<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

打田十紀夫さんのライブ~垂石雅俊さん

c0137404_14445190.jpg

 7月17日(日)、
 東京・曙橋にあるバック・イン・タウンで行われた
 打田十紀夫さんの『どこかで春が』発売記念ライブに行ってきました。

 ところがこの日、
 日曜にも関わらず仕事で、
 しかも予想より終了時間が遅くなってしまって
 会場に着いたのは第1部がちょうど終わった時間、
 拍手が聞こえてきた時でした。

c0137404_14451182.jpg

 そして、15分くらいの休憩の後、第2部開始。
 やっとライブが見れました。

 打田さんの新作CD『どこかで春が』は、
 今までのと違い、唱歌など日本の伝統曲を
 ブルースなどのアメリカン・ギター・スタイルで演奏するというもので
 これがとってもいいんですよね!
 
 ただ、この新作からの演奏は第1部でたくさんしたようで、
 第2部はいつもに近い演奏曲もあり、
 新作からは2~3曲しか聞けず、
 ちょっと残念でした。

c0137404_1446256.jpg

 そして、ゲストの垂石雅俊さんが登場。

 打田さんの今回のCDは
 メジャー・レーベルの「キングレコード」からの発売で、
 打田さんとキングレコードを結びつけたのが、
 垂石さんなんだそうです。
 
 ボクは垂石さんのお名前は知っていましたが、
 ライブ演奏を聴くのは初めてでした。

 ガット弦のいわゆるクラシック・ギターから
 スチール弦のアコースティック・ギターまで
 わけ隔てなく軽やかに演奏されるんですね!

c0137404_14462427.jpg

 ライブ終了後、打田さんとも 
 垂石さんとも直接お話しをする機会がありました。

 そうしたらビックリ!
 初めてお会いするのに垂石さんは
 ボクのことを知っていたんです。

c0137404_20133277.jpg

 垂石さんご自身の著書「ソロ・ギター練習帳」で
 我が師匠である南澤大介先生と対談したり、
 南澤先生の著書「ソロ・ギターのための練習曲集」に
 垂石さんの記事が出ていたりと交流があるようで、
 そんな時、ボクのことも話題のひとつになったようです。

 なんだか嬉しいような恥ずかしいような。(笑)

 このブログのことも御存じでした。
 ありがたいことです。

 ということで、初対面なのに
 「やあ!」という雰囲気の写真になりました。(笑)

c0137404_14471295.jpg

 ところで、垂石さんの著書
 「ソロ・ギター練習帳」では序章に書かれ、
 南澤先生の著書にも書かれた内容が
 ギタリストの「身体のメンテナンス」についてなんですよね。

 ボクもたぶんギターが影響して
 「肩こり」がひどくなったり、
 「テニス肘」になったりしたことがあって、
 「ボディ・マッピング」の本などを読んだりして、
 自分なりに身体の構造など少し研究したことがあるので、
 垂石さんの著書はとても参考になりました。
 
 楽しいはずのギターを弾いていて
 身体を壊してしまったら元もこうもありませんよね。

 だけど、なぜ、御自身の著書の序章から
 身体のメンテナンスなんだろう?と思っていたら、
 ちょうど発売された「アコースティック・マガジンvol.69」に
 垂石さんの記事が出ていて、
 腱鞘炎になって1年近くギターが弾けなかった時期があったと
 書いてあったんです。

 なるほど、ご自身もつらい時期を経験したからこそ、
 いろいろ研究し、ストレッチなどを考案し、
 新たにギターを始める人たちに
 身体を壊してほしくないという
 願いが込められた内容だったんですね!

c0137404_1447384.jpg
 
 写真に写っているのは垂石さんの新作CD。 (サイン入り)
 クラシック・ベースのしっかりした基礎がありながら、
 どっぷりクラシックにならず、
 ポップでとても耳馴染みがいいんですね。

 梅雨が明け、外は激しい日差しの昼下がり、
 エアコンが効いた部屋で、コーヒーを飲みながら聴いています。

 アルバムタイトルは、
 「Cafe de Gutaer~ギターでくつろぐカフェ時間~」(キングレコード)

 う~ん、まさにピッタリ!

