サイレントギター YAMAHA SLG100S

c0137404_22352871.jpg

 不思議な楽器である。鳴らないギター。

 深夜の練習用にと買ったヤマハのサイレントギター「SLG100S」である。
 「生ギター」といえば「鳴り」が命の筈なのに、このギター鳴らないように作られているんだな。

 変な楽器である。

 ネック以外は輪郭だけで、透明人間のようである。
 そのネック部分は普通のギターと同じく「木」で出来ているのだが、
 ボディの裏側を見ると、プラスチック製で「電子楽器」のようでもある。

 このギターの「音」は、
 普通のエレアコと同じようにブリッジサドル下にある、
 ピエゾ・タイプのピックアップで弦の振動をひろい、電気信号に変換している。
 そして、本体裏側にあるDSP技術を使用したアンプ部分で「共鳴胴」の響きを作り上げ、
 ヘッドフォンをつないで聴けば、その中だけは、
 ちゃんと「生ギターが鳴っている」という仕掛け。

c0137404_22355446.jpg


 はじめは違和感がある。

 でも、「リバーブ・スイッチ」を入れると、普通のギターでは味わえない
 コンサートホールで弾いているかのような広がりのある残響音に包み込まれるんだ。

 いつしか夢中になってガンガン弾いている。

 ふと、「大丈夫か?」と思ってヘッドフォンをはずし、「生音」を聴いてみると、
 アンプにつながないエレキギターのように、弦だけが木部に振動を伝え小さく鳴っている。

 生ギターも「共鳴胴」がないと、こんな音なんだな。

 逆に、生ギターの、どんな音が「共鳴胴」によるものなのか、
 本当の生ギターとの違い、共鳴胴を生かした生ギターならではの音が分かってきて、
 改めて、「生ギター」の素晴らしさを再認識できたりします。

 フェルナンデスの「ZO-3(ぞうさん)」という、
 アンプとスピーカーを内蔵して、「鳴るようにしたエレキギター」とは逆の発想だね。
 「ZO-3」は、「日本オリジナルの発想」で作られたギターと評価されているが、
 この「サイレントギター」もそうかもしれないな。

 深夜でも近所迷惑を心配せずにヘッドフォンの中だけでガンガン演奏できる。
 「Fender Acoustic GA-45SCE」と共に、今年、お世話になる大事な楽器となりそうです。

c0137404_22362576.jpg
「アコギ(GA-45SCE)」「サイレントギター」「ブルワーカー」と並べてみると、
ブルワーカーが「未来のギター」のように見えてくる。


*    *    *

 その後、2012年、サイレントギターならぬ、
「クワイエットギター
(静かなギター)」を作ってもらいました!
   詳細は → こちら!!
 


 クワイエット・ギター(Quiet Guitar)」の製作プロセス
  1.発想 → こんなギターがあったら?
  2.考察 → 新宿へ!
  3.実行 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作始動!
  4.製作1 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その1 
  5.製作2 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その2 
  6.製作3 → クワイエット・ギター(Quiet Guitar)製作中! その3
  7.完成1 → 完成!ヨコヤマギターズ「LEAF-Quiet」!(速報)
  8.完成2 → 完成!ヨコヤマギターズ「LEAF-Quiet」!(詳報) 

# by acogihito | 2007-01-30 10:22 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

「Fender Acoustic GA-45SCE 」について

 昨年はバンドでJAZZ BASS('62仕様)をガンガンと弾いていたわけですが、
 今年は「アコギを一から練習しなおそう」と思っているので、
 昨年(2006年)3月に購入した 
 この(↓)「Fender Acoustic GA-45SCE」にお世話になろうと思っています。

c0137404_22244575.jpg
 「Fender」というと、ストラトキャスターを代表とするエレクトリックギターのメーカーですが、
 「Gibson」に対抗してか、最近はアコースティックギターも出すようになったんですねぇ。
 シンプルでスッキリしたデザインがきれいで、とても気に入っています。

 で、ここで、ボクの愛器となる、
 このFender Acoustic グランドシリーズ「GA-45SCE」をちょいとばかり、紹介させてください。

 まず、ホームページには、このシリーズについて、(↓)次のようことが書かれていました。

GRAND SERIES

設計、素材、構造、それらの最適な組み合わせによる最高のフィーリングとプレイヤビリティーを追求したシリーズ。
このシリーズ実現のためFender®R&Dスタッフは研究、努力を重ね、独自のボディー・シェイプ、ブリッジ、ブレーシングを設計しました。
そして生産工場は、その妥協のないスペック、クオリティーを実現するために膨大な投資を行いました。
これら努力の結晶によって生み出される「Grand Acoustic Series」は、用途に合わせたラインナップも魅力のひとつです。




 ほほう、何だか「Fender」の凄い力の入れようが伝わってくるような文面ではないですか!

