<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

アコギとハープ

c0137404_21452486.jpg


 先日、東京・赤坂の街を歩いていたら、
 ウィンダム・ヒルのような素敵な音色が聞こえてきました。

 「何だろう?」と思って見に行くと、
 赤坂サカスのステージでギターとハープの
 「Tico Moon」というユニットが演奏していました。

 実はハープって、生で演奏を聴くのも、本物を見るのも初めて。

 ギターとの相性もいいんですねぇ~。

 しかし、 鑑賞させていただき、
 とっても優雅に、得した気分になれました。

 ありがたいもんです。

 ところでハープって、演奏するのは大概女性のようですが、
 男性でも演奏する人はいるんでしょうかねぇ?
 結構大きな楽器ですが、どうやって運ぶんでしょうか?
 値段は1台いくら位するものなのか??などなど、
 いろんな疑問も湧いてしまいました。

by acogihito | 2009-09-29 21:56 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

ロボット掃除機 「SO-ZI」くん

c0137404_17515719.jpg

 昔、読んだ小説に「夏への扉」というものがありました。

 ロバート・A・ハインラインというアメリカ人が書き、
 1957年に出版されたタイム・パラドックス物の王道のようなSF小説です。

 この中に「文化女中器」という
 今では考えられないような凄い名前の機械が出てくるんですが、
 それは、人間の手をわずらわせないで部屋中を掃除する「ロボット掃除機」でした。

 小説が発表されてから半世紀以上、
 ボクが読んでからも30年近い歳月が流れた2009年の今、
 本当にあるんですね、ロボット掃除機が。
 
 で、買ってしまいました。
 「CCP」というバンダイ・ナムコ・グループの会社が作っている
 「SO-ZI PREMIUM CZ-903」というロボット掃除機( ↑ 写真)です。

   (「ソージー」という名前もなかなかイージーで凄いなぁ!)

 定価は4万2000円だそうですが、購入価格は約3万円。

 これを高いと見るか、安いと見るかは人それぞれでしょうが、
 ボクにとっては「買い」でした。

 このソージーくん、
 本体前方のバンパーのような部分がセンサーになっていて、
 障害物にぶつかると方向転換。
 本体の裏側には落下防止センサーも付いていて、
 約10センチほどの段差があると危険を察知して方向転換。
 本体左右のブラシが回転して、
 ゴミをかき集め、吸い込みながら前進するんです。

 そして、「直進→ランダムに方向転換」「円弧→小回り・大回り」
 「壁面に沿って半円運動」 「ジグザグ走行」など、様々な動き方をしつつ、
 これらを繰り返すうちに部屋中を綺麗にしてくれるというわけなんです。

   (我が家の場合、3つの部屋を自分で移動して掃除してくれます!)

 しかも、充電ステーションを設置して、タイマーをセットしておけば、
 毎日、指定の時間に掃除をはじめ、
 バッテリーがなくなってくれば
 自分で充電ステーションに戻って充電するという優れもの。

 外出中の時間にセットしておけば、
 その間に自動で掃除しておいてくれるんです。

 あっちにゴツン、こっちにゴツンとぶつかっては方向転換しながら、
 文句も言わずに掃除するソージーくんの姿は、けなげでかわいいもの。
 見ていても飽きません。

 それで、いつの間にか部屋中を綺麗にしてくれるんですから、本当にありがたい!
 ボクにとってはまさに「文化女中器」って感じです。

   (でも、名前はソージーくんの方がいいね!) 

 いつの間にか今が、SFの舞台になるような未来になっていたんですねぇ~。

by acogihito | 2009-09-23 18:28 | ☆その他 | Comments(6)  

たかが・・・、されど・・・

c0137404_01653.jpg

 2009年9月9日、ビートルズのリマスター盤のCDが発売され、
 早速ボックスセットを買ってしまいました。

 ビートルズの初CD化が1987年ですから、それから22年の歳月。

 ビートルズの最後のアルバム「LET IT BE」がアナログのLPレコードとして発売されたのが、
 1970年ですから、 初CD化まで17年の歳月。

 ということは、初CD化からリマスター盤が発売されるまでの方が
 長い時間が経っているんですねぇ。
 なんだかちょっと不思議な気分・・・。


 さて、このリマスター盤のCDですが、確かに今までのCDより音がいい!
 ボーカルなどいろんな音がくっきりしたし、
 ハイハットやシンバルなどの高域音の抜けもいい!

