<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

『 明日があるさ 』 を弾いてみました!



 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ~至高のスタンダード篇」から
 『明日があるさ』を弾いてみました。

 難易度は「A」の曲なんですが難しかったです。
 2月の発表会では見事に撃沈しました・・・。

 この曲にはメロディーの合間などに16分休符が入っていて、
 それが歯切れの良い感じを出しているんですが、
 それを弾くためには消音をしっかりしなくてはならず、
 そうすると指がこんがらがるんですよね。

 音を出す16分音符を弾いた後に
 16分音符のために音を止めなくてはならないので、
 指を2倍動かしているようなもんですからねぇ~。

 発表会では見事にそこがグシャグシャになってしまいました。

 それからまた練習し、
 今回、とりあえず YouTube にアップです。

 弾けてくると楽しい曲なんですが、
 なかなか上手く弾けません。

 でも、明日があるさ!

 いずれもっと上手く弾けるようになるんじゃないかな
 と夢を与えてくれる曲です。


 ところで、この曲ではグライダー・カポを使って、
 原曲のように半音ずつ上がっていくようにしてみました。

 移動させるタイミングと力加減に慣れるのに苦労しましたが、
 何とかなりました。

 よ~し、明日があるさ!
 
 新年度も頑張ろう!!

by acogihito | 2016-03-27 00:01 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

友人のライブ!

c0137404_1046460.jpg

 中学時代の友人が参加しているバンドのライブに
 中学時代の友人11人が集まって行ってきました。

c0137404_10461428.jpg

 この2人が中学時代の友人です。
 みんなを魅了していました。


 そして集まった仲間たち。
 ライブと同窓会が一緒になった最高のひと時でした。
 
c0137404_10462434.jpg

 友人たちに感謝!

 そして離れていた仲間を近づけ、
 連絡も取り合いやすくしてくれた
 Facebookのメッセンジャーにも感謝です。

 いずれボクもソロ・ギターでみんなを魅了したいなぁ~。



by acogihito | 2016-03-21 10:53 | ☆その他 | Comments(0)  

エスケープで逃避行! その2

c0137404_173101.jpg

 友人が住む高層マンションからは、
 日の出が見えるといいます。

 ウチは前に建物があるから、
 日の出から1時間くらいしたころに
 ようやく日が差してくる感じでしょうか。

 う~む、久しく日の出なんて見てないなぁ~。

 そんなことを考えていたら、
 以前からグーグル・マップを眺めながら目を付けていた
 車中泊ができて、素晴らしい朝を迎えられそうな絶景ポイント、
 いすみ市の「津々ヶ浦」に急に行ってみたくなりました。

 この時、帰宅して夜10時を過ぎていましたが、
 明日は休みだし、
 今から行けば12時くらいには着くでしょう。

 よし、行っちゃえ!

 というわけで、愛車「エスケープ」で逃避行、
 第2弾です。

 前回が、10月でしたから、それから約半年。

 この間、
 キャンピングカーショーを見に行ったりして、
 「車中泊」について自分なりに研究していました。

 欲しいと思うキャンピングカーは高価すぎる。
 ルーフテントというリーズナブルな方法もあるけど、
 あれこれ考えると、今の車を工夫すれば、
 今やりたいと思うことは、
 ある程度できることがわかってきました。

 だったら、今ある車をもっと活用するべきですよね。

c0137404_2094693.jpg

 まず、車のリアシートを倒して荷台を広げ、
 そこに対角線上に横になれば
 凸凹も気にならず、足を延ばして寝ることができます。

 「キャンピングマット」や「寝袋」を新調しました。
 体の向きも、リアドア側を頭にした方がより良いことがわかりました。

 さらに照明には「LEDランタン」を用意。
 ガスランタンと違って、火を使わないので安全だし、
 パッと付くのがイイんです。

 今回は、それらを試す実験でもあります。
 
c0137404_1732424.jpg

 おお、予想以上に快適です!
 小さなキャンプ用テーブルも車の中にピッタリ入りました。
 このテーブルを組んだまま、寝ることができます。

 150センチ×130センチ、高さ1メートルほどのスペースでも
 工夫次第で、これだけ快適に過ごせるんですから、
 狭くてダメだろうと思っていた
 軽自動車のキャンピングカー
 かなり使えるんでしょうね。

 ただ今回、決定的に残念なことにも
 ひとつ気が付きました。

 今回は持って行かなかったんですが、
 ギターを持って行ったとして、
 普通の大きさのギターだと、夜、寝るときに
 置いておく場所がないということ。

 まさか、外に出しておくわけにもいかないし・・・。

 となると、持っていくとしたら、「ミニギター」か、
 「リーフクワイエット」ならなんとかなるか、
 その辺が次の研究課題ですかねぇ。

 そうこうしているうちに熟睡・・・。

c0137404_17314137.jpg

 さて翌朝です。

 天気予報は曇りだったので、
 あまり期待をしていませんでしたが、
 一瞬ですが日の出が見えました。

 う~ん、海で見る日の出!!

