タグ:☆グッズ ( 17 ) タグの人気記事

 

ケース好き、収納好き

c0137404_13191370.jpg


 ギターのケースに
 グランドオープリーを使っていることもあって、
 街や電車の中で同じようなケースを持っている人を見かけると
 ついつい目が行ってしまいます。

 アコギはもちろん、エレキやベース、
 チェロやバイオリンなどは何となく形でわかるんですが、
 その他にもいろいろな形をしたケースをかついでいる人がいて、
 一体、何が入っているんだろうと思ってしまいます。

 下が広がっているケースは、ラッパ系の楽器が入っているのかな?
 これはでっかいからチューバか何か??
 花笠を背負ったようなケースはホルンだろうか??などなど。

 グランドオープリーのケースを買った時は、
 随分 高価なケースを買ったものだと思っていましたが、
 クラシック系の楽器のケースはソフトケースが少なく、
 どれも高そうなものばかりですよね。

 チェロなんて大きいから一体いくらくらいするんだろう??
 それだけで大変・・、なんて余計な心配までしてしまいます。

 でもお気に入りの楽器を
 お気に入りのケースに入れて出かけるのは嬉しく楽しいものですよね。


c0137404_13310113.jpg


 お気に入りのケースと言えば、上の写真は、
 キャンプなどで使っているお気に入りのケースです。

 もう30年ほど使っているでしょうか。
 「Outodoor」なんていう2001年に廃刊してしまった雑誌のシールが
 いまだに堂々と貼ってあったりしますが、
 こういうプラスチックのケースはあんまり変わらないから
 それほど古さを感じず普通に使っています。

 大きさは40㎝×25㎝×25㎝。
 大きさの目安に手前に置いたのはSHUBBのカポタストです。


c0137404_15540702.jpg


 この中に、
 長年使っているアウトドア・クッキング用具などを
 ド~ンと入れてあるんです。

 ボクは収納好きと言いますか、
 ピタッと収めるのが好きなようで、
 サイズの違ういろいろな道具をパズルのように重ね合わせ
 隙間なく効率的に収納できると嬉しいんですよね。
 しかも、取り出しやすく、しまいやすく。

 そしてこのケースを持って出かけるキャンプ
 日帰り車中泊などはやっぱり嬉しく楽しいんですよね!
 

c0137404_13310602.jpg

 
 改めて全部取り出して広げてみると自分でもびっくり、
 随分たくさん入っているものですねぇ。
 
 ちなみにこのケースは玄関脇の下駄箱にしまってあって、
 災害時でもパッと持ち出せるようにしてあります。

 まあ、そういう用途で使う時は嬉しくも楽しくもないでしょうから、
 地震など災害が無いよう願うばかりですけどねぇ・・。



by acogihito | 2017-04-18 13:14 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

お気に入りのクリップ・ウォッチ (カラビナ・ウォッチ)

c0137404_2058428.jpg

 ソロ・ギターをはじめてから腕時計をしなくなりました。

 以前はしてたんですけど、
 なんだか左手首に負担を感じるようになってきたんです。

 でも時計は必要なので、クリップ・ウォッチ、
 またはカラビナ・ウォッチと呼ばれる時計を愛用しています。

 お気に入りは、
 「DAKOTA」というアメリカのブランドで、
 現在は「Angler II 」という
 カラビナ・ウォッチを愛用しています。

 懐中時計もいいなと探したんですが、
 トラディショナルなものばかりで、
 なかなか気にいるデザインが無いんです。

 いいなと思えるのは、
 「DAKOTA」の製品だけで、
 こういうダイバーズウォッチのようなデザインのものは
 他にはないんですよね。

 作りもガッチリしていて気にいっています。

 この「Angler II 」という時計は、
 名前の通り、
 本来は釣り師向けの時計で、
 時計のほかに方位磁石、
 裏側には温度計なんかも付いています。

 価格は日本円にして10000円前後と
 比較的リーズナブル。

 最近、モデルチェンジして、
 右のオレンジのデザインになり、
 さらにダイバーズウォッチのような
 アナデジ時計に生まれ変わりました。

 う~ん、デザインはより良くなりましたねぇ~!

 ただ左側、シルバーの旧型に付いていた
 LEDの小型ライトが無くなったのは
 ちょっと残念。

 地下鉄、地下街、エレベーターなどで
 地震などのトラブルに会って真っ暗になった場合、
 小さくてもしっかりした明りが
 心強いのではないかと
 思っていたんでねぇ・・・。

 本当ならこれにメトロノームなんかが付いていたら
 ギタリストっぽくていいんですけどね!

