<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

南澤大介先生の著書 『マイケル・ヘッジス』の本

c0137404_21102942.jpg


 南澤大介先生最新作
 『マイケル・ヘッジス/アコースティック・ギターの革新者
 を購入しました。

 とっても渋い本です。

 アコースティック・ギター・マガジンの別冊で
 「ザ・マスターズ・オブ・アコースティック・ギター」というシリーズなんですが、
 これまでに取り上げているアーティストが、
 『ジャンゴ・ラインハルト/ジプシー・ジャズ・ギター奏法
 『ジョアン・ジルベルト/ボサ・ノヴァ・ギター完全コピー
 と、いずれもソロ・ギターをやっているボクも
 あまり良く知らないギタリストです。

 ということは、マイケル・ヘッジスも一般的には、
 このお二人と同様にあまり知られていないんでしょうねぇ。
 
 ボクもご存命中は全く知りませんでした。
 解散してから知ったビートルズのようです。
 
 知ったのは、
 南澤先生の『ソロ・ギターのしらべ』第1作の巻末のコラムに
 『必聴』などと紹介されて聴いてみたいてから。

 おかげで、今では、
 アコースティック・ギターの可能性を広げ、
 1997年の没後も世界中のフィンガースタイル・シーンに
 大きな影響を及ぼしている偉大なギタリストだ
 ということも知ることができました。

 この本は、
 そんなマイケル・ヘッジスの演奏を
 解説している楽譜集なんです。

 著者の南澤先生は、二十歳のころ
 「GUITARISTS」という
 アコースティック・ギターの同好会を主宰し、
 マイケル・ヘッジスの曲を採譜したり、
 来日時にはインタビューも行うなど
 日本のヘッジス研究第一人者。

 ですから、ヘッジス本の著者としては
 まさにうってつけ、というか、
 天命ともいえるお仕事ですよね。

 本の前半は「マイケル・ヘッジスの軌跡」や
 「マイケル・ヘッジス奏法」の解説などがありますが、
 奏法の解説は、
 まさに現代の「ハイテク・アコギ奏法」そのもの。

 「ハイテク・アコギ奏法」の本などはいろいろ出ていますが、
 ボクにはこれで十分というくらいいろいろ出ています。

 そして収録されている楽譜は、
  1.「The Happy Couple」
  2.「Baby Toes」
  3.「Peg Leg Speed King」
  4.「Eleven Small Roaches」
  5.「Silent Anticipations」
  6.「Aerial Boundaries」
  7.「Hot Type」
  8.「Ragamuffin」
  9.「Two Days Old」の9曲。

 さまざまなテクニックが盛り込まれた
 タイプの異なる9曲だそうで、
 CDを聴きながら譜面を眺めているだけでも楽しいです。

 しかし、こうした奏法を生み出し、完成させたマイケル・ヘッジスって
 改めて「凄いなぁ~」と思ってしまいます。

 そして、それを受け継ぐギタリストが次々に出てきて
 さらにアコースティック・ギターの世界を発展させていますよね。

 きっとアコギには、まだまだ可能性があるんだろうと思います。

 10年後、20年後にはどんなギタリストが登場して、
 どんな新しい演奏を聞かせてくれるのか?
 それも楽しみです!!

 この本は、
 ロックをアートに昇華させたビートルズの解説本が、
 ロック・ポップスの歴史を知る上で必要であるように
 アコギ好きでソロ・ギターを弾く者にとっては
 必携の書になるかもしれません。


by acogihito | 2017-06-27 23:09 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

友人のライブにゲスト出演!

c0137404_08554310.jpg


 2017年6月17日、
 友人のバンドのライブにゲスト出演してきました!

 中学時代の友人組んでいるバンドのライブに
 中学時代の仲間たち10人ほどで
 行くことになったんです。

 で、バンドをやっている友人から
 「オープンマイクのコーナーがあるから何かやらない?」
 と誘われ、やはり中学時代の友人とボクと2人がアコギで
 バンドの友人(写真ではかつらをかぶって凄いけど)
 がエレキという編成で
 ステージに立つことになったんです。


c0137404_08561775.jpg


 このメンバーで演奏するのは
 高校の時以来ですから約40年ぶり!

