最高に楽しかった! ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団

c0137404_21350573.jpg


 ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団
 「ニューイヤー・コンサート2019」に行ってきました。

 会場は東京・初台にある
 東京オペラシティコンサートホール

 木に包まれたような
 ギターのボディーの中にいるような
 とっても音の良い素敵なホールでした。
 

c0137404_21350589.jpg


 「クラシック」というと格調が高くて教育的で
 ロックやポップスで育ってきたボクには敷居が高い感じがして、
 ましてや本場ウィーンから来た錚々たるメンバーの楽団のコンサートに
 何にも知らない素人が行っていいのかな?なんて思っていたんですが、
 これがとっても楽しくて大感動!
 
 ヨハン・シュトラウス2世が活躍した19世紀は、
 産業革命も終わり市民が台頭してきたころですから、
 音楽もそれまでの宮廷向けから
 大衆向けにも広がり始めたころなんでしょうね。
 
 パンフレットを見ると
 曲は、喜歌劇や舞踏会、
 さらには工業会社協会のために作られた
 などと説明が書いてあります。

 ということは、
 今でいえば映画音楽だったり、
 ダンスミュージックだったり、
 CMソング的な曲だったりするんでしょうか?

 つまり約140年前のポピュラーミュージック??

 140年というとずいぶん昔な感じもしますが、
 ビートルズの「ホワイトアルバム」だって、
 発売から50年も経っているわけですから。
 そう考えるとさほど古くもないような気がしてきます。

 指揮者のヨハネス・ヴィルトナーさんは、
 とっても陽気で明るく、曲が終わると
 「コンニチハ!」「トウキョウ!」「アリガトウ!」「スバラシイ!」から
 「アケマシテオメデトウ」まで、
 ロックコンサートの外タレさんのように
 片言の日本語を操って会場を沸かせます。

 さらに曲紹介や
 楽団員と軽妙なやり取り、小芝居で笑わせたり、
 それはボクがイメージしていたそれまでの
 格調高くてお堅いイメージだったクラシックのコンサートではなく、
 ロックやポップスと同じ
 お客を楽しませる最高のエンターテインメントでした。

 スバラシイ!!


c0137404_21350509.jpg


 一方、演奏は、その場でポンと
 最高の音質で録音されたCDのプレイボタンを押したように
 42人の息がぴったりでバランスも音質も最高!!
 PAを使わず生音だからより良い音なんですよね。
 曲が終わると心から拍手してしまします。

 そうそう、そういえばあんまり知らない曲が多い中、
 その一部に聴いたことがあるメロディーが入っている曲もけっこうありました。
 いろんなところで使われてきた有名なメロディが多いんですね。


 最後の曲は、有名な「美しく青きドナウ」。

 曲が始まったら何だか涙が出てきてしまいました。

 なんていうか、「本物!」という感じ。

 それは初めてポール・マッカートニーのライブに行って
 本人が歌う「レット・イット・ビー」を聴いた時の感動に似ていました。


 そして、アンコール!

 ニューイヤー・コンサートだからか、
 ♪と~しのはぁ~じめのためしとて~
 と「一月一日」という曲。
 これ、日本の曲ですよね?
 凄いサービス!

 さらに何曲もアンコールがあって、
 最後は「ラデツキー行進曲」で、
 手拍子のコール・アンド・レスポンス。

 指揮のヨハネス・ヴィルトナーさんが会場内の位置を指し、
 次は2階席、次は3階席、今度は1階、最後は全員で!
 みたいな感じでやるんです。

 感覚としてはロック・コンサートと同じ。
 大いに盛り上がりました!

 いや~、楽しかった!


c0137404_21350560.jpg


 終演後には
 指揮のヨハネス・ヴィルトナーさんが
 大汗をかいたままロビーに出てきてサイン会です。
 
 サービス精神旺盛なんですね!
 スバラシイ!!

 CDを買うとサインしてくれるそうで
 もちろんボクも買いました。
 
 だって「美しく青きドナウ」の
 本物が収録されているCDですもんね!