 ボクは、このカラビナ・ウォッチを
 ズボンのベルトループにぶら下げて愛用しています。
 
c0137404_20585226.jpg

by acogihito | 2016-08-07 00:57 | ☆その他 | Comments(0)  

なんだかんだで SONY 好き

c0137404_171676.jpg

 最近、スマホの調子が悪くなって困っていました。

 修理や調整してもらうことも考えたんですが、
 根本的な使い勝手や性能も悪かったので思い切って買い換えてしまいました。
  (写真の一番手前)

 新しい機種はソニーの 「Xperia AX SO-01E」。

 話題の「Xperia Z」とも比較してみたんですが、
 大きさ、持ちやすさ、重量、デザイン、性能、その他で
 ボクにとって一番バランス良く感じたので選びました。
  (Xperia Zの方がちょっと大きく持ちづらかった)
 かつてのソニー得意の「世界最小・最軽量」の謳い文句を思い出すような機種で、
 ブランド名が「Sony Ericsson(ソニー・エリクソン)」なんかじゃなく
 「SONY(ソニー!)」なのもいいですね。

 集めてみると、ボクの周りには「SONY」の製品がけっこうあります。
 テレビにHDDブルーレイレコーダー、
 デジタルビデオカメラにデジタルスチールカメラ、
 ウォークマンにクルマのポータブルナビゲーター、
 そういえば自動車保険もソニー生命です。
 特に意識しているわけではないんですが、
 なんだかんだで「SONY」好きなんですね。

 やっぱりボクが子供のころから変わらない「SONY」のロゴを見ると
 トリニトロンカラーテレビ以来の世界のソニーという感じがして、
 安心・信頼しちゃうんですね。

 それに仕事でもソニー製品のお世話になることも多いですし、
 親しみを感じることもあるようです。

 考えてみれば、子供のころからロゴやマークが変わっていないのは、
 ソニーとホンダと三菱くらいですもんね。
 ナショナルはパナソニックになったし、トヨタにはまだ今のマークはなかったし、
 東芝も違ったし、日立もモーターマークをもっとよく見かけたし・・・。
 変わらず頑張っているソニーを密かに応援したい気持ちがあるのかもしれません。

 ウォークマンも iPod から久しぶりに乗り換えて使い始めました。
 音がいいこと、ソニー同士なので、
 HDDブルーレイレコーダーやスマホとの連携も良く、
 今のところいい感じです。

 かつては壊れやすいとも言われたソニー製品ですが、今はどうかな?
 生活の主流の機器をソニーに委ねるのだから頑張って欲しい。
 さすがソニー!世界のソニー!と思えることを願ってやみません。

 

by acogihito | 2013-03-24 17:44 | ☆その他 | Comments(2)  

「三種の神器」 通勤編

c0137404_21213124.jpg

 今、通勤で欠かせない三種の神器。

 ドコモのクロッシィのスマホ「MEDIAS N-04D」と
 第4世代「iPod touch」と
 それらをブルートゥースの無線でつなぐ
 ノイズキャンセリング・ワイヤレスヘッドセット
 「SONY DR-BT150NC」です。

 1年前には考えられませんでしたね。

 1年ほど前に職場が変わり、
 通勤時間が90分以上かかるようになってしまったんです。

 この時間を如何に有効に使うかが課題だったんですが、
 これらのおかげでかなり解決しています。

 まず、ブルートゥースのイヤホンで iPod touch の音楽を聴きます。
 ノイズキャンセル仕様なので、電車のノイズが減り、
 グリーン車に乗っているかのような優雅さ。

 この大きさで、ワイヤレスで、これだけの効果が得られれば大満足です。

 ゆったり静かな環境でソロ・ギターを聴き、
 スマホでメールやフェイスブックなどをチェック。

 万が一、電話がかかってきてもブルートゥースはスマホにも繋がっているので、
 呼び出し音はイヤホンの中。すぐに対応できます。

 そしてスマホでテザリングすれば、iPod touch もネットにつなげられますから
 「iPhone」と同じようなことだってできるんです。

 それよりスマホでのテザリングは、ウルトラブックのパソコンつなげば、
 より本格的に仕事のメールや文書なども処理することがでるのがいいいですよね。

 いやぁ~、便利になりました。

 制約されていた電車の中で、今まで以上に
 かなりいろいろなことができます。

 仕事のデータにしてメールでやり取りをすることが多くなってきた今、
 「どこで」より「いつ」の方が大事になってきますから、
 職場にいなくても仕事ができるのは嬉しい限り。
 始業時間を90分以上早くできるようなものです。

