<< 桜・咲くころ      南澤先生直伝レッスン “SP-... >>

『フィンガーピッキング・デイ2010』に行ってきました!

c0137404_1734019.jpg

 スクリーンに映し出されたその姿を見ると、
 まるでハンフリー・ボガートか、銭形警部がギターをを弾いているよう・・・?

 写真は、4月10日(土)に行われた
 『フィンガーピッキング・デイ 2010』のコンテストで、「最優秀賞」。
 さらに、「楽曲賞」、「アレンジ賞」。
 さらにさらに、会場のお客さんが投票して決める「オーディエンス賞」と、
 「4冠」に輝いた川畑トモアキさんの演奏シーンです。

 いや~、今まで仕事の関係などで行きたくても行けなかった
 『フィンガーピッキング・デイ』に初めて行くことができました。
 場所は、横浜みなとみらいの「はまぎんホール・ヴィアマーレ」。 
 コンテストには様々なタイプのギタリストが登場して興味深かったし、
 今回は10周年ということで特別に歴代のチャンピオンが登場して演奏してくれたり、
 ゲストが南澤大介先生、中川イサトさん、岸部眞明さん、打田十紀夫さんと
 ボクの大好きなギタリストばかりだったりと、本当に有意義な1日となりました。
 それに、最優秀賞など4冠に輝いた川畑さんは、知っている方なので、
 人ごとながら、とっても嬉しかったなぁ~。

 実は、川畑さんとは、以前遊びに行った大阪の「MIKIミュージックサロン心斎橋」での
 南澤大介ソロ・ギター講座「打ち上げコンサート」の時にお会いしたことがあるんです。
 川畑さんも、この時、南澤先生に習っていた生徒さんの一人だったんですよね。 
 その「打ち上げコンサート」の時も抜群に上手かったけど、
 今回はさらに良かった感じです。

 お客さんにもオーディエンス賞のための評価用紙が配られたんですが、
 ボクとしては1番でしたね。
 まあ、知っている人だからひいき目になっちゃっているとして、
 それを差し引いてもベスト3には入っているだろうなとは思いました。

 演奏後、心もとなげにロビーを一人でうろついていた川畑さんを見つけ、
 そんな話をすると「そうですかぁ~、ありがとうございます!」と実に素直!
 彼は、見かけは、クールなハンサムで、ちょっととっつきにくそうにも見えるんですが、
 本当は実にまじめで一生懸命で誠実な好青年なんですよね。
 だから今回の賞は心から
 「おめでとう!良かったねぇ!これからもがんばってねぇ!・・・それと・・・、
 (小声で)CD作ったら1枚ちょうだいねっ!
 と言いたいです。

 さらに今回、もう一人、知っている方が出場されていました。
 okayanさん。
 以前、「千葉アコギインスト倶楽部」のイベントに遊びに行った時にいらして、
 軽快な演奏に魅せられてしまったんです。
 今回は、その時の印象と比べると、少し緊張されたのか、演奏が重く感じられたんですが、
 それでも「TABギタースクール賞」ですからね、大したもんです。
 
 ところで、興味深かったのは、第2部の歴代のチャンピオンの演奏なんですが、
 当初の最優秀賞の方は、けっこう年配の方が多いんですよね。
 それが最近は若い人のプロへの登竜門と変わってきているようなんです。
 主な最優秀賞の方は、伍々慧さん(2004)、わたなべゆうさん(2006)、
 田中彬博さん(2007)、西村歩さん(2008)などと、
 どこかでお名前を拝見したことのある方たちばかり。
 若い人たちがどんどん出てきて、アコギ・インスト(ソロ・ギター)のジャンルが深く、面白く、
 幅広く広がっていくといいですよねぇ~。
 そして、職業としても、きちんと成立していくようになるといいよなぁ~、と、
 そんなことを考えてしまいました。

by acogihito | 2010-04-11 18:46 | ★アコギ関連 | Comments(22)  

Commented by kisimamu at 2010-04-11 20:52 x
 行ってきたんですね。自分には、なかなかチャンスがなくいけないですね。

 この中で知っている若手の方は、田中彬博さんだけです。(すみません) 押尾さんとセッションで『風の詩』を演奏されていて知りました。

 もっとこのジャンルをいろいろな方に知ってほしいですね!たぶん知らない方が結構いるんじゃないでしょうか?

