<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

充実の2日間 (MIKIミュージックサロン発表会)

c0137404_9442717.jpg


 6月24日(日)、大阪のMIKIミュージックサロン心斎橋
 「南澤大介先生 ソロ・ギター講座 2012年上期発表会」に参加してきました。

 今回は1泊しての2日間。
 いや~、ホント、充実した時間を過ごすことができました。

 まず、初日は「せっかくいらっしゃるんなら」と、
 ギター仲間の必着仕事人さんがお好み焼き屋さんに案内してくれました。

 それは繁華街からはずれたところにあるお好み焼き屋さんなんですが、本当に美味しい!!
 お好み焼きがこんなに美味しいものだと始めて認識しました。
 やっぱり地元の通に案内してもらえる違いますね。
 必着さん、ありがとうございます。


 そして発表会。
 ボクはこの発表会に伺うのは6回目。
 そして演奏させていただくのも3回目になります。
 ホント、ありがたく嬉しく楽しく、そして緊張感のある気持のいい時間なんですよね。

 老若男女、上手い人もそうでもない人も、ひとつのことに向かって一生懸命。
 老若男女、上手い人もそうでもない人も、ギター好き、ソロ・ギター好きという意味では平等。
 そしてコンテストではないから人と競うのではなく、
 自分自身が普段の練習のように弾けるかどうかなので、自分に厳しく人にやさしい。
 さらに同じ経験をした仲間意識。
 何とも平和で、その中にも凛とした空気があって、いい雰囲気なんです。

 やっぱりこれはソロ・ギターならではの、
 そして、南澤先生ならではの空気感なんじゃないでしょうか?

 この雰囲気が良くて、
 今年は千葉にも同じようなソロ・ギター教室を開いてもらうよう有志と共にお願いして実現。
 来週には小規模ながら同じような雰囲気を目指して発表会&懇親会を行うんですが、
 この空気感を広げたいですね!!  

 あ、ところで、演奏の方なんですが、
 やっぱり普段の70%弾けたかどうかというところですね。
 なかなかうまくいかないもんです。
 ちょっとした緊張が、ダイレクトに指に伝わってしまうんですよね。
 でもま、それが実力ですから、次にまた頑張ります!

 
 さて、発表会の後は懇親会。
 今回は泊まっていくつもりだったので最後までいることができ、
 みなさんとゆっくり話すことができて、これまた充実。

 翌日はミュージックサロンのSさんにブランチをご一緒してもらい、
 その後は京都に立ち寄り大原を散策。
 わずかでしたが、静かに流れる時間と空間を味わうことができました。

 いやぁ~、本当に充実した2日間でした。
 南澤先生、ミュージックサロンのSさん、必着仕事人さん、
 そしてみなさんに感謝です。ありがとうございました。

 また、どうぞよろしくお願いいたします。

c0137404_10242797.jpg

by acogihito | 2012-06-26 10:30 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

南澤大介先生の「ソロ・ギター・レッスン」 千葉6

c0137404_22444281.jpg

たどたどしい演奏でも温かい目で見守ってくれ・・・


c0137404_2245785.jpg

楽しい会話で笑いが絶えず・・・


c0137404_22451557.jpg

コード進行など理論的なことも少しは学びつつ・・・


c0137404_22453373.jpg

自分のギターの本当の音色を聴くこともできたりして・・・


1時間、アッという間ですが、本当に有意義な時間を過ごしています。


南澤先生に個人レッスンを受けられることに感謝です。


ありがとうございます!

by acogihito | 2012-06-18 22:59 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

始まりはここから (イエスタデイ・ワンス・モア物語)

c0137404_21272483.jpg


 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ第1作目

 それはボクに
 「ギターってこういう普通の曲をこんな感じにギター1本で弾けるものなんだ!
 と、知らしめた衝撃の1冊でした。

 そしてそれが、ソロ・ギターというジャンルに興味を持ち、
 自分でも始めてみるきっかけを作り、
 以降、どっぷりハマってしまいました。

 この「ソロ・ギターのしらべ」に収録されている「イエスタデイ・ワンス・モア」。

 カーペンターズのヒット曲であるこの曲は、 
 ボクが音楽に興味を持つきっかけを作ってくれた曲です。

 中学に入ったばかりの頃、
 昼休みの放送でよくこの曲がかかっていたんですよね。

 いい曲だなと思って、それが洋楽を初めて意識した曲であり、
 それが音楽に興味を持つきっかけを作り、ビートルズなども聴いて、
 以降、どっぷりハマってしまいました。

 さらに、「ソロ・ギターのしらべ」シリーズの曲を
 初めて大勢の人の前で弾いたのも、この「イエスタデイ・ワンス・モア」でした。

 いわばボクにとっては「始まりはここから」繋がりなんですね。


 そして、写真の「ソロ・ギターのしらべ」の本の横にある譜面は、
 南澤大介先生が「ソロ・ギターのしらべ」執筆時に書かれた
 「イエスタデイ・ワンス・モア」の手書きの原本です。

