<< Morris S-92      アコギ・ギタリストは「西高東低」? >>

「Morris S-92Ⅱ」を買ってしまいました!

 先日、仕事帰りにふと立ち寄った楽器店で、
 1本のギターが微笑みかけてきました。

 「やあ、君のことなら知ってるよ。モーリスのS-92だろ?」

 なおも微笑みかける、そのギター。

 「ほう、君は他の奴よりちょっとハンサムなんだねぇ・・」

 今までボクが見た「S-92」は、
 サウンドホール周りの飾りの木の色が、もっと赤っぽかったけど、
 そいつは「こげ茶色」。
 トップ材のシダーの色合いも、もっと黄土色っぽいものが多かったけど、
 そいつは綺麗な「褐色」。
 ヘッドのモーリス・マークも茶色が濃く目立たない色合いで、
 シルク・フラット塗装と相まり、そいつは全体にずいぶん渋い奴でした。

 「いやぁ、でも悪いけどモーリスはもうS-102Ⅱを持ってるんだよ。
 次に何か買うとしたらモーリスじゃないのにするつもりなんだ・・。」

 その日はそれでその場を後にしたんですが、
 帰りの電車の中ではもう頭の中がいっぱいに。
 いつしか肯定材料を探しはじめ、お金の算段をしていました。

 「あれは南澤先生のS-121spにすごく良く似た色合いだった」
 「S-92は南澤先生のS-121spを基にして作った量産モデルだから
 音色も近いんだろうな」
 「ということは、弾き方の違いがより鮮明になって、
 練習していく上でもいいんじゃないかな?」
 「トップ材がシダー、バックとサイドがマホガニーというギターも
 1本持っていたいよな」
 「前にモーリスの人に話を聞いた時
 モーリスのギターは“木の色より質を重視するので、
 色に関しては同じモデルでもかなり個体差がある”と言ってたっけな」
 「そうすると、あの色合いはそんなに多くないのかもしれないよな・・」
 「ええっと、いくらだっけ?少しは負けてくれるのかな?」・・・

 ・・ってな訳で、結局、翌日、再びその楽器店に行き、
 試奏させてもらって、値段を交渉したら8000円引いてくれるというので、
 買ってしまいましたっ!

c0137404_18585792.jpg
買ってしまった「S-92」と奥にあるのが「S-102Ⅱ

 「S-102Ⅱ」とネック形状は同じだから、持ち替えても違和感がないし、
 南澤先生のCDなどと合わせて弾くと、やっぱり同じような音色だから、
 上手く弾ければきれいなダブルトラックになったり、
 全く同じに弾けた場合はマスキング効果で南澤先生の音が聞こえなくなったり、
 けっこういい練習になりそうです。(なるといいなぁ~)


 (関連記事)→ 「Morris S-92Ⅱ」にインレイを入れてもらいました!
           「Morris S-92Ⅱ」がいい感じ! 

by acogihito | 2008-02-26 19:15 | ★アコギ関連 | Comments(12)  

Commented by takky at 2008-02-26 19:52 x
うひゃ~お金持ちですね~. (@@;

我が家は, ギター関係はフォークとクラシックとエレキと三味線(をぃ;;;;
がありまして, これ以上, 買うのは奥さんの目が怖くて...
欲しいアコギはあるんですけどね... (T_T
Commented by acogihito at 2008-02-26 20:20
いやぁ~、お金持ちだったらいいんですけどねぇ~、
そうじゃないから、この後が大変です。
いろいろ節約していかないと・・。

でも、アコギの練習をするようになってから、
休みの日も外出することが少なくなって
以前より無駄なお金を使わなくなったので、
長い目で見れば何とかなるだろうと思っているんです。
Commented by のぶぞ~ at 2008-02-26 20:47 x
羨ましい・・・羨望の眼差し( ・_・)ジッ

私も3本持っているんですけど、
スローテッドヘッドの12Fジョイントが欲しいです。
でもMorrisのSJも欲しいし、
Yokoyama Guitarsも欲しいし・・・。

