Hey Hey

c0137404_12082394.jpg


 ここ最近、『Hey Hey』という曲を練習しています。

 エリック・クラプトンが1992年に発表したアルバム
 『アンプラグド』に収録されているブルース・ナンバーで、
 オリジナルは1920年代から活躍したブルースマン、
 ビッグ・ビル・ブルーンジーが1951年にレコーディングしています。

 クラプトンは1945年生まれですから
 ブルーンジーがこの曲をレコーディングした時はまだ6歳くらい、
 実際に聴いたのはもう少し歳が経った
 多感な少年時代になってからでしょうか?

 そして『アンプラグド』をレコーディングしたのは1992年1月、
 クラプトンは3月生まれですから46歳の時なんですよね。 (ちなみに今、72歳)

 この曲をクラプトンが初めて聴いた時から40年近い時間が経過し、
 原点回帰のように改めて弾いた感覚は、
 ボクが少年時代に聴いた
 『天国への階段』や『22才の別れ』を弾いてみたくなる気持ちと
 近いものがあるのかもしれません。

 ボクはこの曲を『アンプラグド』で初めて聴いたんですが、
 その後、ビッグ・ビル・ブルーンジーのオリジナルはどんなだろうと
 CDを買って聴いてみました。
 今はAmazonのおかげで安く手軽に手に入りますしね。
 しかも凄いもので、
 ビッグ・ビル・ブルーンジーの演奏動画も
 YouTubeにアップされているんですね!
 ちょっとビックリ、
 いろいろ勉強になります。

 ビッグ・ビル・ブルーンジーの生まれた年ははっきりせず、
 1893年、または1898年だそうですから、
 1893年なら『Hey Hey』をレコーディングした時は58歳、
 1898年生まれなら53歳、
 けっこう年齢が行った時の曲なんですよね。
 エリック・クラプトンが演奏したのも46歳でしたから、
 “大人の楽曲”と言う感じです。
 
 つまり今のボクにもちょうどいいんですね!?ww


 
 
 ところで、エリック・クラプトンの『アンプラグド』は、
 「アコースティック・ギターって素晴らしい!」と
 改めて世界中の人々に知らしめた名アルバムですよね!

 電子楽器が発達した1980年代は、
 ボーカル以外はすべてプラグでつないだ
 「ライン録り」レコーディングにとんどん変化していった時代です。

 そこにあがらうように
 あえてプラグをつながない『アンプラグド』に挑戦したカッコよさ!
 しかも多重録音ではなく、ライブの一発録り!!

 「生音っていいな!」「アコギっていいな!」って多くの人に思わせ、
 80年代、低迷していたアコースティック・ギターを蘇らせるきっかけを作った
 まさに救世主的なアルバムです。

 ボクも当時、「いいなぁ~」と再認識し、
 「バンド・スコア」を買っているんですよね!
 上の写真の右側、黄ばんだ楽譜がそうなんですが、
 そんな『アンプラグド』が発売されてから、もう25年になるんですね。
 これまたちょっとビックリです。

 まあ、ボクがソロ・ギターを始めてからももう10年にもなるし、
 そんなものかぁ。時の経つのは早い。
 
 さて、当時は上手く弾けないまま終わった『Hey Hey』、
 改めてはじめた練習は、一人でするのはもちろんなんですが、
 クラプトンのCDと合わせて弾くのがとっても楽しいんです。
 
 案外スピードが速くて
 最初は合わせることすら難しかったんですが、
 だんだん出来るようになってきました。

 でも、右手がもつれるところがあったり、
 後半になるとバテてきたり、
 前腕部の指を動かす筋肉が痛くなってきたり、
 今はまだ四苦八苦。
 “大人の楽曲”だから楽かと思えばあに反せず体育会系で、
 熱血クラプトン監督に必死に付いていく
 中距離ランナーのようです。
 
 ブルースの背景にある歴史や
 奥に潜む魂の叫びのような難しいことはまだまだ良くわかりませんが、
 単純にカッコよく心地よい音楽として
 楽しみながら練習しています。




# by acogihito | 2017-04-04 12:07 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

こんな日のために!?

