やっぱり凄いね、ビートルズの映画 『EIGHT DAYS A WEEK』

c0137404_21284012.jpg

 2016年12月20日、
 発売日にアマゾンから届けられた
 ビートルズの映画 『 EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years - 』の
 いろいろなおまけの付いた「コレクターズ・エディション」です。

 初期のビートルズの過酷なライブ・ツアーの様子を
 ロン・ハワード監督がまとめたドキュメンタリー映画で
 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品
 という触れ込みもあります。

 劇場公開もされた映画ですが、
 見るチャンスがなかったので
 ブルーレイ・ディスク版を購入して観てみました。


 いやぁ~、大したもんですね、ビートルズって。

 映像の大半は、それこそ「アンソロジー」でも見たことがあるものでしたが、
 それでも今回「初」という映像もけっこうありました。

 すでに50年以上前のことなのに
 こんなにもたくさんの映像が残っていることに
 まず驚きます。

 そして、今回の作品で良かったのは、
 当時のビートルズから受けた衝撃やライブでの感動などが
 ファンの立場から語られている点でしょうかね。

 ライブ・アルバムにもなった
 アメリカのハリウッド・ボウルでのライブ会場には
 当時まだ10代だった女優のシガーニー・ウィーヴァーがいて
 その姿が当時の映像にも映っているんです。
 そして、インタビューで、その時の感動的な様子を語ってくれます。

 また、同じく女優のウーピー・ゴールドバーグは、
 シェイ・スタジアムでのコンサートを見に行ったそうで、
 ビートルズの前では肌の色など関係なかったと語っています。
 1964年当時は、まだアメリカでも公然と人種差別が行われていたんですね。

 ほかにもいろいろな人が当時の様子を語るんですが、
 もう皆さんご高齢で、
 でも語り出すと少女のように喜々として、
 うっとりと当時の様子を語る姿に、
 「さぞ凄かったんだろうなぁ~」と思い知らされます。

 そうしたエピソードと当時の時代背景を交えながらビートルズ旋風を
 あおり過ぎることなく冷静に客観的に
 でも歴史的事件として丁寧に綴られ
 ビートルズを疑似体験する上でも良い作品でした。

 さらに50年以上前の映像、
 以前も見たことがある映像でも、
 今回、とっても綺麗に処理されていて、
 ついこの前の出来事のように感じるから驚きです。


 ところで、ビートルズって
 1970年にバンドとしては解散しましたが、
 1995年の「アンソロジー」の時に
 プロジェクトとして再結成して、
 以来、ずっと活動している感じですね。

 2~3年ごとに何かしら新しい作品、
 以前の作品でも新しいパッケージングで発売されたりして
 今でも「生きている」って感じがします。

 とすると、次は何かな?

 今回の作品は初期のライブバンドとしての活動をつづった
 ドキュメンタリー映画がだったので、
 次は後期の曲が作られていく様子を追ったドキュメンタリー映画
 「レット・イット・ビー」でしょうか??

 いずれにしても、また何か出てくるだろうと
 ビートルズ・ファンとして楽しみにしています。

c0137404_21285525.jpg
写真のギターは、ビートルズの来日時にジョン・レノンが弾いていた
「エピフォン・カジノ」のリイシュー・モデルです。

# by acogihito | 2016-12-26 22:21 | ☆その他 | Comments(2)  

10年後のギターはどうなっているのだろう?

c0137404_9223425.jpg
ヨコヤマギターズの横山さんとミュージックランドKEY新宿店の橋川店長


 過日、東京・新宿にある「ミュージックランドKEY新宿店」で開かれた
 ヨコヤマギターズ調整会に行った時
 ちょっとショッキングな話を耳にしました。

 ハカランダの名で呼ばれる「ブラジリアン・ローズウッド」が
 ワシントン条約によって輸入禁止になっていることは知られていますが、
 今後は「インディアン・ローズウッド」など、
 すべてのローズウッド種が
 ワシントン条約による取引制限下に置かれることになる
 というのです。

 さらにホンジュラス・マホガニーなども!

 ええ~っ!?
 インディアン・ローズウッドって、
 ギターのサイド・バック材として
 普通に良く使われているのに
 それがダメになっちゃうの?

 ということは、それらを使ったギターは、
 数年後には今のハカランダのように
 猛烈な高価になっちゃうの??


