<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

革新も忘れず

c0137404_1444135.jpg

 リットーミュージック刊
 『ギター・マガジン MIYAVI Slap The Beat.』という本を購入しました。

 「ソロ・ギター」ではないし、「自分でも弾いてみよう」とは思わないんですが、
 ある種、最新のギター奏法(スラップギター奏法=昔はチョッパーベースとも呼んでいた
 スラップベース奏法をギター用に応用した奏法)なので、
 知っておいて損はないだろうなと思いまして。

 ちなみにスラップギターとはこんな感じです。
    ↓


 それに、この「雅 ‐MIYAVI- 」さん、とってもいいんですよね。

 この「雅 ‐MIYAVI- 」さん、もともとはビジュアル系ロックバンドの方だそうで、
 体中に入れ墨を入れていて、そういうのはあまり好きではないのですが、
 実はCDは何枚か持っていて、そのサウンド、演奏テクニックはもちろん、
 アーティストとしての姿勢もピュアで健気で、とっても惹かれるものがあるんですよ。

 今回の本にもDVDにもインタビューがあるんですが、
 音楽への取り組む姿勢がとっても素晴らしく好感が持てますね。
 随分、苦労もしてきたようです。
 入れ墨も衣装の一部、
 音楽に対する変わらぬ誓いのようなものかもしれませんね。

 こういう世界的に見ても今までにないタイプのギタリストが
 日本から出てくるのは嬉しいもんです。
 そしてもっともっと活躍して欲しいものですよね。

 ちなみにDVDにはテクニックの一端が紹介されているんですが、
 その採譜は南澤先生が担当されています。

 最後にボクが「こりゃすごい!」と思った演奏を!
 『SAMURAI SESSIONS vol.1』に収録されている
 三味線の上妻宏光さんとフラメンコ・ギターの沖 仁さんとのセッション曲 『HANABI』!
    ↓

by acogihito | 2013-06-28 14:24 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

初心を忘れず

c0137404_8295726.jpg

 ともすると最初の衝撃を忘れてしまいそうで、
 忘れないようにしたい!と強く思っています。

 それは先日の松井くんのライブを見に行った時に感じたことなんですが、
 普通に見ちゃっている自分がいたんですよね。

 でも、もし初めてソロ・ギター・スタイルの演奏を見たんだったら、どうだったんだろう?
 きっと、「えっ?えっ?いったいどうやってい弾いているの?」って思ったはずなんです。

 今回、松井くんのライブ会場で、押尾さんも南澤先生も知らず、
 松井くんの演奏で初めてソロ・ギターというものを知ったという方と出会ったんですが、
 その新鮮な気持ちにボクが感動してしまいました。

 ボクにとってのそれは「ソロ・ギターのしらべ」を初めて聴いた時

 それ以前は、ギターは、どちらかといえば伴奏の楽器で、
 ピアノのようにメロディーと伴奏を一緒に弾くのは困難だと思い込んでいたところへ、
 全く概念を覆す「ソロ・ギターのしらべ」を聴いて
 「ギターってこんな風に弾けるんだ!」という強い衝撃と魅力を感じたので、
 あの新鮮な感動は絶対忘れないようにしたい!

 自分でも少しは弾けるようになってきた今、
 ギターといえばソロ・ギター・スタイルの方が当たり前になってしまった今、
 そしていつかは欲しいと思っていたヨコヤマギターを手に入れ毎日に弾いている今、
 改めてそんなことを強く思います。

 初心忘れるべからず。

by acogihito | 2013-06-26 09:04 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

素晴らしかった!松井祐貴くんのソロ・ライブ

c0137404_18394663.jpg

 2013年6月15日(土)、横浜関内ホール(小ホール)で開かれた
 松井祐貴くんのホール・ライブに行ってきました。

 松井くんは自他共に認める雨男で、
 ライブなどの日の8割以上が雨ということですが、
 今日は晴れ男のボクが見に行ったからか見事に晴れ!
 まさにハレの舞台にふさわしい日となりました。

c0137404_18433519.jpg

 会場には少し早めに行ったものの、すでに長蛇の列。
 大したものです。

 ところでボクが松井くんと初めて会ったのは、まだCDデビュー前。
 3年ほど前の2010年10月のヨコヤマギターズ主催の「合宿」だったでしょうか。

 その後、毎年の合宿や南澤先生を囲んでの「忘年会ライブ」でもお会いし、
 ライブは銀座(2011年)渋谷(2012年)
 最近ではTOKYOハンドクラフトギターフェス2013の
 デモ演奏ライブを観た(聴いた)んですが、
 その都度アーティストとして成長していく姿が眩しいほどです。

