<< このDVDはイイですねぇ!      スゴイね! リンゴ・スター!! >>

岸部眞明さんに癒され、魅了された夜

c0137404_20542598.jpg

 まるでギターに頬ずりをするかのようにして弾く、岸部眞明さん。

 昨日(2月15日)、東京・曙橋の「BACK IN TOWN」に
 岸部さんのライブを見に行って来ました。

 この日は仕事は休みだったんですが、
 朝から雨降りの寒い日だったんですよね。
 自宅から東京・曙橋までは約1時間半。
 ライブは19時半からなので、暗くなってから寒い外に出て行くのは、
 何となく気が重かったんです・・・。

 でも、やっぱり行って良かった!

 澄んだギターの音色、丁寧な演奏を聴いているうちに、
 何だか、億劫に感じていたことや、いろいろなモヤモヤが、
 スーッと溶けて、流れ出していくようでした。
 
 そうこうしているうちに
 「先週、フッと浮かんで作っている曲です」と、
 まだ作りかけの曲を披露。

 へぇ~!

 「途中で止まっちゃうかもしれませんけど」と演奏してくれたその曲は、
 ボクには「雨の交差点」というイメージが湧いてきました。
 何だかちょっと切ないイントロのフレーズから始まって、
 途中から曲調が明るくなったり展開して、
 「雨なんだけど、いろいろな人が、いろいろな表情で行きかう交差点」
 というような情景が浮かぶ曲だったんですよね。
 
 確かに、まだ作りかけのような部分はあったんですが、
 そういう途中の曲をあえて聴かせてくれるのって、とっても面白いし、
 そうやって曲を作っていくのかぁ~と、とっても参考になりました。

 それにしても岸部さんの曲は、
 どれもメロディーが分かりやすく鮮明で、表情豊かで、
 ギターの可能性を追求しながらも、
 ギターらしさが生かされたソロ・ギター作品ばかりなんですよね。

 ギター1本で演奏するための曲を作るには、いろいろ制約もあるだろうに
 そんなことをちっとも感じさせない曲を聴くと、
 つくづく「大したもんだなぁ~」と感心してしまいます。


 ところで、この日は、やっぱり冷たい雨の、しかも平日だったせいか、
 お客さんはあまり多くはありませんでした。

 そのお客さんも、ある程度の年齢のカップルが多く、
 かといって、御夫婦ではなさそうな感じなんですよね。

 男性は「私もギターを弾くんです!」という方で、
 女性は「へぇ~、すご~い!」と付いてきた職場で一緒の方でしょうか。

 でも、岸部さんの演奏は、
 「ギターを弾くんです!」という男性はもちろん、
 そのお付き合いで来たのであろう女性をも魅了したようです。

 この日のライブは2部構成だったんですが、
 1部の始まる前は、男性の話を、ただ「ふんふん」と聞くだけだった女性が、
 1部と2部の間の時間には、やや興奮気味に
 ギターについてあれこれ質問しているようでした。

 確かに、ギター1本で、こんなにも
 いろいろな世界が表現できるんですもんねぇ!

 深いもんだなぁ~、いいなぁ~、と
 ひとりで行ったボクも改めて魅了されてしまいました。

 
c0137404_2054367.jpg

 そして、ライブ終了後にニューアルバムのCDを購入。
 サインもいただきました。

 ひらがなの「き」と「し」でギターを模ったサイン。
 洒落てますよねぇ~!

 岸部さん、どうもありがとうございました!

 今度はボクも、誰かを誘って行こっと!

by acogihito | 2010-02-16 21:41 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

Commented by 必着仕事人 at 2010-02-17 00:13 x
寒暖差の激しい日々ですが、元気にしてますか?

岸部さんのライブに、なかなか日が合わなく行けてないんです(汗

>ギター1本で、こんなにいろいろな世界が表現できるんですもんねぇ!

ほんと、ソロ・ギターって楽しいですよね!

入り口に立ったばかりの私ですが、マイベースで一歩一歩前進したいと思っています♪
Commented by s-121sp at 2010-02-17 10:12 x
あこぎひとさんへ
良い時間を過ごされたようでうらやましいですわ~
近くでソロギターのライブがあれば行きたいけど
(。>。<。)ウッー。
ギター一本での表現力はすごいですね~
一曲弾くのにもアップアップなのに。
Commented by acogihito at 2010-02-17 23:07
必着仕事人さま、こんばんは!

岸部さんのライブは機会があったら是非、ご覧になるといいですよ!
南澤先生、押尾コータローさんとはまた一味違う、
ソロ・ギターの世界で、ボクは好きです。

それにしても、ひとつ何かができるようになると、
ふたつ課題が見つかるようで、
それだけに奥深いソロ・ギターの世界。
本当に楽しいです。
Commented by acogihito at 2010-02-17 23:09
s-121spさま、こんばんは!

たまに、プロの演奏を間近で見ると、
改めて、ソロ・ギターの素晴らしさ、
ギターの奥深さを感じます。

一歩でも、気分だけでも近づきたいものです。
Commented by 寿 at 2010-02-21 21:17 x
2月に入ってから寒い日が続きますね。夜のライブの行き帰りは辛いですね。私は土曜日のカフェらいんでのライブに行きました。岸部サンの「メロディーのわかりやすさ、音色の美しさ」同感であります。「風走る」のピッキングを間近に観られて感動でした。週の頭できついけどBack in town のライブにも行けばよかったです。
Commented by acogihito at 2010-02-22 08:08
寿さま、おはようございます。

寿さんは、「カフェらいん」に行かれたんですね。
その時に弾かれたかどうか分かりませんが、
機関車をイメージしたという新曲、
ご本人が難しいとおっしゃっていたこの曲も
「風・走る」のごとく、ベース音が機関車の走る音のように連続して
カッコいい曲でした。
今度はぜひ一緒に行きましょう!!

<< このDVDはイイですねぇ! スゴイね! リンゴ・スター!! >>