<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

思いがけない絶景に心洗われた

c0137404_22542366.jpg

 友人N氏と
 10月24日(金)の夜から26日(日)まで、
 長野、山梨方面へキャンプに行ってきました。


 金曜日の夜、
 まずは長野県塩尻市の「高ボッチ高原」を目指しました。

 クルマで行ける山の上の展望台で、
 星空と眼下に広がる夜景をを眺めようと
 思ったわけです。

 ところが、着いてみると、
 山頂は霧で覆われ、何にも見えない・・・。

 仕方なくテントで眠って、
 夜中にトイレで目覚めた時に
 満点の星空が広がっていることは確認できました。

 でも、ものすごく寒かったので、
 早々に切り上げ寝床の中へ。

 夜中から明け方にかけて、
 次々とクルマがやってくる音が聞こえるので、
 なんだろうなぁ~と起き出して眺めてみると
 眼前に広がる壮大な雲海の景色!

c0137404_2343333.jpg
c0137404_2344516.jpg

 北アルプスの山々。
 そしてその前の雲海。

 明け方にクルマでやってきた皆さんは
 この景色を見に来たんですね!

 全く予想していなかった
 絶景に大感激!

 前日は霧に覆われ、
 星空は夜中にちらっとしか見られなかったんですが、
 それ以上に素晴らしい贈り物でした。

 そして、反対側の展望台に行ってみると
 これまた素晴らしい光景が広がっていました。

c0137404_2393734.jpg
c0137404_2394483.jpg

 真正面に富士山。
 左側に八ヶ岳。
 右側は南アルプスの山々。
 そして諏訪湖の上には雲海が広がり、
 これまた幻想的で荘厳な風景が広がっていました。

 この場所には1眼レフの
 いいカメラを持っている人がたくさんいたので聞いてみると、
 みなさんわざわざこの景色を狙って来ているそうで、
 遠くは神戸からの方もいました。

 う~ん、ボクらは思わずラッキーでした!
 金曜日の夜、仕事終わりに無理してやってきて良かった!!


 そして次に向かったのが、
 山梨県山梨市の「ほったらかし温泉」です!

c0137404_23163624.jpg
c0137404_23164794.jpg

 山の上の方にある大露天風呂で、
 まるで銭湯の絵に描いたように
 本物の富士山がぽっかり見えるという
 これまた最高の状況でした。

 いや~、温まるし気分がいい!!


 そして本来の目的地である
 山梨県、富士五湖のひとつ西湖にあるキャンプ場
 「西湖キャンプ・ビレッジ「ノーム」へ!

c0137404_2322261.jpg
c0137404_23192750.jpg

 最高の秋晴れ、
 自分が食べたいものを作って食べ、
 ゆったりした時間を過ごしました。
 

c0137404_23241187.jpg
c0137404_23242017.jpg

 たき火を見ながらギターも弾きました。

c0137404_23263116.jpg

 ボクらは、こうしたキャンプのことを
 「避難生活」と呼んでいます。

 災害時のライフラインが途絶えた生活の訓練にもなるんじゃないか
 と思ったので、そう言い始めたんですが、
 実際はそれ以上に、
 日常生活の喧騒から離れる意味での
 「避難生活」になっています。

c0137404_23243973.jpg
 

 今回も心が洗われました。

 素晴らしい景色、
 素晴らしい天気、
 そして日常の愚痴や様々な相談に乗ってくれる
 素晴らしい友人に感謝です。

c0137404_23421479.jpg
 

by acogihito | 2014-10-28 23:45 | ☆その他 | Comments(2)  

「アコースティック・ギター・メインテナンス・ガイド」

c0137404_13293472.jpg

 へぇ~、この本はいいなぁ~!
 リットーミュージックから出版された
 『アコースティック・ギター・メインテナンス・ガイド』。

 今までエレキギターのメインテナンス・ガイド・ブックはあったものの、
 アコースティック・ギターに特化したものは無かったんじゃないでしょうか?

 おかげさまでボクは、今となれば、 
 南澤大介先生やヨコヤマギターズの横山 正さんはじめ、
 楽器店などのギターの専門家の方々と
 いろいろお話させていただくチャンスもあったので、
 アコギのメインテナンス方法も少しは分かっているつもりですが、
 それ以前は全く知らなかったですからね。

 こうして本としてまとめてもらえれば、
 ある程度分かっている人にも
 分かっていな人にも
 ひとつの「基準」として、
 とっても役に立つこと間違いなしですよね!

 素晴らしい!!


