<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

完成!ヨコヤマギターズ「LEAF-Quiet」! (詳報)

c0137404_13393121.jpg

 面白いギターができました!
 ヨコヤマギターズ横山 正さんにオーダーして作っていただいた
 「LEAF-Quiet (リーフ・クワイエット)」!!
 略して「リーフQ」!

 深夜の練習などに最適な、サイレント・ギターならぬ、
 クワイエット・ギター(静かなギター)として作っていただきました。

 「サイレント・ギター」との一番の違いは、
 音がしないのではなくて、小さなアコギらしい生音がしっかりと鳴り、
 ヘッドフォンをしなくてもギターを弾いている感覚が楽しめるということです。

c0137404_13592027.jpg

 昨年10月末29日ミュージックランドKEY新宿店で開かれた
 ヨコヤマギターズの大試奏会の際に横山さんに直接、製作を依頼。
 ミュージックランドKEY新宿店・店長の橋川さんに窓口になっていただき、
 3月20日、完成品を受け取りに行ってきました。

 いやぁ~、見事です!
 良く鳴るギターを作るのが仕事の日本一のギター手工家に対して、
 「あんまり鳴らないギターを作ってくれ」なんて変なお願いをしたにもかかわらず、
 それを快く引き受け、見事に具現化してくれました。
 
 しかも、予想図どおりにです! (それ以上の出来か?)

 横山さん、どうもありがとうございました!!

c0137404_14134820.jpg

 さて、この「リーフQ」ですが、
 メインギターとしてではなく、練習用のセカンドギターとして考えています。

 練習用のギターですから、人前に出ることはあまりありません。
 室内着、パジャマのようなギターですかねぇ。

 でも、仕事柄、帰宅が遅くなることが多いボクにとっては、
 一番、触れる機会が多いギターになるかもしれません。

 なので、外観には少々こだわらせていただきました。

c0137404_1734126.jpg

 まず、ヘッドトップは、ちょっとヘビの頭の模様のようなスポルテッドメイプル。

 ボディは、アコースティックギターではなく、
 ヨコヤマギターズ・エレクトリクス
 「Leaf (リーフ)」というエレキギターをベースに使っています。

c0137404_17353284.jpg

 ホワイトスプルースのボディトップには、
 ヨコヤマギターズのアイデンティティとも言える
 ピックガード風のデザインのロゼッタ・パーツを
 ショルダー部分に入れてもらってアクセントにしました。
 材はカマティロ。

c0137404_20341050.jpg

 マホガニーの単板をくり抜いて作られたボディーは、
 ちょっと派手目に赤に塗装してもらいました。
 この赤はギブソンのエレキギター「SG」のような色なので、
 赤でも落ち着いた色で、マホガニーの木目と相まってとっても美しい!!
 塗装は表も裏も艶消しです。

 美しいと言えば、ネックからボディーへのラインが滑らかで、
 これが本当に美しいんです。

c0137404_17293486.jpg

 もちろん、今回も「オガワ・インレイ・クラフト」の小川さんに
 名前のインレイを入れてもらいました!

 また、ベースとなった「Leaf」はエレキギターですが、
 ネックやペグ、ブリッジなどは、アコースティックギターの仕様になっているので、
 弦のテンションなど、弾き心地は、いつも弾いている「AR-WR#300」と変わりません。

 YAMAHAのサイレントギターの場合、
 ネックの形状も、スケールも、テンションも全く違いますからね。
 
 いつも弾いているのと同じ弾き心地というのは練習用としては最高ですよね!
 違いは、音量が小さいこと!

