<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「ジェリスト」 その後(1)

c0137404_23371241.jpg

 「ジェリスト」を使い始めて3週間以上が経ちましたので、ここで経過報告。

 結論としては、今のところ問題もなく、とてもいい感じです。

 グラスネイルの場合、3週間も経ってくると、
 爪の周囲が浮いてはがれてくることがあるんですが、
 「ジェリスト」の方がそれが少ない。

 また、多少、それがあったとしても、
 グラスネイルのように浮いた部分が白く目立つことが無いので、
 気になりません。

 写真の人差し指は、
 一部浮いてきたところがはがれたので、
 塗りが残っているところがカクカクしていますが、
 中指、薬指は、どこが塗ってあるところで、
 どこが自爪が伸びたところか、
 境目が分かりづらいですよね?

 これはなかなかいい感じです。

 たぶん、ジェリストはソークオフタイプ(ソフトタイプ)で、
 硬質なグラスネイルと比べて弾性がありますから、
 爪が伸びてくる歪みに対して強いのかな?という感じです。

 それにこの3週間の間にちょっとした力仕事もしたんですが、
 割れるようなこともありませんでした。
 グラスネイルだったら、力がかかったら割れたかもしれません。
 それもいい感じです。

 ちなみに、親指の爪が汚いのは、
 グラスネイルにジェリストをつなぎたしているから。

 親指の爪の先端部分、やや黄色い部分がグラスネイルなんですが、
 付け根に近い部分がはがれ落ちたので、
 その部分にジェリストを追加して塗ってみました。
 少し白くなっている部分は浮いているのかもしれません。


 音は、グラスネイルよりはやわらかい材質な分、音質も柔らかい感じ。
 弦と当たるカチカチした音は小さいです。

 グラスネイルが岸部眞明さん的ならば、
 ジェリストは南澤大介先生的という感じでしょうか。

 ただ、材質がやわらかい分、グラスネイルより減りは早いかも。
 ストローク系にはグラスネイルの方が良い??


 ところで、このジェリストの「スターターセット」には、
 ジェリストをやめたい時、はがすというか、溶かすというか、
 そういうオフする時のために使う「リムーバー」という薬剤が入っていません。

 説明書によると、「ジェル用リムーバー」「コットン」「アルミホイル」を
 別途用意するよう指示されていますが、市販のものならどれでもいいんでしょうかね?
 たぶん、それで良さそうなんですが、その辺の詳しいことは書いてありません。

 また、ボクの場合、グラスネイルの時は、
 オフする(完全にはがす)ということはほとんどなく、
 ある程度、自爪が伸びてきたら、またははがれてきたら、
 その部分に追加で塗り足して、
 常にグラスネイルを塗った状態にしていました。

 ジェリストの場合、それができるのか?

 たぶん、親指のグラスネイルのはがれたところに追加で塗っても
 なんとかなっているので、大丈夫かなとは思っているのですが、
 それは今後の課題です。
 
 とりあえず、3週間以上経って、ジェリストの感想は、
 これはいいぞ!という感じです。

c0137404_043028.jpg

 ところでジェリストは硬化させるための特定の波長の光に反応するため、
 専用のLEDライトを当てると、↑このように光って見えます。
 なんかちょっとオカルトチック!



 (関連記述)→ 「ジェリスト」 これはギタリストにもいいかも!!
          「ジェリスト」 その後(2) 補修
          「ジェリスト」 その後(3) 重ね塗り

by acogihito | 2012-07-21 00:10 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

南澤先生のソロ・ギター・レッスン千葉教室の発表会&懇親​会

c0137404_2212329.jpg

 7月8日(日)、
 千葉で行われている南澤大介先生のソロ・ギター・レッスン教室の
 「発表会&懇親会」が行われました!

 なんと言いますか、感無量です。

 今から3年半前の2008年12月、
 南澤先生が大阪の「MIKIミュージックサロン心斎橋」で行っている
 ソロ・ギター講座の「発表会」に遊びに行かせていただき、
 南澤先生を中心としたソロ・ギターの輪の雰囲気がとても良くて感激し、
 その後、何回も遊びに行かせていただきました。

 その雰囲気をそのまま地元千葉でも再現できたような気持ちで感無量といった感じです。

 そもそも、千葉で南澤先生のソロ・ギター教室が開かれるようになったのは、
 昨年、千葉市文化振興財団主催の「ソロ・ギターを学ぼう!!」という
 教室が開かれたのがきっかけで、 
 そこで出会った仲間たちと共に南澤先生にお願いして実現したものなんですが、
 運営のお手本は、
 大阪の「MIKIミュージックサロン心斎橋」で行っている「ソロ・ギター講座」。

 南澤先生を中心としたソロ・ギターの輪が少しでも広がれば嬉しいなと思っていたんです。

 そして、発表会。
 やるかやらないか。
 発表会なんていうとプレッシャーを感じてみなさん嫌がるのかな?などと、
 不安にも思ったし、会場をどうするかなど、いろいろ問題もあったのですが、
 結果は、緊張の中にもみなさんにお喜びいただけたようで良かったです。
 しかも大阪と同じく、それをきっかけに一体感も生まれました。
 いやぁ~、ホント良かった!!

c0137404_22124286.jpg

 発表会のあとは、大阪と同じく親睦会です!