 さらに、この「GA-45SCE」というモデルには、(↓)次のような説明が書かれていました。

GA-45SCE
c0137404_22252589.jpgGrand Auditoriumと呼ばれるボディスタイルは、弾くことをメインに考えたフェンダーエレクトリックギターの本質を踏襲しています。
アバロンインレイをあしらった高級感、ブラックのヘッドストックが全体の印象をよりシックにしています。
Fender®/Fishman®のプリアンプは、ナチュラルなアコースティックサウンドを提供します。
Fender®Acousticのトップモデル。




 「そうかぁ、トップモデルね、Fenderのトップモデルじゃ、さぞかし高価なんだろうねぇ~・・」

 「Fender」には、「Fender Japan(日本製)」や「Fender Mexico(メキシコ製)」といった
 御本家「Fender USA(アメリカ製)」と比べると安価な、兄弟のようなブランドがありますが、
 「Fender Acoustic」は、本家「Fender USA」の中のアコースティック部門ですからねぇ。

 「ちなみにFender USAのStratocasterが、大体20万円前後・・・」
 「ボクの使っていたJazz BassだってUSAは定価で、246,000円・・・」
 「Gibsonの代表的なアコースティックギター、J-45が、260,000円・・・」
 「アコースティックギターの名器といわれるMatin D-28は、346,500円・・・」
 「そのMatinのトップモデルであるD-45においては、なんと1,102,500円もする!!」
 「・・となると、Fender Acousticのトップモデルって、一体、いくらなんだろう??」

 ・・・と思って価格を見ると、意外や意外、なんと、たった(?)の定価97,650円!!!

 「へぇ~、思ったより随分安いんだな!」
 「実売価格なら7~8万円てところだろう」
 「そのくらいの価格でFenderのトップモデルを持てるなんて悪くない!」

 そんなことを思いつつ、ちょうどその頃(昨年3月)、中程度の「エレアコ」が欲しかったので、
 これを有力候補に入れて、御茶ノ水界隈の楽器屋さんに見に行きました。

 でも、御茶ノ水には「GA-45SCE」はどこにもなく、調べたら
 秋葉原の「イケベ楽器」にはあるということだったので、そっちに行って、
 同価格帯のその他のエレアコと共に試奏してみました。

 で、「GA-45SCE」ですが、なるほど、「Fender」といってもアメリカ製ではなく韓国製なんですね。
 「だから安く出来るのか」と思いつつ試奏すると、
 結構「高域」が前に出て、エレアコだけど生音も決して悪くない。
 同クラスの日本製と比べても遜色ないというか、いいくらい。

 音的には「Gibson」から思うと「Martin」系かな?
 でも「Fender」だけにエレキギター的に言えば、
 ストラトキャスターよりはテレキャスター的な印象で、軽めのスッキリした音がいい感じです。

 ボク的にはデザインが気に入ったし、高域のはっきりとした生音も良かったし、
 「Fender」のトップモデルの割には価格も手頃でコストパフォーマンスも最高!と、
 迷わず購入しました。

 だけど、「その後」なんですが、
 御茶ノ水は通勤の通り道なので、時々、楽器屋さんに立ち寄ってみても、
 この「GA-45SCE」は、相変わらず、どこのお店にも置いてない・・・。

 「う~む、自分ではいいギターだと思うんだけど、不人気なんだろうか?」
 「それとも生産数がそんなに少ないんだろうか?」
 「まあ、Fenderといえども、アコギに関しては後発だから、まだ信頼性が低いのかな?」
 「“Fenderなのに値段が安い”というのも、返って信頼性を損ねているようにも思うしな・・」
 「まっ、あんまり多くの人が持ってないなら、それもそれでいいや」などと思っておりました。

