<< 「山崎まさよし」と「アコーステ...      『(JUST LIKE) ST... >>

打田十紀夫さんの「思い出の鱒釣り」の思い出

c0137404_0252541.jpgこのアルバムが発売されたのは
1998年だったでしょうか?

小学館の雑誌「BE-PAL」がプロデュースした
打田十紀夫の『思い出の鱒釣り』です。

帯には、こんなことが書いてあります。
アコースティック・ギター・サウンドによる
究極のフライフィッシング・ミュージック
」・・。

 当時のボクは、けっこうBE-PAL小僧で、フライフィッシングもやったりしてたんです。

 一方で、ビートルズのコピーバンドをやっていて、それがだんだん本格的になってきて、
 ジョン・レノンが使っていたのと同じアコースティック・ギターである「Gibson J-160E」を
 1997年に買ったりしたのをきっかけに、
 改めてアコギ・サウンドに興味を持ち始めていた時期でもありました。

 で、BE-PALの広告を見て買ったのが、この『思い出の鱒釣り』って訳です。

 何しろ、それまでアコースティック・ギターだけのCDって、
 ほとんど知らなかったですからねぇ・・・。

 ボクにとっては、これが記念すべき「初アコギ・インストCD」という思い出深いCDです。

 で、譜面も買って、「弾けるものなら弾いてみよう」とも思ったんですが、
 全く歯が立ちませんでしたね。

 というか、当時のボクは、
 このCDを聴いて「へぇ~いいなぁ」とは思ったものの、
 「そう簡単に弾けるものではなさそうだ」ということから
 無理して弾こうとは思わなかったというのが正直なところでした。

 それより、アコースティック・ギターでは、山崎まさよしの方に興味があったしなぁ~。

 それに当時は、ビートルズをすることに夢中になっていたわけですからねぇ・・・。

 ただ、このCDをきっかけに、こういう「ギター1本で弾くというジャンル(ソロ・ギター)」を知り、
 少しずつアコースティックな風に吹かれ、興味を持ち始めたという意味では、
 ボクにとっては非常に重要なCDです。

 以前、記事に書いたティム・ペンを見かけて興味を持ったのも
 このCDを聴いた前後だったんじゃないかなぁ~?

 でも、「いつかは本格的にやってみたい」と思うようになるのは、まだもう少し先のお話。
 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」が発売されるようになってからのことです。



by acogihito | 2008-01-22 01:33 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 「山崎まさよし」と「アコーステ... 『(JUST LIKE) ST... >>