『星に願いを』を弾いてみました!




 『ソロ・ギターのしらべ~至高のスタンダード篇』に収録されている
 「星に願いを(When You Upon A Star )」を弾いてみました。

 1940年公開の「ピノキオ」の主題歌で
 「虹の彼方に」と共にディズニーのスタンダードナンバーですよね。

 この曲(アレンジ)の難易度は「B」。
 ある程度までは割とサッと弾けるようになったんですが、
 そこから先が思ったより苦労しました。

 どうも運指が悪いようで、
 パッと切り替えられずに
 音が途切れてしまうんです。

 いろいろ試して運指を変え
 ようやくある程度スムースに弾けるようになってきました。

 本当は
 さらにもっと練習してからアップした方が良かったんですが、
 できることなら仙台や阿佐ヶ谷など
 旧暦に合わせて行われる「七夕」に
 間に合わせてアップしたいと
 少々急いでしまいました。

 星に願いを!

 もっともっと上達できますように~!


c0137404_23565260.jpg



 ちなみに2017年の本当の旧暦の七夕は
 8月28日になるそうです。
 現代の太陽暦と随分ズレるもんなんですね。

 でもこれなら梅雨もすっかり終わり
 天の川も見え、織姫と彦星も会えそうですね!
 (ん?台風が心配か?)

 星に願いを!

 ちなみにギターは、
 Yokoyama Guitars AR-GB #555
 です。


# by acogihito | 2017-08-07 23:35 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

モーリス「S-92」のTシャツ

c0137404_21080295.jpg


 モーリス「S-92」のTシャツを買いました。

 イオンのダブルフォーカスというブランドから販売している
 企業コラボ Tシャツの「楽器コラボ」シリーズです。

 その説明には、
 「モーリスギターのS-92モデルをモチーフにし、
 木の質感を表現したデザインTシャツです

 なんて書いてあります。

 ただ、確かに「木の質感」なんですが、
 ギターの繊細な「杢目」というより、
 ペンキの剥げた木のフェンスのような質感で
 「ちょっとなぁ」という感じがしないでもありません。
 でも、「S-92」のオーナーとしては
 何となく嬉しくなって買ってしまったんですよね。

 数あるモーリス・ギターの中で、
 なぜ「S-92」が選ばれたのか?
 「S-92」が一番売れているんでしょうかねぇ?
 そしてボクは見事に
 その術中にはまってしまったという感じでしょうか?

 でもいいんです。
 この夏は、この「S-92」Tシャツを着て、
 いつもでも弾いている気分で暑さをしのぐつもりです。ww

c0137404_21173737.jpg

# by acogihito | 2017-08-01 23:05 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

オープン・チューニング

c0137404_07414622.jpg


 先週見に行った岸部眞明さんのライブで、
 「チューニングによって楽曲の表情や雰囲気が変わる」
 というようなことを話されていたのを聞いて、
 ギターの「オープン・チューニング」や
 「変則チューニング」というものが気になってきました。

 今までもいろいろなチューニング方法がある
 ということは知っていましたが、
 レギュラー・チューニングのポジションも
 まだ良くわかっていないのに
 と敬遠していたんですよね。

 でも最近になってレギュラー・チューニングに関して
 指板上の音程は、形から分かるようになってきたので、
 オープン・チューニングはどうなっているのかな?
 と考える余裕が出てきたんです。

 そんなことを思っていいたら、まさにタイムリー!
 『アコースティック・ギター・ブック』最新号の特集記事が、
 「オープン&変則チューニングが開く可能性
 となっているではありませんか!

 とっても興味深く読ませていただきました。

 ただ、読んでいるだけだと
 音としての雰囲気が分からない。

 そこで見つけたのが
 『オープン・チューニング辞典』という本です。

 こちらにはCDが付いていて
 掲載されているオープン・チューニングの
 模範演奏も収録されているので、
 そのチューニング独特の響きや雰囲気が、
 「音」として聴くことができるんです。

 そうすると、例えば、
 オープンD・チューニングの岸部さんのあの曲は、
 コード(和音)としてのあの響きもあるんだろうけど、
 オープン・チューニングにして
 隣の弦との音程差が変わることによって、
 コードを構成する音の位置関係が変わって、
 同じコードでも違った響きになるんだな
 ということが何となくわかってくるんです。

 つまり、同じ曲を
 レギュラー・チューニングでも弾くことができるけど
 あの開放弦が混ざったような独特の響きは
 レギュラー・チューニングではできないんだな
 ということですよね。

 (そもそもレギュラー・チューニングでは不可能な
  押さえ方があるかもしれないし)


 実際にボクがオープン・チューニングを使うことは
 そういう曲を弾こうと思わない限りないまだ当分無いと思いますが、
 いろいろなアーティストが様々なチューニングを使って表現するのは、
 同じコード進行でもレギュラー・チューニングとは違った響きで
 自分なりの表現をしたいということなのかも知れないな、
 絵画で言えば、油絵、水彩画、アクリル画の違いみたいなものかな?
 (ん?それだと楽器の違いくらいになってしまうか?)
 などなど、改めてギターの奥深さや魅力、特徴を思い知らされました。

 ピアノじゃできないことですもんね!

 今までCDやライブで
 いろいろなアーティストのギター演奏を聴いてきましたが、
 チューニングに関しては気にせず聴いてきました。
 
 これからはチューニングも意識してみれば
 さらにその深遠な世界を味わうことができそうです。

 いや~、ギターって面白いなぁ~!!

