<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

『22才の別れ』を弾いてみました!


 
 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ第10作目、
 「天上の映画音楽篇2」に収録されている
 『22才の別れ』を弾いてみました。

 使用ギターは、Yokoyama Guitars 『AR-WR #300』 です。

 1975年に発売された「」のデビューシングルです。
 まあ、元々は伊勢正三さんがかぐや姫時代に作曲した曲なんですよね。

 ボクらが中学~高校生の頃は、
 エレキギターを始めれば
 ディープパープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」でギターリフ、
 フォークギターを始めれば、
 この「22才の別れ」でスリーフィンガーを練習するのが登竜門でした。

 そんな「22才の別れ」、
 もちろんボクも高校の頃、友達と弾いたことがありますが、
 歌と伴奏とリードギターと、
 3人で手分けして、それでも上手く演奏できませんでした。
 それを南澤先生はギター1本でアレンジしてしまうんですからねぇ~!
 しかもキーも原曲と同じ、3カポEm!
 これはもうチャレンジするしかありません。

 ただ残念なことに「ソロ・ギターのしらべ」シリーズは紙面の都合上、
 フル・コーラスではアレンジされていないんですよねぇ。

 そこで、自分であれこれやってみたところ、「これならできそうだ」ということで、
 南澤先生にもアドバイスをもらいながら、
 間奏やツーコーラス目などを加え、フル・コーラス・バージョンにしてみました。

 やればやるほど複雑になってしまい、
 自分で弾きこなせない状態になってしまっていますが、
 とりあえず、区切りとして現状をアップしてみました。

 まだまだ、もっとリズムを滑らかにとかいろいろあるんですが、
 でも、あの「22才の別れ」をギター1本でここまで演奏で来たことは、
 自分では感慨深いものがあります。

 いやぁ~、良かった良かった!
 ありがとうございます!!


  (関連記述)→ 『22才の別れ』 35年目のリベンジ
 

by acogihito | 2013-05-30 13:34 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

南澤大介先生の「ソロ・ギター・レッスン」 千葉3の5

c0137404_22562828.jpg
千葉でのソロ・ギター・レッスンの様子

 不思議なものです。
 自分でもビックリするくらい、飽きもせず毎日練習を続けているソロ・ギター。
 飽きるどころか、どんどん楽しくなってきます。

 そして、ホントに奥が深い。

 ひとつ課題をクリアすると次の課題、
 その課題をクリアするとまた次の課題と 
 まるで、いつまでたっても完成しない「サグラダ・ファミリア」のようです。

 でも、少しずつは確実に完成に向かっているわけで、
 そこがまた楽しくワクワクするところ、
 飽きもせずやっていられるところなんでしょうねぇ。

 「サグラダ・ファミリア」も完成してしまったら
 ただの変わった形の建物というだけで魅力が半減かもしれませんしね。
 ソロ・ギターもいつまでも完成しないのがいいのかも。

 今、練習している曲も「ソロ・ギターのしらべ」のアレンジに自分で手を加え、
 それだったらと南澤先生にアドバイスをもらってさらに変化し、
 どんどん複雑になって、いつになったら完成するのやら。

 でも、それが楽しいんだよなぁ~と楽しんでやっています。

c0137404_2313584.jpg

by acogihito | 2013-05-27 23:20 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

再認識!ヨコヤマギターの魅力

c0137404_2031518.jpg

 先週、5月18日(土)~19日(日)に開かれた
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス2013」には、2日間とも行けたので、
 ずいぶんゆっくりといろんなギターを見て回ることができました。

 そして、多くのギター個人製作家(ルシアー)の方が
 それぞれにデザインや細かいディティールにこだわって作られた
 たくさんの魅力的なギターを知ることができました。

 そうしたギターは、特にデザイン的には、
 大きく2種類のギターがあることが分かりました。
 ひとつは個性が強く、ユーザーがその個性に合わせていくタイプのギター。
 もうひとつはその逆で、ユーザーの個性に合わせていけるタイプのギター。