 ところでこの本、
 出てくるギターの写真が、
 古いギターだったり、安いギターだったりするのが
 面白いです。

 古いギターは、まあ、様々なトラブルを抱えた事例として
 新しいギターでは再現できないので当然として、
 安いギターは、例題としてあれこれいじられ、
 最後にはバックがはがされ、
 中のブレイシングの写真まで載せられて、
 そりゃまあ、高いギターじゃここまで出来ないなぁ~
 という感じでしょうか。

 また、逆に、安いギターでも
 調整次第でグンと良くなるんですよ
 という例題なのかもしれませんね。

 とにかく、ちょっと親しみやすかったです。

 それにしても、さすがリットーミュージック、
 良い本をどんどん出しますね!

by acogihito | 2014-10-24 13:48 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

初、アレンジに挑戦!?

c0137404_19423147.jpg

 南澤先生の著作、
 『南澤大介 ソロ・ギターのための練習曲集』で練習していたら、
 ふと、ある曲を思い出しました。

 ゴンチチの『放課後の音楽室』という曲です。

 改めてCDを聴いてみると、
 練習曲みたいにとってもシンプルで素晴らしい曲ですよね。

 CMでも使われているので多くの方が
 聴いたことがあると思います。→ こちら

 人類が音楽を作り始めてから、
 いったいどれほどの曲が作られているのか。
 たった12音階で、星の数ほどの曲が作られてきているはずなのに
 よくぞこれだけシンプルで美しいメロディーラインが残っていたな、
 それを見つけ、作った、ゴンチチはスゴイ!天才だ!!
 と、改めて感心してしまいました。

 しかも、ゴンザレス三上さんととチチ松村の二人で
 ギター2本だけでの演奏で、ソロ・ギターでも十分、演奏できそう。
 「どうして“ソロ・ギターのしらべ”では取り上げられなかったんだろう?」
 と思うほどです。

 ネットを調べてみると、
 やっぱりソロ・ギター・アレンジされているものが
 いくつかアップされていました。

 ただ、「ソロ・ギターのしらべ」的に考えると
 ちょっと原曲と違う感じもしたりして、
 ちょっと不満というか、なんというか・・・。

 そこで、自分なりにアレンジできないものか?
 コピー譜を手に入れ、それを参考にすればできるんじゃないか?
 と思い立ちました。

 翌日、Amazonから届いた譜面を見てみると、
 メロディはほとんどが4分音符でできていて
 伴奏は8分音符でした。

 まあ、なんとシンプル!

 このメロディと伴奏のパートを
 いっぺんに弾ければソロ・ギターの完成です。

 これならなんとかなりそうだ!

 ということで、
 「ソロ・ギターのしらべ」の曲を練習していて気づいた
 「レイヤー的アレンジ」を実践してみることにしました。

 「レイヤー」とは、
 フォトショップなどのグラフィックソフトウェアなどに搭載されている
 画像をセル画のように重ねて使うことができる機能のことで、
 上に画像が重なれば、下の画像は隠されてしまいますよね。

 「レイヤー的アレンジ」もそんな感じで、
 伴奏パートの上にメロディーパートを重ねて、
 メロディーパートと音符が重なった伴奏は省略してしまう
 というような考え方です。
  
 そんな感じでやってみたら、
 思ったより簡単に、割といい具合にできました。

 おお、これはいいかも!
 
 初アレンジ!?
 それにしちゃ、素晴らしいんじゃない??

 まあ、メロディーパートの譜面と伴奏パートの譜面を
 合体させただけなんですけどね。

 ということで、とりあえず出来上がった
 ボクなりの『放課後の音楽室』ソロ・ギター・アレンジ版は、
 音符的には4分音符と8分音符でゆっくりなんですが、
 ポジションチェンジが自分的にはちょっと大変なんで
 しばらく練習が必要ですが、
 次のレッスンで南澤先生にも見てもらって
 いずれ発表できたらいいなと思っています!

 なんかとっても嬉しいです。

              ★    ★    ★

 ※ただ、「天国への階段」がまた先送りになってしまっています・・・とほほ。

by acogihito | 2014-10-19 20:53 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『練習曲第1番 左手』を弾いてみました!



 南澤先生の著作、
 『南澤大介 ソロ・ギターのための練習曲集』より
 「練習曲第1番 左手」を弾いてみました。

 使用ギターは、Yokoyama Guitars 『AR-WR #300』 です。

 「左手」用の練習曲ですが、
 右手の「消音」に気を使ったので、
 右手の方が難しくなってしまいまいました。


 いくつか消音ポイントをご説明しましょう!

