<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

オガワ・インレイ・クラフトのカタログ

c0137404_9591040.jpg

 今(2015年末現在)、
 ヨコヤマギターを扱っている楽器店や
 イベント会場などで配布されている
 「オガワ・インレイ・クラフト」のカタログです。

 2013年から2015年までの作品集になっています。
 
 いろいろ作られたんですねぇ~!

 「東京ハンドクラフトギターフェス」などで
 実物を見たことがある作品も掲載されています。

 ほかにも
 実物を見てみたいインレイ作品がたくさんありますねぇ~!

 おっ!

 そんな中にボクのギターもありました!

 「Yokoyama Guitars AR-GB #555」です!

c0137404_9592829.jpg

 わぁ~、なんかとっても嬉しいですねぇ~!
 小川さんの代表作の一つに選ばれた感じで。

 このインレイは、小川さんにイメージを伝え、
 いろいろ相談してデザインしていただきました。

 クリエーターであり、
 アーティストでもある小川さん

 この作品は、持てる技術を生かして細部まで作りこんだ作品というよりも
 小川さんのデザインセンスの良さ、芸術的な一面が出ていると思います。

 赤や灰色などの色は、着色したのではなく、
 7種類の天然の「木の色」です。

c0137404_1042585.jpg

 それらを四角く切って
 ヨコヤマギターの特徴であるピックガード風のロゼッタに
 幾何学的に埋め込んだものですが、
 そのセンスが素晴らしい!

 ボクがヨコヤマギターで気に入っている
 木のぬくもりを生かしたシンプルなデザインを壊すことなく
 そこにさらに木の美しさを追加してくれています。

 繊細な工芸品であり、アート作品!

 シンプルだけど美しい!!

 小川さんにお願いして本当に良かったです。

 ありがとうございます。
 
 ボクのお宝、人生最高峰のギターです!

c0137404_10364448.jpg
 

by acogihito | 2015-12-27 11:42 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

岸部眞明さんの演奏に癒された夜

c0137404_84338.jpg

 2015年12月18日、
 東京・曙橋の「BACK IN TOWN」で開かれた
 岸部眞明さんのライブに行ってきました。

c0137404_8463282.jpg

 岸部さんのライブは今年3回目。
 1回目は4月にやはり「BACK IN TOWN」、
 2回目は7月に「カフェらいん」でした。

 前の2回はジョイント・ライブでしたが、今回はソロ・ライブ。
 岸部さんの演奏をたっぷり堪能させていただきました。

c0137404_8492167.jpg

 ライブは2部構成で、
 前半はデビュー当時の曲も含めた今までの曲、
 後半が新しいアルバムに入れる予定の未発表曲の演奏でした。

 そうそう、この未発表曲の数々、
 実は4月のライブ7月のライブでも演奏されて聴いていたんですよね。
 で、アルバムが待ち遠しいなぁ~と思っていたんです。

 ライブ中のMCで、
 実は夏にレコーディングしたものの、
 どうもイマイチ気に入らないので、
 レコーディングしなおしていると、
 おっしゃっていました。

 スタジオでレコーディングしたものを没にするのは
 お金もかかっているし、悩むところでしょうが、
 そこはやっぱりプロのこだわりなんでしょうね。

 ボクの聴いた印象では、
 今回の新曲の数々は今までの曲調とちょっと違い、
 グッと大人のムードや力強い感じの曲があったりします。
 岸部さん自身も50代を迎え、新境地として、
 思い入れがあるのかもしれません。

 それだけに完成も楽しみです。

c0137404_922580.jpg

 それにしても、ふと気が付くと、もう年末なんですね。

 この1年は、なんだかんだでストレスが多かったんですが、
 岸部さんの演奏を聴いていると、
 スーッとギターの音色が染入ってきて、とってもリラックス。
 心のマッサージを受けているようでした。

 そしてボクも無性にギターが弾きたくなってきたんです。
 そういえばこのところ忙しくてちゃんと弾いてなかったですからねぇ。

 そうそう、こういう時のために
 夜遅くなっても小さな音で安心して弾ける
 「リーフ・クワイエット」があるじゃない、
 持っていて良かったと思いつつ、
 急いで家に帰りました。

 いやぁ~、ありがとうございました。

c0137404_9152899.jpg

by acogihito | 2015-12-20 09:18 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

「アコースティック・ギター作りの匠たち」

c0137404_2323358.jpg

 シンコーミュージックから出版された
 「アコースティック・ギターの匠たち」という本を買いました。

 ギター仲間に聞くと、
 雑誌「アコースティック・ギター・ブック」の記事をまとめたもののようですが、
 いつも買っていなかったボクにとっては新鮮です。

 押尾コータローさんがグレーベンについて語るインタビュー記事があったり、
 日本や海外の16人のルシアーのインタビュー記事があったりして、
 それぞれのギターに対する思いが伝わってきて
 とても参考になります。

 もちろん、ボクのギターも作ってくれた
 横山 正さんのインタビュー記事もあって、
 改めて、その心意気に惹かれました。

 さらにローズウッドやマホガニー、スプルースといった
 ギターの材に関する記事もあり、
 リットーミュージックから出ている雑誌
 「アコースティック・ギター・マガジン」での大特集などで
 ある程度は知っているものの
 ここではグッと簡潔にまとまっています。
 
