うと、当時
 たった3トラックのうちの1トラックを
 ドラムにしていたのは正解ですよね。

 ドラムがしっかり録れているから、
 途中、ギターなどの音が歓声にまぎれても
 バンドとして音がまとまって聞こえます。

 さらにドラムの音がとっても良くて、
 スネアやタムの皮の音がしっかり聞こえるんですよね。

 これもデジタルで整音した成果でしょうか。

 あとジョンのリッケンバッカー325の音が
 とっても気持ちよく聞こえるんです!

c0137404_1230661.jpg
 
 実はボクは、かつてビートルズのコピーバンドをやっていて
 ジョン役でリッケンバッカーを弾いていたんですが、
 まさに「この音!」って感じです。

 初期のビートルズの場合、
 ギターの音を加工するエフェクターを使っていないので、
 ギターそのものの音がするんですよね。

 コピーバンドをやっていた当時、
 メンバーみんなでビートルズと同じ楽器を揃えて演奏したら、
 まさにビートルズの音になりましたもんね。

 さらにジョージのグレッチや
 リッケンバッカーの12弦ギターもいい音をしていて、
 聴いていて弾いてる姿が目に浮かぶようです。
 
 それにしてもこの喧噪の中で、
 しかもPAが発達していなかった当時、
 ギターはアンプからの音、
 ボーカルはボーカルアンプで会場に響かせ、
 モニターの返しは無い状態で、
 よくこんな冷静に演奏できたもんですよね。

 リズムが走ったりヨレたりことなく、
 落ち着いているのにビックリしてしまいます。

 ボクらがライブをやった時は、
 上ずってガンガン走っちゃってましたもんね。

 それとジョージがアドリブを入れたり
 スタジオ盤より、ギタリストとしてグッと良かったり、
 ギターアンプのボリュームを上げているせいか、
 スタジオ盤より、ジョンもジョージも
 ギターの音が歪んでいてワイルドな点も
 いいんですよね!

 よくビートルズって、
 演奏が上手くないとか言われますけど
 それは高度なテクニックはあまり使わなかったからで、
 バンドとしてのまとまり、演奏力はかなりのものだ
 ということが改めて良くわかり、
 感服してしまいました。


 あ、ちなみにボクらの演奏はこんな感じでした。(^^ゞ ↓




お手本はこちら!



 楽器のみならず、ストラップ、
 衣装やかつらまでそろえて成りきっていました。
 もう10年以上前の話です。(笑)

 今回の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」には
 こちらの「LONG TALL SALLY」「DIZZY MISS LIZZY」も
 本物の演奏が収録されています。



by acogihito | 2016-09-18 13:28 | ☆その他 | Comments(4)  

Commented by tonjii4989 at 2016-09-21 14:11
リッケンバッカぁ~!だ~いて歌えばぁ~~♪

と・・矢沢永吉の歌詞を思い出しました(笑

こちらのメインボーカルは、あこぎひとさんでしょうか?
(若っ!)

お若いころも、音楽にのめり込んでいらっしゃった様子が
伺える動画ですね!

こりゃ宝物ですね!!

とんGでした。
Commented by acogihito at 2016-09-21 20:11
とんGさま、
どうもありがとうございます。

ええ、メインボーカルといいますか、ジョン・レノンの役を担当しているのがワタクシでございます。(^^ゞ

バンドでライブをやっているときは、エキサイトはするものの、緊張はしなかったんですが、ソロ・ギターは緊張するんですよね!

不思議なもんです。
Commented by tonjii4989 at 2016-09-21 21:47
コメントありがとうございます。

あこぎひとさまでも、未だに緊張なさるんですね~~!

そう言えば、あこぎひとさまのメガネってなんとなく
ジョンレノンみたいです(^^y


ところで、ワイアーズの南澤大介シグネチャー弦ですが、
つい、2時間くらい前に再入荷のお知らせメールが届いていました(^^;

速攻で注文させて頂きましたっ(大汗;

ご心配やら、ご迷惑をおかけしてすいませんでした。

Commented by acogihito at 2016-09-22 17:16
こちらこそ、ありがとうございます!

ワイヤーズ、注文できて良かったです。
ボクも愛用しているので、何かの都合で無くなったら相当困っていしまいますからね。

ところで緊張ですが、
ソロ・ギターの発表会では、かなり緊張しますよ。
指がカクカク震えて、トレモロ奏法になってしまうくらいです。

バンドは勢いでごまかせますが、ソロ・ギターはそうはいきませんからね!

その分、自分で弾けるようになった時の喜びは大きいですよね!

<< 荘厳な響き 良かったです!「Morris ... >>