 Facebook内に
 「南澤大介一門“ソロ・ギターのしらべ”ファン倶楽部
 というグループページがあり、
 先日、それが1周年を迎え、
 南澤先生がそれを記念して
 「ソロ・ギターのしらべの想い出の1曲」ということで、
 メンバーに曲目と想い出の投稿を求め、
 投稿した人に、その曲の原本が残っていた場合は
 プレゼントしてくれたんです。

 スゴイですよね!
 先生はさりげなくプレゼントしてくれたけど、
 ボクにとってはオークションで何億もで落札される
 ジョン・レノンの手書きの歌詞をもらったような気分です。

 というわけで、手に入れることができた
 南澤先生が「ソロ・ギターのしらべ」執筆時に書かれた
 貴重な手書きの「イエスタデイ・ワンス・モア」の譜面。

 見てみると、そこには「ソロ・ギターのしらべ」第1作という初々しさがあり、
 「始まりはここからだったんだな」と感じるものがあります。

 そして、これが無ければ
 ボクはソロ・ギターを始めなかったかもしれないわけですから、
 何だかものすごく感慨深いものもあります。

 音楽に興味を持ち、
 ソロ・ギターに興味を持ち、
 そのきっかけを作ってくれたものたち。

 いやぁ~、ホント、大切な宝物です。
 南澤先生、ありがとうございました!!


 (関連記述)→ 『 YESTEDAY ONCE MORE 』を弾いてみました!

by acogihito | 2012-06-10 22:22 | ★アコギ関連 | Comments(10)  

いいね! SGT.TSUGEI'S ONLY ONE CLUB BAND (ソロギのビートルズ)

c0137404_22283378.jpg

 キャッチフレーズは、
 たったひとりで弾いているのに何故かバンドの音が聴こえる」!

 告井延隆さんがギター1本でビートルズを弾き切る
 「SGT. TSUGEIS'S ONLY ONE CLUB BAND」シリーズは、
 まさにその通りです。

 実はボクはかつて
 ビートルズのコピーバンドをけっこう本格的にやっていたことがあります。
  
 写真のギターは、当時使っていた「RICKENBACKER 325」。
 ジョン・レノンが初期のビートルズで使っていたのと同型モデルです。

 ところで、ビートルズのコピーって、案外難しいんですよね。
 とくに初期は。

 というのは、演奏自体は特に難しいことはしていないものの、
 あのサウンドと独特のノリがなかなか出せないんです。

 で、何とか近づきたいとやっているうちに、  
 メンバー全員がビートルズと同じ楽器を使い、
 ライブではビートルズと同じ衣装を着て、
 マッシュルームカットのかつらまでかぶって再現。
 ようやく少しはビートルズらしくなったんです。

c0137404_21513844.jpg

 ところが告井さんの最新作、
 「SGT. TSUGEIS'S ONLY ONE CLUB BAND Ⅲ」は、
 ボクらが散々苦労した初期の曲をギター1本のソロ・ギターで
 見事に再現してしまうんですから驚きました。

 ボクは初期のビートルズのように、声やサウンドに個性があって、
 それが魅力や印象になっている曲は、ソロ・ギターでは
 さすがに雰囲気を出すのは難しいんじゃないかなと思ってたんですけどねぇ。

 ギター1本で、ジョンとポールのハモや
 ジョンのリズムギター、ジョージのリードギター、
 ポールのベースの存在感までをそのまま再現。
 さすがにリンゴのドラムは無いんですが、
 聴いていると存在しているような気さえしてくるんですよね。

 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」を初めて聴いた時も
 「ギター1本でここまでできるのか!」と衝撃を受けましたが、
 いやぁ~、これまたびっくりするとともに
 ギターの奥深さに改めて魅せられました。

 
 告井さんはこの初期の曲中心の
 「SGT. TSUGEIS'S ONLY ONE CLUB BAND Ⅲ」を含め、
 これまでに複雑な中後期の曲など54曲のビートルズをソロギで再現。
 どれを聴いてもビートルズの曲を原曲のイメージそのままで
 素晴らしいものばかりです。

 でも、ビートルズの全楽曲は、213曲ありますからね、
 まだまだ第4弾、第5弾も是非作って欲しい。
 次作は「ABBEY ROAD」のB面メドレーなんてどうでしょう?

 ビートルズ好きなら、御一聴、お勧めします。
 さらにギター好きなら、
 「ギターってこんなにすごい楽器なんだ!」と改めて思い知らされると思います。

 そんなことをボクに感じさせてくれた告井さんにホント感謝です。
 ありがとうございました。

by acogihito | 2012-06-03 23:14 | ★アコギ関連 | Comments(4)