<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

「528Hz」が体にイイらしい!?

c0137404_21363064.jpg

 「528Hz」がすごい力を持っているんだそうです。

 別名「愛の周波数」ともいわれ、
 DNAを修復する力を持っているそうで、
 「528Hz」の含まれた音楽を聴くと、
 傷ついたDNAが元通りになり、
 細胞が活性化するんだとか。
 
 なんだかスゴイすよねぇ。

 「528Hz」は、
 古代から伝わる「ソルフェジオ音階」に含まれる音のひとつだそうで、
 「グレゴリオ聖歌」にも使われているんだそうです。

 へぇ~。

c0137404_10545953.jpg

 この「528Hz」、
 純正律では、A=440Hzでチューニングした時の
 「(ド)」が「528Hz」になるそうで、
 平均律ならば、A=444Hzにすると、
 「(ド)」が「528.01Hz」と
 ほぼ「528Hz」になるそうです。

 なるほど。
 それならばと、ギターを
 A=444Hzでチューニングしてみました。

 今、練習している曲がCキーで、
 メロディーの中に何回も「(ド)」が出てくるんです。

 とすると、弾くたびにほぼ「528Hz」の音が出て、
 DNAが修復されるってことになるかもしれません。

 そうだとしたら、ものすごく体にイイ練習ですよね!


 とはいっても、
 この「528Hz」には、ちょっと疑問もあります。
 
 古代から伝わる「ソルフェジオ音階」の中の音だそうですが、
 古代にはHz(ヘルツ)っていう単位はまだないし、
 チューナーもない時代に528Hzをどうやって測ったんでしょうかねぇ?

 そもそも当時の音程がどれほど正確だったのか?とか、
 単位のなかった音程を今どうしてわかるんだろうか?とか、
 純正律と平均律の「C(ド)」の微妙な違いって
 当時だったら誤差の範囲内なんじゃないだろうか?など
 疑問に思う点が多々あるんです。

 ギターのチューニングも
 すぐに狂っちゃいますしね。
 
 でも、こういうスピリチュアルな話は、
 縁起もののようなところがあるし、
 素人にはわからない何かがあるのかもしれません。

 それに音などの「波動」にはエネルギーがあるのは確かだし、
 それが何かしら体に影響しても不思議ではありませんよねぇ。
 しかもイイ影響なんですから、
 ここはあえて否定することもないでしょう。

 ということで、本当にDNAに良いならラッキーと信じてみることにして、
 しばらくA=444Hzでチューニングして
 ソロ・ギターの練習をみようかな?

c0137404_221438.jpg
 
 ところで、「528Hz」の本には、心と体が安らぐという
 リラクゼーションCDが付属していたんですが、
 ボクにはソロ・ギターのCDの方が
 聴きやすくて、安らぐような気がしました。

 ボクにとっては、アコギの音色が
 一番安らぐのかもしれません。

 となれば、アコギの音で「528Hz」を出して演奏すれば、
 ボクにとっては最強の組み合わせになる筈です。

 よし、これならDNAが修復しそうだぞ!

 そうだといいなぁ~。(笑)

 
 そうそう、「528Hz」に関して、
 他にも興味深い話がありました。

 ビートルズのアルバム「リボルバー」に収録されている
 「トゥモロー・ネバー・ノウズ」というジョンの曲は、
 「Cコード」だけで作られているんですが、
 そのCが528Hzなんだそうです。

 確かにA=444Hzでチューニングしたギターで
 Cコードを弾いてCDに合わせるとピッタリです。

 この曲は、ジョンが
 「ダライ・ラマが山の頂上から説法しているような感じで」
 「数千人ものラマ教の僧侶によるお経の大合唱」を
 イメージして作ったそうなんです。

 もともとスピリチュアルな曲なんですよね。

 ジョンは、意図的にCを528Hzにしたんでしょうか?
 それとも普通にA=440Hzでチューニングしたんだけど
 テープレコーダーの誤差とか
 機械的にやむを得ずキーが上がったのが
 たまたま528Hzになったんでしょうか?