 前の週に1回だけ練習しました。
 
 ソロ・ギターをフィンガーピッキングで弾いてはいますが、
 ピックで弾くのは10年以上ぶり。
 しかもストラップ付けて
 立っての演奏ですからね。
 最初はぎごちなかったけど、
 だんだん出来るようになってきました。

 「ちゃんとしたバンド演奏のあとに大丈夫かな?」
 と少々不安もあったんですが、
 客席には中学時代の仲間がいたから大盛り上がり!?


c0137404_08565862.jpg


 ちなみに曲目はアリスの「今はもうだれも」。

 40年前当時の曲だし、コードも簡単なので、
 これならすぐにできそうということで選曲。

 おかげで演奏も歌もハモも上手くでき、
 ノリも良かったです。

 うん、いい曲だ!

 楽しいひと時を過ごすことができました。

 誘ってくれた友人、
 そして中学時代の仲間たちに感謝です。

 そして終わってからの飲み会が、
 これまた楽しいプチ同窓会になりました。

 みんな、ありがとう!!


c0137404_08575744.jpg
 

 だけど、ソロ・ギターの発表会ではガチガチに緊張して
 指先がプルプル震えてまともに弾けなくなっちゃうのに
 こういう演奏の時は特に問題なく弾けるのは
 どういう訳なんでしょう?

 不思議だし、
 そこがボクにとって
 ソロ・ギターの壁なんですよねぇ~・・。




by acogihito | 2017-06-20 23:53 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

「ふろく」に惹かれて・・

c0137404_21524774.jpg


 「創刊36周年特別付録、ミニ・シェラカップ」!
 という謳い文句に誘われて
 「BR-PAL 7月号」を買ってしまいました。(^^ゞ

 「シェラカップ」というのは、
 キャンプなどでカップとして使えるのはもちろん、
 お茶碗になるし、計量カップにもなるし、
 小さな鍋としても使えるし、 
 お玉としても使えちゃったりする
 万能食器のことです。

 もともとは1892年に設立された
 アメリカの自然保護団体「シェラ・クラブ」が販売し、
 売り上げの一部を寄付としていたそうですが、
 あまりに使い勝手が良いので、
 今ではいろいろなメーカーが作っています。

 「BE-PAL」は、
 20~30年前はほぼ毎月買っていて
 当時、通信販売だけで販売された
 「ロゴ入りシェラカップ」も持っています。

 直径12センチ、200mlの目盛りのついた標準サイズ、
 しっかりできていて今でもキャンプで使っています

 今回の付録は直径10センチ、100mlのミニサイズです。
 こちらは100円ショップで売っているような
 ちょっと作りが雑なところもあるんですが、
 ロゴ入りなんて市販されているものではないし、
 大小そろって、なんとなく嬉しかったりします。


c0137404_21525333.jpg


 実は最近の「BE-PAL」は付録が良くて、
 先月号も付録に惹かれて買ってしまったんです。

 それは「トラベル・メッシュ・ポーチ」というもの。
 割としっかりできていて、キャンプとか、出張など、
 出かけるときに使えそうです。

 そんな「BE-PAL」には、これまでも
 多大な影響を受けているんですよね。

 なんたってソロ・ギターのCDを初めて聴いたのも
 「BE-PAL」のおかげなんですから!

