<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

こんなギターがあったら?

c0137404_3344637.jpg

 過日、東京・渋谷の「ミュージックランドKEY渋谷店」に行った時のことです。


c0137404_3363076.jpg

 恐らくそこは、都内で最も「ヨコヤマギターズ」に力を入れている楽器店なんですが、
 こんな横山ギターに目がとまりました。

 (注:2011年秋、橋川店長が移動され、ヨコヤマギターズの扱いは新宿店になりました)

c0137404_7102484.jpg

 それは横山さんが手がけるエレクトリックギターのブランド
 「Yokoyama Guitars -Electrics-」の「Leaf (リーフ)」というモデルの
 リミテッド・エディションでした。  

 ヨコヤマギターズのアコースティックギターの材を使い、
 デザインイメージもそのままのエレキギターです。

 うたい文句は、
 「これぞ横山正の真骨頂。
 アコースティックギターを製作するものだけが辿り着ける、エレキギターの新境地。
 コンセプトは”よりアコースティックなエレキギター”。
 ホローボディを採用し、良質なストック材から生み出されるトーンはまさに極上です。
 未だかつて味わった事のないアコースティックな”鳴り”を追求したギター。」

 ほう!いいですねぇ~!
 もともとエレキギターも弾いていたボクは、その作りの良さにも魅せられてしまいました。

 「よりアコースティックなエレキギター」
 「アコースティックな”鳴り”を追求したギター」っていうのがいいですねぇ~!
 「ホローボディ」ということは単板の板がくりぬいてあって
 エレキギターだけど、「生鳴り」するということですよねぇ~!
 
 ・・・で、思ったんです。

c0137404_3572141.jpg

 ボクは練習用に「サイレントギター」を持っているんですが、
 これはもちろんサイレントギターだけに音がしないように作ってあって、
 生鳴りはカリカリと弦の音と、それがわずかにボディーに響く音しかしません。

 これはこれで、もちろんこういうギターですからいいんですが、
 ちゃんとした音を聴くにはいちいちヘッドフォンをしなくちゃいけないのが
 ちょっと面倒なんですよねぇ。


c0137404_3543140.jpg

 で、気になっているのがエレキギターのギタリスト、チャーさんがプロデュースした
 ESPの「BambooInn (バンブーイン)」というギターなんです。

  (ちなみにチャーさんの本名が竹中なのでバンブーインだそうです)

 これはエレクトリックギターくらいのボディーなのに「生鳴り」するように作られている
 「アコースティック・ギター(アコギ)」なんですよね。
 でも、普通のアコースティックギターよりはボディが薄い分、音も小さい。

 つまり、深夜とか、ちょっとした時に弾く、
 練習用のギターとしてもいいんじゃないかというギターなんです。

 ただ、ボクにはこのギターの売りである「ショートスケール」が気に入りません。
 それじゃあ、いつものギターと違って練習になりませんからねぇ・・・。


c0137404_4121251.jpg

 で、気になったのが、アメリカの「CARVIN ( カービン ) 」というメーカーの
 「CC275」というシリーズです。

 でもこれは、生鳴り“も”する、セミホローの「エレアコ」で、
 サウンドホールがあったりして形はアコギっぽくても、
 本当のアコギではありません。

 「どうせなら、ボディーをバンブーインくらいに削って、
 もう少しアコギらしく生鳴りするようにはできないものかなぁ~」
 って思ってしまうんですよね。

 ボクとしては、深夜などの練習用に、
 「小さな音なんだけど、カリカリした弦の音ではなく、
 ちゃんとアコギの音がするギターがあったら欲しいなぁ~

 と思っているんです。

c0137404_432545.jpg

 で、実は、先日行われたヨコヤマギターズ主催の
 「ソロギター合宿~横山ギター工房探訪ツアー」の時に
 横山さんに直接、相談してみたんです。

 「Leaf」をベースに、エレキギターではなく、アコースティックギターを作れないか?って。

 そうしたら、全く新しいモデルを作るとなると、それはけっこうなお金になっちゃうんですが、
 上手く現行の「Leaf」モデルを生かしながら作れば、そこそこの値段で作れるかも??と。

 う~ん、だとしたらいいですよねぇ~。

 アコギ、エレキ、ウクレレに次ぐ、
 ヨコヤマギターズの全く新しいシリーズにもならないですかねぇ~~?