 ところが、最近知ったのですが、どうも「不人気」ではなかったようです。

c0137404_222559100.jpg

 ボクは見てなかったので知りませんでしたが、昨年6月に公開された
 映画「タイヨウのうた」の中で、主人公の雨音 薫(YUI)が弾いていたのが、
 この(↑)「GA-45SCE」。
 で、それ以来、人気が高まり、常に予約がいっぱいで、
 半年以上も「入荷待ち状態」が続いていたんだそうです。

 「なんだ、そうだったのかぁ~、不人気どころか、みんな欲しくても買えなかったって訳ね」
 「で、ちっとも見かけなかったのは、きっと店頭に置いとく商品も無かったって事だったんだ」

 ボクは人気の高まるちょっと前に、大した苦も無く買えちゃって、ラッキーだったんだね。
しかも映画の中のと全く同じモデルだし。(最新モデルはブリッジの形状がちょっと変わった)
そう考えると、先見の明があったようで、何だか嬉しいような、ちょっと得した気分です。

 でも確かに、韓国製ではあっても、「Fender」というブランドで、
 この価格で、この品質なら、映画で火が付かなくても
 人気が出て当たり前のようなギターだと思います。
 当然、日本だけでなく、ご当地、アメリカでも人気なようだし、品薄にも成り易いんでしょう。

 よ~し、良かった!今年は、この「Fender Acoustic GA-45SCE」を弾き倒すぞっ!!


c0137404_22263351.jpg
映画とタイアップ?こんな広告があったとは知らなかったなぁ~

# by acogihito | 2007-01-10 10:22 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

嬉しい年賀状

 今年いただいた年賀状の中に、なんとも嬉しい一枚がありました。

 今年の目標を「アコギの上達」にしたことは、これまでにも散々書きましたよね。
 なぜ、そうしたかという理由のひとつは、「昨年やっていたバンドが活動休止になった」から、
 もうひとつに、昨年、職場の合宿の宴会でいきなりギターを渡され、
 「何か弾いてくれ」と言われたものの、
 自分が思っていた以上に上手く弾けなくて悔しい思いをしたから、
 というのもあるんですが、これらは1月1日に記述しました。

 その嬉しい年賀状は、2日に届いた、職場の「素敵な女性」からのものでした。

c0137404_22311963.jpg 











←←←「ここに注目だよ!」
 

 いやぁ~、自分では思ったより上手く弾けなくて悔しい思いをしてたんですが、
 見ていた人の中には、突然弾きだして、
 その意外性に「あれあれ」と思っていた人もいたんでしょうね。

 この職場の「素敵な女性」は、まさかボクが
 「今年の目標を“アコギの上達”にした」なんて知るはずもなく、
 年賀状を書くとき何気なく思い出して、サラッと「ひとこと」書いたんでしょう。

 でも、何気ないだけに、「それだけ印象に残ったんだなぁ~」と、
 返って嬉しい気持ちになり、「ヨシ!もし次にそういう機会があったなら、
 今度はもっとちゃんと弾いて驚かせてやるぞ!」と、練習の励みにもなるというものです。

 その「素敵な女性」には当たり障りの無い返事を出しましたから、
 実はボクがその「ひとこと」に、こんなに喜んでいることは知る由もありません。

 年賀状というと、最近はEメールの普及などで、その数が減っているといいますが、
 改めて「いいもんだな」と感じ入りました。

 その「素敵な女性」には、直接言うことはないでしょうが、「本当にありがとう!!」
 いずれ上達したら聴いて欲しいものです。

# by acogihito | 2007-01-03 10:22 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

先生♪

 う~む、年末(2006年)に偶然見てしまった
 「レコード大賞」の歴代受賞者「懐かしVTR」の中で、
 若き日の森昌子が歌っていた「先生」のメロディーが、どうも耳について離れない・・・。

 いやはや、それはさておきです。
 それはさておき、今年(2007年)は「アコギの上達」を目標に掲げているんですが、
 「先生」ということで、その「先生」を紹介させてください。

 ジャ~ン!(↓)こちらです!!