c0137404_00340588.jpg


 3月25日、桜が開花した週の土曜日。
 
 横浜に住む中学時代の同級生のお宅に
 みんなでお邪魔してプチ同窓会が開かれました。

 地元・千葉から快速電車に乗って約1時間。
 待ち合わせした一番後ろの車両はボックスシートになっているので、
 みんなで集まって遠足気分。

 そしてボクはギターを持って行きました。


c0137404_00345183.jpg

 
 同級生の家は、
 横浜駅から歩いて行ける距離の高台に建つ
 歴史的風格を感じさせる洋館でした。

 でも、初めて行くボクたちを暖かく迎え入れてくれ、
 なんだか懐かしい学校の校舎に包まれるようで
 すぐに馴染んでしまいました。

 出てきた料理は、まるでプロが作ったかのよう。

 春らしいメニューで
 味が良かったのはもちろん、
 彼女はデザイナーだから
 器や盛り付け方など
 見た目がとっても綺麗なのも印象的でした。

 そしてボクはソロ・ギターを披露。

 
c0137404_00350465.jpg


 演奏曲目は、
 「イエスタディ・ワンス・モア
 「トップ・オブ・ザ・ワールド
 「スカボロー・フェア
 「22才の別れ
 「あの日に帰りたい」などなど。

 同級生だから
 ボクが弾きたいと思って練習してきたレパートリーは、
 みんなにも懐かしい思い出の曲なんですよね。

 弾き始めると声を合わせて歌ってくれたりしてビックリ!


c0137404_00352077.jpg
 

 みんなが歌ってくれると
 自分のギターの音が聞こえづらくなって
 動揺して間違えたりしたけど、
 こんな日のために練習してきたのかもしれませんね。

 メロディーも伴奏も奏でるソロ・ギターにも、
 普段、実物のギターの生の音を聞かない人にとっては
 「ギターってこんなにいい音なんだね」とも感嘆してたし、
 いやぁ~、良かった良かった!

 ボクにとっても嬉しく楽しく大いに笑って、
 しかも美味しいものをたくさんご馳走になって
 旧友たちにも喜んでもらえて最高のひと時を過ごすことができました。

 みんな、ありがとう!

 また集まりたいものです。
 ギターもさらに練習しておきます!!


c0137404_00354405.jpg

# by acogihito | 2017-03-28 00:33 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『思い出の鱒釣り』を弾いてみました!



 打田十紀夫さんの『思い出の鱒釣り』を弾いてみました。

 ボクが初めて買ったソロ・ギターのCDに収録されていた
 まさに思い出の曲であり、
 先日は打田さんに直接習うこともできた
 運命的な曲でもあります。

 今までポピュラー・ソングやロックなどをソロ・ギターにアレンジした
 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」から演奏してきましたが、
 ギター用に作られた曲にチャレンジするのは今回が初めてです。

 押尾コータローさんのように叩いたりする派手さはないのですが、
 イントロの1弦の開放を交えたオープン・ハイ・コードの響きや
 ハーモニクス、ハンマリング・オン、プリング・オフなど
 ギターらしいフレーズがふんだんに入った大好きな曲なんですよね。

 先日、打田さんに受けた特別レッスン
 運指など、細かい部分まで教えてもらえ、
 全体としてかなり上手く弾けるようになったんですが、
 1か所、Aメロの8小節目、A7のところで、
 ジャッと軽くストロークする部分の弾き方を聞きそびれ
 あいまいなのがちょっと残念です。

 
c0137404_18310703.jpg


 ところで、この曲の入ったCD「思い出の鱒釣り」が発売されたのは1998年

 アウトドア・マガジン「BE-PAL」がプロデュースしたもので、
 やはりBE-PALがプロデュースした
 「フライ・フィッシング・エリア・ガイド」という
 CS放送用の番組に提供された楽曲などが収録されています。

 CDの帯には
 「アコースティック・ギター・サウンドによる
  究極のフライ・フィッシング・ミュージック

 なんて書いてあります。


c0137404_17542450.jpg


 実は当時、ボクはブラッド・ピットが主演した
 映画「リバー・ランズ・スルー・イット 」(1993年公開)の
 美しいフライ・フィッシングのシーンに魅せられて、
 フライ・フィッシングに挑戦していたんですよね。

 で、CS放送での番組は見られなかったんですが、
 BE-PALの別冊として出版された
 「フライ・フィッシング・エリア・ガイド」の本は購入したんです。
 そしてその中に掲載されていたCD「思い出の鱒釣り」の広告を見て、
 興味を持って買ったんだろうと思います。
 
 改めて見てみると、その広告には、
 「ひとりでベースからリードまでギター1本でこなす
  フィンガーピッキングという奏法で人気のアコースティック・ギタリスト
  打田十紀夫氏の美しいサウンドを全12曲収録

 なんて書いてありました。


c0137404_18284977.jpg
1995~96年ごろ、フライフィッシングでニジマス釣り (まさに思い出の鱒釣り)


