タグ:★ギター談義 ( 126 ) タグの人気記事

 

かかりつけの楽器店 『MUSICLAND KEY Sidepark店』

c0137404_09041947.jpg
ズラリと並んだヨコヤマギター


 東京・東小金井の小金井公園のすぐ近くにある
 『MUSICLAND KEY Sidepark店』。
  (ミュージックランド・キー・サイドパーク店)

 今年オープンした新しい店舗で、
 店内には多数のヨコヤマギターが展示され、
 新宿店などで店長だった橋川さんが
 こちらに移って手腕をふるっています。

 そしてボクにとっては
 「かかりつけの楽器店」でもあります。

 この呼び方は、
 ギター仲間のMさんが言い始めたんですが、
 販売だけでなく「調整会」を開催したり
 アフターサービスにも力を入れていて
 まさにそんな感じなんですよね。


c0137404_09041916.jpg
調整が終わったAR-GB #555、フレットガードが挟んであるのでフレットレスのよう


 今回はボクのヨコヤマギター
 『AR-GB #555』を診てもらいました。

 先日の『調整会』の際、
 店舗では調整できなかったものを
 横山さんが工房に持ち帰って
 作業してくれたんです。

 場所は、ナットの弦の位置、
 「溝切り」です。

 ナットを作り直し、
 弦の位置を調整してくれました。


c0137404_08342179.jpg


 1弦側が微妙に外側にいってたんですよね。
 1ミリ弱、0.8ミリくらいでしょうか。

 どうして気になってきたかというと、
 これまでの練習スタイルは、どちらかというと
 1曲を集中して練習していることが多く、
 そうしていると気付かなかったんですが、
 最近、今まで YouTube にアップした曲
 すべて弾けるようにと復習していたら、
 ギターによって微妙い弾きにくい曲があることが
 分かってきたんです。

 例えばシェイクハンドで握って弦を押さえる時、
 左手の小指付け根のすぐ下、
 手のひらのふくらみの部分が、
 微妙に1弦に当たって消音しちゃう時があったんですよね。

 ちょっと左手の角度を変えれば済むことなんですが、
 さっきのギターと同じ調子で
 気持ち良く弾いていると消音しちゃう。

 さっきのギターは平気だったのに、
 こっちのギターだと消音しちゃうんだなぁ。
 
 「何が違うんだろう?」と、よく見てみたら、
 ナットの中の「弦の位置」が微妙に違うことが分かったんです。

 で、いろいろ弾いていたら
 『リーフ・クワイエット』が
 一番弾きやすいことがわかったんで、
 それと同じに調整してもらうことにしました。

 ちなみボクのヨコヤマギターのナット幅は
 標準の「44.5ミリ」より広く
 「46ミリ」にしてもらっているので、
 標準的なギターより、
 1弦や6弦が少し内側にあり、
 その方が弾きやすいのかもしれません。

 1弦のハンマリング・オンやプリング・オフも
 弦落ちすることなく弾きやすくなりました。

 1ミリもない微妙さなんですけどね、
 大きく違うものです。
 

c0137404_09041994.jpg
伝票を書いてる橋川さん、頼りになります!


 で、「せっかくなら」ということで、
 『AR-GB #555』よりもっと微妙な差だった
 『AR-GC #420』も
 まったく同じに調整してもらうことにしました。

 こんな細かいことも
 気兼ねすることなくお願いできて
 ありがたいことです。

 まさに『かかりつけの楽器店』!

 実はこの他にもお願いしていることがあって
 それは普通なら頼まないようなお願いです。

 そんなことも頼めて、
 ありがたい限りです。
 

c0137404_09042031.jpg


 そして帰りには、
 東小金井の中華の名店「宝華」へ立ち寄って
 名物の「油そば」を堪能。

 さらにお土産に
 Mさんに教えてもらった
 「コガネイチーズケーキ」を購入しました。


c0137404_13410892.jpg


 以前の「新宿店」は街中だったので、
 電車で行った方が便利でしたが、
 東小金井にある「Sidepark店には
 クルマで行くのがボクには便利!

 ギターもいっぱい積んで行けますしね!

 自宅のある千葉からは
 クルマで片道1時間半くらい。

 帰りに名物を頂き、お土産を買えば、
 ちょっとした小旅行気分にもなります。

 好きな音楽をたっぷり聴きながら
 ちょうどいいドライブになるんですよね。

 

by acogihito | 2017-12-11 23:01 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

ボクにはちょうどいい本!

c0137404_21531262.jpg


 『童謡を聞くだけで音感が身につくCDブック
 という本を買ってみました。
 今のボクにはちょうどいい本でした。

 著者は、 
 『日本人のためのリズム感トレーニング理論
 と同じ、友寄隆哉さん。

 ずいぶん前に
 『大人のための音感トレーニング本』という
 同じ著者の本を読んだことがあるですが、
 こちらは当時のボクには難しくて
 なんだかよく分からなかったんですよね。
 
