<< モーリス「S-92」のTシャツ      岸部眞明さんのライブ >>

オープン・チューニング

c0137404_07414622.jpg


 先週見に行った岸部眞明さんのライブで、
 「チューニングによって楽曲の表情や雰囲気が変わる」
 というようなことを話されていたのを聞いて、
 ギターの「オープン・チューニング」や
 「変則チューニング」というものが気になってきました。

 今までもいろいろなチューニング方法がある
 ということは知っていましたが、
 レギュラー・チューニングのポジションも
 まだ良くわかっていないのに
 と敬遠していたんですよね。

 でも最近になってレギュラー・チューニングに関して
 指板上の音程は、形から分かるようになってきたので、
 オープン・チューニングはどうなっているのかな?
 と考える余裕が出てきたんです。

 そんなことを思っていいたら、まさにタイムリー!
 『アコースティック・ギター・ブック』最新号の特集記事が、
 「オープン&変則チューニングが開く可能性
 となっているではありませんか!

 とっても興味深く読ませていただきました。

 ただ、読んでいるだけだと
 音としての雰囲気が分からない。

 そこで見つけたのが
 『オープン・チューニング辞典』という本です。

 こちらにはCDが付いていて
 掲載されているオープン・チューニングの
 模範演奏も収録されているので、
 そのチューニング独特の響きや雰囲気が、
 「音」として聴くことができるんです。

 そうすると、例えば、
 オープンD・チューニングの岸部さんのあの曲は、
 コード(和音)としてのあの響きもあるんだろうけど、
 オープン・チューニングにして
 隣の弦との音程差が変わることによって、
 コードを構成する音の位置関係が変わって、
 同じコードでも違った響きになるんだな
 ということが何となくわかってくるんです。

 つまり、同じ曲を
 レギュラー・チューニングでも弾くことができるけど
 あの開放弦が混ざったような独特の響きは
 レギュラー・チューニングではできないんだな
 ということですよね。

 (そもそもレギュラー・チューニングでは不可能な
  押さえ方があるかもしれないし)


 実際にボクがオープン・チューニングを使うことは
 そういう曲を弾こうと思わない限りないまだ当分無いと思いますが、
 いろいろなアーティストが様々なチューニングを使って表現するのは、
 同じコード進行でもレギュラー・チューニングとは違った響きで
 自分なりの表現をしたいということなのかも知れないな、
 絵画で言えば、油絵、水彩画、アクリル画の違いみたいなものかな?
 (ん?それだと楽器の違いくらいになってしまうか?)
 などなど、改めてギターの奥深さや魅力、特徴を思い知らされました。

 ピアノじゃできないことですもんね!

 今までCDやライブで
 いろいろなアーティストのギター演奏を聴いてきましたが、
 チューニングに関しては気にせず聴いてきました。
 
 これからはチューニングも意識してみれば
 さらにその深遠な世界を味わうことができそうです。

 いや~、ギターって面白いなぁ~!!

 

by acogihito | 2017-07-24 20:53 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< モーリス「S-92」のTシャツ 岸部眞明さんのライブ >>