 そうそう、先日、打田さんにレッスンを受けた時
 この曲の誕生秘話をいくつか教えてもらいました。

 まず、曲のイメージは、
 BE-PAL編集長からの
 「アメイジング・グレイスのような曲」
 というリクエストに応えて、
 メロディから作っていったそうです。
 実は最初に、同じCDに収録されていて
 もう少しアップテンポで跳ねる感じの
 「毛鉤釣りに行こう」を作ったものの、そう要望され
 急きょ1日で作ったんだとか。

 でも、その追い詰められ感が名曲に結びつきましたよね。

 打田さんはフライフィッシングの経験はないそうですが、
 やったことがある身からすると
 穏やかに流れる川の水面がきらきら光る情景、
 魚が跳ねる水音、かかった時の手の感触などがよみがえる
 見事な曲です。

 それからイントロは、
 松田聖子の「Canary」のイントロからヒントを得ているんだとか。

 なるほど、そう言われてみれば、そんな感じですよねぇ。
 ボクは松田聖子の曲も大好きでしたから
 この曲も好きになったのかも知れませんねぇ。

 まさに出逢うべくして出会い、
 好きになるべくして好きになった曲なんですね。


c0137404_21045522.jpg


 ちなみに楽譜は、
 1998年のCDが出たときに買って
 当時も弾いてみようと試みたものの
 全く歯が立ちませんでしたね。

 そして19年経って、
 今回はかなりスムースに弾くことができました。
 やっぱり今までの練習の甲斐があったというものです。

 例えば、曲の途中、
 6度のハーモニーが繰り返し出てきて、
 普段なかなかしない、やっかいな指の動かし方の部分があるんですが、
 これは、南澤先生の「ソロ・ギターのための練習曲集」に収録されていた
 「練習曲第2番 右手」のフレーズにちょっと似ていて
 その練習のおかげでスムースに弾けたって感じです。
 嬉しいなぁ~!


 ところでこの曲は、
 ブルース的なコード進行ではないものの、
 どことなくブルースっぽいようなアメリカ的雰囲気が漂うのは、
 この6度のハーモニーのなのせいかもしれません。

 打田さんの「これで完璧!アコースティック・ギターの基礎」という本には
 「6度のハーモニーはカントリーやブルースで利用されることが多い」
 な~んて書いてありましたからねぇ。


c0137404_18285560.jpg
今でも持っているフライ・フィッシングの道具(左の網がランディングネット)


 そうそう、ブルースと言えば
 映画「リバー・ランズ・スルー・イット」の舞台は、
 1910~20年ごろのアメリカだそうですから、
 ちょうどブルースが誕生し、広まり始めたころなんですよね。

 で、その「リバー・ランズ・スルー・イット」でも描かれていた
 フライ・フィッシングの道具は、今でも木で作られたもの多く、
 例えば、釣った魚を取り込む時に使う「ランディングネット」の枠の木の
 種類の違う木をスライスして張り合わせた感じの作りが、
 どこかギターのバインディングに似ているような気がするんです。

 で、そのギターなんですが、
 ネックの脇に付けられた小さなポジション・マークを見ていると
 小学生のころ使っていた「そろばん」に似ているなと思うことがあるんです。

 そろばんにもポジション・マークみたいのがポチンとありますよね?

 それで、そろばんと言えば「トモエのそろばん」だなぁ~。
 昔、使っていたっけなぁ~、と。


c0137404_20240683.jpg


 で、その「トモエのそろばん」のマークでもある「巴」と言えば、
 ボクのヨコヤマギター「AR-WR #300」のロゼッタ・デザインは
 「巴」にちょっと似たイメージがあるよなぁ~などと思い、
 今回使うことにしてみたってわけなんです。


 というわけで、
 ボクにとってはまさに「思い出の鱒釣り」なこの曲、
 練習中は、連想ゲームのようにいろんなことが頭の中をめぐりめぐって
 いろいろなことがつながってくる様子を楽しみながら弾いていました。

 いやぁ~、楽しかったなぁ~!!
 ありがとうございました!!

 
c0137404_2362117.jpg



# by acogihito | 2017-03-21 18:25 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

打田十紀夫さんの『思い出の鱒釣り』特別レッスン

c0137404_22580815.jpg

 2017年3月4日(土)、
 ミュージックランドKEY新宿店でスペシャルライブが行われた日
 リハーサルから本場までの合間を利用して、
 30分ほどですが特別にお願いして
 打田十紀夫さんにレッスンを受けることができました。

c0137404_22580889.jpg

 実は今、打田さんの『思い出の鱒釣り』を練習しているんです。
 
 CD『思い出の鱒釣り』は、
 ボクが初めて買ったソロ・ギターのアルバムなんです。

 小学館の雑誌「BE-PAL」がプロデュースしたこのアルバムを
 ボクは発売直後に買ったと思います。
 当時のボクはフライフィッシングやったりしていて
 BE-PALの広告を見たんだと思います。