切りが無いですね。アコギって。
Commented by acogihito at 2008-02-26 21:44
のぶぞ~さま、ようこそ。

ボクもいつかは「Yokoyama Guitars」が欲しいなぁ~と思っています。
でも、そもそもアコギの音が材によってどう違うのか、
あんまり良く分かっていないので、研究する意味もあるんです。
「Yokoyama Guitars」を何本も買うなんてことは
できないですからねぇ~・・。
Commented by のぶぞ~ at 2008-02-26 22:02 x
またまたお邪魔します。
私も良くわかっていませんが・・・。

ある所でYokoyama Guitarsのシダー&マホを試奏したことがあるんですが(正にS=92の組み合わせですね)メチャクチャいい音してました。
反応が早くて軽やかなんだけど、ふくよかな暖かみのある音?って言うんですかね。
きっとS=92もそんな音なんだろうなぁ・・・。
ついでにジャーマンスプルース&カマティロも弾いたんでが、
これはメチャクチャ堅い音でして、育てて上げないと絶対いい音が出そうに無いギターでしたね。

連投失礼しました。
Commented by まさを at 2008-02-26 22:27 x
こんばんは!
初めまして^^

ミクシィでお互い足跡の付け合いばかりしていたようでしたので、
遊びに来てしまいました♪

押尾さんや南澤さんが好きなところがお互いの共通点ですね。
しかも南澤さんに直に教わっておられるそうで、羨ましい限りです。
4月のフィンガーピッキングデイというイベントに今年もゲスト出演される
との事なので、今から楽しみです。

ではでは。失礼致します^^:


Commented by 必着仕事人 at 2008-02-26 22:46 x
S-92 っか~!!!

やばい!!!

欲しいほしい病が伝染しそうです!(笑)
Commented by acogihito at 2008-02-26 23:03
のぶぞ~さま

ボクも昨年5月にYokoyama Guitarsのシダー&マホを試奏したんですが、いい音でした。

ボクはそれまでスプルースにローズウッドの方が見た目も好きだったし、値段も高いし、いいギターなんだろうと思っていたんですが、実際に弾いてみるとまた違う良さがあるもんだと気が付きました。

S-92の見た目も音も華やかさはないですが、のぶぞ~さんがおっしゃる通りふくよかな暖かみのある音でなかなかいいですよ。

Commented by acogihito at 2008-02-26 23:06
まさをさま、ようこそ!

4月のフィンガーピッキングデイ、ボクも行きたいんですが、
土曜日は仕事なもので、残念です。

ところでせっかく南澤さんに習っているんですが、
なかなか上達しない先生泣かせなんです・・。

(結構頑張ってはいるつもりなんですがねぇ・・)

Commented by acogihito at 2008-02-26 23:10
必着仕事人さま

そうでしょう?欲しくなっちゃうでしょう??

世に「畳と女房は新しい方がいい」と言われますが、
ボクはギターもビンテージより新しい方がいいなぁ~。

Commented by 寿 at 2009-02-11 21:18 x
こんばんわ。僕も買っちゃいました。S92悩み続けて2年、1度売り切れ、今回生産完了、最終入荷、という文句にまけました。原木の高騰からⅡからⅢにマイナーチェンジしたら値段が上がるとのことなのです。マーチンD28から持ち換えるとS92のネックの薄さに驚きました。「銘器の音」で南澤先生がマーチンを弾くと他のメーカがどちらにシフトしているかわかるというようなことをおしゃっていたのでまずD28を買い、いまS92との違いを楽しんでいます。このブログを拝見し、さらに物欲を抑えきれずとうとう買ってしまったわけであります。これからもS92談義楽しみにしています。
Commented by acogihito at 2009-02-12 01:06
寿さま、こんばんは!

ご購入おめでとうございます!
でも、このブログが後押ししたとなると責任重いなぁ~~。

マーチンから持ち替えるとネックが薄いんですね?
ボクの場合、エレキから持ち替えたので、ちょうど良かったです!

これで今の南澤先生と基本的に同じ音が出せますね!

<< Morris S-92 アコギ・ギタリストは「西高東低」? >>