 う~ん、いいですねぇ!

 南澤先生を中心としたソロ・ギターの輪が千葉でも少しずつ広がっている感じがして
 なんかとっても嬉しかったです。

 みなさん、これからもどうぞよろしくお願いします。

 それから大阪の皆さん、
 おかげさまで、千葉支部も少しずつですが、広がっています!
 良い雰囲気をお教えくださり、本当にありがとうございました!!

c0137404_221309.jpg

by acogihito | 2012-07-10 00:13 | ★アコギ関連 | Comments(10)  

「ジェリスト」 これはギタリストにもいいかも!!

c0137404_21132735.jpg

 先日、ある女性から「ジェリスト」というネイル製品を紹介され、
 早速、4,935円の「スターターセット」を購入してみました。

 男性にはちょっと気恥ずかしいほどのピンク系統の商品なんですが、
 フィンガーピッキングのギタリストにとってはなかなかいいモノかもしれません。

 ボクはこれまで、ギターを弾くための爪の補強には「グラスネイル」を使っていました。
 ところが南澤先生は「カルジェル」というものを使っているんですよね。

 両者の一番の違いは、材質による音色の違い。

 「グラスネイル」は、グラスというだけあって、ガラスのように硬質。
 ピックでいえば鼈甲のピックのよう。

 「カルジェル」の方は、生爪のようにいくらか軟質なんです。
 ピックでいえば、ポリアセタールのピックという感じです。

 「グラスネイル」はブライトできらびやかな音がするんですが、
 爪が弦に当たるカチカチとした音もしてしまいます。

 一方、「カルジェル」は音は、甘くソフトですが、爪が弦に当たる音は小さい。

 ここは好みの問題なんですが、
 南澤先生のように弾きたいと思っているボクには「カルジェル」は憧れでした。

 でも「カルジェル」は、塗るのが面倒なんです。

 「カルジェル」はジェルを硬化させるのに紫外線を当てるんですが、
 これが専用の機械が必要で個人で揃えるにはなかなか大変。
 「グラスネイル」は特に機械は必要なく、
 ボンダーという接着剤のようなものにパウダーを混ぜて爪に塗り、
 硬化スプレーをかければ約10秒で固まってとっても簡単なんです。

 ところが、この「ジェリスト」は、
 「カルジェル」とほぼ同じものが
 「グラスネイル」より簡単に出来てしまうんですから驚きです。

c0137404_21134090.jpg

 使用方法は、生爪の下地処理をして、ジェルを塗って、
 小型の懐中電灯のような専用のLEDライトで10秒ほど当てるだけ。
 それで硬化してしまうんです。
 
 厚くするにはこれを2~3回繰り返せば良いという感じ。

 あとは「ジェルワイプクレンザー」というもので表面に微妙に残る
 未硬化ジェルを拭き取れば完成です。

 う~ん、これは簡単!
 
 ということで、親指以外の人差し指、中指、薬指を「ジェリスト」にしてみました。
 「カルジェル」同様、軟質のソフトタイプなので、
 音色は「グラスネイル」よりマイルドです。

 特にネイルの部分が直接当たる人差し指でのダウンストロークが違いますね。

 耐久性は、使用し始めてまだ5日目なので良く分かりません。
 今後の研究課題です。

 でも、今のところとってもいい感じ!

 値段も「グラスネイル」より相対的には少し安いし、 
 「グラスネイル」にとっては強力なライバル現るといったところでしょうか。

 でも、フィンガーピッキングのギタリストにとっては、
 ピックを選ぶのと同様、さまざまな硬さのものを選べるようになって、
 これは朗報ですよね!

 いかがでしょう??
 
c0137404_21135851.jpg

 (関連記述)→ 「ジェリスト」 その後(1)
          「ジェリスト」 その後(2) 補修
          「ジェリスト」 その後(3) 重ね塗り

by acogihito | 2012-07-02 22:02 | ★アコギ関連 | Comments(4)