 だけど、初CD化の時よりは衝撃は少なかったなぁ~。

 初CD化以前は、アナログ・レコードを直接聴くより、
 それを録音したカセット・テープを聴くことの方が多かったかもしれませんが、
 それまで聴こえなかった(気にしていなかった)音が聴こえてきて驚いた記憶があります。

 今回は、音が良くなったとはいえ、
 ビートルズはビートルズで、大きな変化はありませんからねぇ。
  (アンソロジーの時の方が新曲や未発表曲があって、興奮したなぁ~)


 だけど、それにしてもビートルズってやっぱり凄いんですねぇ。
 今回、つくづくそう思ってしまいました。

 ボクは、ビートルズにはあらゆる事で影響を受け、
 ビートルズとの出会いがなければ今の自分はないと思っているひとりなんですが、
 そういう人が世の中には、相当数、かなりの数でいるんでしょうね。

 そして、そういう人が新聞社やテレビ局、雑誌社など、あらゆるメディアにも沢山いて、
 だからこそ、「単にリマスター盤の発売」というだけにも関わらず、
 そういう人が呼応して、新聞記事になったり、テレビニュースでも大きな話題として
 取り上げられたりしているんじゃないかと思います。

 たかがビートルズ、されどビートルズって感じです。


 さて、正規盤がリマスターされたことで、
 これまで「アンソロジー」シリーズや「イエロー・サブマリン~ソングトラック~」、
 「Let It Be... Naked 」「LOVE」など、
 あとから発売されたリミックスの企画アルバムの方が
 正規盤より音がイイという逆転現象が解消されました。
 だとしたら、ボクとしては、「イエロー・サブマリン~ソングトラック~」のような
 「リミックス盤」も、改めてもっと色々出してくれないかな?などと思ってしまいます。

 だって、ギターとピアノが左右に分かれて聴こえる「With A Little Help From My Friends」や
 コーラスが広がる「Nowhere Man」、
 「LOVE」の中に入っていたエンディングまで完全ステレオの「I Am The Walrus」など、
 最新技術を使って再構築されたリミックス盤は、音の広がりや音像が新鮮で、
 ボクとしては、もっともっとリミックス・バージョンを聴きたいんですよね。

 まあ、ビートルズという世界遺産のような財産を守りつつ、
 手堅く商売を続けるアップル社ですから、
  (アップル=パソコンの会社でなく、ビートルズが作ったレコード会社)
 今後、10年とか20年経ったころ、さらなる最新技術を使って、
 ビートルズの最新盤、リミックス盤が出るかもしれませんねぇ。

 ファンとしては、それも楽しみで、出たら買っちゃうんだろうなぁ~。

by acogihito | 2009-09-15 23:20 | ☆その他 | Comments(2)  

お役に立てて何より!

c0137404_2257022.jpg

 写真は、南澤大介先生の自宅の仕事部屋です。
 「ある曲」の譜面を作成中でした。

 この日、南澤先生のお宅を訪ねたのは、
 先生が現在執筆中の「はじめてのソロ・ギター」の資料として、
 サイレント・ギターが必要だということで、ボクのをお貸していたからで、
 それを返却してもらうついでに遊びに行ったというわけなんです。
 
 先生が現在執筆中の「はじめてのソロ・ギター」という本、
 なんだかすごい本になりそうです。

 というのは、付属のCDは2枚。160トラック以上!

 エクササイズや様々な演奏法の模範はもちろん、
 サイレント・ギターの音をはじめ、
 いろいろなタイプのギターによって、どう音が違うのか、
 その違いも聴き分けられるようになっているそうなんです。

 ページ数は240ページ以上にもなるそうで、
 ソロ・ギターを中心に書かれているギターの集大成的教則本といった感じです。

 これは楽しみです!
 今後の参考になるに違いない!!

 しかもボクのサイレント・ギターの音もCDに収録されている!(お役に立てて何より!)

 その音を聴かせてもらったんですが、
 ボクのサイレント・ギターにもかかわらず、
 ボクが弾くより、いい音なんですよね。

 やっぱり弾く人によって違うんですねぇ・・・。(トホホ)
 
c0137404_23154719.jpg

 その後、ナッシュビル・チューニングを使った「ある曲」のさわりを弾いてくださいました。

 ナッシュビル・チューニングとは、
 1、2弦は普通ですが、3~6弦に細い弦を張り、1オクターブ高くするチューニングです。
 
 さて、その「ある曲」とは? 

 秋に発売される「アコースティック・ギター・マガジン」に掲載されるそうです。

 
 それにしても楽しい一日でした!

by acogihito | 2009-09-08 23:24 | ★アコギ関連 | Comments(12)  

新体制!?

c0137404_2365924.jpg

 日本の政治では政権交代が起こって、
 民主党が中心となる「新体制」になろうとしています。

 それによって、少しでもいい日本になってくれればいいなと思います。

 さて、それとは全く関係のない私事で恐縮なんですが、
 この度、自宅を改造して、新しくギターの練習スペースを確保しました!

 「新体制」になって、少しでも上達できたらいいなと思っています。

by acogihito | 2009-09-01 23:11 | ★アコギ関連 | Comments(6)