c0137404_22295812.gifソロ・ギターのしらべ』!!!
■リットーミュージック刊
■著者:南澤大介
■仕様:菊4/80ページ/CD
■価格:2,100円(本体2,000円+税)

 「ソロ・ギター」とは、
 文字通り「ギター1本で楽曲を弾く演奏スタイル」のこと。
 でも、クラシック・ギター用の曲ではなく、
 ロックやポップスの曲などをアコギ1本にアレンジして弾く。
 あるいはそれ用に作られた曲を弾くこと、ですかね。

 この「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(現在までに8冊)には
 ロック、ポップス、クラシック、ジャズ、スタンダードなどなど、
 誰もが一度は聴いたことのあるような曲を
 アコギ1本で弾けるようにアレンジしてあるんです。
 さらに、その付属のCDは、それだけでで十分楽しめるほど完成度が高い仕上がり!

 例えば、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディー」や、
 カーペンターズの「イエスタディ・ワンスモア」や「トップ・オブ・ザ・ワールド」などなど、
 おなじみの曲がいい感じにギター1本用にアレンジしてあるので、とっつきやすく、
 「こういうのが弾けたらいいよなぁ~」と思ってるんですよね。

 いや実は、前に一度、ちょっとやってみようと思ったことがあったんですが、
 これとて譜面のコードを見てジャランと弾くように、簡単に出来るものじゃありませんでした。
 やるなら、ちゃんと練習しないとちょっと弾けない。

 だから今年は、この中から自分の気に入った何曲かをピックアップして
 じっくり時間をかけて弾けるようにしたいものだと思っているんですよね。

 今からでも少しずつ練習すれば、
 10年後くらいには、けっこう弾けるようになっているのではないか。
 そして何かの折に弾く機会があった時に、ちょこっと弾いて、
 それが思った以上に上手かったらかっこいいじゃありませんか。

 そんな自分もいいだろうなぁ~、と思うんです。

 さぁ~て、こんなに書いちゃったんだから、もう後には引けません!
 いつの日か、華麗にギターを弾く自分の姿を夢見て、もう、やるしかないぞ!!

# by acogihito | 2007-01-02 10:22 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

謹賀新年 2007 『今年の目標』

c0137404_2223437.jpg

 あけましておめでとうございます。

 ワタクシ、今年の目標を「アコギの上達」といたしました。

 昨年まで趣味で、
 Johnny, Louis & Char(PINK CLOUD)のコピーバンドでベースをやっていたのですが、
 そのバンドは昨年暮れの12月27日に本物の「Johnny吉長」率いる
 「JFK」というバンドの前座を務めるまでに成長し、
 このメンバーで「今できることはやり尽くした」感も出てきたので、
 だらだらやっても仕方ないと活動を休止することとしました。

 一方で昨年、職場の合宿でいきなりギターを渡され、
 「何か弾いてくれ」と言われたものの、
 自分が思っていた以上に上手く弾けなかったという悔しい思いをしたことがありました。

 さらに、昨年3月に新しくアコースティックギターを買ってから、
 改めて南澤大介さん、押尾コータローさん、中川イサトさんなどの
 アコギの「ソロ・ギター」に魅せられておりました。

 そんなこんなの理由から今年は、四十の手習いじゃないけど
 「毎日1時間、基礎からアコースティックギターの練習をし直して上達を目指すぞ」
 ということを目標にしようと思っています。

 ただ、仕事柄、帰宅が遅く、毎日練習するとなると深夜になってしまう恐れがあります。
 アコギといえども、さすがに深夜に弾いたら近所迷惑です。
 そこで、新たにヤマハのサイレントギターを購入。
 これならアンプを通さないエレキギターのように音も小さいので大丈夫です。

 ギタリストとしてはそんなに器用な方ではありませんが、
 毎日練習すればそれなりには上達するだろうと期待しています。
 来年の今ごろはどうだろう?
 来年は無理でも10年後には上手くなっていたい!
 どのくらいになっているか?今からワクワクです!

 今日は早速これから練習をはじめます!
 そんなことを書かせてもらって、2007年、年頭のご挨拶とさせていただきます。
 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

# by acogihito | 2007-01-01 10:22 | ★アコギ関連 | Comments(0)