<< クラシック・フォームに      南澤先生直伝レッスンPart2... >>

スロートレーニング

 先日、たまたま見たNHKの「ためしてガッテン」という番組で、
 「スロートレーニング」というものを紹介していて、
 思わず見入ってしまいました。


 何でも、年を取るに従って筋肉が減少することを
 「加齢性筋萎縮症」というそうで、
 これは誰も避けられないんだそうです。

 いやな響きですねぇ~、「加齢性筋萎縮症」・・・。

 当然、ボクも自然に筋肉が増える年齢ではないわけで、
 放っておけば、減っていく・・・、
 つまり「加齢性筋萎縮症」ってわけなんでしょうしねぇ~・・・。


 で、それを食い止める唯一の手段が「筋トレ」なんですが、
 番組では、ラクラクできて効果もバッチリというトレーニング法を紹介していて、
 それが「「スロートレーニング」というものでした。

 何でもそれは、「腕立て伏せ」でも、「腹筋」でも、「スクワット」でも、
 とにかく「ゆっくり」やることで、
 筋肉は途切れることなくずーっと力を出し続けることになるので、
 激しく運動しなくても効果が大きいんだそうです。

 なるほどぉ、「スロートレーニング」かぁ~。

 そういえば、昔、買った「ブルワーカー」も、
 瞬発的な力を鍛えるんじゃなくて、
 何秒か静止して鍛えるものだったし、
 理屈は同じかもしれませんねぇ~。


 一方で、ギターの練習に関しても、
 南澤先生は、「ゆっくり弾くこと」を推奨しています。

 まあ、ボクのギターの技術的成長もゆっくりなんだけど、(スローアドバンス?)
 スローフードに、スローライフに、スロートレーニング・・、
 ギターそのものも、どっちかと言えば、ゆったりとしたスローなイメージの楽器だし、
 これからは「スロー」をキーワードにするのが、
 体を鍛えるのも、ギターの練習するのにも、いいのかもしれないなぁ~と、
 改めて、妙に納得してしまいました。


c0137404_2316168.jpg

by acogihito | 2008-11-07 23:26 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

Commented by 必着仕事人 at 2008-11-08 00:36 x
「加齢性筋萎縮症」嫌な響きですね~!(汗)

少しでも遅らせる為にもスロートレーニング採用させて頂きます!!!
Commented by acogihito at 2008-11-08 09:11
必着仕事人さま、おはようございます。

そうなんですよ。
何かとスローがいいんじゃないかと思って、
ボクもスロートレーニングを取り入れようと思っています。
Commented by fujitone at 2008-11-10 10:24 x
はじめまして、fujitoneといいます。
mixiからやってきました^^

あこぎひとさんと同じようにバンド→アコギ→ソロギターのしらべで完全にノックアウトされてしまい現在ソロギターのしらべ練習中です。と言ってもまだ暦2ヶ月ですが。。

南澤さんのレッスン記や他の記事すべて読ませていただきましたが、非常に参考になります。これからも楽しみにしております☆

ところでブログにリンク貼らせて頂いてよろしいでしょうか?
Commented by acogihito at 2008-11-11 14:19
fujitoneさま、初めまして!
ようこそおいでくださいました!!

ボクも「ソロギターのしらべ」で、
アコギってこんなにかっこいいんだな!と思い知らされたクチなんで、
ホント、一緒ですね!

これからもどうぞよろしくお願いします。
(リンクもどうぞよろしく!!)
Commented by 寿 at 2008-11-16 22:34 x
ゆっくりと弾けと・・・大御所たちは言いますね。わたなべかつみ氏やすてふぁんぐろすまん氏もゆっくり弾いて1音1音理解しろといってました。わたくしは楽譜が読めず、しらべシリーズは買っても弾いていませんでした。でもパソコンでゆっくり再生したものを聴くようになったらで少しずつ楽しめるようになりました。でも消音が・・・今日の錦糸町の南澤先生のクリニックでアコギヒト先輩にお目にかかれると思ったのですが残念です。お仕事忙しそうですね。クリニックの最後は「帽ふれ」で締めて良かったですよ
Commented by acogihito at 2008-11-17 02:23
寿さま、こんばんは!

へぇ~、大御所はみなさん、「ゆっくり弾け」なんですか?
やっぱり大切なことなんですね!

ところで実は錦糸町へは行ったんですよ!

ただ、仕事で行けるかどうか分からない状態だったんで、
予約してなかったから満員御礼で入れなかったんです・・・。

<< クラシック・フォームに 南澤先生直伝レッスンPart2... >>