c0137404_14471115.jpg
 

 この「リーフQ」のベースとなっている「Leaf」のリミテッド・エディションは、
 もともとマホガニー単板をくり抜き「生鳴り」を重視した
 セミホロウ・ボディという構造になっています。

c0137404_14595384.jpg

 今回は、それより少し厚いマホガニー単板を使っていただき、
 「生鳴り」にも厚みを出していただきました。

 ただ、鳴り過ぎてはいけないので、センターブロックを残し、
 ブリッジから伝わる弦の振動は適度に抑えられ、
 ボディー全体に伝わる仕組みになっています。

 でも、ここまでは電気部品を廃しただけで、
 リーフのリミテッド・エディションと大して変わりません。

 生鳴りを重視したセミホロウ・ボディといっても、
 ボディの容積でいったら普通のアコギの10分の1くらいでしょうか。
 そのままでは、やっぱり普通のアコギと比べたら音は薄く、特に低音が出ません。

 そこで今回、サウンドホールで、横山さんが大いに工夫してくださいました。

c0137404_1571642.jpg

 それがこれ!
 「マルチ・サウンド・ホール」とでもいいましょうが、
 大小4つの穴がボディーサイドに開いています。

 ところがこの穴、普通のサウンドホールと違って、
 肉厚のあるボディーサイドに開けられているので、
 共鳴管のような働きをするんです。

 特に低音側、4,5,6弦に効果があり、
 弾いていると、その穴の部分からモワンと音が聴こえてきたりして、
 「効いている」と感じるんです。

 ちょうど小さなスピーカーの低音を増強する「バスレフ」のようですかね。

c0137404_15254370.jpg
手前の小さなスピーカーの穴がバスレフ


 バスレフなら4つも穴がいらないんじゃないかと思って、
 試しに、ひとつひとつ穴をふさいだり、ひとつだけにしてみたり、
 いろいろ実験してみたんですが、
 どれかひとつというより、やっぱり4つの方が全体的にはバランスが良かったです。
 大したもんですね、横山さん!

 ということで、この共鳴管的「マルチ・サウンドホール」のおかげで、
 ボディサイズの割には低音がしっかりとした
 バランスのとれた音になっています。

c0137404_15382453.jpg

 そうして完成した「LEAF-Quiet」。

 肝心の、その音量ですが、
 YAMAHAのサイレントギターは普通のアコギの10分の1だといいます。
 だとすると、こちらは3分の1という感じでしょうか?

 ボリュームでいえば、半分にしぼった感じかな。
 
 センターブロックがブリッジの振動を押さえているので、響き過ぎず、
 ボクにとっては、ちょうどいいくらいの音量になっています。

 う~ん、素晴らしいですねぇ!
 小さい音でもしっかり鳴るギター!!

 その音は離れて聴くと軽い音です。
 でも、弾いている自分には共鳴管的マルチ・サウンドホールのおかげで、
 小さな音でも思った以上に低音がしっかり聴こえ、
 バランスがいいんです。

 さらにセンターブロックを介して弦の振動がボディ全体に伝わるので、
 小さな音でも「弾いている実感」を感じられます。 

 そして「大したもんだな」と思ったのは、
 弾いた音だけでなく、ストリング・ヒット、爪が弦に当たってこすれる音など、
 すべて均一に小さいんですよね。

 サイレントギターの場合、生音で聴くと、
 弦の鳴る音と比べ、爪の当たるカチカチした音とか、
 ストリング・ヒットの音は普通にけっこう大きいですが、
 「リーフQ」はその辺もバランス良く小さいんです。

 音色は、メインギターの「AR-WR#300」などと比較すれば、
 中域がやや鼻にかかったような感じなんですが、練習用のギターとしては十分。
 というか、自分が予想した以上!さすが横山さんですねぇ!!

 それにこれは、これが初号機。プロトタイプですから、
 次に、もし作るとしたら、少し改良を加えれば音色ももっと良くすることもできそうですよね。
  (4つのサウンドホールを見ていると何でもできそうという感じです)

 それから今回、ピックアップもあえて付けず、あくまで、
 「音は小さいんだけど、生音でしっかりした鳴るギター」として作っていただきましたが、
 ピックアップを付ければ、かなりカッコいいエレアコにもなりますよね!

 ワンダートーンの坂本さん、末次さん、
 ミュージックランドKEY新宿店・店長の橋川さん。
 そして、何より製作してくださった横山さん、
 本当にありがとうございました!!