 「リズム感」や「音感」という言葉に
 劣等感を持つボクとしては、
 今回はリベンジって感じです。

 内容は、小学生の頃に聴いた(習った?)
 「唱歌」や「童謡」のメロディーを
 ドレミの階名で歌い、覚え、
 音感を身に着けようというもの。
 楽譜は大きく、挿絵はカラー。
 まるで幼児が読む絵本の
 楽譜版って感じです。

 出てくる音符も
 ほとんどが4部音符と8部音符。
 それもメロディーラインだけですから、
 楽譜がスラスラ読めないボクには
 ちょうど良かったんです。

 ボクには、
 「音感」という本来の役目以外に
 「読譜」の練習にも役立ちました。

 おかげで、
 ハ長調の五線譜なら
 階名で読めるようになってきました。

 「読譜」についても
 コンプレックスを持っていましたからねぇ。
 ようやく幼児が
 少し文字を読め始めたような
 一歩前進できた気分です。

 ありがとうございます。

 やっぱり
 「ギターが弾けます」
 と言うからには、
 「楽譜も読めます」
 と言いたいですからねぇ!


 ところで、
 「音感」については、
 全音と半音の間隔(感覚?)の違いが
 よく分かってないということが
 わかりました。

 「ドレミファソラシド」は普通に歌えても
 「ドレ」と「ミファ」の間隔に
 全音と半音の違いがあると感じてないんです。

 なので、
 「ド→レ」「ミ→ファ」は歌えても
 「ド→レ♭」「レ→ミ♭」になると
 上手く歌えないんです。

 歌を歌ったとき、
 それほど音痴な方ではないと思うんですが、
 「半音」の間隔(感覚)は分かってないって
 ことなんですよね。

 そういう半音の間隔も
 分かるようになりたい!

 この本の次は、
 難しいと感じた友寄さんの他の「音感」本も
 改めて読んで、学んでみようと思っています。
 

by acogihito | 2017-11-20 21:52 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

ヨコヤマギターズの「試奏会&調整会&ライブ&親睦会」

c0137404_17074666.jpg
ズラリと並んだヨコヤマギター(上)と調整中の横山さん(下)   


 2017年11月11日(土)、
 この日は「1が4つ並ぶ」ということで、
 いろいろな記念日になっていますが、
 ボクにとってはヨコヤマギターズの
 「試奏会&調整会&ライブ&懇親会」と、
 ナンバーワンの楽しみが
 4つ並ぶ日になりました。

 場所は、東京・東小金井にある
 「MUSICLAND KEY SidePark店」。

 もともとは自動車(外車?)の販売店だったところを
 倉庫として使っていて、
 その一部を店舗として使い始めたということで、
 すっごいギターアンプなどなど
 レアなお宝がいろいろ転がっている
 「秘密基地」のようなお店です。

 ミュージックランドKEYで
 ヨコヤマギターズの販売を担当し、
 ボクらの「かかりつけ楽器店」の担当医でもある
 橋川さんが新宿店閉店後
 こちらを拠点に活動しているんですよね。

 ということで、毎年行われている
 「ヨコヤマギターズの試奏会&調整会」も
 こちらで行われたんです。

 来店している横山さん直々に
 ボクのヨコヤマギターも
 いろいろ調整、そして改良してもらいました。

 自分でも弾いていると
 だんだん細かいところが
 見えるようになってくるんですよね。

 そして、そういう細かいところや
 経年変化による微妙な不具合など
 丁寧に調整・整備・改良してくれて
 ホント、嬉しい限りです。

c0137404_18425009.jpg

 「試奏会&調整会」のあとは、
 打田十紀夫さんのライブです。

 前回、新宿店閉店の際にライブを行ったのが打田さんで、
 さらに打田さんのご自宅やTABギタースクールの拠点が
 「MUSICLAND KEY SidePark店」と同じ、
 「東小金井」ということで、
 「これはもう打田さんしかいないでしょう」
 ということになったそうです。

 そりゃそうですよね!
 SidePark店から歩いて行けるところに住んでいる
 プロのギタリストですもんね!

c0137404_18431207.jpg

 打田さんのライブは、
 ブルースの音楽的な特殊性や
 歴史などを語ってくれるので
 楽しいばかりでなく、
 とっても勉強になります。

c0137404_18432343.jpg

 ライブの後は「懇親会」です。

 会場となったSidePark店は、
 街中にあった新宿店とは違い郊外にあり、
 店前には駐車スペースの広場があるということで、
 ヨコヤマギターズ(ワンダートーン)の社長Sさんが、
 「やきそばよっちゃん」の移動販売店仕様の道具を持ち込んで、
 ものすごく豪華なバーベーキューをしてくださいました!!

 なんか、ずいぶん前の「合宿」を思い出します。

 すごい!
 最高のステーキにソーセージ、やきそばなどなど、
 何もかもが美味しかったです!

