<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

エスケープで逃避行! その1

c0137404_9482283.jpg

 土日を返上して懸案事項を片付けたら
 思いのほか効率的に作業が進み、
 その翌週の定時前に帰宅したある日の電車の中で、
 「明日の代休は、山の上で朝日を浴びたい」
 という衝動にかられてどうしようもなくなり、
 急いで支度をして、
 思い切って出かけることにしました。

 クルマで向かった先は
 お気に入りの高ボッチ高原。
 千葉からだとちょっと遠いですけどね。
 
 ウォークマンに入れた
 たくさんのソロ・ギター曲を
 ランダムに再生しながらの
 夜の高速道路はご機嫌でした。

 ボクのクルマは「エスケープ」っていう名前なんですが、
 まさに「エスケープ(逃避行)」って感じです。
 運転が楽しくて、
 遠い道のりもあっという間でした。


c0137404_104473.jpg
 
 高速を降り、山道を登っていくと
 おっと、シカがお出迎え。

 平日のこんな時間にやってくる人は少ないでしょうからねぇ。
 夜分、お騒がせしちゃって申し訳ない・・・。

 道路の先を悠然と横切っていく神々しい姿に
 しばし見とれてしまいました。


 真っ暗な中、お気に入りの場所にクルマを停めて、
 セブンイレブンの鍋焼きうどんを頂きます。

 山の上の風はピリッと冷たく、
 ひと足早く冬という感じで、
 温かい鍋焼きうどんが
 いつも以上に美味しく感じました。

c0137404_1094863.jpg


 今回の宿は、車中泊、クルマの中です。

 リアシートを倒して荷室を広げれば真っ平らになって、
 一人なら対角線上に体を伸ばして寝ることができます。

 あとはキャンプで使っている寝袋と枕を用意すれば
 かなり快適に眠れるんですよね。

c0137404_10155260.jpg

 おかげさまで熟睡できました。

 日の出の時間は残念ながら曇っていたので、
 夜明けは見られなかったのですが、
 待ち望んだ朝を迎えることができました。

 ふわ~、空気が美味い!

c0137404_10182616.jpg

 眼下に松本の街を見下ろし、
 遠くの山波は北アルプス(飛騨山脈)・・・、

c0137404_1020366.jpg

 穂高連峰や・槍ヶ岳もよく見えます。
 
c0137404_10201430.jpg

 いやぁ~、最高!!

 最高の朝です。
 思い切って来て良かった。

 いろいろごちゃごちゃしたことが片付いて、
 一気に心が洗われていく気分です。

 ピリッとした朝の空気の中、
 朝日を浴びながらコーヒーを飲み、
 焼いて食べたセブンイレブンの
 マーガリン入りバターロールが
 最高に美味しかったです。


 そして、天空の道をドライブしたり、
 山道を下って、
 気持ちいい場所を見つけたら
 ちょっと散歩をしてみたり、
 いつもとは全く違う次元の朝を過ごしました。

c0137404_102944.jpg

c0137404_10291722.jpg

c0137404_1029319.jpg


 そして行きついた先は、温泉です。

c0137404_10322965.jpg

 朝風呂ではないですけど、まだ午前中ですからね。

c0137404_10332023.jpg

 貸し切り状態で誰に気兼ねすることなく、
 思いっきり手足を伸ばして、
 ゆったりゆっくり浸かっていました。

 熱くもなく、ぬるくもなく、
 天気は良く、紅葉も始まっていて
 こんなに贅沢なことはありません。。


 そして昼食に信州山菜そばを頂いて、
 帰路につきました。
 
c0137404_10462198.jpg


 半日少々の小旅行、
 プチ・キャンプでしたが、
 とっても充実した時間を過ごせ、
 リフレッシュできました。

 いやぁ~、思い立った時にパッと行ける逃避行はいいですね!

 素敵な時間をありがとうございました。

c0137404_10363129.jpg


 そうそう、ボクの「エスケープ」っていうクルマは、
 もうかなりの高年式なんですが、
 今回、まだまだ使えるということを実感しました。

 エスケープだけにこういう逃避行にはピッタリ!!