 昔、NHKでアカペラの大会みたいなのがあって(司会 ルー大柴)自分は初めてこういう歌い方があったことを知りました。民放でも年に1~2回アマチュアの全国大会が放送されています。

 この大会もテレビで放送してほしいな~。ダメなんでしょうか?無理なお願いですかね~?
Commented by さくら at 2010-04-11 21:35 x
私も、2部の途中から行きました!!
1部も行きたかったんですけど、都合が合わなくて・・・。

会場全体が、ギターマニアの匂いでぷんぷんでした(笑)

川畑さん、凄いですね!
私は、休憩明けの演奏も聴き逃してしまったので、
残念です。。。

Commented by acogihito at 2010-04-11 22:36
kisimamuさま、こんばんは!

なるほど、テレビでねぇ~。
確かにNHK-BSで「熱血!オヤジバトル」というオヤジバンドコンテストの番組やら、
ネプチューンが司会の「ハモネプ」というアカペラを競う番組がありますね!

まずオヤジバンドは、いい大人が衣装やスタイルまで凝って、
バンドに一生懸命になるところがテレビ的に面白いんだろうし、
アカペラの方は高校生や大学生が青春を燃やすところが
高校野球的で面白いんでしょうね。
それにそれぞれグループだから、その中で、
涙あり、いさかいあり、助け合いありで、ドラマが描きやすいんだろうと思います。

ところが「フィンガーピッキング・デイ」の場合は、今のところ一人ですからねぇ。
孤独な戦いで映像としては描きにくいのかもしれませんよねぇ。

例えばソロ・スタイルだけでなく、
デパペペみたいなデュオスタイルとか、
4人編成くらいのユニットも混ざって、
あるいはジャンルごとに分かれて競うようだったら、
テレビでもいけるかも?とか思っちゃうんですが、
どうでしょうか???
Commented by acogihito at 2010-04-11 22:48
さくらさま、こんばんは!

ありゃ~、いらしてたんですか??
それはお会いしたかったです・・・、残念!

2部の歴代のチャンピオンの演奏、良かったですよね!
ボクとしては昨年の最優秀賞の井草聖二さんが、
見た目と演奏内容にギャップがあって、
つまり見た目は昔のニューウェーブのようなファッションの割に、
ラグタイムとか古典的なギター奏法をベースに、
タッピングやライトハンド、レフトハンドなど今風の技も入ってたりして、
そのギャップがとても心地よくて、
ロビーでCDを売ってたんで、
サインを入れてもらって買っちゃいました。

その他、みなさんそれぞれの世界があって、とても良かったですよね!

南澤大介先生、岸部眞明さん、打田十紀夫さん、中川イサトさんのライブが
いっぺんに見れたのも、お徳用な感じでとっても良かった!!

本当に有意義な一日でした。

ただ、後半、冷房が利きすぎて寒かったのと、
お腹が減ってきちゃったのが大変でしたけど・・。^^;
Commented by s-121sp at 2010-04-12 10:26 x
あこぎひとさんへ
それは楽しい時間を過ごしたようで羨ましいです。
自分も生で人の演奏を聴いてみたいな
師匠の演奏は是非とも聴きたい
師匠が北海道に来る予定が書いてあったけど
車椅子の俺が行ける場所を今から願っています。
お疲れさまでした。
Commented by acogihito at 2010-04-12 12:04
s-121spさま、こんにちは!

