タグ:★弾ける曲、弾きたい曲 ( 55 ) タグの人気記事

 

『星に願いを』を弾いてみました!




 『ソロ・ギターのしらべ~至高のスタンダード篇』に収録されている
 「星に願いを(When You Upon A Star )」を弾いてみました。

 1940年公開の「ピノキオ」の主題歌で
 「虹の彼方に」と共にディズニーのスタンダードナンバーですよね。

 この曲(アレンジ)の難易度は「B」。
 ある程度までは割とサッと弾けるようになったんですが、
 そこから先が思ったより苦労しました。

 どうも運指が悪いようで、
 パッと切り替えられずに
 音が途切れてしまうんです。

 いろいろ試して運指を変え
 ようやくある程度スムースに弾けるようになってきました。

 本当は
 さらにもっと練習してからアップした方が良かったんですが、
 できることなら仙台や阿佐ヶ谷など
 旧暦に合わせて行われる「七夕」に
 間に合わせてアップしたいと
 少々急いでしまいました。

 星に願いを!

 もっともっと上達できますように~!


c0137404_23565260.jpg



 ちなみに2017年の本当の旧暦の七夕は
 8月28日になるそうです。
 現代の太陽暦と随分ズレるもんなんですね。

 でもこれなら梅雨もすっかり終わり
 天の川も見え、織姫と彦星も会えそうですね!
 (ん?台風が心配か?)

 星に願いを!

 ちなみにギターは、
 Yokoyama Guitars AR-GB #555
 です。


by acogihito | 2017-08-07 23:35 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

『 Hey Hey 』を弾いてみました!




 エリック・クラプトンが『アンプラグド』で弾いている
 『 Hey Hey 』をソロ・ギターで弾いてみました。

 歌の部分は、南澤先生の
 『ソロ・ギターのしらべ~至高のスタンダード篇』を、
 イントロや間奏のお決まりのフレーズは
 エリック・クラプトンの『アンプラグド』バンド・スコアを
 参考にしました。


c0137404_12082394.jpg


 ただ、原曲のような跳ねるような感じ、
 歯切れ良く弾く感じが難しくて
 なかなかうまくいきませんでした。

 また、ボクにとってはとっても速くて指が追いつかず、
 原曲のCDと合わせて練習すると
 いつも遅れる感じだったのですが、
 それを意識しすぎたせいか原曲よりやや速め、
 後半に行くにしたがって走る傾向になってしまいました。

 でも、いくつか撮った中でこれが今のベストでした。

 しかし、改めて原曲と聴き比べてみると、
 リズムの安定感がまるで違いますね。

 前回投稿した『思い出の鱒釣り』の方が
 これよりは落ち着いて聞けるので、
 やっぱり、速くて指が追い付かないような曲は
 良くないのかもしれません。

 とはいえ、弾いてみたいと思った曲ですから
 とりあえず弾けて良かったです!


 ちなみに原曲は、↓ こちらです。
 


 この曲については「こちらの記事」にも書いていますので
 よろしければごらんください。


by acogihito | 2017-05-16 23:30 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

Hey Hey

c0137404_12082394.jpg


 ここ最近、『Hey Hey』という曲を練習しています。

 エリック・クラプトンが1992年に発表したアルバム
 『アンプラグド』に収録されているブルース・ナンバーで、
 オリジナルは1920年代から活躍したブルースマン、
 ビッグ・ビル・ブルーンジーが1951年にレコーディングしています。

 クラプトンは1945年生まれですから
 ブルーンジーがこの曲をレコーディングした時はまだ6歳くらい、
 実際に聴いたのはもう少し歳が経った
 多感な少年時代になってからでしょうか?

 そして『アンプラグド』をレコーディングしたのは1992年1月、
 クラプトンは3月生まれですから46歳の時なんですよね。 (ちなみに今、72歳)

 この曲をクラプトンが初めて聴いた時から40年近い時間が経過し、
 原点回帰のように改めて弾いた感覚は、
 ボクが少年時代に聴いた
 『天国への階段』や『22才の別れ』を弾いてみたくなる気持ちと
 近いものがあるのかもしれません。

 ボクはこの曲を『アンプラグド』で初めて聴いたんですが、
 その後、ビッグ・ビル・ブルーンジーのオリジナルはどんなだろうと
 CDを買って聴いてみました。
 今はAmazonのおかげで安く手軽に手に入りますしね。
 しかも凄いもので、
 ビッグ・ビル・ブルーンジーの演奏動画も
 YouTubeにアップされているんですね!
 ちょっとビックリ、
 いろいろ勉強になります。

