<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

フレットの擦り合わせ

c0137404_7455685.jpg

 先週、ヨコヤマギターズの工房に行った時
 以前に作ってもらった
 「AR-WR #300」「LEAF-Quiet」「AR-GC #420
 を持っていき 
 各所をチェックしていただきました。 

 特に気になっていたのは、
 「AR-WR #300」のフレットの状態。

 けっこう減ってきているようにも感じるものの、
 このくらいならまだOKなのか?
 擦り合わせなどをした方がいいのか?

 普通に弾いているには
 チョーキングなどするわけないので、
 気にしなければ何とかなっているんですけど、
 その辺の加減が分からないので、
 相談したんです。

 「LEAF-Quiet」や「AR-GC #420
 は問題なかったんですが、
 作ってもらってから4年になり、
 なんだかんだで一番弾いている
 「AR-WR #300」はやっぱり
 だいぶ減っていました。

c0137404_7562057.jpg

 写真は作業台の上に置いた
 「AR-WR #300」のネックを
 ヘッド側から撮ったもの。

 接写に失敗して
 ピントがちょっと合ってないですが、
 画面の左から2番目、
 2弦が当たるフレットが一番減っています。

 ピンボケなので、やんわり見えますが、
 肉眼で見ると
 もうちょっと減っているように見えました。

 横山さんによると
 「フレットの打ち替えと擦り合わせの
 ギリギリのところ」とのこと。

 もう少し減っていれば打ち替え、
 ただ、打ち替えは、
 今あるフレットを引き抜き
 打ち直すので、
 打ち込んである溝に
 引き抜く際のダメージを与えることになるので、
 できる限り、回数を減らした方がよい
 ということで、
 今回は擦り合わせをしてもらうことにしました。

c0137404_82752.jpg

 横山さんは、
 思ったより細かいヤスリを
 数種類を使い分けて、
 フレットの凹みだけでなく
 フレットと指板の段差の滑らかさなど、
 いろいろな個所を
 丁寧に作業してくれました。

 おお、やっぱり弾きやすくなった。
 
 とっても滑らかです。

 それほど気にならないと思っていたものの、 
 やっぱりフレットが綺麗にそろうと滑らかで
 するっと弾ける感じです。

 ありがとうございます!

 フレットの擦り合わせをすると、
 凹んだ部分の高さに
 他の部分もそろえるので、
 フレット全体の高さが低くなるわけですが、
 ビビることもなく
 逆にすべてがそろっているので、
 どこかがビビりやすい
 ということもなくなって
 弾きやすく滑らかな感じがするんですね。

c0137404_8181431.jpg

 ちなみに
 この「AR-WR #300」も
 「LEAF-Quiet」も「AR-GC #420」」も
 他の個所は、問題なし。

 そして、どのギターも
 いい音でいい感じに鳴ってきているので、
 横山さんも満足そうで、
 それがボクにも嬉しかったです。

 せっかくいいギターを作ってもらったのに
 ボクの扱い方が悪くて
 ひどい状態だなんて思われたら、
 残念だし申し訳ないですからねぇ。
 嬉しかったし、ホッとしました。
 

 横山さん、ありがとうございました。
 これからもどうぞよろしくお願いします。
 

by acogihito | 2014-07-28 08:39 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

人生最高峰のヨコヤマギターズ4号機 発注!

c0137404_2154524.jpg

 季節外れの寒気が日本列島上空にやってきて
 大気の状態が不安定になり、大雨の恐れも、
 と予想されていた3連休が始まった7月19日。

 幸いボクの上は青空も広がったりして、
 それほど悪くなく、ありがたい限りです。

 向かった先は信州、長野県!

c0137404_1034670.jpg

c0137404_104064.jpg
 高ボッチ高原から
 眼下に広がる雲の流れ眺め
 木々の息吹きを感じたり・・・、 

 400年余年の風雪に耐え、
 今も堂々と立つ松本城の姿を見て、
 「やっぱりってすごいなぁ~」と
 その素材の力に改めて感じ入りしました。

c0137404_10447100.jpg

c0137404_1045735.jpg


 でも、それらは2日目の出来事で、
 1日目、真の目的は、長野県筑北村の
 「ヨコヤマギターズ」の工房に行くことでした。

 ギターもやっぱり自然から生まれた
 素材としての力が必要なものですからねぇ~、
 今回は少し、木を体感してみたってわけなんです。

c0137404_913414.jpg
左から横山さん、小川さん、ワンダートーンの坂本さん

 実は、3号機のカマティロ・モデル
 『AR-GC #420』を頼む前から、
 「いつかはお願いしますから」と、
 材もキープしてもらい、
 横山さんだけでなく、
 「オガワインレイクラフト」の小川さんにも
 機会があるたびに相談していた
 ボクにとっては人生最高峰で
 最終モデルの計画があったんです。

