<< グラスネイルの研究 その2 「...      南澤先生直伝レッスンPart2... >>

グラスネイルの研究 その1 「グラスネイルとは?特徴と基本」

c0137404_4181731.jpg

 今回は、グラスネイルを使ったことがない方や
 「グラスネイルってどんなものなんだろう?」と思っている方のために
 ネイルカンパニーの佐藤瑛利子さんに伺った話を基に
 ボクなりの観点から、その特徴と基本をまとめてみたいと思います。
 

★そもそもグラスネイルとは?
 もともとは、女性の爪のおしゃれ用のために存在していたグラスネイルですが、
 ギタリストとしては「爪を補強する」という機能に着目して使用するようになりました。

 グラスネイルを自分の爪に装着(塗る)することによって、
 爪にピックを張り付けたような状態になり、
 激しくピッキングしても爪が変な形に減ったり、割れたりする心配もなく安心です。

 同様の目的もので「スカルプチャー」や「カルジェル」という商品もありますが、
 作り方(塗り方)や、出来上がった時の質(硬さ)に違いがあります。


★グラスネイルの特徴
 まず、作り方(装着方法、塗り方)が簡単です。

 「スカルプチャー」は、作る時(装着作業時)にとっても嫌な臭いが出るんだそうです。
 また「カルジェル」は、硬化させる時に専用の紫外線ライトを当てるそうで、
 それで時間がかかり、また自分でやる場合はそういう道具も必要となります。

 その点、「グラスネイル」の作り方(塗り方)は、
 女性ならマニキュアを塗る感覚でしょうが、
 男性なら、爪にペンキ、あるいは
 プラモデルに使うモデルカラーを「塗る」感覚だと思えばいいと思います。

 しかも、専用の硬化剤をスプレーすることで10秒足らずで固まるので、
 乾くのを待つ必要もなく、とっても簡単で楽です。


★グラスネイルの基本
 ボク的には、グラスネイルは「塗る」ものだと思っています。

 ネイルカンパニーの説明などには「グラスネイルの作り方」とあったりして、
 「作る」という表現にピンときませんでしたが、
 作業的には「塗る」という表現がぴったりでです。

 ネイルカンパニーで販売されているグラスネイルのセットを見ると、
 薬剤の種類やヤスリなどの道具の種類の数に差があって、
 初めてだと、どれがいいのか?何がなんだかさっぱりわかりませんが、
 ペンキやモデルカラーを「塗る」感覚で考えれば分かりやすいと思います。

 「ペンキ」を塗る時に、一番必要なものは、まずペンキそのものですよね。

 「グラスネイル」の場合、それは上の写真の3点ということになり、
 左から「ブラッシュ・オン・ボンダー
 「ナチュラル・フィニッシュ・パウダー
 「スプレー・アクティベーター」という商品名になります。

 「ブラッシュ・オン・ボンダー」は「キャップに刷毛の付いた接着剤」のことで、
 ペンキでいえばペンキそのもののようなもの。
  (ちょうど自動車塗装の補修に使うタッチペイントのよう)
 極端な話、これだけあればギタリストとしては爪の補強はできそうです。

 でも、これに、その「芯」となるべく
 補強用の「ナチュラル・フィニッシュ・パウダー」という粉を混ぜて塗ることにより、
 よりしっかりしたものができるようになります。

 そして、そこに「スプレー・アクティベーター」という「瞬間硬化剤」をスプレーすれば、
 化学変化によって10秒ほどで固って完成。

 無くても固まりますが、やっぱりサッと固まるのがとっても便利です。
 
 
 ということで、この3点があれば、とりあえず「グラスネイル」はできるわけですが、
 そのままでは、特に初めのうち塗り方が下手だったりすると、デコボコにできてしまったりして
 ヤスリで削ってきれいに整える必要があるので、ヤスリは必要になるでしょうし、
 目の粗いヤスリだけでは、爪の表面がひっかき傷だらけになるので、
 もう少し目の細かいヤスリも必要になるし、ってことで、
 高価なグラスネイルのセットには何種類ものヤスリが付いてたりします。
  (ヤスリのことを「ファイル」といいます)

 また、ペンキを塗る前には、
 サビを取ったり、ヤスリで磨いて表面を滑らかにしたりするのと同じように、
 グラスネイルを塗る前にも
 爪の表面を消毒したり、爪の垢や脂分を除去した方が密着性が良くなり長持ちするので、
 高価なグラスネイルのセットには、そういう薬剤も入っています。
  (これらはあった方がいいです)

 さらにペンキを塗る時は、
 刷毛に付いたペンキを洗ったり、手にペンキが付いた時にも役に立つ
 「ラッカー薄め液」が必要になったりしますが、
 グラスネイルも同様で、それに相当するのが
 「ミラクル・ディゾルブ」という商品だったりします。
  (これは結構重要です)

 その他、高価なグラスネイルのセットには、
 「あれば便利だな」というものが入ったものや
 下塗り用、上塗りコーティング用のもの、
 その他、発展、応用系のものが入ったものなどいろいろありますが、
 先にも書いたようにグラスネイルで、一番必要な基本となるものは、
 「ブラッシュ・オン・ボンダー(ブラシ付き接着剤)」
 「ナチュラル・フィニッシュ・パウダー(補強用の粉)」
 「スプレー・アクティベーター(瞬間硬化剤)」
 の3点ということになります。


★グラスネイルの音質
 ギター用の「ピック」には、
 べっ甲だったり、セルロイドだったり、プラスチックだったり、ビニール系のものだったり、
 いろいろな材質のものがあって、その材質によって音も違うし、
 形状や厚さによっても音が違ってきますよね。

 では、「グラスネイル」はどんな材質で、どんな音がするのか?