 いずれにしてもこういう話題にも登場するビートルズって、
 やっぱりすごいなぁ~と変な関心をしてしまいました。

c0137404_2221567.jpg
 

by acogihito | 2016-01-31 01:35 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

「ソロ・ギター演奏動画」の私的収録法

c0137404_2224315.jpg

 YouYubeへの演奏動画のアップ数もだいぶ増えてきましたので、
 今日はいつもどんな方法で撮影しているのか、ご紹介いたします。

 まず、写真のような部屋なんですね。

 昼間見ると、ごく普通の部屋ですが、
 夜、スタンドライトだけにすると
 ちょっと雰囲気が良く見えるので、
 お見せするのは、この写真にしました。 (^^ゞ

 撮影の際に背景にしているのは、
 ローズウッドのような
 こげ茶色のクローゼットの扉です。

 その前に写真のように
 椅子やカメラ、マイクを並べています。

c0137404_22325412.jpg
 
 カメラはソニーのひと昔前のサイバーショット「HDR-CX370」。

 マイク入力端子が付いている機種ならば、
 楽器収録用のマイクを接続して、
 音も映像もいっぺんに撮れてしまうんですが、
 付いていない機種なので、
 ズームのハンディレコーダー「H2n」を使って
 音は別に録音しています。


 これらを下の写真のように配置します。↓

c0137404_22392315.jpg


 写真だと位置関係がわかりにくいと思いますので、
 図にすると、こんな感じです。↓
c0137404_22385583.jpg
 
 カメラはほぼ正面に持ってきて、
 マイクは画角のちょうどぎりぎり外の
 画面では見えないところに
 なるべく近づけてセッティングしています。

 そして演奏者の顔は写らないように
 アングルを決めています。
 
 そうするとこんな感じに撮影できます。

c0137404_22455790.jpg

 マイクは見えませんが、
 画面左側のぎりぎりのところに実はあるんですね。

 ボクは右足にギターを乗せているので
 ギターが本体が水平に近くなるため
 簡単にできるんですが、
 左足乗せだと、ギターの位置が変わるので、
 マイクは下にセッティングするか
 見える位置になってしまいます。

 また左足乗せだと、
 ギター本体の角度がもう少し立ったようになるので、
 演奏者の顎とか、顔半分くらいが
 どうしても写ってしまいます。


 こうして撮影した映像と録音した音声、
 別々のデータをビデオ編集ソフトで合体させます。

c0137404_2251408.jpg

 使っているのは、
 ビデオ編集ソフトが「ビデオスタジオ」というソもので、
 音声編集ソフトが「サウンドイット」というもの、
 いずれも数年前のバージョンでそれほど高価ではないソフトです。

 カメラもズームの「H2n」も
 収録媒体はSDカードなので、
 それぞれのデータをパソコンに取り込みます。

c0137404_22531920.jpg
サウンドイットの画面(完成した音源の波形)

 まず、何回も収録して、
 一番、出来の良かったテイクの音声を
 「サウンドイット」で整音します。

 レベルを揃えるためにノーマライズ。
 次にピークレベルを少し抑えるために
 軽くコンプレッサーをかけて、
 リバーブも弱くかけてます。
 そうすると全体のレベルが少し下がるので、
 もう一度ノーマライズして適正レベルにします。

 これを演奏前後の無駄な音の部分をカットして
 音声データの「WAVファイル」で書き出します。

c0137404_2255023.jpg
ビデオスタジオの画面(波形を表示させて上下2つを揃えたところ)

 「ビデオスタジオ」には
 録音でデータと同じテイクの映像データを入れ、
 不必要な前後をカットし、
 タイトルなどを入れます。

 このままではカメラマイクの音なので、
 ミュージックトラックまたはアナウンストラックに
 先ほど整音して書き出した「WAVファイル」を入れます。

 そして、カメラマイクの波形と
 WAVファイルの波形を上下に表示させて、
 波形の山の位置をピッタリに揃えます。

 厳密にはこのソフトの限界で、
 60分1秒以下でズレることはあるんですが、
 見た限りではほとんどわからないので良しとしています。

 調整できたら、カメラマイクの音は絞って、
 「WAVファイル」の音だけにします。

 これを映像ファイルの「WMVファイル」で書き出して
 YouTubeにアップしています。

 それがいつもの動画、
 例えば、こんな感じなんですね!