 これであの会費では
 大赤字だったのでは?と
 心配になってしまいました。

c0137404_18435345.jpg

 美味しいものをたくさんほうばって、
 ギター談義に花が咲き、
 腹いっぱい!笑顔いっぱい!!
 こんなに贅沢な時はありません。
 まさに至福のひと時でした。

c0137404_18451528.jpg

 「MUSICLAND KEY SidePark店」の橋川さん、
 「ヨコヤマギターズ(ワンダートーン)」社長Sさん、横山さん
 打田十紀夫さん、
 そしてみなさん、
 どうもありがとう!

 2017年11月11日、
 最高の1日となりました!!

c0137404_18453581.jpg
打田十紀夫さんを囲んで、Mさん、Uさんとともに

c0137404_18453982.jpg
横山 正さんを囲んで

by acogihito | 2017-11-13 23:43 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

オープン・チューニング

c0137404_07414622.jpg


 先週見に行った岸部眞明さんのライブで、
 「チューニングによって楽曲の表情や雰囲気が変わる」
 というようなことを話されていたのを聞いて、
 ギターの「オープン・チューニング」や
 「変則チューニング」というものが気になってきました。

 今までもいろいろなチューニング方法がある
 ということは知っていましたが、
 レギュラー・チューニングのポジションも
 まだ良くわかっていないのに
 と敬遠していたんですよね。

 でも最近になってレギュラー・チューニングに関して
 指板上の音程は、形から分かるようになってきたので、
 オープン・チューニングはどうなっているのかな?
 と考える余裕が出てきたんです。

 そんなことを思っていいたら、まさにタイムリー!
 『アコースティック・ギター・ブック』最新号の特集記事が、
 「オープン&変則チューニングが開く可能性
 となっているではありませんか!

 とっても興味深く読ませていただきました。

 ただ、読んでいるだけだと
 音としての雰囲気が分からない。

 そこで見つけたのが
 『オープン・チューニング辞典』という本です。

 こちらにはCDが付いていて
 掲載されているオープン・チューニングの
 模範演奏も収録されているので、
 そのチューニング独特の響きや雰囲気が、
 「音」として聴くことができるんです。

 そうすると、例えば、
 オープンD・チューニングの岸部さんのあの曲は、
 コード(和音)としてのあの響きもあるんだろうけど、
 オープン・チューニングにして
 隣の弦との音程差が変わることによって、
 コードを構成する音の位置関係が変わって、
 同じコードでも違った響きになるんだな
 ということが何となくわかってくるんです。

 つまり、同じ曲を
 レギュラー・チューニングでも弾くことができるけど
 あの開放弦が混ざったような独特の響きは
 レギュラー・チューニングではできないんだな
 ということですよね。

 (そもそもレギュラー・チューニングでは不可能な
  押さえ方があるかもしれないし)


 実際にボクがオープン・チューニングを使うことは
 そういう曲を弾こうと思わない限りないまだ当分無いと思いますが、
 いろいろなアーティストが様々なチューニングを使って表現するのは、
 同じコード進行でもレギュラー・チューニングとは違った響きで
 自分なりの表現をしたいということなのかも知れないな、
 絵画で言えば、油絵、水彩画、アクリル画の違いみたいなものかな?
 (ん?それだと楽器の違いくらいになってしまうか?)
 などなど、改めてギターの奥深さや魅力、特徴を思い知らされました。

 ピアノじゃできないことですもんね!

 今までCDやライブで
 いろいろなアーティストのギター演奏を聴いてきましたが、
 チューニングに関しては気にせず聴いてきました。
 
 これからはチューニングも意識してみれば
 さらにその深遠な世界を味わうことができそうです。

 いや~、ギターって面白いなぁ~!!

 

by acogihito | 2017-07-24 20:53 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

今年も楽しみました!『TOKYOハンドクラフトギターフェス 2017』

c0137404_23454168.jpg


 2017年5月21日(日)、
 今年も『TOKYOハンドクラフトギターフェス』に行ってきました。

 初めて行ったのは2007年ですから もう10年も経つんですね。

 はじめはびっくりするような超マニアックな世界でしたが、
 今ではボクもすっかり馴染み、どっぷりとはまって
 楽しませてもらっています。

 10年経っても、
 大きくなりすぎることも、小さくなることもなく、
 変わらずに続いているのがいいですよね。


 そして『TOKYOハンドクラフトギターフェス』の
 もうひとつの楽しみがいろいろな方の「ライブ演奏」です。 

 これまでも普段なかなか見られない人のライブを
 いっぺんに見られたりして有意義な時間を過ごすことができました。

c0137404_23460506.jpg


 今回楽しみにしていたライブのひとつが
 「かずま」くんのライブです。

 かずまくんと初めて会ったのは2008年
 もう9年も前のことになるんですね。

 ボクは当時、南澤大介先生にソロ・ギターを習うために
 PANスクール・オブ・ミュージックという
 音楽専門学校の社会人向けのコースに入っていて、
 かずまくんは高校から進学したばかりの生徒さんでした。

 何かの拍子にゴールデンウィークに
 南澤先生のご自宅をお伺いすることになって、
 そこでかずまくんに会ったんです。

 当時からギターは上手かったんですが、
 今回かずまくんは、
 「ライヴ出演オーディション」という企画の
 「フィンガースタイルギター部門」で
 グランプリを受賞しての出演です。

 9年ぶり、
 すっかり大人になったかずまくんの演奏はどんなものか?
 すっごい楽しみにしていたんです。

 そして演奏が始まりました。

c0137404_23463609.jpg


 おお、いい感じです!
 
