「DEPAPEK0(デパペコ)」に癒された~

c0137404_08264681.jpg


 9月に入ってなんだかんだと忙しく
 「疲れたなぁ~」と思っていたら
 AmazonからCDが届きました。

 予約していた
 押尾コータローさんとDEPAPEPE(デパペペ)の
 コラボレーションユニット「DEPAPEKO(デパペコ)」の
 企画アルバム「PICK POP!」です。

 オリジナル曲ではなく
 J-POPや自分たちの曲のカバーなんかが入っています。

 全体として、
 押尾さんがリズムと伴奏で
 DEPAPEPEのお二人が
 メロディーとオブリガートなどを弾いている感じでしょうか?

 じっくり聴き込むというよりBGMにいいみたい。

 悪く言えばお店で流れてる軽音楽みたいなんですが、
 疲れた体にジワッと沁み込んで来て
 それがとっても心地よいんです。

 昨日届いて、今日まで
 家にいるときも電車の中でも
 ヘビーローテーションです。

 でも、何気なく聞いて、
 BGMみたいっていうのは簡単だけど、
 これ、ギター3本で弾いていると思うとスゴイです。
 普通にバンド編成で演奏してるみたいですもんね~。

 アコースティック・ギターの可能性に
 改めて驚かされるCDでもあります。

 ふぅ~、癒される。

 ありがとう!
 押尾コータロー、DEPAPEPE!!
 元気を取り戻しました!!


# by acogihito | 2018-09-19 23:26 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

人間と音楽の関係って??

c0137404_21163284.jpg


 『音楽の感動を科学する
  (福井 一 著/化学同人)
 『心を動かす音の心理学
  (齋藤 寛 著/ヤマハミュージックメディア)
 という本を読んでみました。

 どちらにも
 音楽は人間にとって何なのか?
 音楽が人間の行動にどう影響するのか?
 などが書かれています。

 そして
 「文字のない文化はあっても
 音楽のない文化はない

 ということが書かれています。

 どうやら
 人間にとって音楽は、
 文字よりも大切な
 基本的な行動の一つのようです。

 生きていく上で
 必要不可欠とは思えない音楽がなぜ?

 両書では、それを
 いろいろな側面から語っていますが、
 やはり究極は、人と人の結びつき、
 社会的結束力の強化のようですね。

 原始の時代、
 人々はリズム中心の音楽で
 高揚し協調し、
 狩りや漁をしていたのではないか?

 産業革命以降、
 音楽は社会構造の変化とともに複雑に発展しているなど
 社会と音楽の関係についても語っています。

 また、
 音楽は人を操ることができるとして、 
 宗教の結びつきや
 政治の関係についても語っています。

 例えば、
 ナチスは音楽を支配することによって
 自らの政策を国民に浸透させた、など・・。

 さらに
 お店などに流れるBGMのあるなしや種類によって
 人間の行動がどう変化するか、などなど。

 そこには
 人間の脳の働きと密接な関係があって、
 音楽を聴くとさまざまな物質が脳から分泌されて
 人間の感情に訴えるのだそうです。

 そんなことが分かってくると、
 ブルースやロックが生まれたわけ、
 労働歌や反戦歌の意味なども
 なんとなく納得です。

 近年、音楽は、
 医療や教育で応用され、
 さらに心のメカニズムの解明にもつながると
 研究が重ねられているそうです。

 それでも、
 そもそもどうして
 人類は音楽を持っているのか?
 その起源は?など、
 まだまだ謎が多いのも
 音楽なんだそうです。

 ところで、この2冊は、
 一方が大学教授の福井 一氏、 
 もう一方が音環境コンサルタントの齋藤 寛氏
 というお二方がそれぞれの立場から書かれていますが、
 両書は呼応・補完するようで
 どちらか一方ではわかりにくかったことが
 もう一方を読むことで良く分かったりするんです。
 
 ギターを通じて、
 日々音楽に親しんでいるボクにとっては、
 とっても興味深いことが書かれていた2冊でした。
 

# by acogihito | 2018-09-10 23:05 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

容量を増やしたい!

c0137404_20023869.jpg


 ボクが使ってきた歴代のウォークマンです。

 右(写真奥)から、
 「カセットテープのウォークマン」。
  (25年くらい前?)
 真ん中が「MDウォークマン」。
  (15年くらい前?)
 左が現在使っている
 「内臓フラッシュメモリーのウォークマン」です。
  (5年くらい前から?)

 その間、ずいぶん進歩してきましたよねぇ。
 容量も増えました。

 カセットは90分テープで、
 20曲とか30曲くらい入ったでしょうか?
 それが今、内臓フラッシュメモリー64MBで、
 2000曲とか3000曲とか、
 約100倍です。

 う~む、
 人間もそうならいいんですけどねぇ・・・。

 ボクが今までYouTubeにアップした演奏動画は37曲。

 そのどれもをアップした当時と同じくらい弾けるといいんですけど
 どうしても忘れちゃったりするんです・・・。

 古い曲を弾くより、
 新しい曲を練習している方が楽しいから、
 半年とか、1年とか、全く弾いてなかったりすると、
 すっかり忘れててガッカリです・・。

 一度インストールしたものは
 忘れなきゃいいのに・・・。

 何かいい方法はないものか?
 記憶の容量を増やす方法はないものか??