 ボクの感覚で、ギターのピックに例えていうならば、
 べっ甲だったり、セルロイドだったり、硬い材質のピックに相当するように感じます。

 爪の表面を弦に当てれば「カチッ」とした音がする感じ。
 ブライトなはっきりした音がします。

 「グラスネイル」と比較すると「カルジェル」の方が少し柔らかい材質のようです。

 いずれにしても、形状や厚さ、そして長さでも
 音質がずいぶん違ってくるようなので、どういう状態がボクにとっていいのか?
 それは今後の研究課題ですね。


 (関連記述)→押尾コータロー「グラスネイルセット」の実験
          大きな一歩?
          グラスネイル、その後
          ネイルカンパニーの佐藤瑛利子さんに「グラスネイル」を教わった!
          グラスネイルの研究 その2 「グラスネイルの使い方(作り方)」
          グラスネイルの研究 その3 「グラスネイルの補修」
          グラスネイルの研究 その4 「補修にも使えるミラクル・ディゾルブ」  

by acogihito | 2008-10-27 06:07 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

Commented by ぴよぴよ at 2008-10-27 12:50 x
あこぎひとさんのブログを拝見して、グラスネイルを注文しようとしたのですが、かなり種類が多く、どれを買えばいいのだろう?と躊躇しておりました。
詳しい説明を書いて下ってありがとうございます。


一度塗ると何日ぐらいもちますか?
塗りなおす時には古いグラスネイルを剥がすことになると思うのですが、すんなり剥がれますか?
爪へのダメージは少ないですか?
おしえてくださいm(__)m。


Commented by JOE at 2008-10-27 14:14 x
 お久しぶりです。 ボクもブログのタイトルは「右手にスカルプチャー」となっていますが、数ヶ月前からアコギ仲間に紹介されて、今ではすっかりグラスネイラーになっているひとりです。

 しかしながら、やっぱり自分が良いね!と思ったモノは、ひとに紹介してあげたくなるし、やってあげたくもなるってもんなので、我が家のセットは異常なまでの減り加減とあいなり、先日、追加で大量に注文したばかりというありさま(笑)

 ということで、ボクも基本セットはあこぎひとさんと同じ3点セットがメインで、あとは、1)消毒・接着誘導材(?)、 2)薄め液 という5点が基本セットとして活用しています。   …が、もはやファイル(ヤスリ)はアコギ好きには必須アイテムなので常に携帯…って感じです^^

 
Commented by acogihito at 2008-10-27 20:11
ぴよぴよさま、こんばんは!

ボクの場合、一度塗ると3週間から1カ月もちます。

ネイルカンパニーの佐藤さんに
「それだけ持つなら塗り方が上手です」と褒められました!(^^ゞ

あと、補修は完全に剥がすことなく、その上からやれます。

爪へのダメージは、ボクの場合、ありません。

これらのことは、この後、また詳しく書こうと思っています!
Commented by acogihito at 2008-10-27 20:17
JOEさま、こんばんは!

ボクの場合、スカルプチャーは使ったことがないのですが、
JOEさんのお話を伺う限り、
グラスネイルの方がやっぱり優れている点があるということなんですかね?

それから、ボクもJOEさんと同じ種類の薬剤セットです。

ネイルカンパニーの佐藤さんにいろいろ聞いてみると、
押尾さんが選んだという
「コンサート・ツアー2008 Nature Spirit」で販売していた
「グラスネイル・セット」は、ギタリストにとっては
「なるほどな」というセットですね!

これを基本とすれば問題ないようですよね。


Commented by まさを at 2008-10-28 22:18 x
あこぎひとさん、こんばんは^^

とても分かりやすい説明ですね♪
トライしてみるにあたっては、スカルプチャーよりもだいぶハードルが低く
感じられます^^
でも少々お高いとか・・・?
この3点セットでいくら位するんでしょうか?

        
Commented by acogihito at 2008-10-28 23:56
まさをさま、こんばんは!

ネイルカンパニーのWebサイトを見てみると、
「トライアルキット」というのがあるようですが、現在売り切れのようです。

ボク的には、押尾コータローさんの「グラスネイル・セット」とほぼ同様な
「グラスネイルキット3」(ハーフサイズで11,539円)あたりが
お勧めするなら、お勧めかな?って感じですかねぇ。

まあ、ギターのピック100円から考えれば決して安くはないですけど、
何回も使えますし、爪に関して余計な心配をしなくて良くなったことを考えれば、
ボクにとっては決して高くは思わないって感じですかねぇ。


<< グラスネイルの研究 その2 「... 南澤先生直伝レッスンPart2... >>