 どうでしょう?
 深夜などの練習用に、普通のアコギほど大きな音では鳴らなくて、
 だけど、サイレントギターのようにほとんど鳴らないのではなく、
 「小さな音だけど、しっかりアコギの音で鳴って手軽に弾けるギター
 っていうのは??

 今も密かに研究、交渉中なんです。

c0137404_5435056.jpg
どうでしょう?こんなギターがあったら??

エレキギターサイズのアコースティックギター
ボディは薄く抱えやすくてコンパクト
音量は小さいながらもアコギらしい音で生鳴りする
トップはホワイトスプルース
バックとサイドはマホガニー単板くりぬき
大きな音が必要な時のためにピエゾピックアップも内蔵



c0137404_13313295.jpg
こちらはヨコヤマギターのピックガードのようなトレードマークが
プレーヤー側に向いたサウンドホールになっているというデザイン。
それがバスレフ方式で低音が補強されるとか・・・。



 クワイエット・ギター(Quiet Guitar)」の製作プロセス
  1.発想 → こんなギターがあったら?
  2.考察 → 新宿へ!
  3.実行 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作始動!
  4.製作1 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その1 
  5.製作2 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その2 
  6.製作3 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その3
  7.完成1 → 完成!ヨコヤマギターズ「LEAF-Quiet」!(速報)
  8.完成2 → 完成!ヨコヤマギターズ「LEAF-Quiet」!(詳報)

by acogihito | 2011-09-26 04:45 | ★アコギ関連 | Comments(12)  

ソロギター合宿~横山ギター工房探訪ツアー2011

c0137404_21154873.jpg

 今年は去年に比べて良くないんです。

 今年に入って、仕事のポジションが変わって、
 けっこう大変になって、それになかなか慣れなかったり、
 そんな時に東日本大震災があって、あれこれ混乱したり、
 気苦労も多かったりして、体調も良くなかったり、
 今年は去年に比べて良くないんです・・・。


c0137404_21375760.jpg

 そんな中で、去年より明らかに良かったのが
 今年、2011年9月10日(土)~11日(日)に行われたヨコヤマギターズ主催の
 「ソロギター合宿~横山ギター工房探訪ツアー」です!

  (去年の様子は→ こちら

 なんと言いましょうか、まったくもって日常を忘れ去り、
 ギターだけの時間を心から堪能して心の洗濯ができたという感じです。

c0137404_21434919.jpg

 合宿は、昼食のあと、ギターレッスンからスタート。
 まずはじめは、松井祐貴先生による特殊奏法の基礎です。

 今回の合宿は、参加人数もレッスン会場も、
 そして松井先生のレッスン内容も去年よりグレードアップ!

c0137404_2151482.jpg

 参加者全員がギターをたたいて音を出すという珍しい光景。
 だけど何だかとっても分かりやすかったし、コツをつかめた感じです。

 そんなこんなで、1レッスン目の90分が終了。

c0137404_21545838.jpg

 続いては、南澤大介先生の90分。

 ソロ・ギターを綺麗に聴かせるの弾き方のコツの中でも、
 なかなか分かりずらい「消音」についてをじっくりとレッスンしてくれました。

c0137404_2157275.jpg

 さらに「質問コーナー」では、音楽理論を交えた話まで展開。
 ここでも去年よりグレードアップした感じです。

c0137404_21584651.jpg


 そして、レッスン後は夕食のバーベキュー!

c0137404_220104.jpg


 もうこれが去年より格段にグレードアップしてまして、ものすごいボリュームです!

c0137404_2221824.jpg
 

 もうみんな、美味しいと笑顔が絶えませんねぇ~~。

 ギターを楽しんで美味しいものを食べて、
 好きなことだけしかやってませんからねぇ~。

c0137404_223364.jpg

 いや~本当に美味しかったです。
 でも、ごめんなさい。もっといろいろなメニューがあったんですが、
 食べるのに夢中になって写真を撮ってないことが多くって・・・。

c0137404_2252810.jpg

 さて、夕食後。
 こちらでは松井先生の演奏をこんなに間近で堪能!!

