<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

アコギ関係の本が好き!

c0137404_1958191.jpg

 なんだかんだと言って、
 アコギ関係、音楽関係の本が好きで、
 同じような本を何冊も買ってしまいます。


 写真左側は、
 『アコギに必要な音楽理論を理解→整理→反復の3ステップで身につける本
 という、やたらタイトルの長い本です。

 「アコースティック・ギター・マガジン(Vol.69 2016年9月号)」に
 その一部を抜粋した記事が出ていて
 面白そうだったので買ってみました。

 内容としては、一応、音楽理論の本なんですが、
 「仮想シチュエーションによるストーリー」から始まって、
 音楽理論がわかっていると、こういう時、こう役立つという展開で、
 音楽学校の休み時間とか、放課後の学生のやり取りみたいで
 とっても良かったです。

 音楽学校に通っていたら
 友達同士で年中、こういう話をして
 音楽理論についてもグンと身につくんでしょうけどねぇ。
 今となってはこういう本で疑似体験という感じでしょうか?

 この本だけで理論がよくわかるというわけではないんですが、
 今までにいろいろな本を読んでいたので、
 「授業で習ったあの話だな」って感じで読めて
 楽しかったです。

 
 次に写真右側の
 『音律と音階の科学』という本ですが、
 これは数年前に買ったものです。

 その時は、読み始めて、
 何が何だかさっぱり分からず
 途中であきらめた本でした。

 ところが今回は、
 音楽理論の本をいろいろ読んだ後だったからか
 思いのほか、すんなり読めたんです。

 いやぁ~、なんだか
 自分が成長したみたいで嬉しいなぁ~。

 音楽理論の本は何冊も読んでいるんですが、
 同じこと説明していても微妙に表現が違うのが、
 学校で習って、塾で習って
 友達とも会話しているみたいな、
 同じものを違うアングルから眺めているみたいな感じで、
 理解が深まるんじゃないかなぁ~と思っています。

 ただ、本当は読んでいるだけじゃダメで
 実践して試してみないといけないんでしょうけど、
 まあ、読んでるだけでも
 いろいろ読んでると
 少しずつはわかってくるもんなんだなと、
 今回、『音律と音階の科学』を読んで感じました。


 ところで、この本は、
 音楽って、なぜドレミファソラシドなんだろう?
 1オクターブが12音じゃなくて、もっと多かったらどうなんだろう?
 という疑問にも答えてくれ、
 その辺が音楽の理論ともつながって、
 現代の音楽の姿が見えてくる感じで、
 とっても興味深かったです。
 
 こういう本を読んでみると
 芸術としての音楽と
 物理や化学が入り混じって面白いもんですね!

 まあ、絵画だって、
 新しい絵具が発明されたり、
 道具が進歩すると表現方法も進化するわけだし、
 音楽もいつまでもドレミファソラシドではないかもしれないですよね。

 そう考えると、
 あと100年、200年後は
 今とはずいぶん違う音楽かもしれないないし、
 なんだかとっても不思議な感じです。

 

by acogihito | 2016-08-29 23:36 | Comments(0)  

勉強になりました! 打田さんの「リゾネーター・ギター」ライヴ!

c0137404_199175.jpg

 たくさんの高級ギターに囲まれ、
 大勢の熱い視線が注がれる中で演奏しているのは、
 日本のカントリー・ブルース・ギターの巨匠・打田十紀夫さん。

 2016年8月21日(日)、
 東京・御茶ノ水の「アコースティック・プラネット」で行われた
 「ナショナル・リゾネーター・ギター・サウンドファイル」と銘打たれた
 インストア・ライブの様子です。

c0137404_1917867.jpg

 いや~、楽しく、勉強になりました!

 この日は普通のライブではなく、
 最後の1曲を除き、すべてを
 ナショナル・リゾネーターギターで演奏するという
 ライブ&トークだったんです。


 ちなみに打田さんのリゾネーター・ギターの演奏は、こんな感じです。↑

c0137404_19175611.jpg

 演奏はもちろん良かったんですが、
 普段は聞けないマニアックな
 リゾネーター・ギターに関するトークが
 とっても興味深いものでした。

 例えば、リゾネーター・ギターの歴史について。

 まだエレキ・ギターが登場する前、
 1920年代のアメリカで、
 大音量のギターが求められ、
 「ドピエラ兄弟」が
 円形で薄いアルミニウム製の共鳴板を
 ブリッジの下に取り付けた
 リゾネーター(共鳴器)・ギターを発明し、
 「ナショナル社」が設立された。