 良き相棒として壊れるまで乗り続けようと思いました。

 またよろしく頼むぜ!

c0137404_10433976.jpg

by acogihito | 2015-10-26 00:47 | ☆その他 | Comments(6)  

指板のドレミを覚えたい・・

c0137404_21241234.jpg

 以前、友人から
 「だいぶ上手くなったんだから、
 もう人に教えられるんじゃない?」
 なんて言われたことがあります。

 確かに、ソロ・ギターを始めたばっかりの頃の自分が、
 今の自分を見たら「すっげぇ~!」と思うだろうと思います。
 弾きたいと思っていた『天国への階段』とか、
 弾けちゃってるんですもんねぇ。


 だけど、とても人に教えることはできません。

 まず第1に、譜面がちゃんと読めないんですから・・・。

 もし「この曲のこの部分・・・」と誰かに知らない譜面を見せられても
 それがどんな曲なのか、読み解くことができないんです。

 ・・・で、読譜に関しては、
 少しずつ読めるように練習しています。

 まるで、小学1年生が
 ひらがなから読み書きの練習を始めたような感じです。

 まだまだおぼつかないけど、
 でも、指でドレミファソ・・などと
 たどりながら読んでいた頃よりは
 少しずつ進歩しています。


 そして2番目が、
 指板上のドレミファソラシドの位置が
 わかっていないんですよね・・・。

 鍵盤楽器は弾けないけど形状からわかるのに
 毎日弾いているギターはわからない・・・。

 『天国への階段』とか弾いちゃっても
 指板上のドレミファソラシドがわかっていないんです・・・。

 実は随分前にも同じようなことを思ったのですが、
 覚えるより曲の練習をしたいという気持ちが先走り、
 結局、覚えていないんです。

 う~む、これはやっぱりいけないですよねぇ・・・。


 ・・・と思っていたら、
 まさに今のボクのために出版されたような本を見つけました。

 宮脇俊郎:著 『指板上のドレミをパーフェクト・マスター』!!

 「慢性TAB譜依存症にさようなら」
 というサブタイトルが付いています。

 いろいろな方法で、
 とにかく「指板上のドレミファソラシドを覚えよう」という本です。

 以前買った理論の本でも
 「Cメジャー・スケールの音の位置は
 徹底的に覚えなさい」なんて書いてあるし、
 今度こそ、じっくりゆっくり覚えてみようと思っています。


 弾けなかった『天国への階段』も弾けるようになったし、
 指板のドレミもちょっと努力すれば覚えることができるだろうと
 楽観的に考えています。

 そうして、譜面も読めて、
 指板もパッとわかるようになれればかっこいいよなぁ~!!

 友人に「人に教えられるんじゃない?」と言われて
 「そうだねぇ~、できなくはないかなぁ~」と、言えるくらいになれれば
 最高なんですけどねぇ~!!

by acogihito | 2015-10-20 21:44 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

信頼の楽器店

c0137404_16164228.jpg

 実は「天国への階段」を弾いた
 Yokoyama Guitars #420 ですが、
 ヘッドあたりからカラカラという音がするようになったんです。
 弦交換をした後からです。
 
 何の音だろう?
 ヘッドの中から聞こえてくる感じです。
 
 トラスロッドのナットとか、ワッシャーが外れて
 中でカラカラいっているんでしょうか?

 ちょっと心配になってきてしまいました。

 ボクのギターはかなり弦高を下げていて、
 6弦・12フレットあたりで2ミリほどにしてあります。

 ですので、ストロークのある曲、
 しかも「天国への階段」のように5カポにすると
 今度は弦高が低くなりすぎてビビることがあるので、
 トラスロッドをいじって、やや順反り気味にして
 弦高を上げるように調整したり
 時々、トラスロッドをいじるんですよね。

 そんなことをしているうちに
 トラスロッドのネジが外れてしまったんでしょうか??
 そうだとしたら大修理??

 ますます不安になってきてしまいました。

 
 ということで先日、東京・新宿の
 「ミュージックランドKEY新宿店」の橋川店長のところへ行き
 診てもらいました。

 橋川さんは、
 ご自身がヨコヤマギターと横山さんの大ファンでいらっしゃり、
 関東はもちろん、全国でも一番多くのヨコヤマギターを扱っているのではないか、
 そして横山さんの次にヨコヤマギターに詳しいのではないか、という方です。


 「どれどれ診てみましょう」とギター手にして振ってみると
 確かにカラカラという音がする・・。

 でもすぐに
 「トラスロッドはそんなことでナットが取れたりする構造ではないんで
 大丈夫です」と。

 そして、
 「ペグのナットが緩んで
 ワッシャーがカラカラ音を立てているのかもしれませんね」と言って、
 丁寧に弦を外し、ペグのネジを締めたら
 ピタッと音がしなくなりました。

 なんだぁ、そんな簡単なことだったんですかぁ~。
 ペグだとは全く思わなかった。
 それなら弦を交換した後から音がするようになったのも納得です。
 いやぁ~、助かった。
 トラスロッドだったら大変なことになりそうだと
 心配していたんです。


 その他、ついでにと言って
 いろいろなところを調整してくれました。

 そして気にしているつもりのボクも気づかなかいほどの
 不具合ではないけども
 放っておくと不具合に発展するかもしれないような個所も見つけてくれ、
 丁寧に対処してくれました。

 「良くそんなところ気付きましたね」と聞くと
 「いやぁ~、毎日いろいろなギターを触っていますからね」と
 サラッとおっしゃいます。

 さすがプロ!!
 頼りになります、橋川さん!!

c0137404_1654277.jpg
 
 いやぁ~、ありがたいことです。
 おかげさまでとっても安心しました。
 どうもありがとうございました。
 これからもどうぞよろしくお願いします。

 大満足の帰路でした。

by acogihito | 2015-10-12 17:00 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

『天国への階段 (Stairway to Heaven )』 を弾いてみました!