 で、思ったのは、ヨコヤマギターは後者だなと。
 何ていうか、無印良品のような感じがします。

 ボクのヨコヤマギターの場合、
 オガワ・インレイ・クラフトの小川さんに
 12フレットに名前のインレイを入れてもらっていますが、 
 それはやっぱりヨコヤマギターだからできることであって、
 元々12フレットにポジションマークが入っているギターだったら入れられないし、
 他にもインレイが細かく入っているギターだったら
 インレイのデザイン同士がぶつかり合ってしまうし、
 シンプルなヨコヤマギターだからこそ、
 小川さんのインレイも映えるんだなと思います。

 シンプル・イズ・ベスト。
 ヨコヤマギターズというアイデンティティーはしっかり持ちながらも
 さまざまなインレイのデザインも受け入れることができる。
 ヨコヤマギターズ大したもんだな、懐が深いなと
 今回のTOKYOハンドクラフトギターフェスで再認識した次第です。

 そして今回、
 小川さんに「あるデザインを考えてみてくれませんか」とお願いしたので
 それが上手くできたら、
 やっぱりヨコヤマギターに反映したいなぁ~と密かに思っています。
 そんなことを思えるのもヨコヤマギターの魅力ですよねぇ!
 

 まあ、まだまだだいぶ先の話だけど
 密かにまたワクワクしたい気分です。

 
c0137404_18373982.jpg
一人ひとりのために魅力的なギターを作ってくれる人たち

左から、ヨコヤマギターズの横山さん、オガワ・インレイ・クラフトの小川さん、
ワンダートーンの坂本さん

by acogihito | 2013-05-25 19:18 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

いいね!「ルシアーズ・デザイン・プロジェクト」

c0137404_1228565.jpg

 先日開かれた「TOKYOハンドクラフトギターフェス2013」での
 「ace-k (エースケー)」のブースで、
 とっても興味深い2本のギター(写真)が発表されていました。

 左の「Grace(グレイス)」と、右の「Nougat(ヌガー)」というモデル。

 これらは共にギター個人製作家(ルシアー)である
 愛媛県の塩崎雅亮氏が「Grace」を、富山県の杉田健司氏が「Nougat」を
 「プロデュース」しています。

 製作ではなくプロデュース??

 そうなんです。
 個人製作家(ルシアー)のギターは、
 どうしても製作できる本数に限界があり、値段も高くなってしまいます。
 そこで「ルシアーズ・デザイン・プロジェクト」という企画は、
 音作りなどその製作家にしかできないこだわりの部分は個人製作家が作業し、
 他の人に任せられる部分は、国内の別の工房で作るという
 「個人製作家の卓越したデザインセンスと、
 量産を可能にする世界が認めるファクトリー技術のコラボレーション

 なんだそうです。

 へぇ~、これは面白いですねぇ!
 普通なら手に入れることも、お店で見ることさえもなかなかできない
 個人製作家のギターを、そのまま量産化しようという話ですからねぇ。

 企画にかかわっているのは元モーリスのSさん。
 モーリスといえば、例えばかつて、モーリス在籍時の横山さんが製作した
 南澤先生の「S-121sp」を、ほぼ同じクオリティーで
 「S-92」という形で量産化・低価格化しているわけですから、
 そのノウハウを他の個人製作家のギターにも生かそうというものなんですね。

 2013年秋発売予定。
 はじめは塩崎さんと杉田さんの2本から始めるそうですが、
 その後も賛同者を募って種類を増やしていきたいそうです。

 へぇ~、楽しみですねぇ!

 それだったらボクとしては、
 ヨコヤマギターズの横山さんにお願いして作ってもらった
 深夜でも気兼ねなく弾ける小さな音で鳴るギター
 「LEAF-Quiet」なんてどうかな?と密かに思ってしまいます。
 
 横山さんに作ってもらうとなると、やっぱりいい値段になってしまいますが、
 これがもし5~7万円くらいの販売価格でできるなら、
 2本目の練習用ギターとして、けっこう売れるんじゃないかなぁ~?
 なぁ~んて思うんですが、いかがでしょう??

c0137404_16482511.jpg

  

by acogihito | 2013-05-23 13:21 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

賛嘆!「オガワ・インレイ・クラフト」

c0137404_14232728.jpg

 写真は、先日開かれた「TOKYOハンドクラフトギターフェス」の際に
 「ヨコヤマギターズ」のブースに展示してあった「指板」の材料です。

 材はマダガスカルローズウッドという木材で、
 その杢目が山のようだということから渡り鳥のインレイが貝で入れてあります。
 そしてこの渡り鳥、角度を変えると貝がキラキラして羽ばたいているように見えるんです。

 素晴らしいですねぇ!このセンス!!そして技術!!