 

# by acogihito | 2017-07-24 20:53 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

岸部眞明さんのライブ

c0137404_08425671.jpg


 2017年7月14日、東京・曙橋にある
 『BACK IN TOWN』で行われた
 岸部眞明さんのライブへ行ってきました。

 こちらのお店は、
 規模といい雰囲気といい、
 ソロ・ギターのライブを見るにはちょうど良くて
 お気に入りなんでずよね。

 そして食べ物も美味い!


c0137404_08430309.jpg


 猛暑だった1日の終わり、
 まずは喉を潤します。
 おつまみはミックス・ナッツ。

 このミックス・ナッツは、
 籠のような器が
 ラーメンの麺のようなものでできていて
 食べられるんですよね。

 ちょうど皿うどんのような、
 かた焼きそばの麺みたいな感じ。

 これを食べない人もいるようですが、
 ボクは好きなんでポリポリ食べてしまいます。

 そして岸部さんがステージに登場しました。


c0137404_08431997.jpg


 ライブは2部構成。
 前半は静かなバラード曲を中心に演奏してくれました。

 いつものライブだと比較的新しい曲、
 最新アルバムからの曲が多くなるんですが、
 この日は初期のアルバムからも数多く演奏。

 例えば、2枚目の『GROWING UP』から『花』、
 3枚目の『BLOOM』から『雨降る窓辺で』、
 5枚目の『奇跡の山』から『遥かなる富士』『奇跡の山』など。

 ボクにとっては、
 ライブでは初めて聴く曲が多かったので、
 とっても嬉しい選曲でした。

 ちなみに第1部は「DADF#AD」という
 オープンDのチューニングで作られた曲を選んでいるので
 似たような雰囲気だとおっしゃった岸部さん。
 2部では違うチューニングの
 違った雰囲気の曲を披露します
 と予告して第1部が終了しました。
 

c0137404_08432943.jpg


 2部までの間、
 BACK IN TOWNで大好きなもうひとつのメニュー、
 マルゲリータと辛口のジンジャーエールを
 頼んで待っていました。


c0137404_08432979.jpg


 そして始まった第2部は、
 おお、これまたライブでは初めて聴く曲。
 2枚目のアルバム『GROWING UP』に収録されている
 『Big Man』という曲です。

 確かにこの曲は変わった響きがするよなと思って
 調べてみたら「GADGGD」というチューニングだそうで、
 『Octopus』『Megamouth』という同じチューニングの曲も演奏。

 これらは特殊奏法で弾かれるもので、
 岸部さんの華麗な特殊奏法テクニックをたっぷり拝見し、
 堪能させていただきました。

 
c0137404_08432918.jpg


 いやぁ~、良かったです。

 今回のライブは、
 岸部さんがこれまで発売した9枚のアルバムから、
 1~3曲が選ばれている感じで、
 岸部さんの全キャリアを俯瞰するようででした。


 連日の猛暑でいささか参っていましたが、
 なんだかとっても癒され
 帰りの足取りがとっても軽やかになりました。

 ありがとうございました!!
 

c0137404_11470497.jpg

# by acogihito | 2017-07-17 08:41 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

エスケープで逃避行! その7

c0137404_06385092.jpg


 少し前の話になりますが、
 またまた愛車「エスケープ」で
 「車中泊」をしてきました。

 ボクの場合、その目的は、
 「翌朝起きたら景色の良い場所にいたい」
 「いつもとちょっと違う朝を迎えたい」
 というもの。

 今回は、箱根の外輪山に
 景色が良さそうで
 クルマを一晩泊めておけそうな場所を
 Google Mapで見つけたので
 行ってみることにしました。


c0137404_06390528.jpg


 真っ暗な中にクルマを停めて、
 夜食にカップ麺を頂きます。
 
 いつもとちょっと違う夜は
 カップ麺も夜泣きラーメンのように
 より美味しく感じさせてくれました。
 
 
★    ★    ★
 

c0137404_06393334.jpg


 ぐっすり眠った翌朝は快晴!

 目の前に富士山がド~ンと広がります。

 おお、絶景!!

 いつもと違う最高の朝です。


c0137404_06393445.jpg


 さっそくお湯を沸かして
 コーヒーを淹れます。


c0137404_06393439.jpg


 コーヒーは、
 コンビニで売っている
 ドリップバッグですが、
 こういう景色の良いところで飲むと最高!
 何倍にも美味しく感じます。

 そして朝食も
 コンビニで買ってきたものを
 温めたり炒めたりするだけですが、
 これもまたいつもよりグッと美味しく感じます。

 富士山の絶景はボク専用の貸し切り!
 天気もいいし、空気もさわやかで最高の朝です。


c0137404_06393426.jpg


 しばらく富士山を眺めながら寛いでから
 箱根スカイライン~芦ノ湖スカイラインをドライブ。
 
 途中にある三国峠からの眺望は、
 富士山→愛鷹山→沼津市→駿河湾を見渡せる
 大パノラマで素晴らしいものでした。


c0137404_06394579.jpg
c0137404_06394574.jpg
↑ クリックすると大きく表示できます



 そして帰りに
 箱根の伝統工芸「寄木細工」のお店に立ち寄ったら
 今、ソロ・ギターで練習している
 「星に願いを」の
 寄木細工オルゴールをみつけたので、
 お土産に購入しました。


c0137404_07075824.jpg

 
 前の晩から朝まで、半日ほどの小旅行。
 ちょっと時間をずらした日帰り旅行って感じですが、
 これでサクッと家に帰れば、
 午後は自宅で普通の休みとしても過ごせ、一石二鳥!

 朝、目覚めを景色のいいところで迎えると
 本当に気分が良く充実、
 良い気分転換になります。

 ああ、また行きたい!
 そしてお気に入りの場所をたくさん見つけておいて
 気分によって行き分けられるようにしておきたいものです。



# by acogihito | 2017-07-11 23:34 | ☆その他 | Comments(2)