<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

テニス肘にご用心!

c0137404_14191682.jpg

 相変わらず腕の長子が悪く、鈍痛やしびれがあり
 思ったより長引いているので、
 今週、近所の鍼灸整骨院に行っていました。

 写真は「皮内鍼(ひないしん)」という
 皮膚の表面に1ミリくらいの鍼を打つ治療をしている様子です。

 でも、残念ながら劇的な効果はありませんでした。

 病名はあえて言うなら、やっぱり「テニス肘」。

 手の使い過ぎが原因ですが、
 ボクの場合は、ギターとパソコンとマウスの使い過ぎから来ていると思われます。

c0137404_23143243.jpg


 特に人差し指でマウスのホイールを操作すると
 上の図で言えば、ピンクの筋肉の肘に近い部分の上部あたり、
 ちょうど人差し指を動かす筋肉あたりが痛みます。

 そしてそこから繋がる二の腕、肩、肩甲骨まわりが
 どよ~んと重かったり、神経痛的な痛みがあったり・・・。

 テニス肘や腱鞘炎など病名はいろいろでも
 みんな指や手の使い過ぎで筋を痛める症状で、
 最近は「マウス腱鞘炎」なんてのもあるそうです。

 とはいえ、劇的な治療方法はないようですね。

 鍼灸整骨院に行っても
 「皮内鍼」を打って、マッサージをして・・という感じで、
 対処療法という感じ。

 自分で風呂でマッサージやストレッチしたり、
 湿布薬を貼ったり塗ったりするのと
 大して変わらない感じなんですよね。

 ですので、あとはなるべく自分でやろうと
 治療院で先生にマッサージのコツとか
 してはいけないことがあれば何かなど、
 いろいろ質問させてもらいました。

 まあ、とにかく今は、右手と右手の指は
 なるべく使わないようにするのが一番のようです。

 でも、痛みが走っても
 仕事でパソコンを使わないわけにはいかないので、
 休むのはギターということになってしまいます。

 寂しいもんですねぇ・・・。
 早く思いっきり弾きたいなぁ~~。

 みなさんもテニス肘にはご用心を!

by acogihito | 2015-02-22 14:38 | ★アコギ関連 | Comments(10)  

みんなで練習曲を弾いてみようキャンペーン特別賞!

c0137404_13162543.jpg

 南澤先生の著書
 『南澤大介 ソロ・ギターのための練習曲集』の発売を記念して行われた
 「みんなで練習曲を弾いてみよう!」キャンペーンに参加し、
 特別賞をいただき、賞品として、本を製作するための下書きの
 直筆譜面と本が届きました!

 南澤先生、ありがとうございます!

 キャンペーンは、本の発売日である2014年9月12日から
 2015年1月31日まで行われ、ボクも
 「練習曲第1番 左手
 「練習曲第2番 右手
 「練習曲第6番 単音Ⅱ
 「練習曲第21番 消音Ⅱ
 「練習曲第22番 リズムⅠ
 の5曲の演奏動画をYou Tubeにアップして参加しました。

 ボクの場合、現在、南澤先生の
 千葉でのソロ・ギター・レッスンでのレッスン生で、
 ある意味、身内的な感じなので
 賞は枠外かな?と思っていたんですが、
 やっぱりいただけると嬉しいものです。

 ありがとうございます。

 それにしても、このキャンペーンはとても楽しいものでした。

 期間が決まっていて、
 その間に多くの人が同じ目的・目標で次々アップしていく様子がわかり、
 競争ではないですけど、とても刺激になりました。

 また、ボクの場合、「ソロ・ギターのしらべ」シリーズに掲載されている曲は、
 1年以上だらだらと練習している曲を
 なんとなくYouTubeにアップしている感じですが、
 このキャンペーンの場合はそれに比べると
 圧倒的に短期集中でしたからね。

 4か月の間に初めての曲を5曲もアップし、
 短い曲なら2週間あれば ある程度は弾けるようになれる
 と、思えるようになったのは、
 すごい自信にもつながります。

 ありがとうございました。

 また、このようなキャンペーンをぜひ企画して欲しいものです。
 どうぞよろしくお願いいたします。


  関連記事
   『練習曲第22番 リズムⅠ』を弾いてみました!
   『練習曲第21番 消音Ⅱ』を弾いてみました!
   『練習曲第6番 第6番 単音Ⅱ』を弾いてみました!
   『練習曲第2番 右手』を弾いてみました!
   『練習曲第1番 左手』を弾いてみました!  