 ちょっと調べてみたら、
 2016年9月24日から10月4日まで、
 南アフリカのヨハネスブルグで開催された
 ワシントン条約第17回締約国会議(CITES COP17)で、
 一般に「ローズウッド」と呼ばれ取引されている
 ツルサイカチ属全種、ブビンガ属3種、
 プテロカルプス・エリナケウスが
 「附属書II」に掲載されることになったそうなんです。

 「附属書II」とは
 現在は必ずしも絶滅のおそれはないが、
 取引を規制しなければ絶滅のおそれのある生き物で、
 輸出入には輸出国政府の発行する輸出許可書等が必要となるそうです。

 ちなみに「ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)」は、
 「附属書II」よりさらに規制が厳しい「附属書I」で、
 絶滅のおそれのある種になり、
 商業のための輸出入は禁止されているそうです。

 今後、インディアン・ローズウッドなどのローズウッド系の材は、
 ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)ほどではないにせよ、
 新たに輸入するのが困難になるんでしょうね。

 ただ、ハカランダは輸入が禁止されているとはいえ、
 禁止前に輸入した材が、今でもまだ少しはあるわけですから
 インディアン・ローズウッドなども、
 すぐに枯渇することはないんだろうとは思います。
 でも、いずれにしても価格は高騰していくんでしょうね。


 とすると、もともと高価なギターはともかく、
 廉価帯のギターは、どんな材を使うんでしょうか??
 ローズウッドを単板ではきっと使えないですよね。

 とすると合板?
 それともオベーションなどのようなグラスファイバーや
 プラスチックを使ったような
 まったく新しいタイプのギターが出てくるんでしょうか??

 今すぐには変わらないとしても、
 5年後、10年後と、時が経てば、ギターの事情は
 今とだいぶ違っているのかもしれません。

 ボクとしては無理してでも早めにヨコヤマギターズで
 「インディアン・ローズウッド」サイド・バック、
 「ホンジュラス・マホガニー」ネックの『AR-WR #300』 と、
 さらに、
 「ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)」サイド・バック
 「ホンジュラス・マホガニー」ワンピースのネックの『AR-GB #555
 を作ってもらって、正解だったのかな
 なんて思ってしまいました。


 それにしてもトップ材ではなく
 どうしてサイド・バックに使う材ばかりが
 希少価値になるんでしょうかねぇ?

 トップ材に使うスプルース(松の仲間)や
 シダー(杉の仲間)などが生息する針葉樹林帯よりも
 ローズウッドなど南方に生息するマメ科系の広葉樹の方が、
 乱獲や森林破壊が深刻ということなんでしょうか??

 今回、この話を聞いて、
 今後は環境問題も、より気にしながら、
 地球的財産である貴重な材を使ったギターを
 さらに大切にしていかなくては、
 と改めて心に誓いました。
 
c0137404_9175348.jpg
左上からブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)、カマティロ(メキシカン・キングウッド)
インディアン・ローズウッドマホガニー

# by acogihito | 2016-12-21 10:42 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

『 ノルウェーの森 (Norwegian Wood )』 を弾いてみました!



 南澤大介先生のCD 『COVERS vol.1』に収録されている
 ビートルズの名曲 「ノルウェーの森 (Norwegian Wood )」を弾いてみました。

 原曲は → こちら
 南澤先生のお手本は→ こちら です。

 南澤先生アレンジのこの曲を初めて聴いたのは、
 もう6年以上前のことになります。

 イントロなど基本は
 ビートルズでジョン・レノンが弾いたのと同じように演奏しますが、
 1弦にプラスチック片を微妙に弦と当たるように取り付け、
 シタールのような響きを出すのが特徴です。

 このプラスチック片などによる音の装飾は
 南澤先生の著書「はじめてのソロ・ギター入門」によると
 『プリペアド・ギター(Prepared Guitar)』っていうんですね。
 ピアノの特殊奏法にプリペアドピアノという
 弦に金属を挟んで音色を変化させる方法があるんだそうですが、
 そのギター版だそうです。

 「COVERS vol.1」のCDや
 「はじめてのソロ・ギター入門」が出た当時(2008~9年ごろ)
 南澤先生はパソコンのマックのUSBに付いていたキャップを
 プリペアド・ギターにするためのプラスチック片として使っていました。( ↓ )

c0137404_19431624.jpg

 で、ボクも同じような音がするものはないか、
 当時いろいろ試してみた結果、( ↓ )
 ケーブル類を束ねる「結束バンド」を切って使うと
 同じような効果が得られることがわかったんです。

c0137404_19433142.jpg

 最近では南澤先生も「結束バンド」を切ったものを使っていますよね。

 南澤先生にはソロ・ギターのこと、音楽のこと、
 いろいろなことを教わりましたが、
 唯一、ボクのアイデアで南澤先生に採用されたのが、
 この「結束バンド」なんです。

