<< 祝!アコースティック・ギター・...      カポタストによって音が違う? >>

期せずして『旬』?

c0137404_1155715.jpg

 名曲「明日に架ける橋」から40年。
 あの「サイモン&ガーファンクル」が16年ぶりに来日するそうです。

 一方で、「カーペンターズ」が結成40周年で、
 ベスト・アルバムが発売されたりしています。

 ほう!

 「サイモン&ガーファンクル」と言えば、
 南澤先生アレンジの「スカボロー・フェア」を練習しているし、
 「カーペンターズ」は、やはり南澤先生の
 「トップ・オブ・ザ・ワールド」と「イエスタディ・ワンス・モア」を練習しているし、
 これは何だか、期せずして「旬」が訪れたようで、ちょっと嬉しいような気分!
 さらなる練習の励みにもなるというものです。

 「スカボロー・フェア」は、南澤先生に直接教わって
 「ソロ・ギターのしらべ~官能のスタンダード篇~」と
 「COVERS vol.1」のいいとこどりをしたようなアレンジで、
 結構弾けるようになってきたし、
 「トップ・オブ・ザ・ワールド」は、南澤先生がライブで弾くように
 イントロのフレーズも教わって、フルコーラス・バージョンで、
 これまた結構弾けるようになってきたところなんですよね。

 それにしても、あの曲から40年だったリ、結成40周年だったリ、
 両方ともそんなに時が経っているんですねぇ。


 ところで、カーペンターズが「トップ・オブ・ザ・ワールド」を発売したのは1973年、
 結成から4年後のこと。
 
 だとすれば、
 「結構弾けるようになってきた」ボクとしては、今から4年後、
 「トップ・オブ・ザ・ワールド」発売40周年の2013年には、
 「完璧に弾ける」ようになっていたいものです。

 このペースでいけば、なんとかなりそうかな??

 なんとなく「旬」が訪れたようで嬉しいだけでなく、
 ちょうどいい目印としての目標ができた、という気もしているところなんです。

by acogihito | 2009-05-02 01:44 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

Commented by ビリー at 2009-05-02 05:31 x
S&Gは、名古屋講演もあるそうで、ぜひ行こうと思っています。
カーペンターズは、とても好きで、南澤先生の「ソロギ1」の「イエスタデイ・ワンスモア」を以前一生懸命練習しました。

最近、忙しくて全然ギターをさわってないんで、このGWに練習を再開しようと思っています。
Commented by チョコたんどす at 2009-05-02 12:16 x
サイモン&ガーファンクルは 東京で行きます
ちょっと会場大きすぎで
どうしようかと
チョコ旦那も言ってましたが
今回最後とか言ってる(ほんとに???)から
行くことにしました

声出るんでしょうか??
でも楽しみ(笑)
Commented by acogihito at 2009-05-02 15:05
ビリーさま、こんにちは!

「ソロギ1」の「イエスタデイ・ワンス・モア」は、初めて聴いたとき、
「こういうのが弾けたらいいだろうなぁ~」と思った1曲なんです。

今、それがある程度弾けるようになってきて嬉しい限り。

だけど、ある程度弾けるようになってくると、
その先の「壁」が次々と見えてきて、
それを克服するのがまた大変です。

でも、いろいろなことが衰え始めるこの歳になっても
徐々に成長していることを実感できるのは嬉しいものです。
Commented by acogihito at 2009-05-02 15:11
チョコたんどすさま、こんにちは!

10年くらい前にアート・ガーファンクルのライブなら見たことがあります。

今回は、年齢的に最後ではないかと言われていますよね。
ボクは日程的に残念ながら行けないんですが、
どうか楽しんできてください!
Commented by 寿 at 2009-05-10 19:54 x
「明日に架ける橋」!!ちょうど練習してます。
ソロギ官能のスタンダード編すごくいいです。
まだまだですがイントロだけでも気持ちいいです。
南澤先生のアレンジに感謝する次第です。
 
Commented by acogihito at 2009-05-11 04:38
寿さま、こんにちは!

そうですか!
そうなるとやっぱりちょっと嬉しいですよね!

なんていうか、「古い曲を演奏している」というのではなく、
「今を生きている曲」という感じがして!

<< 祝!アコースティック・ギター・... カポタストによって音が違う? >>