 それは「ブラジリアン・ローズウッド」、
 またの名を「ハカランダ」を使ったモデル。

 ハカランダと言えば、
 ギターのサイド・バック材として最高と言われながらも
 1992年にワシントン条約で国際取引が禁止され、
 それ以前に伐採された材のみが
 わずかに流通しているという
 今となっては超高級な材ですよねぇ。

c0137404_925230.jpg

 以前、南澤先生も一緒のとき、
 4年前のヨコヤマギターズ主催の
 合宿の時だったと思いますが、
 ハカランダの試奏モデルが用意されていて、
 横山さんが
 「ハカランダはハカランダにしかない音がします」
 とおっしゃり、
 それを試奏した南澤先生は、
 「やっぱりハカランダは独特のキラキラした音がする」
 と絶賛。

 確かに自分で弾いてみても、
 倍音のキラキラ感がやさしく美しく感じました。

 「なるほど!」
 「いつかは欲しいなぁ~、
 ヨコヤマギターズのハカランダモデル」。
 
 で、その時、
 ヨコヤマギターズの工房にあった
 ストックも見せてもらって、
 その中で一番気に入った材を指定して、
 「いつかはお願いしますから」と、
 とっておいて貰ったんです。

c0137404_18375926.jpg

 でも、その前に自分がもっとギターが上達しないと
 宝の持ち腐れになっちゃう・・・と、
 さらに練習を重ね、
 その後、煙草をやめ、煙草代をギターに回し、
 クルマもそろそろ買い替えの時期か?
 と思っていたけど、
 動くうちは今のクルマでいいかな、と。

 それより人生も半ばを過ぎ、
 良いギターをできるだけ長く楽しむには
 できるだけ早く買った方がいいと考えを変え、
 それらを注ぎ込んで、
 ついに人生最高峰のヨコヤマギターズ4号機、
 ハカランダ・モデルを発注することにしたんです。

 そして、
 せっかく人生最高峰のギターを作ってもらうなら、
 抜群のセンスと腕を持つ
 オガワインレイクラフトの小川さんにも
 何か手伝ってもらいたいと思っていたんです。

c0137404_18425819.jpg

 とはいえ、何を入れたらいいか。
 ギターにワンポイントいれるような
 好きな花とか、鳥とか、ペットがあるわけでもなし、
 どっちかと言えば、他の道具や衣服に
 ギターの図柄をワンポイント入れたいくらいだし・・。

 と、そんなこんなのことやイメージなどを
 去年の「東京ハンドクラフトギターフェス」や
 「合宿」の時などに相談していたんですが、
 さすが小川さん!
 決して派手ではないけれど、
 ちょっと普通にはないような
 抜群のセンスのデザインを考えてくれ、
 大満足!

 素晴らしい!!

 
 今回は、そのデザインに合うように
 最終的な細かい仕様の打ち合わせのために
 ヨコヤマギターズに行ったんです。

c0137404_11465635.jpg

 この日(7月19日)、
 ボクの前に新潟からのお客さん、3名・・、

 ひとりは完成したギターの受け取り、
 ひとりは新たな発注、
 そしてもひとりが「あぽろん」という
 楽器店の店長さん、

 ・・・という3名が工房を訪ねていたんですが、
 3名ともボクのこのブログをご存じで、
 また今回発注だけでなく、
 1号機の「AR-WR #300」や
 2号機の「リーフクワイエット
 3号機の「AR-GC #420」を持っていくので、
 調整もしてもらいたいとお願いしていたら、
 そういう話になったらしく、
 「せっかくならあこぎひとさんにお会いしたい」
 「リーフクワイエット見てみたい」
 ということになり、
 「少し早く来れませんか」と誘われ、
 途中での昼食抜きで工房に向かったんです。

c0137404_123647.jpg

 いやぁ~、楽しかったです。
 なんか、スターのように出迎えてくれ、
 早速リーフクワイエットや
 他のギターも見てもらいました。

c0137404_1254043.jpg

 その後、みんなで食事に行き、
 ギター談議で盛り上がった後、そこでお別れし、
 いよいよ人生最高峰の
 ハカランダ・モデルの最終打ち合わせです。

c0137404_854515.jpg

 いやぁ~、楽しい!

 ネック材をどうする?
 ネックの厚さはどうする?
 天神化粧板をどうする??
 バインディング材はどうする??