 で、弾けるなら弾いてみようと楽譜も買いました。
 ただ当時のボクには
 簡単に弾けるようなものではありませんでしたけどね。

 それにその当時は、
 ビートルズのコピーバンドをやっていて
 まだソロ・ギターは手を付けていないころでした。
 
c0137404_22580811.jpg

 その後、バンドはやめ
 2007年以降はソロ・ギターにはまって
 南澤大介先生に習い、練習を重ねてきました。

 そして初めて聴いた時から19年が過ぎた今、
 ようやく『思い出の鱒釣り』に取り組み始めたって
 ワケなんです。
 
 ただ、何箇所かわからない点があったので、この日、
 お願いして特別に時間を割いてもらい、
 やっぱり『思い出の鱒釣り』を練習しているMさんと一緒に
 レッスンを受けたんです。

 場所は、ミュージックランドKEY新宿店の地下にある練習スタジオ。
 こんなスペースがあったんですね!

c0137404_22580965.jpg

 いやぁ~、良かったです!

 自分ではできているつもりのところでも
 運指が違っている部分がいくつもあって、
 打田さんの指導の通りに弾いた方が
 楽に弾けたりするんですよねぇ。
 やっぱり聞いてみるものです。

 その他、作曲秘話や
 こだわりのポイントの弾き方など
 作曲したご自身に習うと中身が濃いですね。
 30分ではとても足りませんでした。

 それでも数々の「なるほど!」があり、
 早速、反映させ、
 一段と充実した練習を楽しんでいます。

 打田さん、
 本当にありがとうございました!

 またぜひよろしくお願いします!

c0137404_22580949.jpg


# by acogihito | 2017-03-14 00:10 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

さらば「ミュージックランドKEY新宿店」~打田十紀夫 スペシャルライブ~

c0137404_21160399.jpg

 2017年3月4日(土)
 東京・新宿三丁目「ミュージックランドKEY新宿店」の店内で、
 ヨコヤマ・ギターをはじめ、
 たくさんのアコースティック・ギターの前で演奏する
 打田十紀夫さんです。

 実はこの日のライブは、新宿店が
 3月12日で閉店することになったことを受けて
 お客様感謝イベントとして開かれたものなんです。

c0137404_21272353.jpg


 ギター仲間のMさんは、こちらのお店のことを
 「かかりつけの楽器店」と呼んでいますが、
 まさにその通り!

 店長の橋川さんがヨコヤマ・ギターズを担当していることもあって、
 困ったことは何でも気軽に相談できる
 とっても頼りになる楽器店なんですよね。

 ところが諸般の事情で閉店になるそうなんです。
 
 う~む、残念!

 打田さんが「どこかで春が」のCDからの選曲で奏でる
 日本の歌が心に沁みるライブでした。

c0137404_21471281.jpg

 ライブの後は、謝恩会のような懇親会です。

 打田さんはもちろん、
 ワンダートーンの社長さんや
 ヨコヤマ・ギターズの横山さんも一緒に
 店長の橋川さんを囲んで
 み~んな一緒になってワイワイガヤガヤ!

c0137404_21520616.jpg

 いいですねぇ~!

 プロも、アマチュアも
 ギターの作り手も、販売店、お客さんも
 み~んな平等、ただのギター好き。

 ざっくばらんにいろんな話ができた
 楽しいひと時でした。

 閉店と言ってもちっとも
 しんみりしたものではないところも良かったですね。

c0137404_21561337.jpg
打田さんを囲んで、Mさん・Uさんと

c0137404_21562219.jpg
「いい色になったねぇ!」と横山さん、“AR-WR#300”と


 ありがとうございました!
  
 店長の橋川さんは
 ヨコヤマ・ギターズと共に
 また渋谷店に行くそうですが、
 (以前も渋谷店だったんですよね
 渋谷なら新宿三丁目より行きやすいかも!
 先週もモーリスS-92を診てもらったし、
 これからも「かかりつけの楽器店」として
 よろしくお願いします!

 ということで、
 新たな旅立ちを祝って記念写真っ!!

c0137404_21562845.jpg
橋川さん・横山さん・打田さんを囲んで
ヨコヤマギターズ・オーナーの皆さんと
 


# by acogihito | 2017-03-07 23:12 | ★アコギ関連 | Comments(0)