 イントロは消音していませんが、
 イントロが終わると、1,2,3弦の上に
 薬指、中指、人差し指を乗せ、
 消音してスタンバイ。

 続くAメロの最初の4小節は、
 1,2,3弦の上に薬指、中指、人差し指を乗せたまま、
 そのまま弦を弾き、
 弾き終わったら弦に指を戻して消音するという
 弾き方をしています。

 これがけっこう難しい。
 かなり練習して、やっと弾けるようになってきました。
 でも出来てくると、メロディが際立って、
 南澤先生っぽく聞こえます。


 後半は、
 ベース音が重ならないように消音しています。
 

 例えば、
 Em→Em(on A)→Dsus4→D
 というところは、
 6弦開放のEを弾いて、
 5弦開放のAを弾く時に、
 親指の横を6弦にちょこっと当てて、
 6弦の音を止めて、消音して
 5弦を弾くという弾き方をしています。

 次の5弦開放のAから
 4弦開放のDに行く時も
 親指の横をちょこっと5弦に当てて、
 5弦開放のAを消音しています。
 

 ただ消音を気にすると、指の動きが、
 演奏以外、音符にはない部分で、
 音楽とは違う動きをする必要が出てくるので、
 見た目以上に、かなり複雑になってしまいます。

 でも、ある程度できてくると、音が鮮明になって、
 南澤先生的に
 メロディーと伴奏が、くっきり分かれて聞こえてくるので
 嬉しいもんです。


 消音は、やる人やらない人、
 気にする人、気にしない人、
 好みの分かれるところですが、
 ボクは、南澤先生の
 メロディーと伴奏が、くっきり分かれて聞こえる
 演奏のポイントのひとつが「消音」だと思っているので、
 しっかりやりたいと思っています。

 なにしろ、ボクが
 「ソロ・ギターのしらべ」を初めて聞いて
 ギターでこんなことができるのか!と衝撃を受けた演奏のポイント、
 それはアレンジの妙はもちろんですが、
 メロディーと伴奏が、くっきり分かれて聞こえたことも大きく、
 その秘訣のひとつが「消音」なのですからねぇ!


  関連記事
   みんなで練習曲を弾いてみようキャンペーン、特別賞いただきました!
   『練習曲第22番 リズムⅠ』を弾いてみました!
   『練習曲第21番 消音Ⅱ』を弾いてみました!
   『練習曲第6番 単音Ⅰ』を弾いてみました!
   『練習曲第2番 右手』を弾いてみました!

by acogihito | 2014-10-13 15:06 | ★アコギ関連 | Comments(10)  

楽しい! 『ソロ・ギターのための練習曲集』の練習!!

c0137404_20373594.jpg

 面白い!楽しい!!

 南澤先生の『ソロ・ギターのための練習曲集』が発売されて、
 最近、その練習にすっかりハマっています。

 当初は、自分の弱点であるリズム強化のために
 「練習曲第22番 リズムⅠ」をやればいいかな、
 なんて思っていたんですが、
 とりあえず簡単そうな
 「練習曲第1番 左手」から始めたら
 その楽しさにすっかりハマってしまいました。

 なんていうか、
 曲を弾きつつもパズルを解いているような感じといいますか、
 スポーツジムのランニングマシンとかで
 効果的にトレーニングしている感じといいますか、
 できないところができてくると
 「効果が上がってるんじゃないの」って感じて
 嬉しくなっちゃうんですね。

 実は発売される前は、
 「もう自分は、少しは弾けるようになってきているし、
 こういう練習曲集はいらないんじゃないか」
 なんて思っていたんですが、
 やってみると想像以上に楽しくて驚きました。

 今はまだ「練習曲第1番 左手」を練習しているんですが、
 先生の動画も見つつ、右手の消音もしっかりやろうとしているので、
 「左手」を強化する曲でも「右手」の方が大変な感じで、
 指がこんがらがっちゃうようなんですが、
 だんだん出来てくるのが嬉しいんです。

 1曲が短く簡潔なので、覚えやすく、
 早くマスターできるのも楽しさの秘訣かもしれません。

 ということで、今回のレッスンでも
 「練習曲集」のことで、いろいろなお話を伺ったんです。

 ボクの場合、
 第1章の「基礎技術のための練習曲」から何曲かと、
 第3章の「表現力向上のための練習曲」から何曲かを練習しようかな
 と思っていたんですが、先生のお話を伺うと、
 例えば、「練習曲第16番 打音」などは、
 難しそうに聞こえるけど、思ったyり簡単なんだそうで、
 となると、レパートリーとしてもいいかな?と思い、
 そうすると、
 第2章の「特殊奏法のための練習曲」もやってみたいなと思うようになり、
 となると、「端から順番に全部やってみる?」って勢いです。

 今年暮れまで、
  「みんなで練習曲を弾いてみようキャンペーン」も実施されているので、
 少なくともそれまではこの練習を楽しもうと思います!

c0137404_20374754.jpg

by acogihito | 2014-10-05 21:58 | ★アコギ関連 | Comments(2)