 ビッグ・ビル・ブルーンジーの生まれた年ははっきりせず、
 1893年、または1898年だそうですから、
 1893年なら『Hey Hey』をレコーディングした時は58歳、
 1898年生まれなら53歳、
 けっこう年齢が行った時の曲なんですよね。
 エリック・クラプトンが演奏したのも46歳でしたから、
 “大人の楽曲”と言う感じです。
 
 つまり今のボクにもちょうどいいんですね!?ww


 
 
 ところで、エリック・クラプトンの『アンプラグド』は、
 「アコースティック・ギターって素晴らしい!」と
 改めて世界中の人々に知らしめた名アルバムですよね!

 電子楽器が発達した1980年代は、
 ボーカル以外はすべてプラグでつないだ
 「ライン録り」レコーディングにとんどん変化していった時代です。

 そこにあがらうように
 あえてプラグをつながない『アンプラグド』に挑戦したカッコよさ!
 しかも多重録音ではなく、ライブの一発録り!!

 「生音っていいな!」「アコギっていいな!」って多くの人に思わせ、
 80年代、低迷していたアコースティック・ギターを蘇らせるきっかけを作った
 まさに救世主的なアルバムです。

 ボクも当時、「いいなぁ~」と再認識し、
 「バンド・スコア」を買っているんですよね!
 上の写真の右側、黄ばんだ楽譜がそうなんですが、
 そんな『アンプラグド』が発売されてから、もう25年になるんですね。
 これまたちょっとビックリです。

 まあ、ボクがソロ・ギターを始めてからももう10年にもなるし、
 そんなものかぁ。時の経つのは早い。
 
 さて、当時は上手く弾けないまま終わった『Hey Hey』、
 改めてはじめた練習は、一人でするのはもちろんなんですが、
 クラプトンのCDと合わせて弾くのがとっても楽しいんです。
 
 案外スピードが速くて
 最初は合わせることすら難しかったんですが、
 だんだん出来るようになってきました。

 でも、右手がもつれるところがあったり、
 後半になるとバテてきたり、
 前腕部の指を動かす筋肉が痛くなってきたり、
 今はまだ四苦八苦。
 “大人の楽曲”だから楽かと思えばあに反せず体育会系で、
 熱血クラプトン監督に必死に付いていく
 中距離ランナーのようです。
 
 ブルースの背景にある歴史や
 奥に潜む魂の叫びのような難しいことはまだまだ良くわかりませんが、
 単純にカッコよく心地よい音楽として
 楽しみながら練習しています。




by acogihito | 2017-04-04 12:07 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『思い出の鱒釣り』を弾いてみました!



 打田十紀夫さんの『思い出の鱒釣り』を弾いてみました。

 ボクが初めて買ったソロ・ギターのCDに収録されていた
 まさに思い出の曲であり、
 先日は打田さんに直接習うこともできた
 運命的な曲でもあります。

 今までポピュラー・ソングやロックなどをソロ・ギターにアレンジした
 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」から演奏してきましたが、
 ギター用に作られた曲にチャレンジするのは今回が初めてです。

 押尾コータローさんのように叩いたりする派手さはないのですが、
 イントロの1弦の開放を交えたオープン・ハイ・コードの響きや
 ハーモニクス、ハンマリング・オン、プリング・オフなど
 ギターらしいフレーズがふんだんに入った大好きな曲なんですよね。

 先日、打田さんに受けた特別レッスン
 運指など、細かい部分まで教えてもらえ、
 全体としてかなり上手く弾けるようになったんですが、
 1か所、Aメロの8小節目、A7のところで、
 ジャッと軽くストロークする部分の弾き方を聞きそびれ
 あいまいなのがちょっと残念です。

 
c0137404_18310703.jpg


 ところで、この曲の入ったCD「思い出の鱒釣り」が発売されたのは1998年

 アウトドア・マガジン「BE-PAL」がプロデュースしたもので、
 やはりBE-PALがプロデュースした
 「フライ・フィッシング・エリア・ガイド」という
 CS放送用の番組に提供された楽曲などが収録されています。

 CDの帯には
 「アコースティック・ギター・サウンドによる
  究極のフライ・フィッシング・ミュージック

 なんて書いてあります。


c0137404_17542450.jpg


 実は当時、ボクはブラッド・ピットが主演した
 映画「リバー・ランズ・スルー・イット 」(1993年公開)の
 美しいフライ・フィッシングのシーンに魅せられて、
 フライ・フィッシングに挑戦していたんですよね。