 また「ブレイシングの基礎を知る」という記事では、
 横山さんはじめ、何人かのルシアーのこだわりが語られていて
 参考になりました。

 そのほか、録音する時のマイクのセッティング方法など、
 アコースティック・ギターに関する様々な情報が
 コンパクトにまとまっていてなかなか楽しかったです。

 録音に関しては1冊の本として出版されたり、
 メインテナンスをまとめた本も出されたり、
 ついつい買ってしまうんですが、
 マニアにとっては嬉しい限りです。

by acogihito | 2015-12-13 23:45 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

楽しかったぁ~! ヨコヤマギターズ大試奏会

c0137404_1218082.jpg

 ホントに毎年恒例になりましたね。

 去年一昨年も参加した
 「ミュージックランドKEY 新宿店」で開催された
 「ヨコヤマギターズ大試奏会」に
 今年も行ってきました。

 いやぁ~、それにしてもこれだけの本数の
 ヨコヤマギターが一堂に会するのは他にはないんじゃないでしょうか。

 壮観な眺め!
 どれもこれも個性的で魅力的なギターたちです。

c0137404_1218948.jpg

 そしてこの「大試奏会」の良いところは、
 ヨコヤマギターのオーナーには「調整会」にもなっている点です。

 ヨコヤマギターの新作を眺め、試奏させてもらいつつ、
 自分のヨコヤマギターを横山さんご本人に調整してもらえるんです。
 しかも無料!! (要予約)

 安心、安全、とっても助かるサービスですよね。
 ありがたい、ありがたい!
 
c0137404_121818100.jpg


 頼りになるアコースティック・ギターの匠・横山さん(右↓)と
 日本一ヨコヤマギターを扱ってるのではないかと思う
 信頼の楽器店・店長の橋川さん(左↓)です。

 いつもどうもありがとうございます!!

c0137404_12182742.jpg


 さて、大試奏会・調整会が一段落すると
 打田十紀夫さんのインストア・スペシャル・ライブです!

c0137404_12183480.jpg

 いやぁ~、楽しかった!

 打田さんのライブはいつも楽しいんですが、
 この日はギター好きが特に集まっているということもあって、
 いつものプロレスの話題などで笑わせてくれるのに加えて、
 ギターについてのトークも炸裂!

 ライブはヨコヤマギターを含め、
 3本のギターを使用したんですが、
 それぞれの特徴や奏法の説明もしてくれました。

c0137404_12184161.jpg

 演奏中、ボクは打田さんの右手を見ていました。

 打田さんの演奏のベースになっているのはブルース。

 ブルースというと、
 荒くれ男が吐き出す気持ちを表現するような曲で
 ギターも荒っぽいイメージですが、
 打田さんの右手指の動きは
 とっても繊細で軽やかなんですよね!

 楽しいトークとともに
 心からライブを堪能させていただきました。

c0137404_12184913.jpg

 今年も知り合いのギター仲間も集まり
 みんなで楽しませてもらいました。

 ありがとうございまます。

 橋川さん、横山さん、打田さん、
 そしてお会いした皆さんに感謝感謝です!

c0137404_12185568.jpg

by acogihito | 2015-12-06 13:08 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『 アイム・ノット・イン・ラブ (I'm Not In Love)』 を弾いてみました!


 
 南澤大介先生の著書
 『ソロ・ギターのしらべ:至高のスタンダード篇』に収録されている
 10cc(テンシーシー)の名曲
 『アイム・ノット・イン・ラブ(I'm Not In Love)』を
 弾いてみました。


 難易度はB。

 確かにゆったりしたバラードだし、
 音数もそれほど多くないので、
 比較的簡単そうに聞こえるんですが、
 全弦セーハが多く、
 ボクにはとっても難易度の高い曲で、
 最初の頃はまともに音が鳴らなかったり、
 左手人差し指が疲れて最後まで弾けませんでした。

 それでも練習しているうちに
 握力が付いてきたのか、
 コツをつかんできたのか、
 まともに鳴らなかった全弦セーハも何とかなってきて
 指も疲れずに最後まで弾けるようになりました。

 何年もかかりましたが、
 練習すれば、何とかなるもんなんですねぇ~!

 
 ところで、 
 『ソロ・ギターのしらべ:至高のスタンダード篇』で、
 この曲を聴いたときの驚きは、今でも鮮明に覚えています。

 なにしろこの曲の原曲は、
 コーラスを何百回も重ねたという多重録音の極致的作品なのに
 それをギター1本で再現するという
 まさに対局的な挑戦なんですもんねぇ。

 しかも、それがバッチリそれらしい!

 南澤先生のアレンジ力の妙と
 ギターの楽器としてのポテンシャルの高さを思い知らされました。

 いやぁ~、素晴らしい!!

 そしてこうして、この名曲を自分ひとりで演奏できちゃうのも
 ソロ・ギターのいいところ、嬉しいもんですよね!
 
 ありがたいありがたい。


 ちなみに、この曲が発売されたのは1975年。
 当時はライブではとても再現できないような作品でしたが、
 シンセサイザーが進歩して、
 ごく簡単に似たような音が出せるようになって
 最近ではライブでも演奏されているようですね。

 ということで、ライブ映像をどうぞ!


 

by acogihito | 2015-12-01 20:41 | ★アコギ関連 | Comments(2)