 このインレイを行ったのは、「オガワ・インレイ・クラフト」の小川さん(↓)。 

c0137404_14414630.jpg
「TOKYOハンドクラフトギターフェス2013」
オガワ・インレイ・クラフトさんのブース


 ボクのヨコヤマギター「AR-WR #300」にも、「LEAF-Quiet」にも、「AR-GC #420」 にも、
 そしてモーリスの「S-92Ⅱ」にも
 小川さんの手によって名前のインレイを入れてもらっています。

 でも、こんなに素晴らしいセンスと技術がある方に
 名前のインレイだけではもったいないし、申し訳ない。
 とはいえ、あんまり派手派手なインレイも好みじゃないし・・・。

 というわけで、TOKYOハンドクラフトギターフェスの際に
 こんなのできませんかねぇ~?と
 ものすごく漠然とした相談をしてみました。
 そうしたら、面白いですねぇ~と小川さん。

 相談したのはインレイによる「絵」というより、
 ギターのある部分用に、例えば幾何学模様のような「図案」を考えていただき、
 インレイでできないか?もしうまくできそうだったら次は??
 なんて密かに思って貯金を始めました。(笑)

c0137404_1449521.jpg

 さて、(↑)この写真の真ん中の花瓶は、
 TOKYOハンドクラフトギターフェスの際に小川さんのブースに展示されていたもの。
 ブースの写真でも左下に写っています。
 

   (キーホルダーや箸は、ヨコヤマギターズの企画により作られた作品)

 これまたすごい素晴らしくて賛嘆していたら、格安にて譲っていただきました。

 花瓶には花を求めてやってきたアゲハ蝶がインレイによって描かれています。

 素晴らしい!!

c0137404_1458147.jpg

by acogihito | 2013-05-21 15:02 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

楽しかった!「TOKYOハンドクラフトギターフェス2013」

c0137404_1433476.jpg

 5月18日(土)~19日(日)に開かれた
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス」に今年も行ってきました。

 今年は両日とも参加!
 いや~楽しかった!!

 ボクが初めてハンドクラフトギターフェスに行ったのは2007年のこと。
 ソロ・ギターを始めたばかりの頃で、
 ヨコヤマギターのことを知り、いつかは欲しいと憧れていたら、
 そういうイベントがあることを知り、見に行ったんですよね。

 その頃はアコギに関して、ましてやハンドメイドのアコギに関して全く無知で、
 さらに高根の花の世界の中で、ただオロオロするだけだったんですが、
 時は流れ、いつしか自分もヨコヤマギターズのオーナーとなり、
 今では会場に行くと横山さんに「どうも!」と言えるほか、
 たくさんの知り合いにも会えてとっても楽しいんですよね!

c0137404_14504342.jpg
ヨコヤマギターズのブースの前で横山さん(上段左から2人目)を囲んで

c0137404_1531166.jpg
ライブ後、ギタリストの松井祐貴くんを囲んで


 いやぁ~、ライブを見たり、
 ボクのギターを作ってくれた横山さんやインレイを入れてくれた小川さん、
 その他お世話になっている方々といろんなお話ができたり、
 Facebook内のグループページ『南澤大介一門「ソロ・ギターのしらべ」ファン倶楽部』で
 知り合った方と実際にお会いしたり、本当に楽しいひと時!

 しかも普段、楽器屋さんではなかなかお目にかかることができない
 珍しく貴重なハンドメイドギターを観たり試奏させてもらったり、
 夢のような2日間でした!!

