<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

高い音が聞こえない!?

c0137404_2315017.jpg

 ハカランダのギターは倍音が豊かで、
 キラキラした音がするって言いますけど、
 実はボクにはそのすべての音が
 聞こえていないのかもしれません。

 実は以前読んだ
 藤巻メソッドの『聴くだけ音感入門』の中にも
 「自分の耳の可聴域を把握してみよう」という章があり、
 付属のCDに10000Hzから20000Hzまで
 段階的に周波数が高くなっていく音が
 収録されているんですよね。

 だけどボクは、12000Hzまでは普通に聞こえてましたが、
 14000Hzになると、
 ほとんど聞こえない状態でした。

 昔、カセットデッキを使っていた頃は、
 周波数特性30~16000Hzなんて書いてあって、
 「このデッキはノーマルテープでも16000Hzまで録音できるぞ!」
 なんて喜んでいたんですけどねぇ・・・。

 10代では、20000Hzまで聞こえるものの
 40代で14000Hz、
 50代で12000Hzくらいまでしか
 聞こえなくなるそうなんです。

 YouTubeにも同じようなテストがありました。
 試してみてください。




 このテストでボクは、
 13000Hzまでは聞こえますが、
 14000Hzになると音圧は感じるものの
 音としてはほとんど聞こえません。 

 それ以上は、「ホントに鳴っているの?」という感じ。
 全く聞こえません。
 
 そうかぁ・・・。

 ということは、
 せっかくのハカランダのギターも、
 そのキラキラした高音成分が
 ボクには全部、聞こえていないのかもしれないなぁ~・・・。

 なんか、ちょっとガッカリ・・。

 でも、そのハカランダ・ギターは今、
 実にいい音で鳴るようになってきている・・・
 と、ボクは感じています。

 耳だけでなく、体で感じるんですよね!
 と、信じようと思います。(笑)

by acogihito | 2016-02-28 00:10 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

くっ、悔しい~、残念な結果に涙した発表会・・・

c0137404_181031.jpg

 2015年2月14日(日)、
 東京・高幡不動のインド食堂「アンジュナ」で
 千葉でのソロ・ギター・レッスン生を中心とした
 「南澤大介ギター・レッスン発表会」が開かれました。

 いやぁ~、それにしてもボクは、
 つくづく人前で演奏するのが苦手だということを
 思い知らされました。

c0137404_187111.jpg

 今回チャレンジしたのは、
 「ソロ・ギターのしらべ/至高のスタンダード篇」に収録されている
 「明日があるさ」。

 難易度は「A」で、
 それほど難しい曲ではないはずなんですが、
 前回演奏した「天国への階段」より
 さらにボロボロだったというのが、
 ボク自身の印象です。

 ク~っ、悔しいなぁ~。
 なんでこんなに緊張しちゃうかなぁ~。

 右手の指がコチコチになって
 スムースに動いてくれません。

 もうちょっといつも通り弾けないかなぁ~。

 そうこうしているうちに
 左手の押さえる位置もずれたりして・・・。
 あ~あ・・・。

c0137404_23435466.jpg

 本も読んだりして、
 いろいろな対策を試してみたことがあるものの、
 どうもやっぱりダメです。
 ホント、残念・・・。

 発表会は誰もが緊張するものですが、
 ボクは特に酷いような気がして
 我ながらガッカリしてしまいました。

 何でだろう?
 何回やっても慣れません・・・。

 もうこうなると、
 人前で演奏するのは向いてないのかもしれない、
 と思っちゃいます。

 トホホホ・・・。

c0137404_18153075.jpg

 そんなこんなで落ち込んだボクを慰めてくれたのは、
 アンジュナの美味しい料理たちでした。

 やっぱり美味いなぁ~!!

c0137404_18171675.jpg
 
 それと今回特別に、
 南澤先生が今制作中の楽譜集から、
 新しい曲のさわりを次々と演奏してくれました!

 おおおっ!!
 あんな曲も!こんな曲も!!!
 あの曲のフルコーラス・バージョンも!!!

 人前弾くのは
 トラウマのように苦手になってしまったボクですが、
 新たにチャレンジしてみたい曲の数々!!

 発売は5月か6月になるそうで、
 これは相当楽しみです。

c0137404_18202681.jpg

by acogihito | 2016-02-21 00:59 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

キャンピングカーが欲しい!

c0137404_21101665.jpg

 キャンピングカーが欲しい!
 
 定年退職したらキャンピングカーを買って、
 ギターを持って気ままな旅をしてみたい・・・
 なぁ~んて思ったりしています。

 で、近所の幕張メッセで行われた
 『ジャパン キャンピングカー ショー2016』に
 行ってきました。

c0137404_21133170.jpg

 バスのようにでっかいのから、
 軽自動車をベースにしたかわいいものまで!
 いや~、いろいろありますねぇ!