 若い人が好きな「叩き系」の演奏ではなく
 オーソドックスな演奏スタイル。

 チューニングもオープンチューニングなどは
 使っていないようです。

 でも、開放弦を上手く使い
 アコースティック・ギターらしい響きを生かした
 メロディアスな曲が心地良い!

 おお、いいじゃないですか、かずまくん!!

c0137404_23464079.jpg

 ライブ終了後、
 かずまくんの方から声をかけてきてくれました。
 覚えていてくれたんですね。

 かずまくんの普段のライブでは、
 ソロ・ギターだけでなく
 歌もやっているということで、
 なるほど、CDを聴いてみると
 すべての曲に歌が入っていました。

 歌もとっても美声で予想以上に良かったんですが、
 ボクとしては今回聴いたソロ・ギターも良かったので、
 是非ともソロ・ギターのCDも出して欲しいものです。

 ただ「二兎を追うものは一兎をも得ず」
 欲張りすぎると良くないのかなぁ~・・。

 ならば、歌とインストが入った
 オムニバス的なアルバムだったらいいかも!?

 かずまくんの今後に期待するばかりです。
 
c0137404_23470982.jpg


★   ★   ★

 
 朝イチでかずまくんのライブを見た後は、
 いつものように「ヨコヤマ・ギターズ」のブースに訪ねました。


c0137404_23472129.jpg


 今回もいろいろあります!

 特に目を引いたのは、
 指板に紅葉のインレイを施した作品です。

 こうなるともう芸術品ですね!

 インレイは小川さんだそうで、
 技術にますます磨きがかかっているようです。


c0137404_23472672.jpg

★   ★   ★


 続いてはそんな小川さんを訪ねました。
 「オガワ・インレイ・クラフト」のブースです。

c0137404_23475814.jpg
談笑する小川さんとUさん

 こちらには
 「新しく研究している」という材料を使った作品が
 展示されていました。

 例えばこちら(↓)、
 なんと本物の花を透明樹脂で固めて
 それをインレイとして木に埋め込んであるんです。

c0137404_23475922.jpg

 そしてこちら(↓)は
 「墨絵」をイメージしたインレイ。

 メイプル材の上に淡い墨で描いたようにも見えますが、
 こうした色に着色された木が埋め込まれているんです。

 凄いなぁ~!

c0137404_23475924.jpg

 その他、はやり投影樹脂で千代紙を固めて埋め込んだものや
 白い貝の上に青の樹脂を入れ、青く輝く花に見せるなど
 うっとりするような作品が並んでいました。

c0137404_23475914.jpg
 
 そして会場でお会いすることができた
 いつものギター仲間、Mさん、Uさんと共に
 ボクらの人生をギターで彩ってくれている
 横山さん、小川さん、橋川さんを囲んで記念写真。

 うれしい限りです!
 ありがとうございます!
 
c0137404_23524120.jpg
上段左からUさん、橋川さん、Mさん、ワタクシ、下段左から小川さん、横山さん

★   ★   ★


 さて、この「ヨコヤマ・ギターズ」の隣にブースを構えていたのが
 「岩本ケース」でした。

 ヨコヤマギターでも標準ギターケースとして使っている
 ケース屋さんです。

c0137404_23524107.jpg
Uさんと岩本さん

 ケースというと演奏に直接関係ないし、
 縁の下の力持ち、
 どちらかというと地味な存在ですよね。

 でも以前、テレビ東京系の『和風総本家』という番組の
 「世界で見つけたMade in Japan」というコーナーで
 「岩本ケース」が紹介されているのを見て以来、
 改めて「職人魂」に感じ入っていたところだったんです。

 その番組内容は
 フランスの老舗ギター工房が使っている
 欠かせないギターケースが「岩本ケース」
 というもので、
 番組内では丁寧に作られて行く様子も
 紹介されていました。

 これまたハンドクラフトなんですね!

