<< 38年ぶりのギター仲間!      南澤大介先生のライブ at 松... >>

大好きだった「ジャパニーズ・フュージョン」をソロ・ギターで!?

c0137404_10240547.jpg


 『ギター・マガジン』2017年10月号の特集は、
 「ジャパーニーズ・フュージョン/AOR」!
 カシオペア高中正義プリズムなんかの記事です。
 
 もう、超どストライク!
 学生の頃、ホントに良く聴いていましたからねぇ~!

 当時の邦楽はやっぱり
 洋楽より一段落ちるイメージでしたが、
 フュージョン系に関しては
 「洋楽に負けてない!」って感じでしたもんね。

 中でも高中正義、カシオペア、プリズムは、
 メロディーも明快でポップで馴染み易く、
 バンドでコピーしたこともあるほど好きだったんです。
 (ただ当時ボクはギターではなくベースでしたけど)

 そうそう、フュージョンは、ジェフ・ベックのアルバム
 「ブロウ・バイ・ブロウ」(1975)あたりから
 始まったんですよね。

 はじめはクロスオーバーなんて言われてました。

 ロックのイントロと間奏の
 かっこいいギター部分だけで
 1曲作ってしまった感じ。
 どうせ英語の歌詞は分からなかったし、
 それで良かったんですよね。ww

 日本のサディスティック・ミカ・バンドの名盤「黒船」(1974)にも
 「黒船」というインストゥルメンタルの曲が入っていて
 ボーカルはイマイチだったけど「演奏はいい!」って感じでした。
 それはやっぱり日本のバンド、クリエイション
 「スピニング・トー・ホールド」(1977)にも言えましたよね。

 ギターマガジンの特集記事を読み、
 改めてカシオペアの「ASAYAKE」(1979)や
 高中正義の「ブルー・ラグーン」(1979)などを聴いてみると
 やっぱりいいですねぇ~!名曲です。

 これらの曲をソロ・ギターで弾けないもんですかねぇ~?

 「いとしのレイラ」(1970)や「天国への階段」(1971)、
 「ボヘミアン・ラプソディ」(1975)などロックの名曲を
 ソロ・ギターで挑戦してきた身としては、
 フュージョンの名曲にもぜひともチャレンジしてみたい!
 と思ってしまいます。

 でも「ソロ・ギターのしらべ」シリーズには、
 「ASAYAKE」も「ブルー・ラグーン」も収録されてないんですよね。

 でも、ラリー・カールトンの名曲「ルーム335」(1978)は
 「法悦のスタンダード篇」に収録されているので、
 改めて聴いてみると、う~む、なるほど・・・。

 さすがの南澤先生でも
 印象的なイントロから続くバッキングのリフと
 ギターのメロディーラインをからませて同時に弾くのは
 やっぱりちょっと難しいのかな?
 いや、出来たとしても素人が弾くには困難なほど複雑になってしまい
 しらべシリーズにはふさわしくないのかも・・。
 そんなことを思ってしまいました。

 となると、同様にバッキングに印象的なリフが続く
 「ASAYAKE」もソロ・ギターには難しいかもなぁ・・。
 「ブルー・ラグーン」もラテンのリズムそのままにというのは
 やっぱりちょっと難しいのかも・・。

 ロック、歌謡曲からクラシックまで
 何でもギター1本で再現しちゃうソロ・ギターですが、
 バッキングのリフとメロディーがからむような曲、
 しかも16ビートなどリズミカルな曲の再現は
 なかなか難しいのかもしれません。

 でも、なんとかできないかなぁ~!

 南澤先生に改めてぜひお願いしてみたいものです。

 ちなみにジェフ・ベックの
 「ブロウ・バイ・ブロウ」に入っている「哀しみの恋人たち」は、
 「ソロ・ギターのしらべ~至高のスタンダード篇」に収録されていて
 ボクも弾いたことがあります。




「追記」・・
c0137404_10203021.jpg

 その後、書棚を見ていたら
 「ASAYAKE」と「ブルー・ラグーン」の
 ソロ・ギター・アレンジが収録されている本を発見!

 左側の「ソロ・ギターのひととき」という本に「BLUE LAGOON」が、
 右の「極楽ソロギターサウンド2009」に「ASAYAKE」が収録されていました。

 すっかり忘れていて
 さっそく付属のCDを聴いてみたんですが・・・。

 う~ん、残念ながら
 これをこのまま弾いてみたいとは思えませんでした・・。
 通りですっかり忘れていたわけです。

 やっぱりフュージョン曲の
 ソロ・ギター・アレンジは難しいんですかねぇ~・・。


by acogihito | 2017-09-18 23:23 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by オークフィールド at 2017-09-19 00:26 x
あこぎひとさん こんばんは。

懐かしいですね。
でも当時、なんといっても日本のロックギタリストと言えばCharだったような気がします。
Smokyには驚きましたね。日本人なのにフルコーラスすべて英語で、Fender Mustangという当時聞き慣れないギターを使ってましたね。
その後、アイドル路線になってバラエティーなんか出て、歌謡曲ぽくなってしまったのが残念でした。
それから、柳ジョージも好きでしたね。和製ブルース、和製クラプトンでしたよね。
本題に戻せばやっぱり、今も現役、渡辺香津美さん。忘れてはいけないのは、クリエーションの竹田和夫さんでしょうか?

高校生に戻ってしまいますね。

当時はMartinやGibsonが欲しくてたまりませんでしたが、今、それが買える年になってみると、日本製ギター以外に興味が無くなってしまっているのが不思議ですね。
Commented by acogihito at 2017-09-19 16:54
オークフィールドさま
コメントありがとうございます。

考えてみると、今より昔の方が、ギターヒーローがいましたよね。
最近のギタリストで注目されているのはMIYAVIという人くらいでしょうか?
昔より今の方が誰もが上手くなって注目されないんでしょうかねぇ?

ギターに関しては全くその通りですね!
FenderなどエレキギターはUSAを買ったことがありますが、Japanの方が質が良かったです。
アコギも日本製の方が日本人に向いているって気がして確かにMathinとか興味がない自分が不思議です。

<< 38年ぶりのギター仲間! 南澤大介先生のライブ at 松... >>