<< 2018年、今年の目標      押尾コータローさんの『桜・咲く... >>

仕様変更、塗装でこんなに音が変わるとは!

c0137404_21503261.jpg


 写真(↑)は、
 サイドとバックにハカランダを使った
 Yokoyama Guitars 『AR-GB #555』
 ボクにとって人生最高峰のギターです。

 実は、少し前の話になりますが、
 仕様の一部を変更をしました。

 「塗装」です。

 もともとサイドとバックは、
 「艶消し」だったんですが、
 ちょっとした不具合を補修してもらう際、
 「艶ありに変更してもらったんです。

 どうして「艶あり」に変更したかと言えば、
 「色が黒に近い材は“艶あり”の方がいいのでは?」
 と思ったから。

 知人のハカランダ・ギターなどを見ると、
 艶ありの方が、艶なしより
 ハカランダの色が濃く、黒に近くなって、
 グッと深みが増して見えるんですよね。

 で、補修の塗装をしてもらう際、
 「全体を艶ありに変更してください」
 とお願いしたんです。

 そういう我がままを聞いて対応してくれるのも
 かかりつけの楽器店「MUSICLAND KEY」
 Yokoyama Guitars ならでは、なんですよね!

 ありがたいことです!

 で、しばらくして
 「艶あり」になって戻って来ました。
 
 そうしたら、
 見た目の変化以上に
 音が変化していたんです。

 ハカランダならではの
 高音のキラキラ感はそのままに
 低音がキュッと引き締まった感じ
 ボクにとってはとってもいい方向に
 変化したんです。

 「そうか、塗装でこんなに音が変わるのか!」

 本来なら塗膜が薄い「艶消し」の方が、
 材本来の音に近いのかもしれませんが、
 ボクのハカランダには「艶あり」の方が
 グッと引き締まっていい感じになりました。


 だったら、ということで、
 その後、「カマティロ」モデルの『AR-GC #420』
 サイドとバックを「艶あり」に変更してもらいました。

 こちらはハカランダ・モデルほど
 大きな変化はありませんでしたが、
 やっぱりキュッと引き締まった印象はあります。
 
 「う~ん、これもいい感じ!」

 ボクは、モーリスの『 S-92Ⅱ 』以来、
 「艶消し」に魅せられてきましたが、
 音としては「艶あり」の方が合うのかもしれません。

 となると・・・

 と、悩んだ末、
 インディアンローズウッド・モデルの
 『AR-WR #300』も
 艶ありに変更してもらうことにしました!

 こちらはトップも艶消し仕様でしたから、
 他の2台より大掛かりな作業になるとのこと。
 
 いい感じに成長していたので、
 「どうしようか?」と
 だいぶ悩んだのですが、
 ハカランダ・モデルが入って以来、
 少し印象の薄くなってきてしまった
 インディアンローズを
 生まれ変わらせるのも悪くない。
 新しいギターを買うつもりで、
 今、やってもらっています。

 さあ、どうなるか!?

 今、新しいギターを頼んだ時のように
 ワクワクしてます!

 新しいギターを買うことを考えれば
 かなり安いですしね!

 それで同じようなワクワク感を味わえるなら
 いいもんですよね!!

 乞うご期待!です。




 ちなみにハカランダ・モデルの『AR-GB #555』ですが、
 以前アップした演奏動画『星に願いを』(↑)は
 仕様変更後(艶あり)のものです。

 この演奏動画をご覧になって、
 ある方から音の変化に気づいてコメントを頂き驚きました。
 分かるもんなんですね!

 当時の記事の「コメント欄」をぜひご覧ください。

 高音から低音まで、
 キュッと引き締まってとてもバランスの良いサウンド!
 しかもその後、ナットの「溝切り」も調整してもらって
 ものすごく弾きやすくなっています。

 最高です!!
 


by acogihito | 2017-12-25 21:49 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 2018年、今年の目標 押尾コータローさんの『桜・咲く... >>