 だから南澤先生がライブなどで「結束バンド」の話をする時は
 なんだかちょっと嬉しかったりします。ww


c0137404_20433223.jpg
 
 ところで、この「ノルウェーの森」では
 ジョンはギブソンの「J-160E」という
 アコースティック・ギターを弾いています。( ↑ )

 実はボクは、かつてビートルズのコピーバンドで
 ジョン・レノンの役をやっていた
こともあって、
 この「J-160E」を持っているんですよね。


 ということで、試しに
 「J-160E」で弾いてみたのが( ↓ ) こちらです。



 出だしの音などビートルズっぽい気がするんですけど
 いかがでしょうか?

 ビートルズの演奏は → こちら

 ところで、この「J-160E」は、
 エレキギターとしても使えるように
 マグネチック・ピックアップが付いているんですが、
 アンプを通して弾いた時のハウリング防止のためもあって
 ボディのトップに共鳴しにくいラダー・ブレイシングが使われ、
 あまり振動しないようになっているんです。

 その分、アコギとしての鳴りはあまり良くないんですが、
 でもそれがバンド演奏に混ざると
 ビートルズのCDで聴くことができる
 特有のキャンキャンとか
 ギャンギャンした音になるんですよね。
 特に固いピックでストロークをすると顕著です。

 そんなわけで、ギターとしては
 あんまりソロ・ギターには向いていないんですが、
 この曲に限るとビートルズっぽくて
 ちょっとイイ感じもしますかね。

 今回はそんなことも含め、
 いろいろ試しながら楽しく弾けました。

 ご清聴、ありがとうございました。



# by acogihito | 2016-12-14 00:05 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

楽しかった! ヨコヤマギターズ&オガワ・インレイ・クラフト10周年記念

c0137404_10433690.jpg

 2016年12月3日(土)
 東京・新宿にある「ミュージックランドKEY新宿店」で開かれた
 「ヨコヤマギターズ調整会」に行ってきました。

 この日は同時に
 「オガワ・インレイ・クラフト・スペシャルワークショップ」も
 開かれたんです。

 つまりボクのヨコヤマギターを作ってくれた「匠」、
 横山さんと小川さんが一堂に会するってわけです。

 今年は「ヨコヤマギターズ創立10周年」、
 「オガワ・インレイ・クラフト創立10周年」。

 さらに「ミュージックランドKEY創立50周年」。

 ヨコヤマギターズの創立10周年に関しては、
 過日、ヨコヤマギターズのオーナー仲間、Uさん、Mさん、ボクの3人で
 長野の筑北村にある工房にお伺いし、
 お祝いの楯とマグカップをお渡ししてきました

 
 実はその時、新潟の十日町にある
 オガワ・インレイ・クラフトの工房も訪ねようか?
 という話が出たんですが、
 日程的に厳しく断念していたんです。

 ところが今回、小川さんの方から東京にやってくるということで、
 改めて3人でお祝いをすることにしたんです。

 3人とも小川さんに素敵なインレイを入れてもらっていますからね。

c0137404_1155785.jpg

 まずは10周年のお祝いと感謝の楯。

c0137404_1171083.jpg

 そして、祝10周年記念のマグカップです。

c0137404_119047.jpg

 この日は、横山さんも祝10周年の楯を持ってきてくれたので、
 2つが揃いました。

c0137404_11104893.jpg

 ボクにとっては、
 お二人のおかげで素敵なギターができ
 弾いていて楽しいばかりでなく、
 人生がとっても豊かに彩られ、
 感謝感謝なんですよね。

c0137404_11132866.jpg
 
 だからお二人に
 お祝いと感謝の気持ちを伝えられてホントに良かったです。

 あ、それからいつもお世話になっている
 ミュージックランドKEY新宿店の店長・橋川さんにも
 ささやかながら“感謝の喜もち”をお贈りさせていただきました。

c0137404_11152881.jpg

 ところで、この日行われた
 オガワ・インレイ・クラフトのスペシャルワークショップは、
 いつもは小川さんがやっているヨコヤマギターズの
 ヘッドの「Y」ロゴを
 自分自身で入れてみるという企画で、Uさんが挑戦。

c0137404_11194533.jpg

 その間、ボクとMさんは、
 横山さんにギターの調整をしていただきました。

c0137404_1121018.jpg

 ↑ 写真は、ナット側の弦高を下げてもらって、
 「グッと弾きやすくなった!」と大喜びのMさんです。

 その後、
 今回は10周年記念スペシャルとして、
 横山さん、小川さんと
 ヨコヤマギターズ・オーナーの皆さんとの
 懇親会が開かれました。

c0137404_11235933.jpg

 まずは普段は黙々と仕事をする両氏のあいさつ。
 
 いろいろ苦労はあったものの、
 無事に10周年を迎え、感慨深い様子でした。

 そして乾杯!!