 そして今回のホールライブは、
 それまでのライブハウスのライブとはスケールの違う
 押尾コータローさんのライブに近いものがありました。

c0137404_198560.jpg

 いやぁ~、大したものです。
 オッと思わせる演出で白い衣装で登場。
 前半はテンポの良い曲が続き、みんなで手拍子!
 ギターもチューニング済みのものを
 スタッフが持ってきてくれて暗転の中で1曲1曲交換。
 だからテンポの良い曲からスローな曲まで間髪入れず
 次々に演奏が可能で盛り上がり気分が壊れません。
 松井くんは自らのMCでは緊張していると言いながらも演奏はしっかりと安定。
 そのMCも以前の素人臭さは姿を消し、すっかり堂に入ったものがありました。

 若いだけあって、その成長が早いですよね。

 あの20世紀最大のロック・ポップ・グループのビートルズも
 わずか7年足らずの活動期間の間にアイドルからアーティストに変化し、
 どんどん成長していきましたが、今の松井くんもまさにそんな感じ。
 どんどん成長しているのが分かります。

 曲の作り方も凝ったものになってきて、
 ビートルズでいえば、アルバム「HELP!」から「Rubber Soul」に移るころ。
 ポップなアイドル路線からアーティストへと成長・変化するころと似たように感じます。

 今後のさらなる成長がホント楽しみです。

c0137404_19183880.jpg

 ところで今後、さらに成長していくうえで、どうしても必要なのは
 やっぱり押尾コータローさんとの差別化でしょうねぇ。
 初めて聴いた人にも明確な違いを印象付けなくてはなりません。 

 そんな中、今回のライブでは今までにない新しい松井くんの姿を見たような気がします。

 それはギブソンのギターを弾く松井くん。

 松井くんは山崎まさよしさんのファンで、
 以前は山崎さんの曲を良く練習していたそうです。
 そして山崎さんと同じようなあこがれのギブソンを手に入れたと話し、
 そのギターとの出会いを曲にした「出会い」という曲が、どこか山崎さんの
 「One more time, One more chance」を彷彿させるところがあって
 これがとっても良かったんです。

 この雰囲気は押尾さんには全くない部分だし、もっと伸ばしたらいいんじゃないか。
 そういえば松井くんはやっぱり山崎さんの影響かブルースハープも得意ですよね?
 曲によってはソロ・ギターにブルースハープを加えてもいいのかも!
 なんて一人で思いながら聴いていました。


 演奏はアンコールも含めて2時間あまり。
 構成もしっかりした素晴らしいライブでした。

 そうそう、松井くんには女性ファンが多いのもいいですよね!
 やっぱりソロ・ギターをもっと普及させるためには、
 ギターを弾かない普通の人にもその魅力を知ってもらわなくては。
 そのためにまず女性から聴いてもらって男性にもと広がって行くというのが、
 世のヒットの常ですからねぇ。これは素晴らしいことです。

 そしてライブ後はCDなどの販売コーナーで長蛇の列のお客さんに
 一人ひとり丁寧にサインをしたり写真に納まったりしていた松井くん。
 いやぁ~、大変だなぁ~。
 今回はまだ300人弱の小ホールのライブだから対応できるものの、
 これより大きくなったらきっと無理だろうなぁ~などと思いながら見ていました。

 そして割と以前からの付き合いで親しい何人かが最後まで残り、記念撮影。
 今後、ビッグになって行ったらこんな写真は撮れないかもしれません。
 そのくらいビッグになって欲しいものです。

c0137404_172128.jpg
女性ファンが多いのが松井くんの特徴。
ヨコヤマギターズなど多くのところからの花も届いていました。


 

by acogihito | 2013-06-16 19:46 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

