<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

食欲の秋? 行楽の秋? ギターの秋っ!!

c0137404_22111431.jpg

 いやぁ~、ここ最近、ギターを弾くのが楽しくてたまりません!

 1年くらい前から「テニス肘」なのか、ちょっとギターを弾くと
 右の前腕部の指を動かす筋肉にツーンと痛みが走って辛かったんですが、
 最近はすっかりないんです。

 一時はもうダメかな?と思って、消極的な気持ちにもなったので、
 なんかとっても嬉しいですねぇ!

 何が良かったのか?

 演奏している時、
 右手の指の、特に動きの悪い「薬指」に無理な力が入ってるなと感じたので、
 電車の中で、脱力して動かす練習をしました。

 あと弦も細い弦に変えました。

 使っていた南澤先生のシグネチャー弦は、
 とても良い音なんですが、1弦2弦がミディアムと太くなっています。
 その弦を鳴らすのに力がいるのかな?と思って、
 以前も使っていたエリクサーのライトゲージにしてみました。  

 変えた直後はペナペナな音になってしまったように感じたんですが、
 慣れればそれはそれ。
 
 さらに漢方成分の入った肩こり神経痛に効くという薬も
 おまじないのように飲んでいます。

 あと言えば、爪の保護・強化剤を
 グラスネイルからジェリストに変えてみました。

 これらの何かに効果があったのか、
 それともたまたま偶然、そういう時期だったか分かりませんが、とにかく調子がイイ!

 今まで泥沼の中でギターを弾いていたのが、すっと抜け出せたようです。

 ありがたい!ありがたい!!

 読書の秋?行楽の秋??
 いやいや、今のボクにとってはギターを弾いているのが、
 一番楽しくて幸せな気分になれるって感じです。

 このまま無理せず脱力して弾いていこうと思います。

by acogihito | 2012-10-28 22:35 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

南澤大介先生の「ソロ・ギター・レッスン」 千葉2の4

c0137404_10411816.jpg
 「Come Together」「In My Life
 「And I Love Her」「Your Mothere Should Know」「The Fool On The Hill」・・・

 ビートルズ・デビュー50周年!
 1962年10月5日にイギリスでのデビューを記念して、
 10月21日(日)のレッスンはビートルズ特集!

 既にある程度アレンジされている曲や
 アレンジされていない曲はリクエストに応えてアドリブで。
 いずれも「ソロ・ギターのしらべ」シリーズなどでは正式には発表していない
 ビートルズの曲たちです。

 それらの中でも特に「Come Together」「In My Life」は、
 いずれ弾けるようになりたい!と思ったので、
 ビデオでしっかり撮らせていただきました。
 ありがとうございます!

 
 ボクにとってビートルズは、
 やっぱり音楽に興味を持ったきっかけですよね。
 ビートルズを起点にあらゆる音楽を聴きはじめ、
 ビートルズを聴いていなければ今、ギターをやっていたかどうかも分かりません。

 そして今、南澤先生の
 「ソロ・ギターのしらべ」をきっかけにソロ・ギターに興味を持ち、
 その南澤先生に直接習っているということは、
 ビートルズに直接「Rock」や「ポピュラーミュージック」を習っているようなもので、
 ホント、夢のようなことなんだなと改めて思いました。

 折しもレッスン日の翌日、22日はボクの誕生日。
 期せずして、とっても嬉しいプレゼントにもなりました。
 これまた、ありがとうございました!! 


c0137404_1114517.jpg
デビュー50周年に合わせて発売された
ビートルズ自身による映像作品「MAGICAL MYSTERY TOUR」も
限定盤デラックス・エディションで購入しましたん!
 

by acogihito | 2012-10-23 11:18 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

ヨコヤマギターズ・カマティロ・モデル発注!

c0137404_14461525.jpg

 東京から中央高速を西へ向かって、正面に見えてきたのは八ヶ岳。
 秋空の中に羽毛みたいな雲が立ち昇っているように見えます。
 う~ん、いいですねぇ~!

 10月13日(土)、
 この日、向かった先は長野県筑北村にあるヨコヤマギターズの工房。
 「AR-WR #300」「LEAF-Quiet」に続き、
 なんと3本目のギターを発注することにしたのです。

 いや~、大したもんです。
 「いつかは欲しい!」と憧れていたヨコヤマギターの3本目ですからねぇ~!

 よくそんなにお金があるなぁ~と思いますが、
 それもこれも実はソロ・ギターのおかげで禁煙に成功したことが大きいんですね!