 ところが経営上のトラブルから
 発明者のドピエラ兄弟が会社を離れ、
 別の会社を設立
 
 それがドピエラ兄弟=ドピエラ・ブラザースから
 「ドブロ・ギター」となった・・・

 というこは、2つの会社のリゾネーター・ギターの発明者は
 同じ人物だったのか、など、
 ボクはリゾネーター・ギターについて全く知らなかったので、
 とっても勉強になりました。

c0137404_20364016.jpg

 さらに、諸説あるというスライド奏法のルーツの話。
 スライド・バーの話では、
 打田さんがご自身でビンの首を切って作ったという
 まさにボトルネック(スライド・バー)から
 羊など動物の骨から作ったものなど
 様々なスライド・バーの秘蔵コレクションを見せてくれたり、
 スライド・バーを使った様々なテクニックの紹介、
 オープン・チューニングについての話など
 普段のライブでは話さないようなことを教えてくれました。

c0137404_2019972.jpg

 ところで、今回のトークで、
 打田さんは、かなり「消音」を心がけていることがわかりました。

 リゾネーター・ギターの場合、
 消音しないと、鳴らすべき音ではない音が鳴ってしまうことがあり、
 それを気にせず、それも味として弾いてしまう
 ブルースマンもいるそうですが、
 やっぱり汚い音がするということで、
 打田さんは「消音」しているそうです。

 なるほど!

 打田さんの演奏を聴くと、
 ブルースでも一音一音が澄んでいて綺麗だなと思っていたんですが、
 やっぱり「消音」が秘訣だったんですね!

 そして最後に1曲だけ、普通のギターで演奏。
 ボクの大好きな「思い出の鱒釣り」でした。

c0137404_19181417.jpg

 終わってからは、
 打田さんにいろいろ質問したり
 ナショナル社のリゾネーター・ギターを試奏したり、
 普段なかなかできないことが経験できました。

c0137404_19182272.jpg

 いやぁ~、楽しかった!

 打田さん、そしてアコースティック・プラネットのみなさん、
 どうもありがとうございました。

 お土産に打田さんがプロデュースした
 究極のスライド・バー
 「ジャイアント・ボーン・バー」を買って帰ってきました。

c0137404_1918312.jpg

by acogihito | 2016-08-23 20:20 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

夏休みは湖畔でキャンプ!

c0137404_20234888.jpg
西湖キャンプビレッジ・ノーム


 2016年8月11日(木)の夜から
 13日(土)まで
 毎年、一緒にキャンプに行っている
 友人N氏と富士五湖の一つ、
 西湖へ行ってきました。

 いやぁ~、楽しかった!

 心から満喫し、
 リラックスできました。

c0137404_052727.jpg
薪を割る友人N氏


 今回はやってみたいことが
 いくつかありました。

 ひとつはCMになって注目を集めている
 「スウェディッシュ・トーチ」です。

 友人N氏が
 自宅の庭に生えていたモミジが
 枯れてしまったということで、
 ノコギリではなく「オノ」を購入して
 切り倒し、丸太にして持ってきたんです。

 まさに自給自足ですよね!

 現場ではそれをさらに4等分します。

 気分は「マンダム・男の世界、
 チャールズ・ブロンソン
」って感じです。

c0137404_16132387.jpg

 そして「スウェディッシュ・トーチ」です!

 正式な作り方は良くわからず
 見よう見まねのところがあるんですが、
 思った以上にうまく行きました。
 
 火加減がちょうど良く、
 さらに煙による燻製効果も加わって、
 厚切りの牛肉がいい感じに焼けて
 最高でした!


 もうひとつは本当に「燻製」です。

c0137404_16232348.jpg

 こちらも初挑戦だったんですが、
 簡易キットだったからか、
 食材の選択が良くなかったのか、
 不味いわけではなかったんですが、
 ちと残念な結果になってしまいました・・・。
 
 失敗したというのではなく、
 スウェディッシュ・トーチの圧倒的威力の前に
 イマイチ、大したことがない
 という印象になってしまったんです。

 それとは逆に予想以上に美味しかったのが
 「自宅にあったから」と
 友人が持ってきた「そうめん」と
 ボクが持って行った「カレー」です。

c0137404_1635123.jpg
天ぷらはスーパーで買い出し


 そうめんは富士山の湧き水で茹で、
 湧き水で洗い、冷やしました。

 これが最高で、「そうめんって
 こんなに美味いものだったんだ」と
 再認識させられました。

 続いてカレーです。

c0137404_22335899.jpg
ニンジンを花形に切ってみました


 カレーに入れる食材は近所のスーパーで
 買い出してきました。

 カレールウは頂き物だったんですが、
 これがビックリするほど美味かったんです。

 やっぱり、キャンプの定番料理は
 最高なんですね!

c0137404_22342089.jpg

 ところで、今回は真夏のキャンプ。

 自宅付近では連日、
 猛暑が続いていましたから、
 富士五湖周辺でもそれなりに暑いんだろうと
 着替えをたくさん持って行きましたが、
 日中でも思った以上に涼しく、
 夜になると寒いくらいでした。