 良い時間を過ごさせてもらっています。


by acogihito | 2016-07-31 00:44 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『 いとしのレイラ 』の練習が楽しい!

c0137404_9323375.jpg

 ここ最近、
 「ソロ・ギターのしらべ~悦楽の映画音楽篇 (2006年)
 に収録されている
 『 いとしのレイラ 』 の練習を楽しんでいます。

 この曲は、もうずいぶん前から練習していますから、
 一通りは弾けるんですが、
 細部を改めて確認しているという感じです。

 原曲は多重録音され、
 イントロだけでも4~5本のギターの音が重ねられています。
 それにドラムとベースが加わるわけですから、
 4~5人で演奏したバンド曲というより、
 10人くらいで演奏した
 ギターアンサンブルなんですよね。

 しかも
 ボーカルラインのバックにギターソロが重なったり
 ギターリフと複雑に絡み合ったりしています。

 これをギター1本に置き換えるわけですから大変です。
 アレンジにおいてはどこを省略するかが大事なんですね。

 南澤先生のアレンジは大変素晴らしいのですが、
 最近の作品、例えば
 「ソロ・ギターのしらべ/感涙のバラード篇 (2016年)」に
 改めて収録された
 『ホテル・カリフォルニア』や
 『ボヘミアン・ラプソディ』などと比べると、
 少しざっくりしているところがあるようにも感じます。

 そこで、改めて原曲と聞き比べて、
 「ここにこの音を追加できないかな?」
 「このフレーズをもっと生かせないのかな?」など、
 自分なりに手を加えてみようと思っているんです。

 自分でも思い入れがある曲ですからね。

 やってみると、
 「お、いいぞ!いけるかな?」と思ったり、
 やっぱりうまくいかず、
 「なるほど、大したもんだなぁ~!」と
 改めて南澤先生のアレンジに感心したり、
 試行錯誤の連続です。

 でも、それが今、とっても楽しいんですよね。

 「次にYouTubeにアップするのはこの曲にしよう」
 と目論んでいるんですが、
 まだまだ当分はこの試行錯誤を重ね、
 じっくりゆっくり練習を楽しんでいきたいと思っています。


 

by acogihito | 2016-07-24 08:43 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

こんな時のためにも?

c0137404_23401399.jpg

 先日、中学時代の友人たちに誘われ
 東京・御徒町にある「フォーク居酒屋」というところに
 初めて行ってきました。

 店内にはステージがあり、
 アコギ、エレキ、ベース、キーボード、ドラムなどの
 楽器類が用意されていて、
 お客さんが演奏したり 
 歌ったりするお店です。

 それにしても凄いもんです。
 
 みなさん、達者で
 バンドで結構きちんと演奏しちゃうんですよね。
 それも歌謡曲からニューミュージックまで。
 どんな曲でも次々弾いちゃうんでちょっとビックリでした。
 どうも、中には元プロだったり、それに近い常連の方が
 いらっしゃるようです。

 なるほど、そうかぁ、それなら納得。

 ボクもかつてバンドをやっていたことがありますが、
 歌本を見て、ギターのコードを弾くことくらいはできても
 普段練習していない曲のギターのリフやソロ・パート、
 ベース・ラインなどをパッと弾くことなんて
 全くのアマチュアには、なかなかできないですからねぇ。

 ところで、この店では、
 お客さんはお客さんのグループごとに
 何か歌ったり弾いたりしなくてはなりません。

 友人は来慣れているようで
 「お前もギター弾けるんだろ?何かやろうよ」と誘うので、
 2人で「22才の別れ」を演奏することにしました。
 
c0137404_23402220.jpg

 友人は普通のスリーフィンガーと歌。
 ボクはそれにソロ・ギターで合わせました。

 ちなみに「22才の別れ」のソロ・ギターはこんな感じです。


 これに合わせて友人が
 普通のスリーフィンガーをしながら歌いました。

 う~ん、割といい感じ??