 どういうことかといいますと、
 ソロ・ギターの仲間は南澤先生をはじめ煙草を吸わない人が多く、
 煙草を吸っていたボクは肩身が狭かったんですね。
 で、そのほかにもいくつかの理由が重なったので、
 「それならこの際やめよう!」と決心し、2年ほど前にやめたんです。

 その前は1日に2箱は吸っていましたから、
 1箱400円×2×365日=292000円と、
 1年に30万円近くがまさに煙と灰となっていたんですね。
 それを禁煙してすべてギターに回すことにしたってわけなんです。
 これが大きいんですね!

 まあ、煙草はやめた方が健康にもいいはずだし、
 ボクにとっては、まさに一石二鳥となりました。

c0137404_15142742.jpg

 ということで到着したヨコヤマギターズの工房。
 製作途中のギターとともに横山さんがにこやかに迎えてくれました。

 今回オーダーしようと思っているのは、
 ヨコヤマギターズの特徴的な材のひとつである
 「カマティロ」をサイド・バックに使ったギターです。

 9月に合宿に行った際
 「もうほとんどない」「ヨコヤマギターズではハカランダ以上に貴重な材」
 ということを聞いたのと、その時、残っていた材の木目が、
 ボクの好きな柄だったのが理由です。

c0137404_15313243.jpg
代表的なカマティロ材のバック

 「カマティロ」という材は、
 サップと言われる材の白い部分が派手に入っているのが特徴でもあるんですが、
 残った材はそれがほとんどなくて地味。
 でもボクには逆にそれが好みだったんですよね。

 「そうか、カマティロにはこんなに渋い木目のもあるのか!」と。

c0137404_1527586.jpg

 ということで、限られた材の中から、
 ボクの好みに合うものを選び出させていただきました。

 ところがそれに似合うトップ材がなかなか見つからない。

 ジャーマン、シトカ、インゲルなどのスプルース材を見せてもらったのですが、
 どうも見た目と音のバランスがイマイチしっくりこない。
 
 こんなにたくさんあっても、「これだ!」というのを見つけ出すのって大変なんですね。

c0137404_15385756.jpg

 そんな時、「こんなのはどうだろう?」と、
 横山さんが自動カンナ機を作動させて、
 まだカンナもかけていなかった新しい材を見せてくれました。

c0137404_15412233.jpg

 それはボクが希望していたのとはちょっと違う
 ベアクロウの入ったジャーマン・スプルースでした。

 ベアクロウというのは、
 木目部分に熊が引っ掻いた傷のような模様のことなんですが、
 ボクはどっちかというとあんまり好きではなかったんです。

 でも、見せてもらった材のベアクロウは今まで見たことのないもの。
 横山さんも「俺もこういうのは見たことがない」というほどのものでした。

 それは今日、来る時に八ヶ岳で見た
 「羽毛みたいな雲」のような柄が材の全面に広がっていて、
 ギブソン・レスポールのトラ目のように、光の具合でキラキラ輝くんです。
 これはもう、好きとか嫌いとかを超越して美しい!!

 「おお、これは綺麗ですねぇ!バックのカマティロにも合うなぁ!!」

 「音も木目が詰まっていて、カンカンとしたいい音!!」

 横山さんもこれが一番の組み合わせだと太鼓判!!

c0137404_15572734.jpg

 ということで、ちょっと路線変更!
 当初は1号機の「AR-WR #300」のように渋めのデザインと思っていたのですが、
 このベアクロウなどキラキラした天然の木目の妙を生かした
 ちょっとシャープな印象のデザインにすることにしました。

 うん!これはいいかも!
 予想外の展開で、なんかとっても嬉しい!!
 大満足!!

 あとは横山さん、今回もどうぞよろしくお願いします!!
 
 またまた楽しみが広がりますねぇ!!!

c0137404_1643712.jpg
 
 当日の模様は、
   「ヨコヤマギターズのウェブサイト」内の「ブログ」にも掲載されています。
    → 千葉県の"あこぎひと"さん。


 3号機カマティロモデル製作記
    ヨコヤマギターズ・カマティロ・モデル製作中! その1
    ヨコヤマギターズ・カマティロ・モデル製作中! その2
    ヨコヤマギターズ・カマティロ・モデル製作中! その3
    ヨコヤマギターズ・カマティロ・モデル 「AR-GC #420」 完成!
    Yokoyama Guitars 『AR-GC #420』

by acogihito | 2012-10-15 16:06 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

良かった! 松井祐貴くんのライブ!

c0137404_757056.jpg

 若く新進気鋭のソロ・ギター・ギタリスト・松井祐貴くん
 「松井祐貴 LIVE TOUR 2012 〜Flying to the future〜」
 東京公演に行ってきました。
 
 松井くんの演奏はヨコヤマギターズの合宿でも間近で聴いたりしたのですが、 
 正式なライブは去年8月の銀座でのライブ以来です。

 会場としては今回の「渋谷gee-ge.」よりも
 去年の「ヤマハ銀座スタジオ」の方が大きな場所でしたが、
 ライブの内容としては演奏もMCも去年より格段に進歩していて眩しいほどでした。

 いやぁ~、素晴らしい!!