 映像と音声を別々に収録して合体させるのは、
 少々面倒な作業なんですが、
 今の手持ちの機材だとこれがベストな方法です。

 それにもう慣れてきたので、
 割とサッサとできちゃいます。

 それより、大変なのは、
 やっぱりカメラの前でミスなく演奏することなんですよねぇ~。
 
 こればっかりは、とにかく練習しなくては・・・。 (^^ゞ

by acogihito | 2016-01-24 23:11 | ★アコギ関連 | Comments(15)  

『 イエスタデイ (Yesterday)』 を弾いてみました!



 ボクがソロ・ギターを始めて今年で10年目になります。

 で、たぶん、一番初めに弾いてみた曲が
 「ソロ・ギターのしらべ」(南澤大介著)の第1作目に収録されている
 この「イエスタデイ」じゃなかったかな?と思います。

 難易度は一番簡単な「」。

 だけど今回、収録にはかなり苦労しました。

 弾いてみると細かいミスが気になり、
 「もう少し上手く弾けるんじゃないか?」と思って
 やり直しているうちにどんどんひどくなり、
 結局、最初の頃に撮ったものの方がマシだったので
 そのテイクをアップしました。

 イントロからメロディー頭にかけてちょっと上ずって走るし、
 2コーラス目のサビ後の和音で弾くところの音がしっかり鳴っていません。
 また、エンディングをミスりそうになるのが気になります。

 さらに「ソロ・ギターのしらべ」の解説文に
 「オリジナルは意外にテンポが速い」と書いてあったので、
 速めに弾いたら、少し速すぎましたかねぇ・・・。(^^ゞ

 などなど、気になるところはいっぱいあるんですが、
 それらを解決する能力はまだないので、
 今回はこれで良しとします。


 以前、レッスンを受けている時、南澤先生に
 「簡単な曲と難しい曲と、どっちが難しいですか?」
 と、変な質問をしたことがあったんですが、
 答えは「簡単な曲」とおっしゃっていました。

 簡単な曲の方がレコーディングの時、
 もっと上手く弾けるんじゃないか、
 もう少し上手く弾けるはず、と欲が出るそうです。

 伺った時は実感できなかったんですが、
 今回、ボクもまさにそんな体験をした気がします。

 難しかった『天国への階段』の場合は、
 「とりあえず弾ききれればそれでOK!」という感じでしたが、
 簡単なはずの、この『イエスタデイ』の方は
 ピッキングの微妙な強弱などの細かい失敗まで気になってしまって、
 そのうち、ヨレヨレになって、最後まで弾けなくなってしまう有様でした。

 いやぁ、でも良い経験でした。

 「とりあえず弾き切れればOK」から
 「もう少し上手く弾けるんじゃないか?」と欲が出せるようになった分だけ
 成長したんだと思うことにしますかね。


 思えば、10年前、
 初めて「イエスタディ」を弾いたときのことが
 「昨日」のように思い出されます。

 指はまともに動かずガチガチで
 強弱も付けられず、
 メロディと伴奏の区別がわからないような状態でした。

 それ以前もギターは弾いていたので、
 全くの初心者ではなかったのですが、
 「ソロ・ギターってこんなに難しいのか!」
 と思いました。

 でも弾いてみたい!
 弾けるようになってみたい!と
 ゆっくりゆっくり練習を続けてきました。

 南澤先生にもレッスンを受けられ、
 本当に感謝です。

 最初のころを思えば、
 随分、上手になったもんだと思います。
 そして、どんどん楽しくなってくるんです。

 ソロ・ギターは、焦らずゆっくり、
 一歩一歩進んでいくのがいいんですね!