 少々間違えたりしまたが、
 バンドの方々に負けないくらいの
 「意外に器用なおじさんたち」という感じで、
 酒の席では上出来だったんじゃないでしょうか?(笑)

 過日、友人宅のパーティーで
 ソロ・ギターを披露したり
 このところ、練習してきた一芸がちょっと役に立っています。

c0137404_23404818.jpg

by acogihito | 2016-07-17 23:58 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『 世界に一つだけの花 』 を弾いてみました!



 南澤大介先生の著書
 「ソロ・ギターのしらべ」シリーズの4作目、
 「官能のスタンダード篇」に収録されている
 『世界に一つだけの花』を弾いてみました。

 作詞作曲は槇原敬之さん、
 SMAPが2002年に発売したアルバムに収録され、
 2003年3月にシングルカットされて
 大ヒットした名曲です。


 ボクは、この曲の
 「ナンバーワンにならなくてもいい
  もともと特別なオンリーワン」
 という歌詞が、
 「人それぞれの個性を認め合う
 寛容な社会を目指そうよ」という
 メッセージのように感じて気に入り、
 当時、シングル盤を買っているんですよね。

c0137404_1240474.jpg

 アイドル・グループなのに
 ジャケットや中にも顔写真がないところにも
 「誰かが目立つのではなくみんな平等」
 というメッセージと
 楽曲の良さで勝負という
 心意気を感じました。


 ところで、
 「ソロ・ギターのしらべ」シリーズは、
 長年愛され続けているスタンダードナンバーや
 定番曲を中心に選曲され、
 ソロ・ギターにアレンジされていますが、
 「官能のスタンダード篇」が発売されたのが
 2003年10月。

 ということは、
 この『世界に一つだけの花』は、
 シングルが発売されて、まだ半年足らずの
 ほやほやの新曲のころに
 選曲されたってことですよね。

 それから13年経ち、
 今ではすっかりスタンダードナンバーになっていますから、
 まさに先見の明があったというわけです。


 一方で、13年も経ってしまいましたが、
 ボクのソロ・ギターのレパートリーの中では、
 今でも一番最近の曲だったりします。

 時の流れは早いなぁ~・・・。
 
 ちなみに使用ギターは、Yokoyama Guitars AR-GB #555
 収録方法については、“こんな感じ” でやっています。


by acogihito | 2016-07-10 00:58 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

エスケープで逃避行! その4

c0137404_15235786.jpg

 2016年、上半期は
 イマイチあまり良くない日々が続いていたので、気分転換!
 またまたエスケープで逃避行してきました。

 (愛車がフォードのエスケープというクルマなんです)

 梅雨の合間にもかかわらず、
 明日は好天に恵まれそうなので、
 仕事終わりの夜に東京を脱出、
 目指すは長野県の「高ボッチ高原」です。

 自宅からの距離、約260キロ。
 所要時間、約3時間半。

 ちょっと遠いのが玉にきずなんですが、
 もう何度も行っているお気に入りの場所で、
 クルマで山頂まで行けて、
 最高の絶景が楽しめるんですよね。

c0137404_15241940.jpg

 月もない真っ暗な夜でしたが、
 お気に入りポイントにクルマを停めて、
 夜のひと時を過ごします。

 今回はギターも持って行ったので、
 闇夜の中で演奏してみました。

 「リーフ・クワイエット」なので、
 音は小さいんですが、
 虫の音以外音が無い高原に
 静かに響いて
 なんかすごくリラックスできて良かったです。

c0137404_15243166.jpg

 就寝は車中泊です。

 エスケープに乗り始めてからもう15年になろうというのに
 最近になって、後部座席の座面が簡単に取り外せることがわかりました。
 そうすると、後部座席を折りたたんだ時、
 仕切りの壁のように立っていた座面がなくなるので、荷台が長く使え、
 今まで対角線状に寝ていたものが、
 縦にも寝られて、グッと広く使えるんです。

 さらにエスケープはSUV系のクルマの中でも
 荷台の室内高が高く、思った以上に広く使えるので、
 中でギターが弾けちゃうんです。

 これはありがたい!