 電車の中ではギターのバーチャルトレーニングや指を動かす練習もしますが、
 やっぱりこれは本物のギターにはかないません。

 通勤時間を有効活用して、少しでも時間を余らせて、
 ギターの練習にあてられるといいんですけどねぇ~。

★後日談・・・

by acogihito | 2012-10-05 21:52 | ☆その他 | Comments(2)  

DAKOTAの「カラビナ・ウォッチ」

c0137404_2045216.jpg

 それまで、腕時計は必需品だったのですが、
 手首が太くなったのか、「きつい」と感じるようになってから、腕時計をはずし、
 カバンに入れたり、ポケットに入れたりして使っていました。

 たまに時計屋さんを見かけると、
 「何か、イイ感じの懐中時計とかはないだろうか?」と探したりもしてたんですが、
 なかなか気に入ったものが見つかりません。

 そんな折、ふと見かけたのが、この時計です。

 「カラビナ・ウォッチ」と言って、
 アメリカのDAKOTAという会社が、
 アウトドアマンを意識して設計した時計なんだそうです。

 ほう!
 アウトドアなら、カヌーキャンプが好きなボクにはちょうどいいかも!
 デザインもイイし、値段も4000~5000円程度からと、けっこうお手軽!
 ・・ということで、早速、購入してみました。

 文字盤のサイズはちょうど腕時計くらいです。
 でも、腕につけるようにはできていないので、
 けっこう頑丈で、腕時計と比べるちょっと重いんですね。

 そしてカラビナのような金具で、カバンにぶら下げたり、
 ズボンのベルトループにひっかけたりして使います。

 ちなみに左のタイプは、文字盤の上にレンズが付いていて、ずらして使えばルーペになり、
 簡易型の方位磁石が付いています。
 右のタイプは、先端にLEDが付いていて、
 暗闇でちょっとした懐中電灯になる機能が付いているんです。

 う~ん、なかなかいいな!
 ようやく今の自分に合った腕時計に代わる時計を見つけたという感じです。
 
 DAKOTAの「カラビナ・ウォッチ」には、
 いろんな機能の付いた、いろんな種類があるので、
 今度は温度計やデジタル時計なんかも付いたタイプも欲しいなぁ~。

by acogihito | 2010-05-18 20:32 | ☆その他 | Comments(6)  

ウィンドウズセブン

c0137404_20553990.jpg

 ジュワッ!

 アリャッ!?

 先日、突然、Windows VISTAのパソコンの電源が入らなくなってしまいました。

 その症状の雰囲気からして、マザーボードの不具合かなぁ~って感じです。

 う~む、困った・・・。

 困ったけど、修理でお金がかかるのなら、
 この際、動作に問題のあるVISTAから新しいOSに乗り換えようと思って、
 新たなヒーロー「Windows7」のパソコンに買い換えました。

 なるほど!

 基本的な画面や起動音などはVISTAとは変わらないものの、
 いろいろなところを直したらしく、動作はとっても軽やかです。

 さまざまなデータも、これまでの失敗の経験から、
 外付けのハードディスクに入れたりしていたので、
 乗り換えもスムーズにできました。

 HDテレビとの連携など、新機能もいろいろあるようなので、
 ボクにとっては、どんな機能が役立ちそうなのか、
 これから徐々に研究していこうかとも思っています。

 うん、まあ~、修理代よりはだいぶお金がかかったけど、
 VISTAがいまいちだった分、「Windows7 は、来年くらいには欲しいな」
 と思っていたところなので、まあ、良しとしましょうかね。
 それに「〇〇〇セブン」という語感には
 ボクらの世代は親しみを感じてしまいますしね。

 よ~し、これからはセブン、頼んだぞ!

by acogihito | 2010-04-05 21:30 | ☆その他 | Comments(2)  

ロボット掃除機 「SO-ZI」くん

c0137404_17515719.jpg

 昔、読んだ小説に「夏への扉」というものがありました。

 ロバート・A・ハインラインというアメリカ人が書き、
 1957年に出版されたタイム・パラドックス物の王道のようなSF小説です。

 この中に「文化女中器」という
 今では考えられないような凄い名前の機械が出てくるんですが、
 それは、人間の手をわずらわせないで部屋中を掃除する「ロボット掃除機」でした。

 小説が発表されてから半世紀以上、
 ボクが読んでからも30年近い歳月が流れた2009年の今、
 本当にあるんですね、ロボット掃除機が。
 
 で、買ってしまいました。
 「CCP」というバンダイ・ナムコ・グループの会社が作っている
 「SO-ZI PREMIUM CZ-903」というロボット掃除機( ↑ 写真)です。

   (「ソージー」という名前もなかなかイージーで凄いなぁ!)