by acogihito | 2015-02-19 13:53 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

ギターにおける右手と左手の考察

c0137404_15134049.jpg

 もう、かれこれ3週間ほど
 右腕が痛くて ちゃんとギターを弾いていません。

 テニス肘や腱鞘炎といったたぐいの
 手の使い過ぎから来る痛みだと思います。

 とほほほ・・・。

 そんな中、先週は
 「千葉ソロ・ギター・レッスン2014年後期 発表会」があり、
 そのために少しだけギターを弾いて感じたことなんですが、、
 痛いのは右腕なんですが、
 左腕の動きもそれ以上に悪く
 ミスタッチとかするんですよね。


 そんなことを考えていたら以前ネットのニュースで見た
 東京大学が昨年発表した
 「左腕の優越
  両腕動作中にのみ発揮される左腕の秘められた能力
 という研究成果を思い出しました。


 それは・・・、

  両手動作中に
  反対側の手の動作に応じて柔軟に運動を調節する能力は、
  右利きの人では、非利き手である左手の方が
  右手よりもはるかに優れている。

  この左手の優位性は、
  左手の運動調節の仕方を学習するプロセスが
  右手の動作から強く干渉を受けることによって生じている。

  両手の動作中にのみ発揮される
  この左手の優れた運動調節能力は、
  両腕協調動作における左右の腕の役割分担を
  決定づけていると考えられる。

 ・・・というもの。


 詳しいことはよくわかりませんが、
 例えば右利きの人が両腕を動かした時ならば
 「左手は、右手の動きに反応して
 柔軟に動きを調節し、またその学習能力も高い

 んだそうです。

 なるほどねぇ~。
 まさにギターの演奏がそうですよね!


 ギター演奏の場合、ボクは、
 右手に比べて、左手の方が
 難しいことをやっているように思っていたんですが、
 左手が、右手の動きに反応して
 高い学習能力をもって右手以上に柔軟に動くものなのなら、
 まさに理にかなった演奏方法というわけなんですよね。

 大したもんだなぁ~、左手!

 それに体感的に気づいて
 ギターの演奏方法を編み出した人間も
 大したもんだなぁ~!!

 そしてこの研究成果を応用すれば、
 ギターの効率的な上達法が
 編み出せるかもしれないですよねぇ~!


 ところで、一方で思ったのは、
 「右手の動きが調子悪いと
 それ以上に左手の動きも悪くなってしまうのかもしれない」
 ということ。

 右手が痛くて調子が悪いと
 ホント、情けないくらい左手の動きも悪く
 ミスタッチとかするんですよね。

 う~む、早くこの右手のこの痛みを何とかしたい。

 実は今、こうしてパソコンのキーボードを打つのも
 あまり良くないようで、ビリビリ痛みます。

 とほほほ・・・。

 右手よ、
 早く治って
 左手との素晴らしいコンビネーションを見せてくれ!


c0137404_153944.jpg

by acogihito | 2015-02-16 15:48 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

楽しかった! 千葉ソロ・ギター・レッスン発表会&懇親会

c0137404_21452456.jpg

 2015年2月8日(日)、
 東京・高幡不動のインド食堂「アンジュナ」で
 「千葉ソロ・ギター・レッスン2014年後期 発表会・懇親会
 が開かれました。

 前回は、緊張のあまり
 ブルブル、ボロボロでした。

 今回は、それほど緊張はしませんでしたが、
 ここんとこテニス肘で腕が痛くて練習していなかったので
 あまりきちんと弾けませんでした。

 でも、あまり緊張しなかったのは収穫ですね!

 抽選で決めた演奏の順番が1番で
 緊張する間もなく始まったからか、
 もともと腕が痛くて上手く弾けないのはわかっていたので、
 開き直っていたのが良かったのか、
 あまり緊張しなかったんです。

 家で弾いているみたいに
 間違ったら「あっ」と思って
 そこから自然にやり直していました。

 この雰囲気できっちり弾けたらいいんですけどねぇ~。

 それにしても腕というのは不思議なもので、
 右腕が痛いのに左腕はそれ以上に動きが悪くなるようで、
 思いがけないミスタッチが多かったのもまた事実です。あらら。

 ま、今回は、「あまり緊張しなかった」ということだけで良しとしようと思います。

c0137404_21453899.jpg

 自分の順番が1番ということは
 ほかの方の演奏をゆっくり聴けていいですね!