 「さすがに買い替え時期だろうか?」と思っていた
 15年目のクルマの新発見。
 「まだまだ使えるよ」と訴えているようで、
 妙に嬉しかったりします。
 
c0137404_15244642.jpg

 そして、就寝。

 ただ深夜までギターを堪能してしまったので、
 翌朝、日の出の時間まで3時間ほどしかありません。

 でも、せっかくなら朝日を拝みたい。
 朝を高原で迎えるために
 前の晩のうちに ここに来たんですからねぇ~!

c0137404_15245616.jpg

 わずかな時間ながらもグッと寝て、
 スマホのタイマーが鳴り始め日の出の時間を迎えました。

 はじめは霧がかかっていましたが、
 しばらくすると、
 おお、中央アルプス(木曽山脈)や
 北アルプス(飛騨山脈)の山々が一望できます。

c0137404_15251420.jpg

 標高約1600メートル。
 自宅では決して味わえない朝。
 
 雲の上から山々を見るようで、まさに絶景です。

 しかも、この時間、
 ほかの観光客がいないので貸切、一人独占状態なんです。

c0137404_15253084.jpg

 高原の東側にちょっと移動すると
 今度は南アルプス(赤石山脈)、富士山、八ヶ岳、
 そして諏訪湖が一望できます。

 こんなに手軽に日本の名山を一望できるなんて
 ここしかないんじゃないでしょうか?

c0137404_15254479.jpg

 しばし、貸切、独占状態で景色を眺めるだけの、
 何もしないボーっとしたひと時を過ごしました。

c0137404_1526086.jpg

 最高に幸せ!
 睡眠時間も短かったので、
 朝日を浴びながら
 うつらうつらした時間をゆったり過ごしました。

 その後は、山を降り、
 ちょっと足を延ばして、
 ぶらっと秘湯気分が味わえる
 「竜島温泉せせらぎの湯」へ。
 
c0137404_15261393.jpg

 半分、公営のような
 「一般社団法人 梓川ふるさと振興公社」というところが運営している
 別にどうってことのない温泉なんですが、
 別にどうってことのない感じが、
 肩ひじ張らず、リラックスできるところなんですよね。

 10時から営業開始なので、
 10時ちょっとすぎに入りました。

c0137404_152624100.jpg

 ボクのほかには地元の年配が3人くらいいるくらいの
 の~んびりした雰囲気。

 豪華でもなく、大きいわけでもなく、
 別にどうってことがない感じだけど、
 とっても清潔感があっていいんですよね。

 ゆ~っくり入らせていただきました。

c0137404_15263978.jpg

 さて、お昼は
 知る人ぞ知る「やきそば よっちゃん」に
 立ち寄りました。

 ここは、ヨコヤマギターズの社員食堂といいますか、
 ヨコヤマギターを販売をしている
 「ワンダートーン」の社長さんの奥様が焼いているお店なんですよね。

 今までもヨコヤマギターズの工房に行った帰りなどに
 何度か立ち寄らせていただいたことがあるんですが、
 その味が忘れられず、はるばる来てしまったというわけなんです。

 お好み焼き、特製ソーセージ、それに焼きそば、
 う~ん、どれもこれも美味しい!!

 ただ一人ではそんなに量が食べられないので、
 いろんな種類が食べられない・・と思っていたら、
 自宅で仕事中だったワンダートーン社長のSさんが来てくれました。

 今年で創立10周年を迎えるヨコヤマギターズ。
 ヨコヤマギターがある生活のおかげで、
 充実した日々を過ごしていますとお礼を述べるなど、
 ギター談議にも花を咲かせ、
 これまた充実したひと時を過ごすことができました。

 さあ、リフレッシュできた!
 ありがとうございました!

 2016年上半期は、あまり良くなかったけど
 下半期は充実した日々になるように頑張るぞぉ~!
 と、決意して帰路に着きました。
 

c0137404_15264830.jpg

by acogihito | 2016-07-03 16:59 | ☆その他 | Comments(4)