 以下、番組のテレビ画面の接写です。
 テロップを読みながら見ていただければ
 番組の概要もわかるかと思います。

c0137404_23524144.jpg
 
 ボクはこの番組を見て
 今まであまり意識していなかったケースのことを改めて知り、
 自分のヨコヤマギターの岩本ケースにも
 ものすごく愛着がわいてきました。
 
 やっぱり「作っている人の顔が見える」っていいですよね。
 そんなところも「TOKYOハンドクラフトギターフェス」の
 魅力だったりします。

 そういうわけで岩本さんに直接、
 ケースの作り方だったり、強度のこと、
 どういう材料があるのかなどなど、
 初めてのことをたくさん聞くことができ、
 大変有意義でした。

 ありがとうございました。

c0137404_23524234.jpg

★   ★   ★

 
 さて、「岩本ケース」の正面には
 「デザインボックス」のブースがありました。

c0137404_08125511.jpg

 この「デザインボックス」という家具屋さんが展開している
 「ギターボックス」というブランドは、
 保管用のキャビネットケースうやギタースタンドなど
 ちょっと洒落たギター周辺グッズが扱われています。

 実は、ボクもこちらのギタースタンドを1つ持っていて
 愛用しているんです。

 やっぱり良いギターを持つと、
 ギターの周辺グッズも良いものをそろえたくなるんですよね。

 で、ずっと気になっていたのが、
 こちらで扱っている「ハーフチェア」だったんです。

 「ハーフチェア」、
 何がいいかというと
 楽器演奏用にデザインされているところなんです。

 普通の椅子だと
 背もたれに寄りかかるほど深く座ると
 太ももが固定されて
 少々弾きにくくなるので
 浅く座るようにしますよね?
 でもそうすると背もたれに寄りかかれないし・・
 って感じだと思います。

 その点、この椅子は
 「ハーフチェア」というだけあって、
 始めから座面が半分で
 思いっきり深く座って
 背もたれによりかかっても
 浅く座っているの同じ。
 太ももは自由に動かせて
 演奏しやすいという設計なんですね。

 だから「これはいいな」と思っていたんですが、
 ひとつだけ気になる点があってためらっていたんです。
 
 それは座面にクッションが無いこと。

 デザイン的には無い方がいいのかもしれないけど
 やっぱり座り心地としてはクッションがあった方がいいし、
 その方が滑ることもなくいいなと思っていたんです。

 そうしたらこの度、
 クッション付きのハーフチェアが発売されたそうなんですよね。

 う~ん、これは欲しいぞ!!

c0137404_08125941.jpg

★   ★   ★


 そうこうしているうちに
 伍々慧(ごごさとし)さんのライブの時間になりました。

c0137404_23574728.jpg

 ボクは伍々さんのライブは初めて。

 こうして初めての人のライブをさらっと見れちゃったりするのも
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス」の魅力です。

 ありがたいありがたい。

 中国や台湾など、海外でも評価が高い
 正確で丁寧な演奏を堪能させて頂きました。

c0137404_23524283.jpg

★   ★   ★


 その後、再び展示会場に行くと
 このあとライブ演奏がある南澤大介先生が
 とあるブースで試奏中でした。

c0137404_23524244.jpg

 「オギノ・ギター」のブースで
 製作者の荻野裕嗣さんは、
 「カレラ」などで知られる杉田健司さんの元でギター製作を学び、
 その後渡米してアーヴィン・ソモジさんの元で
 腕を磨いたんだそうです。

 でも、そもそもエレキギターを弾いていたという荻野さんが
 アコースティック・ギターの魅力を知ったのは
 南澤先生の「ソロ・ギターのしらべ」を聴いたからだそうで、
 自分で弾くだけでは物足りず、
 作る側に回ってしまったそうなんです。

 ですから南澤先生の試奏に感激の様子でした。

c0137404_23524265.jpg
試奏する南澤先生と荻野さん

 「職人」というよりは
 「アーティスト」のような風貌の荻野さん。

 そのギターは、
 杉田さんのギターと同様、
 美術工芸品のように
 細部まで繊細に造りこまれ美しく
 アーティスト目線で作られた
 弾きやすいギターでした。

c0137404_23524372.jpg

★   ★   ★


 そして、南澤先生のライブです。

 この日使っていたのは
 ヨコヤマギターズの「AR-WH #299」でした。

c0137404_23524360.jpg

 南澤先生は
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス」に来るのは初めて、
 ライブも初めてということですが、
 もっともふさわしいギタリストの一人ですよね。
 
 音色を加工することなくギターらしいナチュラルな音で演奏しますし、
 入場口脇で販売されている楽譜集は
 南澤先生の楽譜が一番多いのではないでしょうか?

c0137404_23524375.jpg

 久しぶりに南澤先生のヨコヤマギターの音色を
 聴かせていただきました。
 
 そして南澤先生を囲んで記念写真です。

c0137404_23585053.jpg

★   ★   ★


 ところで、会場の外には
 「ターリー屋」というインド料理店があって、
 ちょっと遅い昼食はそこでいただきました。

 ボクの周りでは、ギターというと
 どうも「インド料理が付きもの」なんですよね。

 例えば南澤先生のイベント関係では
 高幡不動の「アンジュナ」。

 横浜・赤レンガ倉庫で行われる
 「フィンガーピッキング・デイ」の時は、
 会場の外でインド関係のイベントが行われていて
 インド料理店が出店していたりするんです。

 そして「TOKYOハンドクラフトギターフェス」では
 「ターリー屋」と。

 ですので、縁起物として頂いた感じです。

c0137404_23590088.jpg
バジルナン&バターチキンセット+キーマ

 いやぁ~、お腹一杯!!