c0137404_11271918.jpg
c0137404_11321030.jpg

 横山さんや小川さん、
 ミュージックランドKEY新宿店の店長・橋川さん、
 参加されたヨコヤマギターズのオーナーの皆さんと
 いろいろなギター談議に花が咲き、
 とっても楽しい、そして勉強になったひと時でした。

c0137404_11351843.jpg

 最後に参加された皆さんで記念撮影。

c0137404_1136796.jpg

 そしてボクのギターを作ってくれたお二人と記念撮影。

 お二人一緒で、しかも作ってもらったギターを持ってという写真は、
 なかなか撮れないですからね!
 とっても貴重な写真です。

 いや~、良かった!楽しかった!!
 そして小川さんにも10周年の記念品をお渡しできて
 本当に良かった。

 横山さん、小川さん、
 店長の橋川さん、
 そして、Uさん、Mさん、
 本当にありがとうございました!

c0137404_11411647.jpg

 そうそう、後日、
 小川さんから工房で撮られた
 とっても嬉しい写真が送られてきました。

 ちらっと見える薪ストーブが
 雪国の新潟・十日町だなと感じさせます。

 このマグカップでコーヒーなどを飲み、
 今後も素敵なインレイを作って
 たくさんの人の人生に
 彩りを添えてくれるといいな
 なんて思います。

c0137404_1328920.jpg
今回 販売された「10周年記念グッズ」
ヨコヤマギターズのヘッドを形取ったキーホルダー

# by acogihito | 2016-12-07 12:05 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

岡崎倫典さんと岸部眞明さんのジョイントライブ

c0137404_1959158.jpg

 少し前の話になりますが、
 2016年11月3日(水:文化の日)に
 東京・水道橋にある「カフェらいん」で開かれた
 岡崎倫典さんと岸部眞明さんのジョイントライブに行ってきました。

 よくジョイントライブといっても、ソロでそれぞれ演奏して
 最後に数曲2人で演奏するというパターンが多いんですけど、
 岡崎さんと岸部さんは、二人で演奏することが多かったんですよね。

 そして、よくジョイントライブで最後に数曲2人で演奏するようなライブでは、
 相手の音が邪魔をして「やっぱりソロの方がいいな」と思うこともあるんです。

 ソロ・ギターの曲って、
 ギター1本で完成している楽曲なので、
 もう1本入れるというのは難しいんですね。

 でも岡崎さんと岸部さんは、そんなことは全くありませんでした。
 決して相手の音を邪魔をせず、
 素晴らしいハーモニーを聴かせてくれ、
 「さすがだなぁ~」と感じ入りました。
 
c0137404_19592778.jpg

 ところで、このライブが行われた「カフェらいん」。
 初めて行ったのは、もう8年前になりますか。

 マスターがとても優しい笑顔で迎えてくれ、
 それ以来、何度もライブにお邪魔しています。

 でも、通常営業の時は、まだ一度も行ってないんですよね。

 岸部さんの7枚目のアルバム「12 Stories」には、
 「RIJN de smile」という
 「カフェらいん」をイメージした曲が収録されているんですが、
 ライブ会場となったお店しか知らないボクにとっては、
 弾んだ会話が聴こえてくる昼間の
 カフェレストランとしての店内を感じさせる
 その曲を聴くたびに「いずれ行ってみないとなぁ~」と
 思ってしまうんです。

 その前に、12月17日に
 「住出勝則さんと岸部眞明さんのジョイントライブ」があるんですよね!

 またまた楽しみです。

 マスターには、いつも素敵なライブを企画してくれ、
 そして店名の「ライン川」のような大らかな笑顔で迎えてくれ、
 感謝感謝です。

c0137404_19593872.jpg

# by acogihito | 2016-11-30 20:32 | ★アコギ関連 | Comments(0)