<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

南澤大介先生の「ソロ・ギター・レッスン」 千葉4

c0137404_23382418.jpg

 今、練習している曲は、
 ユーミンの「あの日にかえりたい(ソロ・ギターのしらべ~愉楽の邦楽篇~)と、
 「やさしさに包まれたなら(ソロ・ギターのしらべ~スタジオジブリ作品集~)
 なんですが、おかげさまで、2曲とも、ある程度は弾けるようになってきました。

 今までだったら、「じゃあ、次の曲を覚えようかな?」というところなんですが、
 最近、細かいところが気になるようになってきたんですよね。

 なんか途切れ途切れに聴こえるし、滑らかじゃない・・・。
 細かい指のノイズが気になる・・・。

 今まで気にもしてなかった細かいところが聴こえるようになってきたんです。

 先日、観た村治佳織さんの演奏の滑らかさに感激したというのもあるし、
 「LEAF-Q」で、夜、静かな時間帯に
 ゆっくり落ち着いて練習できるようになったというのも
 大きいかもしれません。

 とにかく、「とりあえず弾けてるけど、もう一皮むけたい」、
 「もっと滑らかに落ち着いて弾けるようになりたい」
 という思いが強くなってきたんです。

 そこで、今回のレッスンでは、かなり細かい個所を改めて指摘してらいました。

 例えば、「やさしさに包まれてなら」の場合、
 6弦と5弦をオルタネイトベース風に交互に弾きつつ、コードが変わる場合、
 6弦を離すタイミングが微妙に早い。
 早い分、音の伸びが少し途切れる。
 だから途切れ途切れに聴こえるのではないか、とか。
 右手が複雑になる前や後にリズムがヨレる傾向にある、とか。
 その他、微妙なニュアンスが、これでいいのか、悪いのか、などなど。

 知っていてもできないこともあるけれど、
 知っていてできないのと、知らないのとでは違いますからね。
 たとえ、自分の技量ではできないことであっても、
 「本来はこうなんです」ということを知っておきたいという欲が出てきたんですね。

 以前は南澤先生に
 「〇弦を弾いている時、〇弦の開放弦が鳴っちゃってますね」と指摘されても
 何のことだかさっぱりわからなかったんですが、
 最近はそういう音が聴こえるようになってきて、
 「じゃあ、〇弦の開放が鳴らないようにするにはどうやって消音するのがいいのか?」
 ということが気になって仕方ないんです。

 「これも成長なんでしょうね!」
 と、ひとりでちょっと嬉しい感じです。

 ということで、今期の千葉での南澤先生のソロ・ギター・レッスンでは
 新しい曲に取り組むことはせず、
 この2曲を、細かいところまで注意して、
 より完璧に弾けるようにしたいと思っています。

 さあ、今夜も寝る前に、少しギターの練習でもしましょうかね。
 
 

by acogihito | 2012-04-24 00:20 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

村治佳織&奏一 デュオ・ギターコンサート

c0137404_2041890.jpg

 2012年4月14日(土)、千葉市民会館大ホールで開かれた
 村治佳織さんと弟の奏一さんのデュオ・コンサートに行ってきました。

 CDを聴いて、一度は行きたいと思っていた村治佳織さんの演奏を
 念願かなってようやく見れたという感じです。

 写真はNGのコンサートだったんですが、
 やっぱり村治佳織さんは華がありますね。
 登場した瞬間、場内にパッと輝きました。

 クラシックギターのコンサートは初めてだったんですが、
 約1000人の会場でも大きなPAは使わず、
 ご自身の後ろに小さなスピーカーがあるだけ。
 ですから、ちょっとした咳払いが会場全体に響き渡ってしまう感じで、
 ちょっと緊張してしまいます。
 それでも、それがあるだけいいんでしょうね!
 
 演奏された曲目はスペイン系の知らないクラシック曲が多かったんですが、
 初めて聴くボクにはメロディーがはっきりせず、
 複雑なアルペジオが繰り返されるように聴こえてしまいました。

 印象に残ったのは「アルハンブラの想い出」、
 ビージーズの「愛はきらめきの中に」、
 エリック・サティの「ジムノペティ」「グノシェンヌ」、
 アンコールで演奏された「カバディーナ」「禁じられた遊び」で、
 中でも、ビージーズの「愛はきらめきの中に」が良かったなぁ~と思うボクは、
 やっぱり「ソロ・ギターのしらべ」的な曲が好きなんでしょうね。