ジェットコースターの2日間 (MIKIミュージックサロン発表会)

c0137404_1621566.jpg

 2013年6月9日(日)に行われた
 『南澤大介一門WEST』、
 大阪のMIKIミュージックサロン心斎橋
 「南澤大介先生 ソロ・ギター講座 2013年上期発表会」に
 『南澤大介一門EAST』の一人として参加してきました。

 今回も1泊2日で行ってきたんですが、
 いやぁ~、ジェットコースターのようなアップダウンの激しい2日間となりました。

★     ★     ★

 
 半年ぶりに大阪の仲間たちとの再会!
 ちょうど誕生日の方もいるということで、
 新幹線の出発時間の1時間以上前に東京駅に着き、
 最近とっても充実している商業スペース
 駅ナカ「GRANSTA(グランスタ)」を行ったり来たり、
 あれこれ考えながらお土産を購入。
 これならみんな喜ぶだろうと満足して新幹線に乗り込みました。

 先週はなんだかんだと仕事が忙しく、
 まともにギターの練習ができなかったなぁ~と思いつつ読書。
 今回はエースケーのSさんが新大阪まで迎えに来てくれるということで、
 待ち合わせ場所のメッセージをスマホで確認し、今度は睡眠。
 

 おっ、気が付くと間もなく新大阪です。
 トイレは駅に着いてからにしようなどと本やスマホ、ウォークマンなどを
 隣の空いた座席に置いてあったショルダーバッグに押し込みホームに出て、
 階段を下りてトイレに向かっていると、
 「あれ?乗った時より身軽??」と左右の手が空いていることに気付いた瞬間、
 「あっ!お土産忘れた!!」と、手提げ袋3つを
 網棚に乗せたまま降車してしまったことに気が付きました。

 もう、がっかりです・・・。
 せっかく1時間以上も前に行って、
 自分なりに気の利いたものを選んだはずだったのに・・・。
 もう今から忘れ物を取り戻しても発表会には間に合わないので、
 あきらめることにしました。
 それにしても、こんなこと初めてなのでショックです。
 自分の不甲斐無さにがっくり。
 気分はどん底・・・。
 自分で自分にがっかりです・・・。

 とはいえ、Sさんに会うと笑顔で迎えてくれ、
 今後のソロ・ギターに関する「ある計画」の相談が始まりました。

 今度は打って変わって、もうワクワクです!
 ソロ・ギターに関する計画は、
 みんなが笑顔になることを考えることなので、それだけで楽しい!!
 気分は最高!!

 そうそうお土産を買うときも楽しかった・・・。
 あ、それを忘れて来ちゃったんだなぁ・・・・。
 また、がっかりの気分が戻ってきてしまいました・・・。

c0137404_1703493.jpg

 さて、Sさんとの打ち合わせを終えて、
 「MIKIミュージックサロン心斎橋」へ。 
 今度はMIKIのSさんがこれまた笑顔で迎えてくれました。

 
 再会の喜び! 
 と、同時に
 Sさんに渡そうと思っていたお土産は
 博多に向かっているんだなぁ~と思い出し、
 がっかりしたり、気分は激しくアップダウン。

 そうこうしているうちにいつものソロ・ギター仲間、
 「南澤大介一門EAST」のみなさんが続々と集まってきて、
 今日が誕生日という方も。

 再会の喜び!
 と、同時に
 誕生日の方やみなさんに渡そうと思っていたお土産は・・・と、
 がっかりしたり、気分はさらに激しくアップダウン。
 グワーッ。

 そうこうしているうちに肝心の発表会がはじまったのですが、
 気もそぞろ、心ここに非ず、真っ白になって
 集中力を欠いて演奏は最悪の結果になってしまいました・・・。

 もう、がっかりです・・・。
 20%も弾けなかったかも。
 やっぱり人前で弾くのは難しい。
 自分として200%くらい弾けなければ、
 人前で100%いかないのかなぁ・・・
 などと激しく反省、激しくダウン。
 気分はどん底。
 自分で自分にがっかりです・・・。

c0137404_17171270.jpg

 とはいえ、大阪での一番の楽しみは発表会のあとの懇親会です!