 ・・などなど、
 
 材料を作業台に並べて、
 横山さんのアドバイスを受けながら、
 あれこれ試行錯誤。
 

 決して安い買い物ではないので、
 ちょっとドキドキしながら。

 でも本当に楽しい時間です。

 
c0137404_1281350.jpg

 小川さんのインレイは既にできていて、
 あとは横山さんが組み立てるのみ。

 こうなってくるとあとは結構早いです。

 楽しみだなぁ~~!!


 え?
 小川さんのデザインが、どんなデザインかって??

 う~ん・・・、
 そうそう、この日、ボクは
 チェックのパッチワークのようなシャツを着てますが、
 それがヒントかな??
 わからない??(笑)

 まあ、出来上がってのお楽しみということで!!

c0137404_12175331.jpg
新潟から来た皆さんと共に

 できたばかりの自分のギターを受け取った人、
 自分のギターを発注した人、
 作った人と使う人と、間の楽器屋さんと、
 み~んな笑顔なのがいいですよねぇ~!

 またまたボクも笑顔の日々が続きます。
 ありがとうございます。

 そして横山さん、どうぞよろしくお願いします。


  関連記事
   ついに完成! 人生最高のギター
   グランドオープリーのカーボン・ファイバー製ギターケース
   楽しかったぁ~!ソロギター合宿2013
   賛嘆!「オガワ・インレイ・クラフト」

by acogihito | 2014-07-21 12:31 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

『天国への階段(Stairway to Heaven)』 再び!

c0137404_193351100.jpg

 ロックの名曲のひとつである
 レッド・ツェッペリンの『天国への階段 (Stairway to Heaven)』。

 南澤大介先生の著書、
 「ソロ・ギターのしらべ~官能のスタンダード篇」には
 その名曲を イメージをそのままに
 見事にアコースティック・ギター1本に置き換えた
 ソロ・ギター・バージョンが収録されています。

 ただ、権利関係の問題で、
 収録されているのは音源のみで、楽譜はありません。

 この曲を弾くには
 YouTubeにアップされている動画をコピーするか
 南澤先生に直接習うしかありません。

 ということで、コピーが苦手なボクは、
 南澤先生に習う道を選んだのですが、
 最初に習ったのは、もうずいぶん前になります。

 その時は、とりあえず一通り通して
 なんとなく弾けたと言えば弾けたのかもしれませんが、
 「まだまだとても自分には弾けない!」と感じ、
 「もっと上手くなってから弾こう!」と、
 ずっと温めておいたんです。

 で、今回、再びレッスン開始です。

 前半のアルペジオの部分は、まあ、何とか弾けるんですが、
 後半のストロークの部分、
 原曲でいえば、ドラムが出てきて、
 ジミ・ペイジのギターソロ以降のハードに盛り上がる部分が
 まだまだたどたどしいので、今年の後半は
 この曲をしっかり取り組んでみようかと思っています。

 ということで、今日は、そのギターソロの部分など、
 いろいろ教えていただきました。

 この曲に関しては、
 「もっとこういう風にできないだろうか?」という思いもたくさんあるので、
 それもやれるようになってみたい。
 やれるようになるかどうかは分からないけど、
 やれるところまでやってみたいと思っています。

 う~ん、ワクワク!

 新たな目標に向かってチャレンジ開始です!!

by acogihito | 2014-07-13 20:06 | ★アコギ関連 | Comments(15)  

歩きながら指の練習

c0137404_17502247.jpg

 通勤の行き帰り、駅までの道のりで、
 指を動かしていることがけっこうあります。

 実際にギターを弾く時のように
 左手は、親指を動かさないで、それ以外の4本の指を
 右手は、小指を動かさないで、それ以外の4本の指を
 それぞれランダムに動かします。

 本当は、実際の曲を演奏するように
 そらで動かせればいいのかもしれませんが、
 ちょっとそれは上手くできないので、
 ポータブルオーディオプレーヤー、
 ボクの場合はウォークマンで、お気に入りのソロ・ギター曲を聴きながら
 適当に合わせて、弾いてる気分で動かすんです。

 右手も、左手も、指は、なるべくバラバラに動かすように、
 特に、左手は小指、右手は薬指と、動きの悪い指を意識しています。

 そうすると前腕にある指を動かす筋肉
 ちょっと張ってきたりするので、
 「いい運動になってるのかな?」と感じます。

 思い返せば、ソロ・ギターを始めたばっかりの頃は、
 右手の薬指はこんなに動きませんでしたからねぇ~。
 けっこう動くようになったもんだと実感します。

 駅までの道のり、
 ギターがなくても意外にいい指の練習になるんです。

 

by acogihito | 2014-07-06 18:15 | ★アコギ関連 | Comments(0)