 これで深夜でも心おきなくギターを楽しめます!!
 ボクにとって、本当にありがたいギターです!!
 どうもありがとうございました。

c0137404_16121667.jpg
c0137404_21315254.jpg
c0137404_21322100.jpg



 クワイエット・ギター(Quiet Guitar)」の製作プロセス
  1.発想 → こんなギターがあったら?
  2.考察 → 新宿へ!
  3.実行 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作始動!
  4.製作1 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その1 
  5.製作2 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その2 
  6.製作3 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その3
  7.完成1 → 完成!ヨコヤマギターズ「LEAF-Quiet」!(速報)
  8.完成2 → 完成!ヨコヤマギターズ「LEAF-Quiet」!(詳報)



 ★2015年追記!
c0137404_20575093.jpg
現在、ミュージックランドKEY新宿店では、ボクの「LEAF-Quiet」に
 ピックアップを付けるなど改良を加えた量産タイプが販売されています!

by acogihito | 2012-03-24 16:21 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

完成!ヨコヤマギターズ「LEAF-Quiet」!(速報)

c0137404_0563779.jpg

 ヨコヤマギターズ横山正さんに製作してもらっていた
 深夜などの練習などに最適な小さな音がしっかりと鳴る
 「クワイエット・ギター (Quiet Guitar)」がついに完成しました!!

 正式名は、「LEAF-Quiet」!!

 確かに小さな音でもしっかり鳴ります!!

c0137404_0593063.jpg

 その秘密は、ボディ構造そのものと
 ボディサイドに開けられた、この「マルチサウンドホール」!!

 これが不思議な働きをするんです!!

 詳細は徐々に、このブログでご報告します!!
 乞うご期待!!

c0137404_9561093.jpg

 クワイエット・ギター(Quiet Guitar)」の製作プロセス
  1.発想 → こんなギターがあったら?
  2.考察 → 新宿へ!
  3.実行 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作始動!
  4.製作1 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その1 
  5.製作2 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その2 
  6.製作3 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その3
  7.完成1 → 完成!ヨコヤマギターズ「LEAF-Quiet」!(速報)
  8.完成2 → 完成!ヨコヤマギターズ「LEAF-Quiet」!(詳報)

by acogihito | 2012-03-22 01:03 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

南澤大介先生の「ソロ・ギター・レッスン」 千葉3

c0137404_2235496.jpg

 2012年3月18日(日)、
 今日は千葉での南澤大介先生のソロ・ギター・レッスンの3回目。

 今回は、今年に入ってから練習を始め、
 少しは弾けるようになってきた「あの日にかえりたい」を先生の前で演奏し、
 細かい部分のチェックと指摘をしていただきました。

 また、細かい指使いやポジション・チェンジのタイミングなども教えていただきました。

 この曲以外にもユーミンつながりで、
 以前から練習していた「やさしさに包まれたなら」もチェックしていただきました。

 そうしたら、いつの間にか変な手癖が付いているところがあり、
 そこを指摘されてしまいましたねぇ。

 いやぁ、でも、ありがたいなぁ!

 自分では、できてるつもりでしたからねぇ。
 いつの間にか体がズルして、ちょっと違うように、
 それも間違った弾き方をしちゃってたんですね。

 やっぱり、直接、南澤先生に習えるのはありがたいことだと痛感しました。

 先生、ありがとうございました!

c0137404_22173010.jpg

 ところで、この日は、レッスン前に、
 やはり千葉でレッスンを受けている「寿さん」と共に、
 千葉の街でお店を探しをしていたんです。

 というのは、千葉でのレッスンは、
 大阪の「MIKIミュージックサロン心斎橋」で南澤先生が行っている
 「ソロ・ギター講座」を見習っているので、
 それと同じように半年単位の1期の区切りに
 「発表会と打ち上げをしよう!」ということになり、
 それらを同時に行えるような都合のイイお店はないものか?
 ということからなんです。

c0137404_22251012.jpg

 ところが、アテにしていた感じのイイお店が、
 3月いっぱいで閉店になることを知ってガッカリ・・・。

 その時、
 偶然にもギタリストの城 直樹さんとバッタリ遭遇。
 翌日のライブのため千葉にいらしていたようなんです。

 藁をもつかむ心境で、事情を話したら
 「こんなお店がありますよ」と、
 あるお店を紹介してくださいました。

 具体的な交渉はこれからですが、イイ感じです。
 城さん、ありがとうございます!