c0137404_2264317.jpg

 奥のメインステージでは、今年も始まりましたっ
 長渕剛の名曲の数々のノンストップ熱唱大会っ!!

c0137404_228269.jpg

 そこから少し離れたセカンドステージでは、
 南澤先生によるソロ・ギターの演奏です。

 なんと月明かりの下のでソロ・ギター!
 幻想的で、まさに夢のような時間でした!!



c0137404_22105822.jpg

 えっ?もうこんな時間!?
 アッという間に夜が更け、翌日はヨコヤマギターズの工房見学です。

c0137404_22122374.jpg

 普段、楽器屋さんだったら、
 高いところのガラスケースに展示してあるような高価なギターが
 何気なく置いてあって、自由に試奏できます。

c0137404_22143542.jpg

 そして、ここでも南澤先生や松井先生の演奏を堪能しながら、
 ギターの材の違いによる音の違いも聴き比べたり、
 まあ、なんともぜいたくな時間です。

c0137404_22161049.jpg

 いや~、本当に充実した1泊2日(4食付き)でした!

 この夢のような日はアッという間に過ぎ、すぐにまた冷静な日常が始まりましたが、
 何だか行く前より、心が軽くなった感じです。

 今年は去年に比べて良くなかったんですが、
 いい方向に変わっていく、そんなきっかけを貰ったような
 今年の「ソロギター合宿~横山ギター工房探訪ツアー」でした。

 南澤先生、松井先生、横山さんはじめ、ヨコヤマギターズ(ワンダートーン)の皆さん、
 料理を作ってくれたケイタさん、コータローさん、そして参加された皆さん、
 本当にありがとうございました!

 ギターを堪能するだけでなく、心の休日となりました。

 これは、こうなってくると、来年も楽しみですねぇ!!

c0137404_23164162.jpg
TOP OF THE WORLD!!


 当日の模様は、
   「ヨコヤマギターズのウェブサイト」内の「ブログ」にも掲載されています。
    → ソロギター合宿&工房探訪ツアー2011<前編>
    → ソロギター合宿&工房探訪ツアー2011<後編>

 南澤大介先生の「ブログ」にも掲載されています。
    → ソロギター合宿&横山ギター工房探訪ツアー2011・その1
    → ソロギター合宿&横山ギター工房探訪ツアー2011・その2

 そしてこちらは松井祐貴先生の「ブログ」です。
    → ソロギター合宿&横山ギター工房探訪ツアー2011

by acogihito | 2011-09-14 22:25 | ★アコギ関連 | Comments(18)  

アナログのメトロノーム

c0137404_23595548.jpg

 南澤先生が持っているのを見て購入した
 「ウィットナー」というドイツのメーカーの「スーパーミニタクテル」という
 高さ12センチ弱、幅が4センチ弱の小さなアナログのメトロノームです。

 機能は、単に「カッ、カッ、カッ、カッ」とリズムを刻むだけで、
 「チ~ン」という小節の区切りを刻むこともできません。 

 使い勝手も、さまざまな設定が手軽にできる
 デジタルのメトロノームにはかないません。

 だけど、アナログにはアナログならではの質感の良さがあるんですよね。

 まず、ボディがギターにも使われる木材のマホガニー製。
 「木でできている」というところも、アコースティック・ギターっぽくて風合いが似合います。

 作りもドイツ製らしく、かっちりピタッとしっかりとしています。

 そして、コチコチと刻む、その音が、とってもイイんですよね!

 なんて言うか、木の響きというか、やさしいアコースティックな感じで、
 これはデジタルの電子音では出せない音ですよねぇ~。

 まあ、普段使うには、やっぱりデジタルの方が、
 テンポの微調整とか、裏拍を強調したりとか、いろいろできて便利かなとは思いますが、
 これはこれで、実用以上の魅力にあふれています。
 
 見た目もイイので、インテリアとしてもおしゃれですしねぇ~。

 気に入ってます!

by acogihito | 2011-09-04 00:40 | ★アコギ関連 | Comments(17)