 普段は全く別な場所で、全く別の生活をしている
 老若男女さまざまな皆さんが、
 南澤先生を中心とした「ソロ・ギター」に集まり、
 全く平等に、日常のことは忘れ、和気あいあいと笑顔で過ごす。
 これが本当に楽しいですよね!
 気分は最高!!

 今回の懇親会は、
 心斎橋のビル全体が光る建物の近くのお店だったので、
 窓の外が白夜のようにいつまでも明るく、
 気が付けばとんでもない時間になるまで
 ソロ・ギター談義に花が咲き、楽しんでいました。

c0137404_17174344.jpg

 いやぁ~、ほんとに楽しかった!!
 こんなに心の底から楽しめることって、そう多くはありません!!
 大満足!!!
 みなさん、どうもありがとう!!

★     ★     ★

 ところがホテルに入って、寝床に着いて、
 そういえば演奏は大失敗したんだよなぁ~と思い出したら
 一気に落ち込んで、
 忘れ物したんだよなぁ~と思い出したら
 不甲斐無さにむなしくになって、
 でも懇親会はホントに楽しかったよなぁ~とハイになって、
 だけどこういう集まりもいつかはなくなるのかもなぁ~などと思ったら
 急に不安になったりさびしくなったり気持ちが激しくアップダウン。
 何だかジェットコースターに乗っているかのように
 目が回り、胃が上の方に上がってくるかのようでした。


c0137404_1843536.jpg
左は南澤大介一門WESTの手作りTシャツ、右はEASTのシール
普段は離れ離れでも南澤先生を中心にソロ・ギターを楽しむ気持ちは同じ!


 一夜明け、翌日はSさんとブランチ。
 おかげさまで随分落ち着いてゆったりと寛いだ時間を過ごすことができました。
 どうもありがとうございます。
 そして東京へ。

 新幹線の中では南澤先生の新作 『Obedient Woods (オベディエント・ウッズ) 』から
 「」「忘却の夜」「ジャンヌ・ダルク」などのちょっと切ない落ち着いた曲が
 気分に合って、スゥーッと心に染み入りました。

★     ★     ★

 いやぁ~、それにしても気持ちのアップダウンの激しい2日間でした。
 まあ、たまにはこんな激しい日があってももいいでしょう。
 でも明日からは心を落ち着けて冷静にならなくちゃねぇ。

 そしてまた「ある計画」!
 次の楽しみ、みんなの笑顔に向けてね!!

 (・・・と、意味深な写真を出す↓)
c0137404_18273386.jpg

by acogihito | 2013-06-11 19:20 | ★アコギ関連 | Comments(7)  

6月1日は「ソロ・ギターの日」ということで

c0137404_21163896.jpg

 6月1日は「ソロ・ギターの日」。

 どうして6月1日かと言えば、
 「6弦のギターを1人の人間が奏でて様々な世界を創りだすから」で、
 ギタリストの城 直樹さんが提唱し、今年で2年目。
 全国各地でソロ・ギターに関するイベントが開かれました。

 ということでボクは、
 モーリスギターの「モリダイラ楽器」本社ビル地下1階「M's SPACE」で開かれた
 「ソロギターの日 スペシャルライブ in TOKYO」に参加してきました。

 出演は、南澤大介先生、小川倫生さん、西村歩さん、井草聖二さん。

 実は、南澤先生以外の方はCDは持っていてもライブを見るのは初めてで
 同じソロ・ギターでも四人四様でとても有意義なライブでした。

c0137404_21165369.jpg
この写真はアンコールの4人の合奏


 ところで、「ソロ・ギター」という名称ですが、
 これがちょっと微妙で、初めての人には分かりにくいかも?
 と、個人的に思うことがあるんです。

 「ソロ・ギター」をひっくり返して「ギター・ソロ」だったら、
 「ロック、ポップスなどの間奏でエレキギターなどが奏でるメロディ」のことですよねぇ。
 でも、「ソロ・ギターは何?そういうギターがあるの?」
 とか思っちゃうこともあるんじゃないか。
 また知っていても、「フィンガーピッキング」とは同じなのか、違うのかとかねぇ・・。

