<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

マイケル・ジャクソン追悼、アコースティック・カバーズ

c0137404_17452426.jpg

 マイケル・ジャクソンの命日が6月25日でした。

 そんな折、ふと見つけたのが
 「MJ アコースティック・カバーズ~トリビュート・トゥ・マイケル~R.Ⅰ.P.(1958ー2009)」
 というCD。

 なんでもマイケルを追悼して、ユーチューブにアップしていた世界のアーティストの
 歌と演奏を集めて再レコーディングしたものなんだそうです。

 演奏は、いずれもアコギかピアノが中心で、実にシンプル。

 例えば、フランスのジャンミッシェル・ペイロとシルヴァン・トジアックという2人は、
 ギターとカホンだけで「ブラック・オア・ホワイト」をやっていたりね。

 でも、これが実にいい感じなんですね。

 以前、「ROCK LEGEND REBORN ~acoustic cafe~」という
 80年代のロックをアコースティック・ギター中心の演奏でカバーしたCDがありましたが、
 これはそのちょうどマイケル・ジャクソン版という感じでしょうか。
 
 参加アーティストは、フランス、アメリカ、イギリス、カナダ、スペイン、そして日本の、
 いずれも大手レーベルとはまだ契約していない人達ばかりなのですが、
 それぞれ持ち味を生かしてアコースティックでカバーしている感じです。

 実は、ボクは、マイケル・ジャクソンを特別好きなわけでもなく、
 80年代に育ったボクとしては、まあ、普通に聴いていた程度だったんですが、
 こうしてシンプルなアコースティック・アレンジでマイケル・ジャクソンの曲を聴いてみると、
 今まで派手なビートやリフに耳が行っていたけど、メロディーそのものがいいんだなぁ~と
 改めて感じ入りました。

 う~ん、さすがにキング・オブ・ポップス!

 「スリラー」「ビリー・ジーン」「バッド」など、
 マイケル・ジャクソンのヒット曲をアコースティック・サウンドで
 ちょっとしっとり聴くのも悪くありません。


 ちなみにアルバム・タイトルにある「R.I.P.」というのは、「Rest In Peace」の略。
 「安らかに眠れ」という意味だそうです。

by acogihito | 2010-06-29 18:15 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

再び、大阪「南澤一門」の会へ

c0137404_18173996.jpg
は~い、撮りますよぉ~っ!


c0137404_18175948.jpg
ハイ、チ~ズ!


c0137404_18182281.jpg
パシャッ!  



 2010年6月20日(日)、大阪・心斎橋の
 「MIKIミュージックサロン心斎橋」の「南澤大介ソロ・ギター講座」の
 「打ち上げコンサート(発表会)」に行ってきました!

 この会に行くのは、これで3回目。
 前回はちょうど1年前に行ったんですが、
 とっても嬉しく、安心して、心から楽しめるんですよね!

 「必着仕事人」さんや「ぴよぴよ」さん、それに「Piyo」さんなど、
 このブログに良くコメントをくださっているものの、
 直接お会いするのはまだたったの3度しかないんですが、
 まるで旧友と会うような安心感があるんです。

 その他にも、最初に行った時から変わらない皆さんもいるし、
 ボクとは別々な場所とは言え、同じく南澤先生に習っているということで、
 皆さんとても温かく受け入れてくれ、本当、同窓会のような感覚でもあるんです。

 ところで発表会なんですが、昔からの仲間は、みんな確実に上達しているんですよね!
 
 ボクとソロ・ギターを始めたのは、ほぼ同じような時期だから、
 ボクも同じように聴こえるんだろうか?とか、
 鏡を見るような感覚で演奏に聴き入っていました。

 そして上の写真は、発表会が終わって、
 近くで老若男女ワイワイガヤガヤ和気あいあいの打ち上げパーティーがあって、
 その後にみんなで撮ったもの。

 残念ながら打ち上げパーティーには参加できなかった方もいるんですが、
 それでも「南澤一門」、現在はこんなに沢山!
 以前は、月1回の土曜だけだった南澤先生のレッスン日も
 土曜と日曜になり、それだけ生徒さんも増え、ますます仲間も増えているという感じです。

 いや~皆さん!本当にありがとう!心から楽しかったです!!
 
c0137404_19225227.jpg

 さて、以前は打ち上げが終わると、そのまま帰っていたんですが、
 今回は大阪に一泊して、大阪の楽器店や京都を回ってみました。


c0137404_2005859.jpg

 まず行ってみたかったのは、
 大阪・江坂にある「ドルフィン・ギターズ」というお店。

 ソロ・ギターに興味を持ち始めてから、
 「アコースティックギター・マガジン」の広告など、
 いろいろなところで目にして気になっていたギター・ショップなんですが、
 「一体、どんなところなんだろう?」と、一度、見てみたかったんです。

c0137404_2083328.jpg

 なるほどぉ~!
 展示してあるギターの値段が一ケタ違いますねぇ!