 松井くんと初めて会ったのはおととしのヨコヤマギターの合宿の際でした。
 その時は、まだCDデビュー前で、
 自分の将来はどうしたものかと、行く末を案じる
 一人の弱々しい青年素人ギタリストだったのですが、
 その後、事務所が決まり、あれよあれよと環境が整い、
 今はまさに堂に入ったアーティスト。
 本人はMCで噛むなんて気にしているけど
 そんなことはちっとも気になりません。
 どっしりとした風格さえ感じられるようになってきました。

 演奏の方もそれに伴い格段に上達。

 才能だけでなく、この人は本当にギターが好きで、
 ひたむきに一生懸命練習しているだろうなぁ~と感じられ、
 好感の持てる素晴らしいものでした。

 曲も新曲がどんどん良くなってくるんですよね!!
 毎回毎回、会うたび、聴くたびに成長が感じられてハッとさせられます。
 素晴らしい!!

 今後の活躍にますます期待するとともに影なら応援させていただきます。 


 ところで、今回はライブ中に写真を撮る雰囲気ではなかったので遠慮し、
 その分、ライブ終了後、松井くんを囲んでみんなで写真を撮りました。

c0137404_8275050.jpg
松井くんは上段左から3人目

 ヨコヤマギターズの合宿で一緒になった仲間とも再会し、会話も弾み、
 人のつながりとしても楽しいライブでした。

 松井くん、ありがとう!
 今後も楽しみにしています!!

c0137404_9312027.jpg
松井くんのツアーグッズのクリアファイル。なかなかいい感じです!

by acogihito | 2012-10-12 08:29 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

「三種の神器」 通勤編

c0137404_21213124.jpg

 今、通勤で欠かせない三種の神器。

 ドコモのクロッシィのスマホ「MEDIAS N-04D」と
 第4世代「iPod touch」と
 それらをブルートゥースの無線でつなぐ
 ノイズキャンセリング・ワイヤレスヘッドセット
 「SONY DR-BT150NC」です。

 1年前には考えられませんでしたね。

 1年ほど前に職場が変わり、
 通勤時間が90分以上かかるようになってしまったんです。

 この時間を如何に有効に使うかが課題だったんですが、
 これらのおかげでかなり解決しています。

 まず、ブルートゥースのイヤホンで iPod touch の音楽を聴きます。
 ノイズキャンセル仕様なので、電車のノイズが減り、
 グリーン車に乗っているかのような優雅さ。

 この大きさで、ワイヤレスで、これだけの効果が得られれば大満足です。

 ゆったり静かな環境でソロ・ギターを聴き、
 スマホでメールやフェイスブックなどをチェック。

 万が一、電話がかかってきてもブルートゥースはスマホにも繋がっているので、
 呼び出し音はイヤホンの中。すぐに対応できます。

 そしてスマホでテザリングすれば、iPod touch もネットにつなげられますから
 「iPhone」と同じようなことだってできるんです。

 それよりスマホでのテザリングは、ウルトラブックのパソコンつなげば、
 より本格的に仕事のメールや文書なども処理することがでるのがいいいですよね。

 いやぁ~、便利になりました。

 制約されていた電車の中で、今まで以上に
 かなりいろいろなことができます。

 仕事のデータにしてメールでやり取りをすることが多くなってきた今、
 「どこで」より「いつ」の方が大事になってきますから、
 職場にいなくても仕事ができるのは嬉しい限り。
 始業時間を90分以上早くできるようなものです。

 電車の中ではギターのバーチャルトレーニングや指を動かす練習もしますが、
 やっぱりこれは本物のギターにはかないません。

 通勤時間を有効活用して、少しでも時間を余らせて、
 ギターの練習にあてられるといいんですけどねぇ~。

★後日談・・・

by acogihito | 2012-10-05 21:52 | ☆その他 | Comments(2)