 サインももらい
 ギュッと握手して
 感謝の気持ちを伝えてきました。


c0137404_07435262.jpg
 

 ボクは日本の中で、
 クラシックのイメージを間違って持ってきたようです。

 格調高くて気難しく教育的、
 厳かで失礼があってはいけないなんてイメージでしたが、
 やっぱり音楽なんだから「楽しく」が基本なんですね!

 なんかとっても良かった!

 指揮のヨハネス・ヴィルトナーさん、
 そしてウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団のみなさん、
 本当にありがとうございました!
 

c0137404_21350668.jpg

# by acogihito | 2019-01-14 23:33 | ☆その他 | Comments(0)  

『 蒼空 』を弾いてみました!



 中川イサトさんの『蒼空』を弾いてみました。

 「Daybreak 2」というコンピレーションアルバムと
 「Sketch」というアルバムに収録されていますが、
 両者は曲の構成が違っていて、
 今回弾いたのは「Sketch」のバージョンです。

 この曲を初めて聞いた時には
 山の上から見た大空、そして天頂の濃い青色の空、
 さらにゆっくりと流れる雲というイメージがしていたんですが、
 正月の雲ひとつない快晴の青空にも合うなと思い、
 弾いてみたんです。

 この曲の特徴のひとつに
 「和の音色」があります。

 イサトさんは、ギターの1~4弦を
 紙テープのようなもので微妙にミュートして、
 琴のようなサウンドにしています。

 だからか、お正月のイメージにも合うんですよね!

 今回、ボクもそのサウンドに挑戦してみました。


c0137404_15322741.jpg


 ところでこの曲は、
 どちらかと言えばシンプルですよね。
 それほど難しそうには感じません。

 だけど、ボクとっては思った以上に苦労させられた曲でした。

 なんていうか、押さえるポジションが
 似ているけど違うというところが多くて、
 つい押さえ違えてしまうことが多かったんですよね。

 さらに「もう少し上手く弾けるんじゃないか?」
 なんて欲張ったのはいいんですが、
 ある所から進歩が無くなってしまって、
 なかなかノーミスで弾けず苦労しました。

 今回も数か所、危ないところがあるんですが、
 でもまあ、なんとか弾ききれたので、
 とりあえずこれで良しとします。


 イサトさんの曲はこれで2曲目。

 チューニングは前回弾いた
 「Mah-Jong Piece」と同じオープンD6!
  (6弦からD,A,D,F#,B,D)
 イサトさんらしい響きが気に入っています。


c0137404_18062221.jpg

# by acogihito | 2019-01-07 16:42 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

2019年、今年の目標

c0137404_18454822.jpg


 明けましておめでとうございます。

 2019年、今年は、平成最後の年ではありますが、
 2020年の東京オリンピック・パラリンピック、
 さらには2025年の大阪万博へと向かう新しい時代への始まり、
 節目の年になりそうですね。

 そんな2019年、「今年の目標」なんですが、
 「技術力アップ!」にしたいと思います。

 実は去年、野村重存さんに水彩画を習う機会があり、
 その時の言葉に気付かされたことがあります。

 曰く、「絵は技術力。技術を学べば誰でも上手く描けるようになります。」

 確かに、遠近法や色の混ぜ具合や濃さなど、
 教えられたことを守りながら描いたら
 自分が思う以上に上手に描くことができました

 これはギターにも言えることですよね。

 以前、南澤先生にいろいろ習ったことを思い出すと
 その多くは技術についてでした。

 「高度なテクニック」、
 難易度の高いテクニックでなくても
 「基本的な技術力」がしっかりしていれば
 当然、演奏も良くなるはずですよね。

 当たり前と言えば当たり前のことですが、
 これまで特に意識することなく来てしまいました。

 どうもボクはその辺が弱いような気がします。

 ということで今年は「技術力アップ」を目標に
 常にそのことを念頭に置いて日々の練習をしていこうと思います。
 そうすればきっと、ダラッと弾いているより上手くなるに違いない!
 そう信じて行こうと思います。