 どれもそれぞれに魅力的ですが、
 どれもボクには「帯に短し襷に長し」でもあります。

 まず、後ろに家を乗せたような
 いかにもキャンピングカーというタイプは苦手です。
 主流のハイエースをベースにしたタイプも
 ちょっとなぁ~という感じ・・・。
 
 パッと見、キャンピングカーぽくない方が好きなんですよねぇ。

 そんな中、「これだ!」と思っているのが、
 フォルクスワーゲンの「カリフォルニア」という
 キャンピングカーです!

c0137404_23274723.jpg

 一見、普通のワンボックス・ワゴンのようですが、
 屋根がグッと開いて大きくなります。

 見た目は同じように屋根の開く日本車もありますが、
 開口部が小さかったり細かい作りや機能が全く違うんです。
 さすがドイツ車、実用的で良く出来ているんですよね。  

 ただ、値段がやたらと高い!

 ナント1200万円!?
 以前は800万円ほどだったんですが、
 さらに値が上がっています。

 もうこうなると、高すぎてお話になりません・・・。
 いいんですけどねぇ・・・。

c0137404_957054.jpg

 で、手に入れられそうなものはないかと見てみると、
 国産車では、
 軽のキャンピングカーは値段も手ごろだし、
 かわいくていいけど、
 横幅がちょっと狭すぎかなぁ~。
 エンジンのパワーも気になるし。
 それでもちょっといいのは300万円台から。

 そのほか、もう少し大きくて
 ちょっといいなと思うのは500万円台とか・・・。
 だいたい400万円は見ておかないと
 まあまあのキャンピングカーは
 手に入れられないようです。

 ただ、通常のクルマとしても普通に使えて、
 運転が楽しいような
 「これだ!」というのは、
 なかなかないんですよねぇ・・・。

 う~む・・・、難しい・・・。

 そんな中、目線を変えら見えてきたのが、
 「ルーフテント」というものです!

c0137404_21324577.jpg

 普通のクルマの屋根の上に取り付けるテントなんですが、
 なかなかしっかりできています。

 値段は約38万円!

 考えてみれば、ボクにとって
 キャンピングカーで一番求めるものは、「車中泊」。

 クルマの中にトイレはいらないし、
 シャワーもいらない、
 調理はキャンプ用のコンロがあればいいので、
 「快適に眠れる」ことが第1なんですね。

 となれば、今あるクルマに
 このルーフテントを取り付ければ、
 とりあえず自分のやりたいことができそうです。

 値段もキャンピングカーに比べたら
 とってもリーズナブル!!

 スタイルも普段は普通のクルマに
 ちょっと大きめなルーフボックスを
 乗せているようですもんねぇ。

 それを開くと、
 ガスダンパーの力で一気に自動展開
 寝心地のいいマットが敷かれたテントが
 パッと完成します。

 販売店の担当者もとっても感じの良い方でした。

 アフターサービスも良さそうだし、
 洗車機も使えるそうです。

 うん、これはいいかも!!

 ・・・そんなことを考えて楽しんでいます。

c0137404_21262325.jpg

by acogihito | 2016-02-14 00:44 | ☆その他 | Comments(0)  

「日本人のためのリズム感トレーニング理論」

c0137404_225487.jpg

 ソロ・ギターを練習していると、
 自分のリズム感の悪さにがっかりすることが多々あります。

 ということで、少しでも解決策を見つけられればと思い
 『日本人のためのリズム感トレーニング理論 (友寄隆哉・著)』
 という本を読んでみました。

 この本、予想以上に分厚くて447ページもあります。

 その中で、付属のCDに対応した
 リズム感トレーニング部分は30ページほどで、
 あとは、友寄さんの「リズム感研究」の発表
 という感じなんです。

 でも、そこがこの本の魅力なんですね。

 リズムとビートの違いから始まり、
 ビートとテンポとリズムとは?や
 黒人はなぜリズム感がいいのか、
 日本人アスリートと
 アフリカ系アスリートの
 体の使い方からくるリズム感の違い、
 世界各国の言語によるリズム感の違いとか。

 英語は三拍子で日本語は二拍子で、
 ネイティブの英語が聞き取れないのは
 三拍子のリズムを二拍子で聞いているからとか、
 とにかく今まで思いもよらなかった角度から
 「リズム」が研究されていて、
 とっても興味深い本です。

 本を読むというより、
 講義を聞いているような感じで、
 友寄先生も夢中になるあまり、
 話が途中で脱線してしまうようなところがあるのも
 この本の特徴といえるのかもしれません。

 そんなこともあるので、
 447ページにもなっちゃうんですね。(笑)

 そんな中、なるほどと思ったのは、
 「リズム感の基本は歩き方」という点。

 ボクは歩き方がぎごちないというか、
 下手なんですよね。

 こりゃ~、リズム感が良いわけがない。

 まずは、「歩行によるリズム感トレーニング」から
 始めてみようかと思っています。

 本にはいろいろな筋肉の使い方まで書いてあります。
 
 毎日通勤で4キロくらいは歩いているので、
 本に書いてあるような黒人の歩き方を手本に
 意識して歩けば、
 歩き方が綺麗になり、
 リズム感も良くなってくるかも!

 文章を読むだけではわかりにくいところがありるので、
 今度は体を動かしながら、必要な部分だけ改めて読んで
 やってみようかと思っています。

 歩くテンポのようにゆっくりでも
 リズム感が良くなっていけばいいんですけど。
 
 

by acogihito | 2016-02-07 23:16 | ★アコギ関連 | Comments(0)