 だけど、雑誌の記事や広告でしか見たことがないギターの実物や
 「TOKYO ハンドクラフトギターフェス」でしか見たことがないようなギターが、
 さらりと展示してあるのはさすがです。

 「ここまで凄いギター・ショップは東京にはないよなぁ~」と思っていたら、
 ちょうどこの6月18日に東京支店が恵比寿にオープンしたそうで、
 店員さんの多くの方がそっちに行っているようでした。

 そうかぁ、じゃあ、今度はそっちにも行ってみよう!
 
c0137404_20152574.jpg


 さて、もうひとつ、どうしても行きたかったのが、
 京都にある「プー横丁」というアコースティック・ギターなどの
 輸入CDやDVDを扱う専門店です。

 通販では何回か購入したことがあるんですが、
 顔の見えないお客に対してのサービスがいいというか、対応がいいというか、
 とにかくその雰囲気がとってもいい感じなので、
 機会があったら一度訪ねてお礼を言いたいと思っていたんです。

c0137404_20205516.jpg

 なるほどぉ~!
 店長さんは、渋い雰囲気だけども、穏やかな京都弁で話す優しい方で、
 いろいろな話を嬉しそうに聞かせてくれました。

 ああ、こういう方がやってらっしゃるんですねぇ~!
 それだけで嬉しくなって、行った甲斐がありました。

 東京にもこういうCDショップがあるといいんだけどなぁ~。
 知らないだけでどこかにあるのかなぁ~。

 今回、お勧めのCDを数枚購入しましたが、
 また今後も通販で買わせていただきます!


 いや~、それにしても今回、
 いろいろな所で、いろいろな方に会い、
 いろいろな話をし、いろいろな方にお世話になったんですが、
 どの方もみんな心やさしく親切で、感激というか、感謝というか、
 本当にとても有意義な時間を過ごすことができました。

 やっぱりギターっていいですねぇ!音楽っていいなぁ!
 大阪、京都っていい街だなぁ~!と、つくづく思った次第です。

 皆さん、本当にありがとうございました!!!

 

by acogihito | 2010-06-22 20:31 | ★アコギ関連 | Comments(24)  

南澤先生直伝レッスン “SP-4” 『理屈を少々』

c0137404_23293974.jpg

 ソロ・ギターで曲を覚える方法は、ボクの場合、ただひたすら丸暗記。
 それは、英語の歌詞を音として、呪文のように覚えるのと同じです。

 でも、いくらかでも理屈を知っていた方が覚えるのも楽なのではないか?
 あるいは応用が利くのではないか?

 英語だって単語や文法を知っていた方が覚えやすいし、
 忘れても、意味を理解していた方が思い出しやすいですからねぇ・・・。

 と、いうことで、今回の南澤先生直伝レッスンでは、理屈を少々。
 まずは「コード進行について」の初めの一歩を教わりました。

 で、その基本となる「ダイアトニック・コード」については、
 以前、本で読んだことはあるものの、
 その中のトニック、サブドミナント、ドミナントなんて、
 実際の曲の中ではどれがどれに当たるのかとか
 まるで分かってないんですよね。

 今回は、いつも練習している曲の中で、
 「これがトニック、これがサブドミナント、これがドミナント」などと教えてもらいました。

 ふむふむ、なるほど・・・・

 ・・・す、少し分かりかけてきたような気がします。

 こういうことが少しでも分かっていれば、
 音数が少ないソロ・ギターの演奏の中で、
 コード感とか、繋がりの中でポイントになる音とかも分かってきて、
 そこをきちんと演奏すればそれらしくなるとか、
 暗記していたのを忘れても、ここに行くはずと推測できるようになるとか、
 いろいろ役に立ちそうです。

 まあ、すぐには無理でも
 これからは少しずつ意識して(勉強して)、
 いずれは理解しているようになっていたいものです。

by acogihito | 2010-06-15 23:58 | ★アコギ関連 | Comments(12)  

地元「シタール」のバターチキン・カレー

c0137404_23253597.jpg

 過日、南澤先生と「アンジュナ」に食べに行って以来、
 バターチキン・カレーにすっかりハマってしまいました。

 その時、東京・日野市高幡不動の「アンジュナ」と
 ボクの地元、千葉市花見川区検見川町の「シタール」というインド料理店が
 兄弟弟子にあたるという話を聞いて、
 「シタール」にもバターチキン・カレーはあるのかな?
 あるとしたらどんな味かな?と興味を持っていたんですが、
 先日、行ってきました。
 