 定価は4万2000円だそうですが、購入価格は約3万円。

 これを高いと見るか、安いと見るかは人それぞれでしょうが、
 ボクにとっては「買い」でした。

 このソージーくん、
 本体前方のバンパーのような部分がセンサーになっていて、
 障害物にぶつかると方向転換。
 本体の裏側には落下防止センサーも付いていて、
 約10センチほどの段差があると危険を察知して方向転換。
 本体左右のブラシが回転して、
 ゴミをかき集め、吸い込みながら前進するんです。

 そして、「直進→ランダムに方向転換」「円弧→小回り・大回り」
 「壁面に沿って半円運動」 「ジグザグ走行」など、様々な動き方をしつつ、
 これらを繰り返すうちに部屋中を綺麗にしてくれるというわけなんです。

   (我が家の場合、3つの部屋を自分で移動して掃除してくれます!)

 しかも、充電ステーションを設置して、タイマーをセットしておけば、
 毎日、指定の時間に掃除をはじめ、
 バッテリーがなくなってくれば
 自分で充電ステーションに戻って充電するという優れもの。

 外出中の時間にセットしておけば、
 その間に自動で掃除しておいてくれるんです。

 あっちにゴツン、こっちにゴツンとぶつかっては方向転換しながら、
 文句も言わずに掃除するソージーくんの姿は、けなげでかわいいもの。
 見ていても飽きません。

 それで、いつの間にか部屋中を綺麗にしてくれるんですから、本当にありがたい!
 ボクにとってはまさに「文化女中器」って感じです。

   (でも、名前はソージーくんの方がいいね!) 

 いつの間にか今が、SFの舞台になるような未来になっていたんですねぇ~。

by acogihito | 2009-09-23 18:28 | ☆その他 | Comments(6)  

良い1年でした!

c0137404_1125997.jpg

 何だか気か付いたらいつの間にか年の瀬になっていた感じがして、あわてて、
 今年も例年のように銀座の「伊東屋」に行って、オリジナルカレンダーを買ってきました。

 2008年は、個人的にはものすごく振幅の大きな1年でしたが、
 ギターに関して言えば、まさに充実の1年
 
 それは明治維新の文明開化のよう、
 霧が晴れ渡ってパッと視界が開けたような1年でした。

 ソロ・ギターを始めて2年目の今年、
 それは何と言っても「PAN SCHOOL OF MUSIC」の専科コースで
 南澤大介先生に直接、指導を受けられたからにほかなりません。
 
 それまで、モヤモヤしていたギターに関する様々なことが見えるようになってきたし、
 技術的な基礎部分も理解できるようになってきました。
 ありがたいことです。

 ただ、いろいろ見えるようになってきて、自分の立ち位置もわかるようになってきた分、
 自分の目標地点がまだまだず~っと先であるということも見えてしまったんですが、
 それは来年以降の目標、お楽しみにしたいと思います。
 
 今年1年、南澤先生には本当に感謝する次第です。
 ありがとうございました。

 また、このブログなどを通じて多くの方と知り合うことができました。
 さらにいろいろな情報を知ることもできました。
 みなさん、どうもありがとうございました!

 さあ、また来年、さらにステップ・アップできるように頑張ろっ!

 来年がどんな1年になるか、本当に楽しみです!!!

c0137404_11402977.jpg

by acogihito | 2008-12-30 11:44 | ★アコギ関連 | Comments(8)  

サンダーバード2号

 突然ですが、自慢の一品と申しましょうか、お気に入りの一品を ご紹介します。

 恥ずかしながら、かつて大人買いしてしまった
 タカラの144分の1シリーズ「サンダーバード2号」!!

