<< カヌーで潮来十二橋めぐり      抜け殻・・? >>

まさに無限大∞! 押尾コータローさんの『Eternal Chain 』

c0137404_0241413.jpg

 Charを始め、様々なアーティストとのコラボレーションアルバム「You & Me」、
 カヴァーアルバムの「Tussie mussie」と、立て続けに発表してきた押尾コータローさんが
 またまたニューアルバム『Eternal Chain』を発表!
 今回は「Nature Spirit」以来、1年8ヶ月ぶりのオリジナルアルバムです。

 パッと聴いた感じでは、案外静かな印象を受けました。
 ビートルズでいえば「RUBBER SOUL」って感じでしょうか?

 ビートルズの「RUBBER SOUL」といえば、
 それまでのバンドとしてのアイドル路線から脱却する意欲作。
 当時としてはライブでの再現が不可能な多重録音の曲が多くなり、
 控えめながらもエフェクターも使用するようになります。
 そして全体的には静かな曲が多いものの、名曲ぞろいの落ち着いたアルバムです。

 今回の押尾さんの『Eternal Chain』は、ちょうどそんな印象。

 音に厚みを付けるダブルトラック的な多重録音ではなく、
 控え目ながらも意図的に別の音を重ねる多重録音しているし、
 エフェクターではディストーションも使っていたり、
 「ライブではどうやるんだろう?」って曲もあったりします。

 例えば「Snappy!」って曲は、ハンドクラップ音が入っているんですが、
 これは押尾さんがフットペダルかなんかでハンドクラップ音を出すんでしょうかねぇ?
 それともお客さんを促し、お客さんがハンドクラップするんでしょうか?
  (ちゃんとやるには結構複雑)

 いやぁ~、ライブで見てみたい! (だけど日程的に微妙なんですよねぇ・・) 


 それにしても押尾さんはギターが上手いのは当たり前としても、
 ソングライターとしても本当に大したもんですね。

 ギター1本じゃ、バンドなんかに比べて、
 曲作りにも、どうしたって限界があるんじゃないかと心配しちゃうんですが、
 そんなことは全くないんですね。
 まさに無限大!

 それに2枚の企画アルバムを間に挟んだからか、
 今までとまた一味違う新しい境地も、これまたリラックスしていて、イイ感じ!

 「Nature Spirit」などに比べて、曲としては地味な印象があるものの、
 無理なく聴きやすくまとまっていて、実に良くできています。

 また、途中途中に入ってくる小曲が実験的でもあったり、
 アルバム全体を上手く引き締めています。

 それらを含めて全16曲!
 大したもんだなぁ~。

by acogihito | 2009-08-05 23:50 | ★アコギ関連 | Comments(8)  

Commented by 必着仕事人 at 2009-08-06 09:00 x
相変わらず早いっスね~!

昨日、MBSラジオ(仕事中に聞いています・・・)に押尾さんがゲストで、リスナーに夏の思い出を送ってもらい、即興で音楽を付けていました!

天才ですね!

『Eternal Chain』今週末に買って来ま~す!
Commented by チョコたんどす at 2009-08-06 09:56 x
私も聞いています
いいですね♪

>それともお客さんを促し、お客さんがハンドクラップするんでしょうか?
 そうなんです
 ファンの皆に押尾さんからリクエスト着ています
 手拍子宜しくって
 頑張って覚えていかなあかんのですよ(笑)
Commented by acogihito at 2009-08-06 18:52
必着仕事人さま、こんにちは!

確かに天才ですね。
はじめは努力の人、秀才なのかと思っていましたが、
天才のようですよね。

いろいろな意味で、大したもんだと思ってしまいます。
Commented by acogihito at 2009-08-06 18:54
チョコたんどすさま、こんにちは!

やっぱりそうですか!
でも単純なところは単純でも、複雑なところはちょっと大変な手拍子(ハンドクラップ)なので、覚えるのは大変そうです。
でも、上手くできたら、押尾さんとの共演という感じで嬉しいだろうし、ライブとしては良さそうですよね。
Commented by さくら at 2009-08-06 20:33 x
あこぎひとさんの解説って、素晴らしいですね!!

ギター初心者の私にも読み易く、
アルバムの良さが凄く伝わってきました。

あこぎひとさんのブログ読んでからアルバム聴くと、
数倍楽しめそうな気がします♪
Commented by acogihito at 2009-08-07 13:01
さくらさま、
お褒めいただきありがとうございます!

ソロ・ギターのいいアルバムは沢山ありますが、
多くはインディーズっぽいレーベルから発売されています。

押尾さんのアルバムはいわゆるメジャーなので、
それなりにお金をかけて作られています。

周りにもいいスタッフが大勢いるんだろうと思います。

とはいえ、基本が良くなければいいアルバムにはなりません。

そういう意味では、やっぱり押尾さんは大したものだと思ってしまいます。

アルバムとしては落ち着いた、聴きやすいアルバムで、
ボクとしては気に入っています!
Commented by ひでー at 2009-08-07 22:12 x
あこぎひとさんのレビュー?楽しみにしていました。

今回のアルバム、たしかに最初、なんだかおとなしい感じがしましたが、聞き込むほど良さが感じられますね~。

録音はyou&meとタッジーマッジーの流れを汲むやり方だそうで、音の傾向が似ていますね。エフェクトや多重録音の中にもアコギらしさが強調されていて、とてもいいです。おとなしめに聞こえるのもその辺の音作りにあるのかな?と感じています。
Commented by acogihito at 2009-08-08 12:15
ひでーさま、こんにちは!

そうですよね!
なかなか味わい深いアルバムです。

アコギ・インストのアルバムだと、
生の音と、ギター一本の場合なら、
一本で演奏しているライブ感を重視するのもひとつの方法ですが、
多少は加工しても「CDで聴くもの」としての作品として
作るのもひとつの方法ですよね。

あんまり過度の加工だと、さすがに引いちゃいますが、
押尾さんのアルバムの場合、その辺の加減がちょうどいい。

マイキングもかなり工夫されているようだし、
さすが!って感じです。

<< カヌーで潮来十二橋めぐり 抜け殻・・? >>