 マラソンを趣味にしている友人が、
 9月の5連休=シルバーウィークに
 千葉から新宿御苑までの約45キロ
 ひとりで走り抜きました。

 彼がマラソンを始めたのは
 ボクがソロ・ギターを始めたのと、ちょうど同じころ。

 はじめは5キロ~10キロ程度だったものが、
 ハーフマラソンを走り抜け
 今ではフルマラソンをひょいと走り通しちゃんですから
 大したもんですよねぇ。

 日々の鍛錬、
 少しずつの積み重ねが成長し、目標達成。
 夢が叶うという感じですよね。


 じゃあ、ボクは?というと
 レッド・ツェッペリンの名曲『天国への階段』が
 ようやく弾けるようになりました。

 この曲を初めて弾いてみようと思ったのは、2008年
 もう7年も前のことです。
 
 だけど、難しくてとても弾けたものではなく、
 まず他の曲で練習を重ねて少しずつ技量アップしていこう
 と思うに至りました。

 そして昨年、再び練習を始めました

 ただ、ある程度弾ける部分と弾けない部分の差が激しく、
 特にストロークの部分がリズムも上手く取れなくて
 自分としてはかなり苦労しました。

 今年8月の発表会でも演奏したんですが、
 その後、間違っている点に気づき修正。

 最近、ようやく形になってきたので、
 一旦、ここで一区切りつける意味でも
 記録しておくという意味でも
 YouTube に動画をアップすることにしました。


 基本は、南澤大介先生の
 「ソロ・ギターのしらべ/官能のスタンダード篇」­に
 スペシャル・トラックとして
 音源が収録されている『天国への階段』ですが、
 楽譜は権利関係で掲載されていないので、
 南澤先生に直接教わりました



                 ↑
 この南澤先生の演奏は2008年のものです。
 
 この時や「ソロ・ギターのしらべ/官能のスタンダード篇」の演奏では、
 原曲の中盤のジミー・ペイジのギター・ソロ部分はありませんでしたが、
 その後、追加され、最近のライブなどでは有りで演奏されています。

 素晴らしいですね!
 ギター・ソロのフレーズが入ると
 より「天国の階段」らしくなる感じです。

 ただ、先生の演奏通りでは指の動きが速くて
 ボクには上手く弾けず、
 力強く弾くべきところの音が弱くなってしまうので、
 「こうしたらどうだろう?」と自分なり変更し、
 また、「それだったらこうしたらどうだろう?」と
 手を加えたところもあります。

 ですので、ギター・ソロ部分やエンディングなど、
 南澤先生の演奏とは違う所があります。

 ちなみに原曲は以下のような感じです。
            ↓



 自分なりに、なるべく原曲に近くなるように演奏したつもりです。

 聴いてみると、ミスタッチしかかっているギリギリの部分や
 ためを取り過ぎて半拍ズレてるように聴こえる個所など
 「う~む」と気づく細かい点はありますが、
 何回も収録して、ようやく撮れたこれがベストテイク。
 今はこれで良しにしようと思います。

 でも、ここまでできたことは
 自分としては相当の上達で、
 かねてからの目標をひとつ達成し、
 ようやくやり遂げられたという満足感もあります。

 友人のマラソンとちょっと似ていますよね?

 目標に向かってコツコツ積み重ねていけば、
 時間はかかったとしても何とかなる。
 夢は叶うという感じです。

 いやぁ~、良かった良かった!
 まさに天国への階段を登ってきたという感じですかね?
 嬉しいなぁ~~!!

 ご指導くださった南澤先生、
 どうもありがとうございました!!
 ようやくYouTube にアップできるまでになりました!!
 これからも精進して参ります。
 どうぞよろしくお願いします。

c0137404_7294731.jpg

  "Stairway to Heaven"
  Original : Led Zeppelin
  Word & Music by Jimmy Page,Robert Plant
  Arranged by Daisuke Minamizawa
  Guitar : Yokoyama Guitars AR-GC #420

by acogihito | 2015-10-04 00:30 | ★アコギ関連 | Comments(6)