 で、CS放送での番組は見られなかったんですが、
 BE-PALの別冊として出版された
 「フライ・フィッシング・エリア・ガイド」の本は購入したんです。
 そしてその中に掲載されていたCD「思い出の鱒釣り」の広告を見て、
 興味を持って買ったんだろうと思います。
 
 改めて見てみると、その広告には、
 「ひとりでベースからリードまでギター1本でこなす
  フィンガーピッキングという奏法で人気のアコースティック・ギタリスト
  打田十紀夫氏の美しいサウンドを全12曲収録

 なんて書いてありました。


c0137404_18284977.jpg
1995~96年ごろ、フライフィッシングでニジマス釣り (まさに思い出の鱒釣り)


 そうそう、先日、打田さんにレッスンを受けた時
 この曲の誕生秘話をいくつか教えてもらいました。

 まず、曲のイメージは、
 BE-PAL編集長からの
 「アメイジング・グレイスのような曲」
 というリクエストに応えて、
 メロディから作っていったそうです。
 実は最初に、同じCDに収録されていて
 もう少しアップテンポで跳ねる感じの
 「毛鉤釣りに行こう」を作ったものの、そう要望され
 急きょ1日で作ったんだとか。

 でも、その追い詰められ感が名曲に結びつきましたよね。

 打田さんはフライフィッシングの経験はないそうですが、
 やったことがある身からすると
 穏やかに流れる川の水面がきらきら光る情景、
 魚が跳ねる水音、かかった時の手の感触などがよみがえる
 見事な曲です。

 それからイントロは、
 松田聖子の「Canary」のイントロからヒントを得ているんだとか。

 なるほど、そう言われてみれば、そんな感じですよねぇ。
 ボクは松田聖子の曲も大好きでしたから
 この曲も好きになったのかも知れませんねぇ。

 まさに出逢うべくして出会い、
 好きになるべくして好きになった曲なんですね。


c0137404_21045522.jpg


 ちなみに楽譜は、
 1998年のCDが出たときに買って
 当時も弾いてみようと試みたものの
 全く歯が立ちませんでしたね。

 そして19年経って、
 今回はかなりスムースに弾くことができました。
 やっぱり今までの練習の甲斐があったというものです。

 例えば、曲の途中、
 6度のハーモニーが繰り返し出てきて、
 普段なかなかしない、やっかいな指の動かし方の部分があるんですが、
 これは、南澤先生の「ソロ・ギターのための練習曲集」に収録されていた
 「練習曲第2番 右手」のフレーズにちょっと似ていて
 その練習のおかげでスムースに弾けたって感じです。
 嬉しいなぁ~!


 ところでこの曲は、
 ブルース的なコード進行ではないものの、
 どことなくブルースっぽいようなアメリカ的雰囲気が漂うのは、
 この6度のハーモニーのなのせいかもしれません。

 打田さんの「これで完璧!アコースティック・ギターの基礎」という本には
 「6度のハーモニーはカントリーやブルースで利用されることが多い」
 な~んて書いてありましたからねぇ。


c0137404_18285560.jpg
今でも持っているフライ・フィッシングの道具(左の網がランディングネット)


 そうそう、ブルースと言えば
 映画「リバー・ランズ・スルー・イット」の舞台は、
 1910~20年ごろのアメリカだそうですから、
 ちょうどブルースが誕生し、広まり始めたころなんですよね。

 で、その「リバー・ランズ・スルー・イット」でも描かれていた
 フライ・フィッシングの道具は、今でも木で作られたもの多く、
 例えば、釣った魚を取り込む時に使う「ランディングネット」の枠の木の
 種類の違う木をスライスして張り合わせた感じの作りが、
 どこかギターのバインディングに似ているような気がするんです。

 で、そのギターなんですが、
 ネックの脇に付けられた小さなポジション・マークを見ていると
 小学生のころ使っていた「そろばん」に似ているなと思うことがあるんです。

 そろばんにもポジション・マークみたいのがポチンとありますよね?

