<< 続・右手薬指の特訓っ!      「Morris S-92Ⅱ」を... >>

Morris S-92

c0137404_1481829.jpg
2008年2月購入。
南澤大介先生の
Morris S-121sp(南澤カスタム)」と
ほぼ同じスペックの半手工モデルです。
たまたま行った楽器店で見かけ
色合いが気に入ったので買ってしまいました。

良く見かけるものよりも・・
サウンドホールの周りの木の飾りの色が
「こげ茶色」でサイド、バックのマホガニーと
同じような色合い。
(よく見かけるものはもっと赤っぽい)
ヘッドのモーリス・マークの色も濃く、
あんまり目立たない。
トップ材のシダーの色合いも褐色で
雰囲気がいい。
・・などなど、全体に渋い雰囲気です。

弦も南澤先生が使っているのと同じ
John Pearseのカスタム・セット
(1,2弦ミディアム、3~6弦ライト・ゲージ)
に張り替えたので、音色はほぼ同じ。

これで南澤先生の「S-121sp」で
レコーディングされた曲と合わせて弾くと
弾き方による違いが鮮明になり、
自分の駄目な点がより明確に
見えてくるような気がしています。

■Morris S-92 Specs
  Body Style =Grand Auditorium
  Cataway =Venetian
  Body Top =Solid American Ceder
  Body Back&Side =Solid Rosewood
  Top Bracing =Scalloped XX Brace
  Back Bracing =X Brace
  Neck =Mahogany
  Fingerboard =Ebony
  Neck Width =1.73 inches
  at Nut =44.0 mm
  Machine =Head Gotoh SG381-B20GG
  Scale Length =25.67 inches / 652.0 mm
  Nut/Suddle =TUSQ
  Bridge Pin =None
  Bridge =Ebony
  Finish =Silk Flat,Natural

 (関連記事)→「「Morris S-92」を買ってしまいました・・

by acogihito | 2008-02-27 23:14 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 続・右手薬指の特訓っ! 「Morris S-92Ⅱ」を... >>