 はじめから塗装してあって、かなり良くできています。

c0137404_014374.jpg

 サンダーバード2号は全長76.2mという設定なので、144分の1でも52.9cmもあります。

 しかもこれは、電動でジャッキ・アップ脚が伸縮するんです。

c0137404_0184549.jpg
c0137404_0185574.jpg

 ボクがサンダーバードのプラモデルを初めて買ったのは、もう37~8年前でしょうか?

 当時250円のイマイのサンダーバード2号。

 当時の伸縮脚は真っ赤な棒が折りたたんであって何ともかっこ悪かったけど、
 それがついに電動で伸縮するようになるとは「涙モノ」です。

c0137404_0213467.jpg

 当時のイマイのサンダーバード2号のプラモデルは、全長20cmくらいだったでしょうか?

 これは52.9cmもあるし、コンテナ内部も実に良く出来ています。

c0137404_0241312.jpg

 そして、子供の頃はとても出来なかった、劇中シーンをリアルに再現できるんです。

 ちょっとばかり「特撮」風に写真を撮ってみましょう。

c0137404_0252482.jpg

 「高速エレベーターカー」発進!

 おお~! エンジン音が聞こえてきそうですねぇ。
 なんだか嬉しくなってしまいます!

 さらに、以前発売された「コナミの食玩」も組み合わせれば、一連のシーンを再現できます!

 (BGMもスタート!

c0137404_027318.jpg

  間に合うか? 高速エレベータカー!

c0137404_0275992.jpg

  「見事、ファイヤーフラッシュ号を受け止め、着陸させることに成功!」
  ・・って感じでしょうか。

*    *    *

 さて、お次は144分の1スケールで統一された、別売りの「サンダーバード4号」!

c0137404_0304134.jpg

c0137404_0311750.jpg

c0137404_0313381.jpg

*    *    *

 さらに、やっぱり144分の1スケールの「ジェットモグラ」は、
 ラジコンで自走し、ジャッキアップし、専用ディスプレイを使えば、
 ドリルを回転させながら穴を掘って前進するシーンまで再現できるんです。

c0137404_0333861.jpg

c0137404_0335251.jpg

c0137404_034388.jpg

c0137404_034356.jpg

c0137404_0345071.jpg

c0137404_0362360.jpg

c0137404_035225.jpg


 もちろん、年中、こんなことやって遊んでいる訳ではありませんが、
 子供の頃、憧れた気持ちがいまだに生きていて、ワクワクしちゃうんですよね。

 自分でも「バカだなぁ~」とは思うけど、
 これがボクの原点のひとつであることには違いありません。

by acogihito | 2008-04-05 00:42 | ☆その他 | Comments(4)  

自転車、買いました!

c0137404_16191494.jpg

 自転車を買いました。

 ある計画のため、「クルマに積める自転車」が必要になったからなんですが、
 気持ちとしては「サンダーバード2号に積むマシン」みたいなイメージがあるんで、
 もっとかっこいいイメージのMTBタイプも良かったんですが、
 荷物を積めるようにする必要があったので、
 荷台のあるママチャリのような20インチの「折りたたみ自転車」を選ぶことにしました。

 でも、シマノの6段変速機とリアサスが付いてるんですよ。

 「Raychell(レイチェル)VO-206R-07」という自転車で、
 価格は、LED5連ライトとディンブル錠が付いて、Amazonで1万3千751円。

 さすが中国製、安いもんです。
 なんだかんだと言って、ありがたい国ですよねぇ。

 他に前後に取り外しが簡単にできるカゴを2つ買ったので、
 合計は2万円弱といったところ。
 まあまあってとこかな?

c0137404_16333028.jpg

 てな訳で、早速、近所を一周りしてみました。

 考えてみれば、自分で自転車を買うのは初めてのことなんですよね。

 子供の頃、親に買ってもらった「サイクリング車」以来。
 乗るのもずいぶん久しぶりです。

 だからなのか、
 20インチとタイヤの小さい自転車だからなのか、
 ウチの周りは、けっこう坂が多いからなのか、
 6段変速のギヤが付いてるからといって、
 ちょこっと一周りしただけなのに、思ったより疲れてしまいました・・。

 まあ、最近は休みといえばギターの練習で、
 手の筋肉は使っても、足の筋肉はほとんど使っていませんでしたからねぇ・・。

 でも、アコギといい、自転車といい、とってもナチュラルな感じだし、
 これからしばらく、近所の移動は自転車でしてみようと思っています。

c0137404_16352810.jpg

by acogihito | 2008-04-01 17:24 | ☆その他 | Comments(8)