 ギターに、ライブに、インド料理!

 さらにボクの人生を豊かにしてくれた
 ソロ・ギターに関するオールスター
 (南澤先生、横山さん、小川さん)にお会いすることもでき、
 大満足な1日でした!!
 
 みなさん、
 どうもありがとうございました!!



by acogihito | 2017-05-23 23:44 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

ソロ・ギターの魅力、再発見!

c0137404_17041908.jpg
 

 こんな経験をしました。

 先週、信州方面にクルマで行った時、
 片道、4時間近くかかることもあって、
 中学・高校~20歳くらいまでに良く聴いていた曲を
 シャッフル再生にしてじっくり聴いていたんです。

 おととし行われた高校の同窓会のBGM用に
 ボクのウォークマンの中には、
 歌謡曲からニューミュージック、洋楽まで、
 70~80年代にさまざまなジャンルの懐かしいヒット曲を
 400曲ほど集めたソングリストが作ってあったんですよね。

 普段あまり聴くことのないこれらの曲を
 ブルートゥースでクルマにつなげてまとめて聴けば、
 かつてのCDチェンジャーなどでは考えられないほど
 膨大な曲をシャッフル再生ができます。

 中央高速ですから、府中あたりを通る時は
 ユーミンの「中央フリーウェイ」をかけて
 「♪ 右に見える競馬場~、左にはビール工場~」
 を改めて味わったり。

 他にも次々かかる曲たちは、もちろん当時のまま。
 邦楽ならば、どれも歌えるような曲ばかりで
 一瞬にしてその時の気分や感覚が戻ります。


c0137404_17041942.jpg
中央高速、右に見えるやぐらは府中競馬場の施設、左奥の四角い建物がビール工場


 ところが暫くすると
 なんだか急にむなしく、切なくなって
 どうしようもなくなってしまったんです。

 歌と共に当時の様々な記憶が
 鮮明によみがえります。
 
 それは楽しかった思い出もありますが、
 あの時、ああしていれば良かったというような
 後悔の気持ちもあります。

 今でも活躍しているアーティストたちの声も
 みんな若くはつらつとしています。
 でも、今じゃこんな声、出ないよねぇ・・、
 中には亡くなった人もいるなぁ・・。

 シャッフルの加減でそんな曲が次々と再生されました。

 なんというか、もう絶対に取り戻すことができない過去。
 30~40年という過ぎ去った膨大な時間をまざまざと見せ付けられ、
 落胆し、打ちひしがれてしまったんです。

 最新の記憶科学を解説した
 『脳はなぜ都合よく記憶するのか』という本によると
 人間の記憶はテープの再生と違って
 断片的な要素をその都度つなぎ合わせて作るそうです。

 今回はそうした記憶を
 自分の都合のいいようにつなぎ合わせるのではなく、
 当時のままの録音を聴くことによって
 忘れ去りたかった記憶が鮮明によみがえるとともに
 時間の流れまでも明確に感じすぎて
 むなしく、切なくなってしまったのかも知れません。

 同窓会でみんな聴いていた時は、
 単に懐かしいBGMだったんですけどねぇ・・。
 

c0137404_17042061.jpg


 で、音楽をソロ・ギター曲に切り替えました。

 気持ちがスーッと落ち着いてきました。

 ソロ・ギター曲もお気に入りをたくさん詰め込んだ
 ソングリストが作ってあって、
 こちらは通勤時などにも良く聴いているんです。

 ソロ・ギターで聴くと
 例えば『ソロ・ギターのしらべ』に収録されている懐かしい曲も
 適度にオブラートに包まれ、
 「この曲好きだったな」という感じで、
 思い出は思い出として静かにジッとしていてくれます。

 また、ソロ・ギターのオリジナル曲は
 随分前に録音された曲でも
 ボクにとっては「現在」であり、
 今後、練習したいと思っている曲は
 懐かしい曲であっても「未来」なんですよね。

 そんなことも改めて感じました。
 

 今回、懐かしい曲を聴くことで、
 時間の流れをこんなにもショックに感じたのは初めて経験でした。
 それと同時に改めてソロ・ギターの魅力を再発見した気分です。

 ボクにとってソロ・ギターは、
 前を向いて生きて行くための大事な音楽でもあるってわけなんですね!


c0137404_17221514.jpg
 

by acogihito | 2017-05-02 23:30 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

そもそも「音楽」って??

c0137404_12135648.jpg


 毎日のようにギターで演奏を楽しみ、
 通勤時にはウォークマンで欠かさず聴いていますが、
 そもそも「音楽」って何なんでしょうかねぇ??