 焚火をしても
 火の温かさが心地良い感じ。

 そして、テレビでもインターネットでもなく
 ちらちらと燃える炎を眺めながら
 ゆっくりとした時間を楽しみました。

c0137404_22343491.jpg

 さて、キャンプ場の夜は
 とても早いんですよね。
 多くの人が10時頃までに
 就寝してしまいます。

 ボクらも9時過ぎには
 眠くなってきてしまったので、
 テントの中のキャンプ・ベッドに
 もぐりこみました。

 今回、ボクらは、
 前日の夜に自宅を出発して、
 富士五湖のひとつ、西湖の隣の精進湖で
 簡易キャンプをして1泊、
 朝早めに起きて、
 周辺を散策したり、
 食材などを買い出しして、
 西湖のキャンプ場に入りました。

 このキャンプ場は、
 周辺のキャンプ場より
 利用料が割高なんですが、
 その分、紳士的な人が集まってくるようで、
 夜遅くまで騒ぐ人もなく
 とっても静かで
 朝までぐっすり眠れました。

c0137404_22393962.jpg

 夜が早い分、朝も早いキャンプ場、
 太陽と共に活動する感じで健康的ですよね。

 みなさん、それぞれに優雅にゆったりと
 楽しんでいる様子を眺めていると、
 こちらまで気持ちが和んできます。

 友人は西湖一周のマラソンに出かけ、
 ボクは周辺の散歩と
 ちょっとだけギターを楽しみました。

 まさに朝めし前ですよね。

 そして朝食です。

c0137404_2242671.jpg

 朝食は昨夜のカレーの残りと
 燻製したチーズとゆで卵など。

 この中で、ボクが手にしているのが
 真っ黒く見えますが、
 友人N氏が手作りした
 ブルーベリージャムです。

 自宅の庭で採れたブルーベリーで
 作ったんだそうです。

 ええっ?お前がジャム作ったの??

 N氏は中学時代からの親友ですが、
 当時の悪ガキぶりを知っていると
 手作りジャムが不釣り合いで
 おかしくなってきてしまいます。

 ところがこれが
 メチャメチャ美味くてビックリ!

 あまりに美味かったので、
 残った分は「くれないか」と懇願し、
 お土産としてもらってきました。

 燻製も一晩 熟成させて
 とっても良くなっていたんですが、
 今度はブルーベリージャムの美味しさに
 負けてしまった感じです。

 いや~、それにしてもたらふく食べ、
 ボクらも朝から優雅な時間を過ごすことが
 できました。

c0137404_22481798.jpg
友人の手作りブルーベリージャム


 その後、ゆっくり撤収して
 キャンプ場近くの温泉に入り、
 お盆休みから帰京する
 本格的な大渋滞の前に
 帰路に着きました。


 今回のキャンプは1.5泊という感じでした。

 決して長い時間ではなかったですが、
 なんだかものすごくゆっくり過ごし、
 心から堪能、リラックスできました。

 ありがとうございます。

 友人N氏に感謝です。


c0137404_22532359.jpg
右の四角い建物がサントリーのビール工場、左側に府中競馬場、
都心へ向かう中央高速の上りなのでユーミンの歌と逆に見えますが
変わらずに存在しているのが嬉しいですよね!

 

by acogihito | 2016-08-15 20:23 | ☆その他 | Comments(2)  

お気に入りのクリップ・ウォッチ (カラビナ・ウォッチ)

c0137404_2058428.jpg

 ソロ・ギターをはじめてから腕時計をしなくなりました。

 以前はしてたんですけど、
 なんだか左手首に負担を感じるようになってきたんです。

 でも時計は必要なので、クリップ・ウォッチ、
 またはカラビナ・ウォッチと呼ばれる時計を愛用しています。

 お気に入りは、
 「DAKOTA」というアメリカのブランドで、
 現在は「Angler II 」という
 カラビナ・ウォッチを愛用しています。

 懐中時計もいいなと探したんですが、
 トラディショナルなものばかりで、
 なかなか気にいるデザインが無いんです。

 いいなと思えるのは、
 「DAKOTA」の製品だけで、
 こういうダイバーズウォッチのようなデザインのものは
 他にはないんですよね。

 作りもガッチリしていて気にいっています。

 この「Angler II 」という時計は、
 名前の通り、
 本来は釣り師向けの時計で、
 時計のほかに方位磁石、
 裏側には温度計なんかも付いています。

 価格は日本円にして10000円前後と
 比較的リーズナブル。

 最近、モデルチェンジして、
 右のオレンジのデザインになり、
 さらにダイバーズウォッチのような
 アナデジ時計に生まれ変わりました。

 う~ん、デザインはより良くなりましたねぇ~!

 ただ左側、シルバーの旧型に付いていた
 LEDの小型ライトが無くなったのは
 ちょっと残念。

 地下鉄、地下街、エレベーターなどで
 地震などのトラブルに会って真っ暗になった場合、
 小さくてもしっかりした明りが
 心強いのではないかと
 思っていたんでねぇ・・・。

 本当ならこれにメトロノームなんかが付いていたら
 ギタリストっぽくていいんですけどね!

 ボクは、このカラビナ・ウォッチを
 ズボンのベルトループにぶら下げて愛用しています。
 
c0137404_20585226.jpg

by acogihito | 2016-08-07 00:57 | ☆その他 | Comments(0)