 ウォークマンやパソコンなど、
 記憶媒体の容量はどんどん増え
 進歩しているのに、
 人間はちっとも変わらないのが
 何だか残念でなりません・・。


# by acogihito | 2018-09-03 23:02 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

ソロ・ギター・ネクスト・ジェネレーション

c0137404_07131923.jpg

 
 2018年8月24日、
 リットーミュージックから発売された
 新しいソロ・ギターの楽譜集
 『SOLO GUITAR NEXT GENERATION
 を買ってみました。

 そのHPには
 こんな謳い文句が書いてあります。

 =========================
 南澤大介『ソロ・ギターのしらべ』、
 岡崎倫典『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集』
 といったロングセラーを生み出してきたリットーミュージックがおくる、
 次世代のためのソロ・ギター曲集が満を持して登場です。
 =========================

 『SOLO GUITAR NEXT GENERATION
 ~フィンガースタイリストのための新世代名曲20~

 なるほど、
 次世代のためのソロ・ギター曲集、
 新世代名曲かぁ~・・。

 旧世代のボクは、
 南澤先生の
 『ソロ・ギターのしらべ』や
 岡崎倫典さんの
 『フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集』は、
 収録曲の90%は知っていたけど、、
 こちらでは90%くらいしか知らないんですよね・・(泣)。

 でも、
 アレンジを担当した井草聖二さんが
 いい仕事をしているな、ってのはわかります。
 変に特殊奏法に頼らず、
 的確なアレンジをしているように思うんです。

 「はじめに」の文章を読んでみると、
 井草さんは、南澤先生の
 『ソロ・ギターのしらべ/スタジオジブリ作品集』で
 練習を重ねてきた、なんてことが書いてあります。

 『ソロ・ギターのしらべ/スタジオジブリ作品集』
 が発売されたのが、2005年。
 もう13年も前ですから、
 井草さん、まさにネクスト・ジェネレーションなんですね!

 ボクは、収録曲の90%を知らないけど
 90%以上知っている若い世代が、
 ボクが「ソロ・ギターのしらべ」第1作で受けたのと同じような
 衝撃と感動を受けるのかなぁ~
 受けてくれるといいなぁ~
 と願ってやみません。

 と、その一方で、
 旧世代向けの
 「ソロ・ギターのしらべ」の新作も
 そろそろ欲しいなぁ~、
 出してくれませんか?なんて、
 それも願ってやみません。


# by acogihito | 2018-08-27 23:11 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

本栖湖でキャンプ、富士山の絶景に癒される

c0137404_18453805.jpg


 2018年8月17日~19日、
 富士山の麓にある湖、
 富士五湖のひとつ「本栖湖」で
 2泊3日のキャンプをしてきました。


c0137404_18452856.jpg


 一緒に行ったのは、
 中学時代からの友人N氏。

 お互い気を使わない、
 気の置けない親友です。


c0137404_18455935.jpg


 陽が暮れて夕食は、
 焼き鳥と焼き肉、
 卵スープにご飯。

 じっくり、ゆっくり、しっくりと・・・。


c0137404_18463703.jpg


 夜は早くテントの中に入り、
 読書好きのN氏は本の続きを堪能。

 キャンプ用のベッドに
 自分の寝袋を使えば、
 家にいるように寛げるんです。


c0137404_18471976.jpg


★   ★   ★



c0137404_18471958.jpg


 翌朝。
 テントを開けると富士山が目の前に!
 しかも朝焼け!


c0137404_18471995.jpg


 さまざまな表情を見せる富士山を
 一日中、いつでも味わえるのは
 このキャンプしかありません。


c0137404_18475616.jpg


 朝の空気はピリッと冷たく、
 早くも秋の気配がします。
 

c0137404_18475648.jpg


 朝食は、ハムエッグに もやし炒め、
 コンソメスープに牛乳、カフェオレ!
 
 そしてパンにつけるジャムは、
 友人N氏が自宅で育てたブルーベリーを使った手作り!
 これが最高に美味しくて、
 さらに富士山!


c0137404_19131640.jpg


 昼食は、
 これまた友人N氏による「そうめん」。

 キャンプでそうめん!

 これもとっても美味しいんです。
 

c0137404_18483111.jpg



 午後の時間は、
 それぞれ好きなことをして、
 ゆ~っくり!!


c0137404_18485306.jpg


 夕方、
 富士山は頂上付近だけ夕陽に照らされて
 美しく輝いていました。


c0137404_18491381.jpg


 夕飯の第1部は、
 昨夜の残りの焼き肉を
 キャンプ用アルコールストーブを使って
 ミニロースターで!

 これが炭火のように
 美味しく焼けるんですよね。


c0137404_18500893.jpg


 第2部はキャンプの定番カレー!

 やっぱりキャンプでカレーは最高に美味い!!


c0137404_18494119.jpg


 そして
 夜のひと時は「たき火」です。


c0137404_18503381.jpg


 いつも同じようにちょろちょろ燃える炎。

 でも同じ形には2度とならない。

 海の波と同じように
 見ていて飽きないんですよね。


c0137404_18503324.jpg


★   ★   ★



c0137404_18505798.jpg


 翌朝は、
 朝靄に包まれた荘厳な風景でした。


c0137404_18505762.jpg


 そんな景色を見ながら
 モーニングコーヒー!

 最高!!


c0137404_18505747.jpg

 何の不満も不安も心配もなく、
 優雅にのびのびしっくりと
 心からリラックスできた2泊3日でした。

 ありがとう!!
 友人N氏には感謝感謝です。



# by acogihito | 2018-08-20 23:57 | ☆その他 | Comments(0)