<< 驚きの「ボディ・マッピング」 ...      祝!アコースティック・ギター・... >>

初、ジェイク・シマブクロ

c0137404_23552829.jpg

 ウクレレ奏者、ジェイク・シマブクロさんのCDを初めて買いました。

 実は仕事関係の先輩で、
 けっこう本格的に「ハワイアン」をやっている人がいまして、
 その人は、「ジェイク・シマブクロのウクレレは、ウクレレじゃないよ」
 なんて言ってたんです。

 そんなこともあって、今まで、何となく二の足を踏んでいたんですが、
 今回はビートルズのカバーアルバムですからねぇ、
 ビートルズ好きにとっては「ウクレレでビートルズってどんな感じなんだろう?」と思って、
 買った次第です。

 今まで、いろいろ評判は聞いていても、演奏をちゃんと聴いたのは、
 押尾コータローさんと「Nature Spirit」で共演した曲くらいなもんですからねぇ。
 全く聴いてないも同然だったんです。

 そんな訳で、初ジェイク・シマブクロ・・・。

 なるほど!
 ハワイアンをやっている先輩が、
 「あれはウクレレじゃない」と言った意味が良くわかりました。

 それは、ベンチャーズこそがエレキギターだと思っている人に、
 ジミ・ヘンドリックスを聴かせたのと似た感じかもしれません。

 やさしい音色もあれば、ものすごく激しいロック調の演奏もあって、
 今までの「ハワイアン的ウクレレ」のイメージを大きく変える感じ。
 ソロ楽器として見事にビートルズの楽曲を表現していました。 

 それにしてもウクレレって、
 ギターより2本も弦が少なく、1弦から4弦を5カポにしたような音域にも関わらず、
 こんなにいろいろなことができる楽器だったんですねぇ。

 そして、そのウクレレという楽器の可能性を
 貪欲なまでに追及しているジェイク・シマブクロさん姿勢は、
 押尾コータローさんのアコギに対するものと似たようなところがあり、
 だからお二人は意気が通じるところがあるのかもしれないなぁ~
 などと思ってしまいました。

 このアルバムには、
 押尾さんの「Nature Spirit」で共演したのと同じ「IN MY LIFE」も入っていて、
 何となくアレンジもちょっと似ているんですが、
 どうせなら、ここでも1曲くらい共演して欲しかったものです。
 

by acogihito | 2009-05-13 00:30 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by チョコたんどす at 2009-05-13 08:38 x
昨年のクリスマスにジェイクと押尾さんを拝見しました
押尾さんのライブにゲスト出演だったんですが
かなり沢山の曲を演奏されて
アコースティックで一人ではないような演奏と言われている押尾さんと
ウクレレで一人ではないような演奏と言われているジェイクを生で見ました(笑)
すごく良かったですよ
ジェイクさんもーーーお話も面白いしとても良かったです
Commented by acogihito at 2009-05-13 14:55
チョコたんどすさま、こんにちは!

へぇ~、それはずいぶんお得なライブだったんですねぇ!
またそういう機会がないかなぁと思ってしまいます。

<< 驚きの「ボディ・マッピング」 ... 祝!アコースティック・ギター・... >>