 
 使用ギターは、「Morris S-92Ⅱ」。
 オガワインレイクラフトの小川さんに
 名前のインレイを12フレットに入れてもらってあります
 ソロ・ギターを弾くにはとっても弾きやすく、
 コストパフォーマンスに優れたギターですよね!
 音も気に入っています。

c0137404_1082728.jpg

by acogihito | 2016-01-17 01:38 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

アコギの湿度管理 「除湿機と加湿器を買いました」 

c0137404_1831344.jpg

 天気予報のパーセント表示で
 気になるものといえば降水確率でしたが、
 最近は「湿度」が気になって仕方ありません。


 冬のこの時期、楽器屋さんに行くと
 「加湿器」が稼働していたりします。

 日本の冬は乾燥しますからねぇ。

 ということで、我が家でも冬には
 「加湿器」を使っていました。

 ただ、今までかなり無頓着で、
 実際の室内の湿度がどの位なのか、
 ちゃんと測ったことがなかったんです。

 そこで「湿度計」を購入してみたんですが・・・、
 あらら、何もしなくても思ったより
 湿度って高いもんなんですねぇ。

c0137404_206716.jpg

 「湿度計」には個体差など誤差もあるようなので、
 別のタイプも買ってみて、その差や
 設置場所による違いなどを検討してみましたが
 やっぱり思ったより高め、
 冬のこの時期でも60%以上あったりします。

 我が家はコンクリート製の集合住宅で、
 ギターの置いてある部屋は北側に位置しています。
 同じコンクリート製でも住居となると、
 店舗や職場などに比べて、
 炊事、洗濯、風呂などで水を扱う分、
 湿度が高いんですかね?


 ボクの住む千葉県の
 「毎月の平均湿度」を見てみると、
 1番低い1月でも55%もあって、
 7月は80%もあります。

 (ちなみに年平均の気温は15・7℃)

 なるほど、乾燥注意報の日でもない限り、
 気候による平均的な湿度は、
 けっこう高いもんなんですね。


 ところで、「ギターに最適な湿度は?」というと、
 「イシバシ楽器のウェブサイト
 「マーチン・クラブのウェブサイト
 「タカミネ・ギターのウェブサイト
 などを見てみると、
 湿度は50%を中心にして
 45~55%以内が理想的ですが、
 まあ、「40~60%以内に収めておきたい」ところ
 といったところでしょうか。

 (温度は20~24℃くらいが理想だそうです)

 そうか、ギターに適した湿度って
 思ったより低いもんなんですね。

 千葉県の年間の平均湿度が約67%ですから、
 1年中、除湿していないといけない計算です。
 (まあ、外気の湿度ですが・・)
 
 今まで、なんとなく
 「冬場は加湿した方が良い」と
 思い込んでいましたが、
 どうも、我が家では
 「除湿した方が良い
 ことの方が多いようです。

 (わぁ・・、今までギターがビチャビチャだったんだろうか・・・)

c0137404_2045336.jpg

 ギターの湿度管理で手っ取り早い方法は、
 「湿度調整剤を入れてハードケースの中に入れておく」
 ことのようです。

 でも、ボクとしては、
 いつでもすぐに弾けるようにしておきたいし、
 お気に入りのギターを見えるようにしていたいんですよね。

 (以前はギタースタンドに立てていましたが、部屋を改造しました)


 ということで急遽、「除湿機」を買ってみました。

c0137404_1849569.jpg

 湿度が「55%以上になると自動で除湿」を始めてくれます。

 (50%以上で除湿を始めたいのですが、
  「おまかせ」という設定が55%しかないので・・)