 みんな緊張しているんだろうな、
 普段の20~30%くらいしか弾けてないのかもしれないな、
 と思いながら聴いていると、
 本当はこの辺はもっとスムースに弾けるんだろうなとか
 家での実力を想像できて楽しいです。

 大阪から必着仕事人さんも駆け付け参加してくれました。
 ありがたいことです。

 その必着仕事人さんが用意してくれた優勝カップ。
 頑張った人に南澤先生のサイン入りで贈られました。

 それにしても今回は、
 すっごいギターが多かったですねぇ。

 100万円以上するソモギ・ギター、
 マーチン、ギブソンのヴィンテージ、
 スギ・クラフト「ヌガー」、
 ボクのヨコヤマギターだって安いものじゃないですし・・ww

 楽器屋さんに行ってもガラスケースの上の方に飾ってあるようなギター、
 一体どういう人が買うんだろうと思っていたら、
 こういう人たちだったんですね!(笑)

 う~ん、楽しい楽しい!!

c0137404_21454889.jpg

 そして後半は懇親会です!

 みんなが同じ緊張を経験したもの同士、
 そしてアンジュナの美味しいインド料理を食べれば
 まさに同じ釜の飯を食べた仲間となって、
 この日、初めて会った人もすぐに意気投合して
 和気あいあいです。

 自慢のギターを見せ合ったり、弾かせてもらったり。

 それにみなさん、本職は
 いろいろなジャンルで活躍している中堅どころですから
 話をしているうちに何か疑問が生じても
 誰かから「なるほど!」と思える
 的確な解答が帰ってきて、
 これがまた面白い!

 すっごいもんですねぇ~!

 いや~、腕が痛くて上手くは弾けなかったけど、
 心からリラックスした楽しいひと時を過ごすことができました。

 みなさん、どうもありがとうございました!

 また半年後、頑張りましょう!!楽しみましょう!!
 

c0137404_2146037.jpg

by acogihito | 2015-02-10 11:14 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

ガチガチ、ボロボロ・・・

c0137404_18244682.jpg

 ああ、なめらかさが失われてガチガチです。

 肩こりがひどく
 肩から右腕にかけて鈍痛が走ります。
 背中の肩甲骨あたりも痛い。
 肘あたりはツ~ンとした痛みです。

 困った・・・。

 実は先週、『練習曲第6番 単音Ⅱ』を弾いた時も痛くて、
 もう1回、もう少しスムースに演奏するように撮り直そうと思ったんですが、
 もっとひどくなりそうなんで、あきらめました。

 肘は、痛みの感じから言って、
 以前にもなったことがある『テニス肘』かなと思います。

 まあ、肩こりもテニス肘も腱鞘炎も原因は同じ。

 ギターの練習で指の使い過ぎ、
 マウスのクリックとセンターホイールの操作での指の酷使、
 あと姿勢も良くないんだろうと思います。

 それらが総合して症状に出てきてしまっているんだろうと思います。

 右の肩、背中の方から右腕の肘の先まで
 広範囲で辛いです。

 その兆候はあったので用心してしていたんですが
 こんなにひどくなるとは思わなかったなぁ~。

 治すにはやっぱり休むことが一番のようです。

 そういうわけでギターは先週、
 『練習曲第6番 単音Ⅱ』をアップしてから弾いてません。
 寂しいです。

 寂しいものの自分でコントロールできるので休めるんですが、
 マウスの操作は仕事の都合上、休むわけにはいかないし、
 左手で操作してみたりもしてるんですが上手く行かず
 困ったもんです。

 それに今週末は、
 千葉ソロ・ギター・レッスンの
 「発表会」なんですよねぇ・・・。

 大丈夫かなぁ・・・。

 こんな時に
 もうガチガチ、ボロボロです・・・。(>_<)

c0137404_18245720.jpg
 

by acogihito | 2015-02-03 09:25 | ★アコギ関連 | Comments(4)