 最近読んだ『図解雑学 音楽の科学(岩宮眞一郎著)』と
 『響きの科学(ジョン・パウエル著・小野木明恵訳)』という2冊は、
 そんな疑問に答えてくれるとっても興味深い本でした。

 ふむふむ、なるほどなぁ~。

 
 結論から言えば、
 人間が音楽を理解し、
 音楽によって心が動かされるのは
 「脳の働き」によるものです。

 人間の脳は、
 ピッチ(音の高さ)の変化を「意味のある情報」として解釈し、
 ピッチの変化の連なりを「メロディー」として
 認識するんだそうです。

 ちなみにピッチがある「音楽の音(楽音)」は、
 何度も繰り返す波形(周波)からできているわけですが、
 「雑音」にはピッチはなく
 関係のない個々の波が無秩序に集まったものなんだそうです。

 そして、楽器の「音色」については、
 何度も繰り返す波形に含まれる倍音成分が
 個々の楽器によって違うため
 同じピッチでも音色が違うんだそうです。


 ところで、
 人間に聞こえる音(可聴範囲)は、
 20~20000Hzくらいなんて言われてますが、
 イヌやネコはもっと高い音まで
 60000Hzくらいまで聞こえるそうです。

 とすると、
 ボクらが弾くギターの音色も
 ボクらには聞こえない
 もっと高い倍音成分まで聞こえていて
 ボクらとはちょっと違う音に聞こえているかもしれません。

 それに音楽が音楽として聞こえるのが
 人間の脳の働きによるものということは、
 イヌやネコなど動物の脳が、
 もし人間とはちょっと違う働きをするとしたら、
 人間が音楽として聴いているピッチの変化のまとまりも
 ばらばらの羅列にしか聞こえてない可能性もあるということですよね。

 音楽は、人間の脳だから感じる音や響きの美しさで、
 普遍のものではないのかもしれません。




 そういえば、
 スティーブン・スピルバーグ監督が1977年に制作した映画「未知との遭遇」では、
 宇宙人との交信に音楽が使われていましたよね。

 でも果たして本当にできるんでしょうか?

 例えば人間は、ピッチが2倍(周波数が2倍)になれば、
 1オクターブ上の同じ種類の音として認識しますが、
 宇宙人だったら違うかもしれないし、
 音に対する感覚自体が同じとは限りませんからねぇ~。

 本当は音楽で会話なんてできないかもしれません。
 
 そんなこと考えると、
 人間で良かったなぁ~とつくづく感じてしまします。

 この2冊、
 ボクにはとっても面白い本でした。



by acogihito | 2017-04-11 23:03 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

こんな日のために!?

c0137404_00340588.jpg


 3月25日、桜が開花した週の土曜日。
 
 横浜に住む中学時代の同級生のお宅に
 みんなでお邪魔してプチ同窓会が開かれました。

 地元・千葉から快速電車に乗って約1時間。
 待ち合わせした一番後ろの車両はボックスシートになっているので、
 みんなで集まって遠足気分。

 そしてボクはギターを持って行きました。


c0137404_00345183.jpg

 
 同級生の家は、
 横浜駅から歩いて行ける距離の高台に建つ
 歴史的風格を感じさせる洋館でした。

 でも、初めて行くボクたちを暖かく迎え入れてくれ、
 なんだか懐かしい学校の校舎に包まれるようで
 すぐに馴染んでしまいました。

 出てきた料理は、まるでプロが作ったかのよう。

 春らしいメニューで
 味が良かったのはもちろん、
 彼女はデザイナーだから
 器や盛り付け方など
 見た目がとっても綺麗なのも印象的でした。

 そしてボクはソロ・ギターを披露。

 
c0137404_00350465.jpg


 演奏曲目は、
 「イエスタディ・ワンス・モア
 「トップ・オブ・ザ・ワールド
 「スカボロー・フェア
 「22才の別れ
 「あの日に帰りたい」などなど。

 同級生だから
 ボクが弾きたいと思って練習してきたレパートリーは、
 みんなにも懐かしい思い出の曲なんですよね。

 弾き始めると声を合わせて歌ってくれたりしてビックリ!


c0137404_00352077.jpg
 

 みんなが歌ってくれると
 自分のギターの音が聞こえづらくなって
 動揺して間違えたりしたけど、
 こんな日のために練習してきたのかもしれませんね。

 メロディーも伴奏も奏でるソロ・ギターにも、
 普段、実物のギターの生の音を聞かない人にとっては
 「ギターってこんなにいい音なんだね」とも感嘆してたし、
 いやぁ~、良かった良かった!

 ボクにとっても嬉しく楽しく大いに笑って、
 しかも美味しいものをたくさんご馳走になって
 旧友たちにも喜んでもらえて最高のひと時を過ごすことができました。

 みんな、ありがとう!