 それで、そろばんと言えば「トモエのそろばん」だなぁ~。
 昔、使っていたっけなぁ~、と。


c0137404_20240683.jpg


 で、その「トモエのそろばん」のマークでもある「巴」と言えば、
 ボクのヨコヤマギター「AR-WR #300」のロゼッタ・デザインは
 「巴」にちょっと似たイメージがあるよなぁ~などと思い、
 今回使うことにしてみたってわけなんです。


 というわけで、
 ボクにとってはまさに「思い出の鱒釣り」なこの曲、
 練習中は、連想ゲームのようにいろんなことが頭の中をめぐりめぐって
 いろいろなことがつながってくる様子を楽しみながら弾いていました。

 いやぁ~、楽しかったなぁ~!!
 ありがとうございました!!

 
c0137404_2362117.jpg



by acogihito | 2017-03-21 18:25 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

弾きたい曲がいっぱい!

c0137404_10131721.jpg

 ソロ・ギターを始めて10周年を迎え、
 「11年目からはどうしようかなぁ~」なんて考えていたら、
 弾いてみたいと思っていた曲、
 やろうと思ってやっていなかったことを
 どんどん思い出してしまいました。

 例えば、打田さんの本を買ったものの手を付けてなかったとか、
 押尾さんやイサトさんの曲で弾いてみたい曲があったんだとか、
 もちろん「ソロ・ギターのしらべ」の中にも
 まだまだ弾きたい曲がたくさんあったとか、
 アッといういう間に20曲くらい集まってしまったんです。

 今後は、それらの曲を少しずつ練習して、
 弾けるようにしていきたいと思います。

 それと、今まで練習してきた曲も
 忘れないようにしないとねぇ。

 せっかく練習して弾けるようになっても
 しばらく弾かないと忘れちゃって
 それがとっても残念なんですよね。

 どれも好きな曲たちばかりだけら
 できることならいつでも弾けるようにしておきたい。
 そのためには時々弾いて練習して、
 忘れないようにしなくてはいけません。
 これはもう忘却との闘いです。

 そんなことをしているうちに
 もう少しスムースに弾けうようになれるといいなぁ~、
 楽譜なんかもさらさら読めるようになれるといいなぁ~、
 なんて思っています。

 いやぁ~、まだまだやりたいことがいっぱいで
 時間が足りない感じです。
 
 うれしさ、楽しさ、ワクワクは、まだまだ終わりそうにありません。

 

by acogihito | 2017-01-18 01:12 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『 スターティング・オーヴァー 』 を弾いてみました!



 南澤大介先生の
 『ソロ・ギターのしらべ~至上のジャズ・アレンジ篇』に収録されている
 ジョン・レノンの「スターティング・オーヴァー」を弾いてみました。

 「新しいスタート」を歌った曲ですから、
 ソロ・ギターを始めて10周年のボクにはちょうどいいかな?
 と、思いまして・・。

 とはいえ、この曲は、
 活動休止中だったジョンが、さあ再出発だと
 約5年ぶりの1980年10月に発表したものの、
 2か月後の12月に凶弾に倒れてしまったわけですから、
 あまり縁起がいい曲ではないのかも知れません。

 でもボクにとっては、
 「新しいスタート」のイメージにピッタリなんですよね。

 この曲を弾いてみようと思ったのは、
 もう9年も前の2008年

 まあ、いつも弾いていたわけではないですけどね。

 ただ、このアレンジは、
 紙面の都合でサビの部分が省略されているんですよね。
 それが残念で仕方なく、当時、南澤先生にレッスンを受け
 アドバイスしてもらい自分なりに付け加えてみました。
 
 その後、同じく南澤先生アレンジの
 『ジョン・レノン/ソロ・ギター・コレクションズ』という楽譜集が出版され、
 こちらはフルバージョン、しかもオリジナルキーと魅力的だったんですが、
 やっぱり挑戦するのは初めて聴いて感動した
 こちらのバージョンにしてみました。

 「10年後には上手くなっていたい」と始めたソロ・ギターですが、
 気持ちが焦って、テンポが走り気味、
 リズムもヨレたりしてますが、
 まあ、こんなもんでしょう。
 
 JUST LIKE STARTING OVER!

 10年経って、新たなスタートです!!

 

by acogihito | 2017-01-11 21:36 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『 ノルウェーの森 (Norwegian Wood )』 を弾いてみました!



