<< Wyres(ワイアーズ)の「南...      このDVDはイイですねぇ! >>

鬼門

c0137404_19585483.jpg

 ソロ・ギターの練習をしていると、どの曲でも1ヶ所くらいは、
 「鬼門」といえるような、苦手な箇所があります。

 バンクーバー・オリンピックのフィギュア・スケート的に言えば、
 4回転ジャンプとか、トリプルアクセルといったところでしょうか。
 「そこがクリアできれば高得点も期待できるんだけど」といった感じです。

 写真は、「ソロ・ギターのしらべ~至高のスタンダード篇~」に収録されている
 「虹の彼方に」の、ボクにとっての鬼門です。
 
 曲のサビの左手小指でハンマリングとプリングを繰り返す部分、
 このうち特に、譜面を単純に頭から数えて22小節目のB7の部分が
 なかなかまともな音になりません。
 
 人差し指、中指、薬指をグッと開いて抑えるフォームで、
 小指に力が入らないんですよねぇ。
 
 それでも去年の暮れから「左手小指の強化訓練」をやってきているので、
 以前よりは、だいぶ良くなって来てはいるんですけど・・・。

 う~む・・・。
 
 そもそも、この「虹の彼方に」という曲は、
 曲自体がボクにとっては鬼門でもあるんです。

 この曲の難易度は「A」。

 聴いた感じもそうですが、決して難しい曲ではないと思って練習を始めたんですが、
 2拍毎にパッパッと左手のフォームを変えていくのがどうにも苦手で、
 スムーズにいかない所が何ヶ所かあるんです。

 これが途切れ途切れだと、曲としてどうしようもありません。

 このフォーム・チェンジの時に遅れるのも、やっぱり小指。
 急ぐと狙ったところからはずれて、弦を押さえられなかったりもします。
 
 う~む・・・。どうもやっぱり不器用なんですねぇ・・・。
 しばらくは、また意識して「左手小指の強化」に努めなくてはなりません・・・。

 これがクリアできて、高得点が狙えるようになればいいんだけどなぁ~。

by acogihito | 2010-03-02 20:22 | ★アコギ関連 | Comments(8)  

Commented by s-121sp at 2010-03-03 10:31 x
あこぎひとさんへ
分かりますわ~強くわかります~
何故に私も同じ曲を練習しましたから~
私はハンマリングとプリングをやらずに
そのまま弾く事にしましたが~
そうするまで悩みました~
きっと~楽譜通りに弾くと言う事は
師匠と同じ感じで弾いているという
満足だけかもしれませんね。
今は、クラプトンのレインボー「官能シリーズ」に挑戦中
これも難しい。(。>。<。)ウッー
Commented by acogihito at 2010-03-03 14:26
s-121spさま、こんにちは!

そうですかぁ、やっぱり挑戦しましたかぁ。
シンプルな割には味わいのあるアレンジだと思って、
これはかなり初期に覚えたんですが、
当時は本当にその部分がまったく弾けませんでした。

それから少し時間が経ち、
それよりも難しい曲も練習したので、
また戻ってきたんですが、
以前よりは弾けるようになったものの、
シンプルで味わい深い分、
雑な演奏だとアラが目立ちすぎてしまうんですよね。

できることなら、ハンマリングとプリングの繰り返しを
南澤先生のように弾けるように頑張りたいと思います。

ちなみに「いとしのレイラ」も、この「虹の彼方に」もそうですが、
左手の小指が多用されるんですよね。

ソロ・ギターの場合、小指がポイントなんだなと思って、
小指が他の指と同じくらい、
器用に力強く動かせるようにしたいと思っています。
Commented by あたし at 2010-03-03 23:59 x
くりっくしたら右手人差し指の特訓になってるけどこれはペーストの間違いでは・・・w。ちなみにこのオーバーザレインボーは、どっちですか?通常のほうですか?それとも、ジャズちっくなほうですか?
Commented by acogihito at 2010-03-04 00:23
あたしさま、こんばんは。
コメントありがとうございます。

あっ、そうでしたね。
クリック先のタイトルは「右手人差し指の特訓」なんですが、
その本文の中に、左手小指の訓練のこともチラッと書いたもので・・。(^^ゞ

で、この「虹の彼方に」は、通常の方です。
Commented by kisimamu at 2010-03-04 23:49 x
 自分はフィギュアスケートでいうステップなどの基本動作ができていないのと同じ状態なのでacogihito さんの悩みが羨ましい!

 まだエチュード#1.2までしか練習できてない。サクサクっと進んでいきたいけどそれができたら、なんとやら・・・・ですよね!一歩一歩確実に行きたいとおもいます。

 1つのことができると、またできていないところが見えてくる。acogihito さんはこう言っていました。自分、下手は下手なりにそういうところが見えてきました。やっと苦労してできたところが何回か聞いているうちにやっぱり違うんですよね。そして練習を何回も繰り返しているうちにできてきたかなと思うと、今度はまた違うところが違う (なにを言っているのだか・・・・)

 この繰り返しなのでしょうか?いつかできる時が来るのかな?

 そう考えるとプロの方はすごいですよね。完璧なものを演奏して人様に聞かせているんですから・・・・。
Commented by acogihito at 2010-03-07 19:51
kisimamuさま、こんにちは!

大丈夫ですよ!スグですよ!
スグに追いついて、追い越していくと思いますよ!

同じことを繰り返して練習しているうちに
いつの間にかできるようになってきます。

「ある程度」できるようになったところで満足して、
それ以上の練習をしなければ、そこまででしょうし、
それ以上の練習をすれば、それ以上に成れるんだと思います。

ボクは学生の頃、
「ある程度」できるようになったところで、それ以上の練習を止めてしまったクチです。
で、今になって、それ以上を目指して練習しているんですが、
今度は「ある程度」の年齢になってしまっているんで、上達が遅いんですよねぇ・・。
Commented by kisimamu at 2010-04-01 23:25 x
 やっと買いました!『ソロ・ギターのしらべ ジブリ編』

 自分はジブリ作品が好きなのでこれにしました。

 今、『ハウルの動く城 人生のメリーゴーランド』をやっています。このなかで出てきます。小指のハンマリングが・・・・。

 acogihitoさんのよりは簡単かもしれませんが、自分にとってはかなりの難関です。

 でも、この曲を弾いているとなんかいい感じになってきます。これがソロ・ギターの醍醐味なのでしょうか?
Commented by acogihito at 2010-04-02 10:03
kisimamuさま、こんにちは!

いいですねぇ!
自分の好きな曲を自分で弾けるようになるというのは、
カラオケなどで好きな曲を歌うのとは違い、
「自分のものになった」という満足感がありますよね。
それって「醍醐味」でしょうね!

ところで、指の動きに関してですが、
これにはかなり個人差があって、
ボクの場合、残念ながら無器用の部類に入るようです。
それでも時間をかければ少しは何とかなるので
頑張っている次第なんです。

<< Wyres(ワイアーズ)の「南... このDVDはイイですねぇ! >>