 それは1998年、
 「BE-PAL」がプロデュースした
 「フライ・フィッシング・エリア・ガイド」という
 CS放送用の番組のテーマソングに
 打田十紀夫さんが楽曲を提供し、
 そのCDの広告を当時の「BE-PAL」で見て、
 買ったのがきっかけだったんです。

 収録されていた『思い出の鱒釣り』という曲は、
 先日、ようやく弾けるようになりました
 まさに「思い出」の曲なんです。

 そんな「BE-PAL」なんですが、
 最近は、付録が気に入った時だけ買うみたいで
 ちょっと申し訳ないような気もします・・・。

 
c0137404_21525693.jpg


 ところで、「付録」といえば、
 小学校時代に買っていた
 学研の「科学」と「学習」を思い出します。

 当時は学校で販売していたんですよね。

 机の引き出しを見てみると、
 鉛筆や物差し、カッターナイフなどに混ざって
 「巻き尺」が入っているんですが、
 これがナント、小学校3年生の時の「学習」の付録なんです。


c0137404_21525837.jpg


 たぶん、ボクが持っている「道具」の中で
 一番古いものだろうと思います。

 考えてみると、
 もう50年近く前のものになるんですね!
 自分でもびっくり!!
 「サージェント・ペパー」に負けない!!

 でも、別に壊れることもなく
 今でも時々、何かの寸法を測ろうというときは、
 普通に使っています。

 「付録」といっても侮れないですよね!

 今回の「BE-PAL」付録のシェラ・カップも
 長く使えるかな?
 

c0137404_21525966.jpg


 ところで「BE-PAL」付録は、
 来月号もまたちょっと良さそうなんですよね!
 
 どうしようかなぁ~?

 う~む、何だか、すっかり
 「付録」に釣られてしまっているなぁ~。

 でもまあ、付録ごときで喜んでるなんて
 可愛いもんですよね!ww



by acogihito | 2017-06-13 23:51 | ☆その他 | Comments(0)  

『草月いけばな展』でパワーをもらう

c0137404_20092136.jpg

 2017年6月2日(金)
 新宿タカシマヤで開かれていた
 「草月流いけばな展」に行ってきました。

 この日は「合作」という
 数名のグループによる大型の作品が展示されていて、
 その中に小学校時代の友人が参加しているんです。

 その作品がこちら (↓)。

c0137404_20092192.jpg

 「座れるベンチ」という作品で、
 流木を組み合わせて実際に座ることができる「生け花」です。

 「生け花」というと
 「静」のイメージだったんですが、
 「草月流」の生け花は「動」。

 とってもエネルギッシュでエキサイティングなんですよね!

 花をいけるとは「造形(いけ)る」であり「変化(いけ)る」だそうで、
 日本の伝統芸術「生け花」を伝統の枠から解き放ち、
 「自由な創造」を大切にしているといいます。

c0137404_20092195.jpg

 この作品は、 
 普通なら「お手を触れないでください」というところを
 あえて「お手に触れて」楽しめるようにし、
 さらに「座ってください」という作品にしたんだそうです。

 また、流木を組んで、どうやったら座れるようになれるか?
 強度はどうか?など、設計するところから始まり、
 組立作業は生け花というより、
 本当の家具作りような力仕事だったといいます。

 実際に座ってみると
 予想以上に座り心地が良いのにも驚かされました。

 
c0137404_20092223.jpg

 そしてこちら(↑)は、草月流第4代家元の作品です。

 10メートル四方はあろうかという大作で、
 竹が重なり合い、うねり、波打って
 何か別の生き物のような
 凄いエネルギーを放っていました。


c0137404_20092298.jpg

 そのほか、場内には20以上の作品が展示され、
 どれもとっても斬新でパワフル!

 いわゆる「生け花」のイメージとは全く違って
 自由で前衛的でもあります。

 でも、生きた植物を使っているため、
 普通のオブジェのようにずっと飾っておけるものではない
 「はかなさ」もあるんですよね。

 何か、一夜限りのコンサートのようにも感じました。

 そしてロック・コンサートのようにエキサイティングでした。

 凄いな、草月流!

 最後は師範でもある小学校時代の友人と
 その作品に座って2ショット!
 
 ありがとうございました!

 生きるための前向きなエネルギーを
 たくさんもらえた「いけばな展」でした。

c0137404_20092229.jpg

by acogihito | 2017-06-06 00:50 | ☆その他 | Comments(0)