 南澤大介先生のCD 『COVERS vol.1』に収録されている
 ビートルズの名曲 「ノルウェーの森 (Norwegian Wood )」を弾いてみました。

 原曲は → こちら
 南澤先生のお手本は→ こちら です。

 南澤先生アレンジのこの曲を初めて聴いたのは、
 もう6年以上前のことになります。

 イントロなど基本は
 ビートルズでジョン・レノンが弾いたのと同じように演奏しますが、
 1弦にプラスチック片を微妙に弦と当たるように取り付け、
 シタールのような響きを出すのが特徴です。

 このプラスチック片などによる音の装飾は
 南澤先生の著書「はじめてのソロ・ギター入門」によると
 『プリペアド・ギター(Prepared Guitar)』っていうんですね。
 ピアノの特殊奏法にプリペアドピアノという
 弦に金属を挟んで音色を変化させる方法があるんだそうですが、
 そのギター版だそうです。

 「COVERS vol.1」のCDや
 「はじめてのソロ・ギター入門」が出た当時(2008~9年ごろ)
 南澤先生はパソコンのマックのUSBに付いていたキャップを
 プリペアド・ギターにするためのプラスチック片として使っていました。( ↓ )

c0137404_19431624.jpg

 で、ボクも同じような音がするものはないか、
 当時いろいろ試してみた結果、( ↓ )
 ケーブル類を束ねる「結束バンド」を切って使うと
 同じような効果が得られることがわかったんです。

c0137404_19433142.jpg

 最近では南澤先生も「結束バンド」を切ったものを使っていますよね。

 南澤先生にはソロ・ギターのこと、音楽のこと、
 いろいろなことを教わりましたが、
 唯一、ボクのアイデアで南澤先生に採用されたのが、
 この「結束バンド」なんです。

 だから南澤先生がライブなどで「結束バンド」の話をする時は
 なんだかちょっと嬉しかったりします。ww


c0137404_20433223.jpg
 
 ところで、この「ノルウェーの森」では
 ジョンはギブソンの「J-160E」という
 アコースティック・ギターを弾いています。( ↑ )

 実はボクは、かつてビートルズのコピーバンドで
 ジョン・レノンの役をやっていた
こともあって、
 この「J-160E」を持っているんですよね。


 ということで、試しに
 「J-160E」で弾いてみたのが( ↓ ) こちらです。



 出だしの音などビートルズっぽい気がするんですけど
 いかがでしょうか?

 ビートルズの演奏は → こちら

 ところで、この「J-160E」は、
 エレキギターとしても使えるように
 マグネチック・ピックアップが付いているんですが、
 アンプを通して弾いた時のハウリング防止のためもあって
 ボディのトップに共鳴しにくいラダー・ブレイシングが使われ、
 あまり振動しないようになっているんです。

 その分、アコギとしての鳴りはあまり良くないんですが、
 でもそれがバンド演奏に混ざると
 ビートルズのCDで聴くことができる
 特有のキャンキャンとか
 ギャンギャンした音になるんですよね。
 特に固いピックでストロークをすると顕著です。

 そんなわけで、ギターとしては
 あんまりソロ・ギターには向いていないんですが、
 この曲に限るとビートルズっぽくて
 ちょっとイイ感じもしますかね。

 今回はそんなことも含め、
 いろいろ試しながら楽しく弾けました。

 ご清聴、ありがとうございました。



by acogihito | 2016-12-14 00:05 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

『 いとしのレイラ (LAYLA) 』 を弾いてみました!



 南澤大介先生の
 『 ソロ・ギターのしらべ~悦楽の映画音楽篇 』 に収録されている
 『 いとしのレイラ 』を弾いてみました。

 エリック・クラプトンがデレク・アンド・ザ・ドミノスというバンドで発表した
 ロックの名曲です。


 ちなみに原曲は、↓ こちら!


 いやぁ~、この曲、
 「悦楽の映画音楽篇」の中で難易度は「B」なんですが、
 弾いてみると、それ以上に難しく感じました。

 確かにある程度まではすぐに弾けるんですが、
 原曲の雰囲気がなかなか上手く出せないんです。

 原曲は、たくさんのギターが多重録音され、
 とっても賑やかですからねぇ。
 
 それをソロ・ギターにすると
 どうしてもスカスカな感じがしてしまって・・・。

 ということで、自分でも譜面上の隙間に
 音を入れられるんじゃないかと思って加えてみたり
 いろいろ研究してみました。

c0137404_16433839.jpg

 最初のうちは「おっ、いい感じ!」と思ったんですが、
 8分音符が並ぶ感じなって
 だんだん、どこがメロディだか、リフだか、
 はっきり分からなくなってきちゃったんです。

 で、結局、元の南澤先生のアレンジに戻しました。

 そして、改めて、
 南澤先生のアレンジは大したもんだと納得した次第です。


 さらに、このアレンジの素晴らしいところは、
 後半のピアノ・インスト部分まであるところなんですよね!