 ちなみにギターの部屋には暖房装置はないので、
 扉を開けて、隣の部屋のエアコンで暖められた空気を
 流し込んでいます。

 エアコンで暖房すると相対湿度は下がるはずですが、
 それでも「除湿機」を買った昨年末以来、
 部屋の中の湿度計が50%を下回っていたことはありません。

 
 それから、この機会に「加湿器」も買い換えました。

 こちらは湿度が「50%以下になると自動で加湿」を始めるように
 設定できます。

 (50、60、70%の設定ができる)

 ギターの部屋は6畳ほどの洋室。
 締めきれば、「除湿機」と合わせて、
 自動で50~55%に保たれる計画なんですけど、
 今のところ「除湿機」ばかりが働いています。

 そうか、やっぱり「加湿器」の出番は少ないんですね。

 (というか、買う必要なかったか・・・)

c0137404_1920142.jpg

 さあ、これでギターの湿度管理は万全・・・でしょう・・・か?

 今まであまりに無頓着でしたので、
 これを皮切りに管理の研究をしっかりしていこうと思います。


 そんなこんなで「湿度」がとっても気になる今日この頃、 
 天気予報でも、日によって、時間によって変わる
 「湿度」が気になって仕方ないんです。


c0137404_222057.jpg


 (関連記事)→ アコギの湿度管理2 「加湿器は不要だったか?」


by acogihito | 2016-01-11 08:47 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

10年目! 2016 今年の目標

c0137404_23214248.jpg

 明けましておめでとうございます。

 2007年
 「10年後には上手くなっていたい」と練習を始めたソロ・ギター。
 今年、2016年が10年目に当たります。

 おお、スゴイ!
 しっかり10年続いたぞ!

 で、まあ、10年前の自分が聴いたら
 「おおっ!」って思うくらい、当時弾きたいと思った曲が
 弾けるようになりました。

 YouTube にも曲をアップできるようになったしねぇ。

 やっぱり練習すれば少しずつでも上達してくるもんですねぇ~!
 良かった良かった。

 そして、「いつかは欲しい!」と思っていた「Yokoyama Guitars」が
 ナント4本もあります。

 スゴイもんだよなぁ~! 

c0137404_2341198.jpg

 ということで、10年目のお正月、
 1月2日は「書き初め」ならぬ、「弾き初め」をしてみました。

 とにかく、YouTube にアップするために練習した曲を片っ端から、
 ライブをやっているようなつもりで、一生懸命弾いてみたんです。

 ところがですねぇ、
 あれだけ練習したのに、もう忘れちゃっている個所や、
 弾けなくなっている個所がある曲が何曲もあったんですよね。


 ソロ・ギターを始めるより前は、
 ロックバンドをやっていたことがあって、
 ライブなんかもやっていたんです。

 で、ソロ・ギターを知って、
 アコギ1本でも「ボヘミアン・ラプソディ」とか「天国への階段」なんかも弾けるのか!
 これでライブができたらスゴイかも!
 ・・・なんて思ったこともあったんです。

 ただ、ソロ・ギターは、
 バンドでの演奏よりも相当に繊細で、
 ひとりで人前で弾くというのは予想以上に緊張して
 なかなかうまくいくようなものでないことは
 幾多の発表会で痛いほど経験しました。

 だから実際にライブをするのはかなりハードルが高いとしても
 せめて自分ひとりで弾いているときは何曲もスラスラと、
 いつでもYoutube にアップした時くらいに弾けるようにしておきたいものです。


 ということで、今年の目標は、
 「10年目である程度上手くなったぞ!
 レパートリーもライブができるくらいの曲数になったぞ!」
 と、言えるようにしたい!

 ということにしたいと思います。

c0137404_013416.jpg

 初詣に行ったら、
 小さな梅の花が咲いていました。

 こんな風に可憐に、
 だけどパッと鮮やかにギターも弾けるようになりたいなぁ~!

 ということで、
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

by acogihito | 2016-01-03 00:17 | ★アコギ関連 | Comments(4)