 また集まりたいものです。
 ギターもさらに練習しておきます!!


c0137404_00354405.jpg

by acogihito | 2017-03-28 00:33 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

さらば「ミュージックランドKEY新宿店」~打田十紀夫 スペシャルライブ~

c0137404_21160399.jpg

 2017年3月4日(土)
 東京・新宿三丁目「ミュージックランドKEY新宿店」の店内で、
 ヨコヤマ・ギターをはじめ、
 たくさんのアコースティック・ギターの前で演奏する
 打田十紀夫さんです。

 実はこの日のライブは、新宿店が
 3月12日で閉店することになったことを受けて
 お客様感謝イベントとして開かれたものなんです。

c0137404_21272353.jpg


 ギター仲間のMさんは、こちらのお店のことを
 「かかりつけの楽器店」と呼んでいますが、
 まさにその通り!

 店長の橋川さんがヨコヤマ・ギターズを担当していることもあって、
 困ったことは何でも気軽に相談できる
 とっても頼りになる楽器店なんですよね。

 ところが諸般の事情で閉店になるそうなんです。
 
 う~む、残念!

 打田さんが「どこかで春が」のCDからの選曲で奏でる
 日本の歌が心に沁みるライブでした。

c0137404_21471281.jpg

 ライブの後は、謝恩会のような懇親会です。

 打田さんはもちろん、
 ワンダートーンの社長さんや
 ヨコヤマ・ギターズの横山さんも一緒に
 店長の橋川さんを囲んで
 み~んな一緒になってワイワイガヤガヤ!

c0137404_21520616.jpg

 いいですねぇ~!

 プロも、アマチュアも
 ギターの作り手も、販売店、お客さんも
 み~んな平等、ただのギター好き。

 ざっくばらんにいろんな話ができた
 楽しいひと時でした。

 閉店と言ってもちっとも
 しんみりしたものではないところも良かったですね。

c0137404_21561337.jpg
打田さんを囲んで、Mさん・Uさんと

c0137404_21562219.jpg
「いい色になったねぇ!」と横山さん、“AR-WR#300”と


 ありがとうございました!
  
 店長の橋川さんは
 ヨコヤマ・ギターズと共に
 また渋谷店に行くそうですが、
 (以前も渋谷店だったんですよね
 渋谷なら新宿三丁目より行きやすいかも!
 先週もモーリスS-92を診てもらったし、
 これからも「かかりつけの楽器店」として
 よろしくお願いします!

 ということで、
 新たな旅立ちを祝って記念写真っ!!

c0137404_21562845.jpg
橋川さん・横山さん・打田さんを囲んで
ヨコヤマギターズ・オーナーの皆さんと
 


by acogihito | 2017-03-07 23:12 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

モーリスの無料調整会に行ってきました!

c0137404_23073197.jpg

 2017年2月19日(日)、
 東京・渋谷の「ミュージックランドKEY渋谷店」で行われた
 モーリス・ギターの「無料調整会」に行き
 ボクの「S-92Ⅱ」を診てもらってきました。

c0137404_23073208.jpg

 当日、調整してくれるのは、
 モーリスのマスター・ルシアー森中 巧さん。

 「フィンガーピッキングデイ」や「楽器フェア」の会場などで
 何度か姿はお見かけしていたのですが、
 話をするのは今回が初めてでした。

c0137404_23073218.jpg

 ボクのS-92にはオガワインレイクラフトの小川さんに
 ネームのインレイが入れてもらってあります

 森中さん、真っ先に気になった様子で
 「さすが上手いもんですね」と感心。

 そして、さっそく各所を丁寧に診てもらいました。

 弦高をかなり低く設定してあるので、
 「6弦がビビりませんか?」ということだったんですが、
 「普段弾いていてそれは気になりません」ということで
 それはそのまま。

 ボクとしてはフレットの擦り減りが気になっていたので、
 「そっちはどうでしょう?」と聞いてみると
 「1・2弦がだいぶ減ってますね」と。
 「ただ、今は擦り合わせの道具は持ってきてないのでお預かり」
 ということで、松本の工場で調整してもらうことになりました。

 ではでは、よろしくお願いします。

 今は調整して戻ってくるのを待っているところです。
 やっぱりモーリスのマスター・ルシアーの方に診てもらえば安心ですよね。

 ボクにとって「S-92」は、
 ほかのギターを弾いてみる時などに
 「S-92と比べてどうか」とか
 アコースティック・ギターの「基準」のようなギターなんですよね。
 
 だからそのギターが調整されて帰ってくるのは嬉しい限りです。

 どうぞよろしくお願いします。

c0137404_23073222.jpg
寡黙でハンサムなモーリスのマスター・ルシアー森中さんと


by acogihito | 2017-03-02 20:05 | ★アコギ関連 | Comments(0)