 一方、寿さんは、翌日は偶然にも代休とのことで、
 城さんのライブに、その場で直接、城さんに「行きます!」とお願い。

 いや~、それにしてもこの日は、
 多くのプロのギタリストと出会ったり、
 がっかりしたり、喜んだり、偶然が重なったり、
 とってもダイナミックで中身が濃く、面白い1日となりました!!

 そして、結果的に、すべてがイイ方向に動いて、
 みんなに感謝したい気持ちです。
 みなさん、本当にありがとうございました!!

c0137404_22331450.jpg
城 直樹さんを囲んで

by acogihito | 2012-03-19 22:33 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

グランドオープリーのギターケース

c0137404_202444.jpg

 ギタリストの松井祐貴くんの紹介で購入した
 「グランドオープリー(Grand Oply )」のギターケース。

 ドルフィンギターズへ行けば、
 カスタムカラーをオーダーできるよということで、
 恵比寿店へ行って、こんな色を注文してみました。

 本当は、限りなく黒に近い濃紺。
 できれば宇宙のようなイメージの濃紺メタリックがあればいいなと思っていたんですが、
 無かったので、小さな色見本のパネルを見ながら
 黒に一番近かった「濃い深緑のメタリック」を頼んでみました。

 ところがこれが、実際の形になってみると不思議な色合いで、 
 見る角度、光の当たり具合で紫に見えたりして、
 かなり変わった色なんですよね!

 マジョーラカラーといって偏光性塗料を使用しているそうで、
 Iridescent Color、まさに玉虫色!
 ドルフィンギターズ恵比寿店でも初めての色だそうです。

c0137404_20131235.jpg

 サイズは、ボクの持っているヨコヤマギターズ「AR-WR #300」や
 モーリスの「S-92」にぴったり!

 ネックの部分が細くなっているので、
 ハードケースの割には小さく感じるし、
 グラスファイバーでできているので、
 軽くて(約4kg)丈夫で、背中に担ぐこともでき、 
 混んだ電車の中でもギターが押しつぶされる心配もない感じ。
 防水性も優れていそうなので雨の日でも心配ない感じ。
 かなり安心感が高い製品です。

 これでどこへでもギターを持って行けるぞ!
 って、ライブをやるわけでもなく
 実はあんまり外へ持っていく機会ってないんですけどね…。

 でも、この軽い割の安心感は嬉しいですねぇ。
 松井くん!ご紹介いただきありがとうございました!!

c0137404_20285439.jpg

by acogihito | 2012-03-14 20:35 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

30年前に読んでいれば

c0137404_1661256.jpg

 ふと目にとまった一冊の本。

 ジャンルでいえばギターの教則本なんでしょうが、
 譜面などがほとんどなく、著者であるプロのギタリスト・梶原 順さんが、
 若いギタリストに向けて書いたエッセイ集のような本でした。

 読んでみると、
 「やっぱりそうなんだな」
 と納得できることが多い半面、
 その大半が既に通り過ぎてしまっていて、
 「30年間に読んでいれば、プロのギタリストになっていたのかも?」
 と思える内容なんですよね。

 でも、やさしく語りかける文体が心地よく、
 音楽に対して永遠の初心者であるボクには
 読み物としても思った以上に楽しめました。

 さて、この本を参考に、また気持ちを新たに練習しましょうか。
 このところ仕事が忙しく、あまり弾いてなかったですしねぇ。

by acogihito | 2012-03-04 16:23 | ★アコギ関連 | Comments(0)