 まあ、どっちでもいいじゃんと言われればそれまでですが、
 「ソロ・ギターの日」ということなので、今後の普及のためにも
 ボクなりに整理しておこうかなと思います。


 まず、「ソロ・ギター」とは、
 「1本のギターでメロディーも伴奏を弾いてしまう」こと
 ということになっていますが、そのままだと
 その「奏法」をいうのか、「音楽」のことをいうのか、
 あるいは「スタイル」のことを言うのかが曖昧ですよねぇ。

 ですので、奏法を言う時は「ソロ・ギター奏法」、
 形式を言う時が「ソロ・ギター・スタイル」、
 音楽そのもののことを言う時は「ソロ・ギター・ミュージック」と
 はっきりさせて呼ぶのはどうでしょう?

 例えば、「押尾コータローさんはソロ・ギター・スタイルで、
 その音楽はソロ・ギター奏法を駆使したソロ・ギター・ミュージックである」
 というような感じで使います。

 また、そうした音色は「ソロ・ギター・サウンド」ですよね。
 「厚みのあるソロ・ギター・サウンドだね」とか、
 「さわやかなソロ・ギター・サウンドだね」とか。

 ということで、「ソロ・ギター」という言葉には、
 奏法まで含んだ意味を持っていますが、
 それ以外はほぼ「ロック」と同じような使い方ですかね。
 「ロック・サウンド」「ロック・ミュージック」「ロック・スタイル」とかとね。

 また、「ソロ・ギター」には、
 アコースティックギターでなければならないという意味は含んでなさそうなので、
 「おっ、珍しい!エレキギターを使ったソロ・ギター・ミュージックだね」
 というのがあってもいいのかも知れません。
 

 一般的なのが、
 「アコースティック・ギターを使ったソロ・ギター・ミュージック」
 ということになりますかね。


 それと、そもそも「ソロ・ギター」なのか、「ソロギター」なのか?

 個人的には南澤先生著の「ソロ・ギターのしらべ」で
 ソロ・ギターに関心を持ったので、
 ここではソロとギターの間に「●」を打っていますが、
 本当はどっちかに統一した方がいいですよねぇ。
 とすると一般的には「ソロギター」なのかなぁ??

c0137404_2324625.jpg

 それから「フィンガーピッキング」と「ソロ・ギター」は
 イコールではありませんよねぇ。

 指でギターを弾くスタイルが「フィンガーピッキング」ならば、
 「ソロ・ギター」はフラットピックで弾くこともあるわけなので、
 「フィンガーピッキング」は「ソロ・ギター」に含まれるということになりますよね。
 また「フィンガー・ピッキング」は2人、3人でのユニットでもいいですが、
 「ソロ・ギター」はどんな奏法でも1人じゃないと
 やっぱりソロ・ギターにはなり得ません。

 ということからすると、日本語では
 「フィンガーピッキング」は「奏法」を言っているニュアンスがしますかね。
 「フィンガー・ピッキング・スタイル」ですもんね。
 この辺の微妙なニュアンスの違いははっきりさせたいところです。

 そうなってくると、「フィンガーピッキングデイ」は、
 「ソロ・ギター・デイ」ではないのだから、
 フィンガーピッキング・スタイルであれば
 2人組、3人組のユニットが出てもいいのではないか?
 逆にフラットピックを使った人はダメなのか?とか・・・、
 けっこう実態と合っていない感じで微妙です。 


 ということで、「ソロ・ギターの日」は、
 「フィンガーピッキングでも、フラットピックでも、
 ギター1本でメロディも伴奏も奏でるソロ・ギター奏法を駆使した
 ソロ・ギター・ミュージックをみんなで聴いて弾いて楽しもう!」
 というのが分かりやすいかな?と思いますが、
 いかがでしょう??

 どうでもいいことのようであり、
 でも、その辺の名称の使い分けは規模を大きくさせようとしている今こそ、
 はっきりさせておいた方がいいのではないか?
 と、個人的には思っています。

c0137404_2117575.jpg
記念写真を撮らせてもらったらまるでボクも出演者のよう・・(^^ゞ

by acogihito | 2013-06-02 22:28 | ★アコギ関連 | Comments(4)