 さあ、今年も良い1年になりますように。
 みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。


c0137404_18454833.jpg

# by acogihito | 2019-01-01 19:18 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

沖さんと村治さんのCD

c0137404_15350045.jpg

 この週末は、
 沖仁さんの新作CD『スペイン』と、
 村治佳織さんの新作CD『シネマ』を
 じっくり堪能しました。

 実は
 「アコースティック・ギター・マガジン Vol.78
 2018年秋号の特集記事で
 CDが紹介されていたのを見て、
 その時に買っておいたものなんですが、
 なんだかんだでバタバタしてて
 なかなか聴けなかったんですよね。

 どうせなら特集記事を読みながら
 じっくり聴きたいと思っていたので。


c0137404_16431266.jpg


 いや~、良かったです。

 記事を読みながら聴くと、
 奏法や苦労や工夫したところ、
 レコーディングの様子などのほか、
 その曲に対する思いなども分かり、
 グッと深く聴き入ることができます。

 この2枚のCD、
 村治さんはデビュー25周年、
 沖さんは昨年デビュー15周年の後に
 移籍してからの第1弾と、
 共にひとつの節目を迎えた
 記念すべきアルバムなんですよね。

 そうだからなのか、この2枚には
 何か共通点があるように感じました。

 共にご自身の原点を振り返りつつ
 新たな一歩を踏み出している。
 録音が一発録り。
 ギターではない曲をアレンジしている。
 共に「禁じられた遊び」が収録され、
 お二人に共通するギタリストに
 ジャンルの違う渡辺香津美さんがいる。

 そしてなんと言っても
 熟成されたお二人の演奏は
 聴いていてとても心地が良いんですよね!

 いや~、良かった!
 ただCDを聴いたというよりも
 何だかすっごく癒されながら
 優雅な時間を過ごすことができました。

 沖さん、村治さん、
 そしてアコースティック・ギター・マガジンに感謝です!





 おっと、ネット検索していたら
 村治さんと沖さんが共演している動画がありました。
 クラシックとフランメンコという普段それぞれが弾かれている曲とは違い、
 どこかゴンチチのような曲調!

 う~ん、いいですねぇ!!


# by acogihito | 2018-12-24 16:37 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

映画 『ボヘミアン・ラプソディ』

c0137404_19415749.jpg


 「クイーン」のフレディ・マーキュリーの
 苦悩と葛藤を描いた話題の映画
 『ボヘミアン・ラプソディ』を観てきました。

 クイーンは中学~高校の頃、良く聴きましたからね!

 ただ、そういった裏事情はよく知らなかったので、
 素直に感じ入り、楽しみました。

 役者さんがみんな良く似ていて
 それも良かったです。

 そして最後の「ライブ・エイド」のシーンは圧巻でした。
 確かに涙が出るシーンです。
 歌詞がそれまでの様々な問題と
 つながってくるからなんでしょうかねぇ?
 とっても深く感じます。


 ところで、クイーンの
 「ボヘミアン・ラプソディ」は大好きで
 ボクもソロ・ギターで弾いたことがあります
 今週末は映画を思い出しながら
 新たな気持ちで弾いてみました。

 忘れてる箇所もあったけど、
 譜面を見ながら弾いたら
 すぐに思い出してきて
 それもうれしかったです。

 そうそう、そういえば、
 映画が公開されてから以前YouTubeにアップした
 演奏動画のアクセス数が増えているんですよね。
 
 まあ、それほど大きな数字ではないですが、
 「映画の人気がボクのところにまで来ているのか!」
 と驚きました。

 きっと
 たまたま検索してヒットしたんでしょうけど、
 願わくば、
 「アコギ1本でこんなことができるのか!」と
 ボクがかつて驚いたように
 ソロ・ギターの魅力を少しでも多くの人に
 知ってもらえたら幸いです。

 ということで、よろしければ、
 その「ボヘミアン・ラプソディ」を
 ご覧(お聴き)ください。




 この演奏はフル・コーラスではないのですが、
 南澤大介先生の『ソロ・ギターのしらべ~感涙のバラード篇』には
 フル・コーラス・バージョンが収録されたので、
 改めて練習してみようかなぁ~?


# by acogihito | 2018-12-17 23:32 | ★アコギ関連 | Comments(0)