 前半の激しく荒々しい求愛部分と、
 後半の静かな安らぎ部分があってこそ、
 「いとしのレイラ」ですもんね!!

 この部分は、自分でちょっとだけ手を加えて、
 楽譜より長くしてみました。


 そして、エンディングでは、ちょっとギミックというか、
 デュアン・オールマンへのオマージュをささげてみました。

 デュアン・オールマンは、
 原曲の「いとしのレイラ」に参加しているギタリストで、
 流麗なスライド・ギターを聴かせていますからね。

 というわけで、ようやく通して弾けたので、
 YouTube にアップした次第です。

c0137404_16575651.jpg


 ところで、この曲を初めて弾いたのは、2008年
 もう8年も前になるんですね。

 当時、ソロ・ギターで再現されたロックの三大名曲である
 『 ボヘミアン・ラプソディ 』 『 天国への階段 』、
 そして、この『 いとしのレイラ 』を弾けるようになりたい!
 と夢見ていました。

 それが今では、とりあえず弾けるようになって
 YouTube にアップできたんですから嬉しいですし、
 全く弾けなかったころを思うと夢のようです。

 なんか、大いなる満足感を味わっています。

 改めて3曲、並べてみました。
 





by acogihito | 2016-10-23 00:20 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

『 世界に一つだけの花 』 を弾いてみました!



 南澤大介先生の著書
 「ソロ・ギターのしらべ」シリーズの4作目、
 「官能のスタンダード篇」に収録されている
 『世界に一つだけの花』を弾いてみました。

 作詞作曲は槇原敬之さん、
 SMAPが2002年に発売したアルバムに収録され、
 2003年3月にシングルカットされて
 大ヒットした名曲です。


 ボクは、この曲の
 「ナンバーワンにならなくてもいい
  もともと特別なオンリーワン」
 という歌詞が、
 「人それぞれの個性を認め合う
 寛容な社会を目指そうよ」という
 メッセージのように感じて気に入り、
 当時、シングル盤を買っているんですよね。

c0137404_1240474.jpg

 アイドル・グループなのに
 ジャケットや中にも顔写真がないところにも
 「誰かが目立つのではなくみんな平等」
 というメッセージと
 楽曲の良さで勝負という
 心意気を感じました。


 ところで、
 「ソロ・ギターのしらべ」シリーズは、
 長年愛され続けているスタンダードナンバーや
 定番曲を中心に選曲され、
 ソロ・ギターにアレンジされていますが、
 「官能のスタンダード篇」が発売されたのが
 2003年10月。

 ということは、
 この『世界に一つだけの花』は、
 シングルが発売されて、まだ半年足らずの
 ほやほやの新曲のころに
 選曲されたってことですよね。

 それから13年経ち、
 今ではすっかりスタンダードナンバーになっていますから、
 まさに先見の明があったというわけです。


 一方で、13年も経ってしまいましたが、
 ボクのソロ・ギターのレパートリーの中では、
 今でも一番最近の曲だったりします。

 時の流れは早いなぁ~・・・。
 
 ちなみに使用ギターは、Yokoyama Guitars AR-GB #555
 収録方法については、“こんな感じ” でやっています。


by acogihito | 2016-07-10 00:58 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

『 明日があるさ 』 を弾いてみました!



 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ~至高のスタンダード篇」から
 『明日があるさ』を弾いてみました。

 難易度は「A」の曲なんですが難しかったです。
 2月の発表会では見事に撃沈しました・・・。

 この曲にはメロディーの合間などに16分休符が入っていて、
 それが歯切れの良い感じを出しているんですが、
 それを弾くためには消音をしっかりしなくてはならず、
 そうすると指がこんがらがるんですよね。

 音を出す16分音符を弾いた後に
 16分音符のために音を止めなくてはならないので、
 指を2倍動かしているようなもんですからねぇ~。

 発表会では見事にそこがグシャグシャになってしまいました。

 それからまた練習し、
 今回、とりあえず YouTube にアップです。

 弾けてくると楽しい曲なんですが、
 なかなか上手く弾けません。

 でも、明日があるさ!

 いずれもっと上手く弾けるようになるんじゃないかな
 と夢を与えてくれる曲です。


 ところで、この曲ではグライダー・カポを使って、
 原曲のように半音ずつ上がっていくようにしてみました。

 移動させるタイミングと力加減に慣れるのに苦労しましたが、
 何とかなりました。

 よ~し、明日があるさ!
 
 新年度も頑張ろう!!

by acogihito | 2016-03-27 00:01 | ★アコギ関連 | Comments(0)