 行ったのは平日の午後2時過ぎだったんですが、
 写真のように外で待っているお客さんがいるほど。

 「シタール」がある周辺は、別にどうってことない住宅地で、
 なぜこんなところにインド料理店があるんだろう?というところにポンとあるんですが、
 美味いと評判で、遠くからも多くのお客さんが集まるんです。

c0137404_233612100.jpg

 そして、これが「シタール」のバターチキン・カレー。

 「アンジュナ」よりも幾分、さっぱりした感じでしょうか?

 インド料理店で普通に辛いカレーは、これまでいろんな種類を食べたことがあるものの
 辛くないということで、バターチキン・カレーは食べてこなかったボクにとって、新鮮な味で、
 これまたとっても美味しい!

c0137404_23421499.jpg

 ナンとともに頂いたんですが、
 まだランチタイムだったので、バターチキン・カレーを単品で頼むよりも
 ランチセットのカレーの選択をバターチキン・カレーにした方が安かったようです。

 また行こうっと!!

by acogihito | 2010-06-11 23:44 | ☆その他 | Comments(7)  

「握力が強いほど長生きする」ということは・・・

c0137404_20112492.jpg

 先日、ラジオを聞いていたら
 「握力が強いほど、長生きする傾向にある」という話題を紹介していました。

 なんでもオランダの研究チームがお年寄りの握力を測定して突き止めたそうで、
 特に、年齢が上がるほど握力と長生きとの関連がより強くなるんだそうです。 

 理由としては、握力は全身の筋肉量を代表していて、
 握力が強い人は全身の筋肉も発達している場合が多く、
 長生きにつながったのではないか、ということなんです。

 だとしたら、ここはひとつ、ギタリストとして、少し勝手な解釈をして
 この話題を前向きに捉えてみたいもんですよねぇ~。

 つまり、「握力の必要なギターを弾いていれば、長生きできる」・・・かも!

 ギターを弾くには少なからずとも握力は必要なわけですから、
 歳をとってもずーっとギターを弾き続けていれば、
 「長生きの可能性が高まるかもしれない」ということになりませんかねぇ?

 まあ、少なくとも指先を動かしていて悪いことはないだろうし、
 「いい話を聞いたな」と前向きな材料にしようと思っています。

 やっぱりギターは一生の友達、・・・なんですねぇ~。

by acogihito | 2010-06-07 20:30 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

横山ギター、製作中! (その1)

 Yokoyama Guitars(ヨコヤマ ギターズ)の販売会社であるワンダートーンから、
 製作中のギターの写真が送られてきました!

 自分がオーダーしたギターの製作過程が見られるなんて、嬉しい心遣いですよね!

c0137404_22343744.jpg
ボディは、オーディトリアム・スタイルのカッタウェイ・モデル!

バックとサイドの材は、インディアン・ローズウッド。


トップ材は、ヨコヤマギターズお勧めのホワイト・スプルースで、
4月26日に行ったとき
横山さんに選んでいただいたもの!(↓)
c0137404_23255277.jpg
ギターの形になる前(4月26日)は、こんな感じ。(↑)

 それが今回、こんな感じに!(↓)
c0137404_22334463.jpg
ロゼッタ・デザインは、スポルテッド・メイプルとハワイアン・コアの組み合わせ。
これはいろいろな材を見せてもらって、自分で選びました。


c0137404_22335853.jpg
ブレイシングは、表がラティス・ブレイシング!

 
c0137404_22342629.jpg
裏は、ラダー・ブレイシング!


 こういうブレイシングは、ギターの形になったらのぞき込むしかないわけで、
 製作過程の写真を見せてもらえるのは本当にありがたいですよね!
 
 さすが、オーダーメイド

 ボクにとっては今までで一番高価なギターではありますが、
 それ以上の楽しみと嬉しさと安心を感じます。

 この後は、胴組、ネック製作、仕込みと進んでいくんだそうです。

 う~ん、ワクワクしちゃいます!

 横山さん、ワンダートーンのSさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!
 


  関連記事
   ついに、「Yokoyama Guitar (横山ギター)」発注!! 
   横山ギター、製作中! (その2)
   横山ギター、製作中! (その3)
   完成!横山ギター!! (その1)
   完成!横山ギター!! (その2)「AR-WR #300」
   小さなことで“R”が・・・

by acogihito | 2010-06-03 23:04 | ★アコギ関連 | Comments(6)