 今回は、デュオ・コンサートでしたので、
 全体の3分の2以上がデュオ演奏で、残りが一人ずつというものでした。
 「アルハンブラの想い出」など、一人でも弾ける曲も二人用にアレンジされ、
 様々な装飾音が入ってはいましたが、
 やっぱり「一人で演奏するところをもっと見たかった」と思ったのも
 ソロ・ギターのファンだからなんでしょうね。

 ところで、興味深かったのは、
 「クラシックではあまりやらない奏法です」と解説しながら、
 ボディーヒットや人工ハーモニクスを多用する曲があったこと。
 クラシックギター界も新しい奏法をどんどん取り入れている感じが良かったですね。

 ボクの席は、1000人ほどの会場の中ほどよりやや後ろの方だったので、
 右手の細かい動きは見えなかったんですが、
 左手が指板上を縦横無尽に滑らかに動く様子は良く見え
 なんかとっても感心してしまいました。

 うん、やっぱり「滑らかさ」は大事ですよねぇ。
 そして今後の練習課題が見えた気がしました。
 
 新しい曲を覚えるよりも、
 より滑らかに、より豊かに演奏できるようにしたい!

 最近、南澤先生が「丁寧に弾いてください」とおっしゃる意味が
 ようやく「体的」に分かりつつあるので、 
 今後はそんなところを追求していきたいと思います。

 やっぱり、ライブはいいですねぇ!
 そんなことを思ったのもライブのおかげ!!
 ありがとうございました!!

c0137404_21261424.jpg

by acogihito | 2012-04-15 21:27 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

「LEAF-Quiet」と「バターチキン」

c0137404_23293231.jpg

 写真は、「LEAF-Quiet」を試奏する南澤大介先生です。

 実はこのギター、音が静かなだけでなく、
 ネックのナット部の幅を普通より、少し広げてもらってあるんです。

 例えば、モーリスのSシリーズは、44.0ミリ。
 ヨコヤマギターズの標準は、44.5ミリ。
 それに対して、この「LEAF-Quiet」は46.0ミリ。
 わずかですが、このわずかな差がけっこうデカイ。

 ボクの場合、カポ3くらいの幅のポジションで弾くのが弾きやすく感じ、
 カポなしだと狭くて、解放にしておくべき弦に
 指が当たってミュートしちゃったりするんです。

 なので、試しに少し広げてもらったんですが、
 これがボクにとってはちょうどいい感じ。
 南澤先生もその点を試してみたいということなので、
 先日、ちょこっとご自宅にお邪魔したというわけなんですね。

c0137404_23414868.jpg

 で、その後は、高幡不動のアンジュナへ。
 また「バターチキンとギターの会」のみんなで集まって、
 バターチキンカレーなど、インド料理を堪能しながら、
 ギター談議に花が咲きました。

c0137404_23423361.jpg
 
 ここでも急きょ「LEAF-Quiet」の試奏会になったんですが、
 お店の中で弾いても他のお客さんの迷惑にならない音量。
 というか、賑やかな店内では、弾いている人には聴こえるものの、
 テーブルにいる他の人には聴こえないくらいの音量なんですよね。

 「カッコいい」「弾きやすい」
 「夜でもいつまでも弾いちゃいそう」
 「そっと静かに、気づかれないうちに練習して、
 いつの間にか上手くなれるギターだね」などと評判も上々。

 カレーなのに辛くない「バターチキン」と同様、
 小さな音しかしない「LEAF-Quiet」は、
 ハマると、けっこうクセになるものなんです。

c0137404_23492533.jpg

 

by acogihito | 2012-04-09 23:58 | ★アコギ関連 | Comments(10)  

これはお勧め!ギターにも使える「滑り止めシール」

c0137404_2212080.jpg

 ギターを弾いていて、
 腿の上をギターが滑って弾きにくいと感じたことはありませんか?

 そんな時にぴったりのイイものを見つけてしまいました!

 「滑り止めシール」!!

 本来はハンガーなどに張り付けて
 衣類のずり落ちを防止するためのもののようですが、
 これ、ギターにもピッタリなんです。

 薄い合成ゴムでできた本体のシール部は、
 貼ったり、はがしたりが簡単にできるので、ギターに張り付けても安心。
 その割にギターを腿の上で、しっかり固定できます。

 これはいい!
 
 Amazonで、10枚入りが341円でしたので、
 2枚ずつ張り付けてしまいました。
 1枚でも十分ではあるんですけどね。

 ちょっとサロンパスみたいで見栄えが悪い?
 でも、弾いている時は見えないところですから。
 それに嫌だったら簡単にはがせるし。(そこがいいところ!)
 それよりギターが滑らないだけで、こんなにも弾きやすくなるものかという感じです。

c0137404_22112585.jpg

by acogihito | 2012-04-01 22:20 | ★アコギ関連 | Comments(4)