 みなさん、どうもありがとうございました。

 こういうイベント、次は大阪での「サウンドメッセ」ですよね!
 スケジュールを調整して、是非行かなくちゃ!

c0137404_151277.jpg
c0137404_15221648.jpg
c0137404_15201869.jpg
c0137404_1539891.jpg
c0137404_1525279.jpg
c0137404_15263745.jpg
c0137404_15414752.jpg

 ところで、ボクのギター仲間、顔見知りも着実に増えていますが、
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス」へ来るお客さんも
 年々増えているような気がします。

 アコギの世界が再認識され、確実に広がりつつあるような気がします!

 うん、いいぞぉ!!

by acogihito | 2013-05-19 22:45 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

南澤大介先生のオリジナルCD 『Obedient Woods』

c0137404_15333317.jpg

 南澤大介先生の新作CDが届きました。
 帯には「実に8年ぶりとなる待望のオリジナル・ソロギター・アルバム」と書いてあります。

 1作目の『Milestone』を出されたのが8年前なんですね。
 8年前と言えばボクがまだソロ・ギターを始める前、
 ビートルズで言えば、デビューから解散までの期間ですから、ずいぶん長い時間、
 本当に待望のニューアルバムです。

 その2作目のアルバム名は『Obedient Woods (オベディエント・ウッズ) 』。
 日本語にすると「従順な森」。
 

 どういう意味でこのタイトルになったのかは分かりませんが、
 「Woods」がギターだとすれば、このアルバムは、
 5本のギターを見事にコントロールし、従えているという感じがします。

 
 それはまるで「細密画」のよう。

 ボクは、ソロ・ギターは、鉛筆画や水彩画と共通するイメージを持っているんですが、
 このアルバムでの演奏は、例えば鉛筆画だったら、
 ザザッと描いてそれらしい絵というよりも
 細部の細かいタッチ、点や線にまでこだわって
 コントロールしきった「細密画」のようなんですよね。

 音数は決して多くないものの、ものすごく繊細で細密で、
 細部まで丁寧に演奏されているという印象です。

 凄いなぁ~。

 このアルバムには、軽快なナンバーからバラード系まで
 さまざまなタイプの曲があるんですが、
 特に聴き惚れるのはやっぱりバラード系。
 その繊細な演奏がすごくいいんですよね。

 以前、南澤先生は、ギターの演奏に関して、
 「前より上手くなってきたと自分で思う」とおっしゃっていたことがあったんですが、
 もともと上手かった人がさらに上手くなるというのはどういうことだろうか?
 と思っていたんですが、
 より繊細で細密な演奏ができるようになった
 ということのなのかもしれませんね。

 深いなぁ~。

 押尾コータローさんのダイナミックなアプローチとはまた違う
 とっても繊細なアプローチ。

 いやぁ~、ギターっていろいろな表現ができて本当に奥が深い。
 そして興味が尽きません。

 ボクも従順にコントロールできるようになりたいなぁ~と改めて思い込まされました。

 できれば一歩でも(↓)こんな感じに近づけるように・・・。



南澤先生の新譜『Obedient Woods』より、「出会い(Encounter)」の演奏動画です。 
 


 ところでジャケットは、沼の写真を上下逆にしたようですが、
 そうすると山と空と雲のように見えて、これまた不思議。

 ちなみに1作目の「Milestone」には「One」が隠されていて、
 2作目の「Obedient Woods 」にも「Two」が。
 ジャケットの写真にも木が2本て感じになっているそうです。

 面白い!洒落ているなぁ~!!

 今回のアルバムは、今までの南澤先生のアルバムと違い、
 エフェクトの深い曲がある、(今まではごく軽いリバーブくらいだった)
 フェードアウトの曲がある、(今まではフェードアウトの曲はほとんどなかった)
 ハーモニクスを駆使した曲が多いなどが特徴的ですかねぇ~。

 いや~、ギターってホント、面白く楽しいものですねぇ~~!!

by acogihito | 2013-05-12 16:23 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

右手指の「第二関節」に意識を集中するといいみたい

c0137404_1726118.jpg

 指の関節は先端から、一般に、第一関節、第二関節、指の付け根の関節。
 正式には、先端から遠位指節間関節、近位指節間関節、中手指節関節というそうです。

 さて、ソロ・ギターを弾く場合、右手の指はどの関節を動かすのがいいのか?