 ありがたいありがたい。

 やっぱりいいですねぇ!!

c0137404_17315337.jpg
 
 日の出は6時53分でした。
 
 いつもに比べて、かなり早い朝ですが、
 モーニングコーヒーを飲んで出発です。

 今回は、
 「車中泊で行くお気に入り絶景ポイントを探せ!」
 というテーマで、
 地元、千葉県にある絶景ポイントを
 駆け足で回ってみました。

c0137404_17321523.jpg

 こちらは最近、ネットでも話題
 「濃溝(のうみぞ)の滝」です。

c0137404_17322353.jpg

 こちらは、房総半島のほぼ真ん中にあって、
 東京から一番近い棚田として知られている「大山千枚田」。
 春、夏、秋と、また来てみたいところです。

 ここの駐車場でも車中泊がいけそうです。

c0137404_17322982.jpg

 こちらは内房の海です。

 日の出は外房でしたから太平洋側、
 こちらは反対の東京湾側です。

 空気が澄んでいれば、正面に富士山が見えるはず。
 ここでも車中泊をして、朝を迎えてもいいかもしれません。


 そして、このすぐ近くにある「鋸山」に行ってみました。
 
c0137404_17323768.jpg

 そこは、ここはアンコールワットの遺跡・・・?

c0137404_17324521.jpg

 それとも、バーミヤンの遺跡か何か・・・??

 ・・・というようなところです。

 かつて石切り場があった山なんですね。

c0137404_17325647.jpg

 だから、こんな「地獄のぞき」も!!


 このほかにもちょこっと観光して、
 家に帰ってきたのが午後2時前。

 駆け足でしたが、とっても充実したひと時を過ごし、
 リフレッシュできました。

 やっぱり、いいですね、車中泊。

 別荘もないし、キャンピングカーもないけど、
 車中泊なら、車を停めておけるお気に入りの場所を
 その日の自分のものとして拝借して
 いつもと違う壮大な朝を迎えることができます。

 しかもテントを張るキャンプより、ずっとお手軽で、
 思い立った夜に予約もせず、
 パッと行けちゃうのが魅力ですね。
 
 うん、いいぞ。

 今年は、車中泊をして朝を迎えたいお気に入りの絶景ポイント、
 車中泊をしてても問題の無さそうな場所を
 いろいろ探してみようかと思います。

c0137404_1842185.jpg

by acogihito | 2016-03-13 18:59 | ☆その他 | Comments(6)  

水彩画に興味津津!

c0137404_23111195.jpg

 高校時代の友人が所属している
 「風景水彩スケッチ画」教室の展覧会
 東京・京橋で開かれ、先日、見に行ってきました。

 実は、以前にも書いたことがあるんですが、
 「10年後には上手くなっていたい」と始めたソロ・ギターが、
 「10年を過ぎたら、水彩画も習いたいなぁ~」などと
 思っているんですよね。

 で、今年がソロ・ギターを始めて10年目で、
 水彩画を始めるとしたら来年?なんて思っていたら、
 高校時代の友人が水彩画をやっていいることを知り、
 お誘いを受けたので、
 見に行ってきたというわけなんです。
 
c0137404_23112219.jpg

 写真は先生の作品なんですが、
 友人の作品もほとんど変わらないレベルのように
 ボクには見えました。

 これらの作品は、 現地に行って、
 その場で、2時間くらいで
 描いてしまうんだそうです。
 
 あまり時間をかけず、
 その場で描いてしまうのが
 この教室での風景水彩スケッチ画の
 コンセプトだそうです。

 へぇ~!
 こうした絵が2時間ほどで
 描けちゃうもんなんですねぇ~!!

 ところで、
 ソロ・ギターのアレンジについて
 南澤大介先生は、
 「似顔絵のよう」とおっしゃいます。

 「少ない線でどれだけ元の雰囲気を出すか」
 というところが共通しているそうですが、
 水彩画もソロ・ギターと似たところがありますよね。

 シンプルだけど、その雰囲気を巧みに捉えるという感じ。
 紙の白地を生かして光と影を描くというところも
 ギターの最大音量から逆算して強弱をつけて演奏するというところと
 どこか似ているところがあるように思います。

 いいですよねぇ~!

 自分で描いた水彩画に合わせて、
 自分でソロ・ギターで演奏する。

 キャンピングカーにギターと水彩画のセット積んで、
 日本中を気ままに旅して、
 気に入った場所を見つけたら
 そこで絵を描いて、ギターを弾いて、
 そこに泊っちゃう。

 そんなことができたらなぁ~と、
 密かに思っているんです。

c0137404_2347785.jpg
 

by acogihito | 2016-03-06 01:09 | ☆その他 | Comments(0)