 
 ボクの場合、メインは第二関節、
 そして時に第一関節に意識を集中してい弾くのがいいみたいと最近思っています。
  (まあ、普通、当たり前のことなのかもしれませんが・・・)

 僭越ながら、今年に入ってから
 自分の演奏動画をYouTubeにアップしたりしてるんですが、
 それは以前に比べて、だいぶ良くなってきたなと感じているからで、
 以前と比べて何が一番違うかといえば、右手の指の動きなんですよね。

 以前は、もっとバタバタした感じでした。

 それは指の付け根の関節がもっと動いていたからだと思います。

 でも南澤先生を始め、
 上手い人は、右手の指の動きは案外小さいんですよね。

 そこで、去年の夏ごろからグーパーの動きの代わりに、
 付け根の関節を動かさずに第二関節と第一関節だけを曲げるように、
 その時、特に第二関節が曲がってるなぁ~と意識を集中させながら、
 開いたり閉じたりを、通勤の駅までの道などで繰り返していたりしたんです。

c0137404_17464958.jpg
付け根の関節は動かさないように曲げたり伸ばしたり


 さらに、薬指を中心に指をばらばらに動かす練習でも
 あんまり動きが大きくなくてもいいから変に力が入らないようにする練習もしました。

 そうこうしているうちに秋ごろからけっこういい感じになってきたような気がします。

 うん、指の付け根の関節から第二関節へ。
 さらに細かいフレーズは第一関節へ意識を集中するといいみたいです。

 意識は弦と当たる先端へ、先端へという感じなんですね。

 以前、テニス肘になって困った時もありましたが、
 それを乗り越えたら、ホント、嬉しく楽しい毎日です。

 ありがたいありがたい。
 これからも少しずつ精進していこうと思います。

by acogihito | 2013-05-06 17:52 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

大したもんだよなぁ~、押尾コータローさん!

c0137404_16541343.jpg

 押尾コータローさんのニューアルバム「Reboot & Collabo」と、
 「10th Anniversary LIVE」のブルーレイ・ディスクを買いました。

 CDは再起動を意味する自身の演奏だけの「Reboot」と
 他のアーティストの共演の「Collabo」という2枚組。
 ブルーレイの方はデビュー10周年ライブとドキュメントと合わせて
 4時間半以上もある大作です。

 いやぁ~、それにしても押尾さんというのはやっぱり大したもんですね。

 ともすればキワモノ的、大道芸的で、
 一部のマニアックなアコギ・ファンしか注目していなかったような
 ソロ・ギターの特殊奏法で、
 すべての人から支持されるようなポピュラー・ミュージックを作り上げ、
 しかもそれを10年続けてきたことで、
 ソロ・ギターというジャンルもメジャーにしていってるんですもんねぇ。

 ブルーレイで10周年ライブの映像を見ると、
 やっぱり上手いし、曲もポップで分かりやすく、だからと言って安っぽくなく、
 しっかりとしていますもんねぇ。

 つくづく大したもんだと思ってしまいます。
 アコースティック・ギター1本でインストルメンタル・ミュージックを作り上げる
 ソロ・ギターをポピュラーにした第一人者ですもんねぇ。
 NHK-Eテレでも講座が始まりましたしねぇ。

 一方で、そうだとするなら我が南澤先生は、
 ポピュラー・ミュージックをギター1本で弾きこなすソロ・ギターの第一人者ですよね。

 ボクなどは「ソロ・ギターのしらべ」を聴いて、
 ギター1本で、こういうポピュラー・ミュージックをこうのように弾けるのか!と
 驚いたクチですからね。

 そんな、お二人の活躍で、この10年、
 アコースティック・ギターの魅力がより一層深まったような気がします。

 そして、今後もますますご活躍されて、
 その魅力をより多くの人に伝わったらいいなと思っています。

 ボクもその一助になれればいいんですけどね。


 

by acogihito | 2013-05-01 17:38 | ★アコギ関連 | Comments(0)