北海道も島村楽器のイベントでしょうかね?
そうだとすると、大概は、やや広めの練習スタジオを持った店舗で行われ、
そこに椅子を20脚くらい並べるという感じだろうと思います。

詳細が決まったら、早めに予約して、
当日もやや早めに行った方がいいと思います。
立ち見が出るような状態になった時、後ろの方ではつらいですからね。

場所は、一番前の正面よりやや右側の
右手の指の動きが見える位置がベストポジションだとボクは思っています。
そこには椅子が並べてあるはずですが、それはどかしてもらうべきでしょう。
(椅子は持参しているので借りなくてもいいわけですからね。強く言うべきです。)

また、練習スタジオの防音扉には段差があったりするはずですが、
たぶん大丈夫かと。

とにかく、多少無理をしてでも、百聞は一見に如かずで、
ぜひぜひ生で、見て、聴けるような場所だといいですよねぇ。

ボクも願っています!

Commented by まさを at 2010-04-12 13:00 x
あこぎひとさん

こんにちは!
本当にお久しぶりです^^

毎年足を運んでいたFPDですが、一週間後に第一子
が生まれる事もあって今回だけは控えたんです。
あこぎひとさんには以前からお会いしたいと思っていたので
とても残念ですが・・・。^^;

今回は歴代チャンピオンの方々の演奏もあったんですねえ♪
くう~っ。行きたかったなぁ~!
毎回長丁場のイベントですけども、緊張と興奮をみんなで
一緒に体感出来る素晴らしい空間だと思います。



Commented by c-harp at 2010-04-12 13:34 x
あこぎひと様

 はじめまして。いつも本ブログを拝見させてもらっております。

 私も、先日のフィンガーピッキングデイ観に行きました。出演者の面々は当然のことながら、観客も含めてレベルの高さをひしひしと感じました。

 ギター試奏コーナーでは、私の技量とあまりにもかけ離れたギター達に面喰らってしまいました。でも、折角の機会だったので数本触らせてもらい、練習中のAnjiを弾いたふりをしてました。

 それにしても、8時間聴き続けるのは、やはり疲れますね。
Commented by まきろん at 2010-04-12 18:48 x
行ってみたかったな~
行けばいろんな演奏を聞けることよりも何よりも
みなさんに会えたんですからね
う~む 失敗だ
Commented by kisimamu at 2010-04-12 19:16 x
 なるほどです!ご意見ありがとうございます。
 
 しかし、自分のコメントを改めて見てみてなんかちょっとズレている感じがして・・・・・。最近ちょっと良い意味でポジティブならいいのですが、悪い意味でポジティブになっているような・・・。

 まだこのような場所に足を運んだことがないので、まずはそれを経験してからコメントを載せるべきでした。知ったかぶりはよくないですね。
Commented by acogihito at 2010-04-12 20:12
まさをさま、こんばんは!
お久しぶりです。

そうですか!お子さんが!
それはおめでとうございます。

今回のフィンガーピッキング・デイの
歴代のチャンピオンの演奏で登場したわたなべゆうさんには、
お子さんがいるそうで、その子のヨチヨチ歩きの様子を見て作った曲ですと、
確かにそれらしい、ほのぼのとした愛らしい曲を演奏していました。

まさをさんもきっと、お子さんには音楽に親しんで欲しい、
そして将来は一緒にギターが弾けたら、
あるいはギターの伴奏で歌でも歌ってもらえたらなどと
考えていらっしゃるんじゃないでしょうか?
いいですね!楽しみですね!!

今回お会いできなかったのは残念ですが、
いずれまた機会があるときにでも!

まずは無事に元気な赤ちゃんが生まれることをお祈りしております。
Commented by acogihito at 2010-04-12 20:19
c-harpさま、初めまして!
書き込みありがとうございます。

確かにああいう場での試奏コーナーは
慣れないとちょっと入り込みづらいところがありますよね。
実はボクも周りの音が気になって、ジャンとかくらいしか弾けませんでした。

でもああやってみると、モーリスもいろいろないいギターを出しているんだなぁ~
昔とはずいぶんイメージが違うなぁ~、と改めて思いました。
昔のモーリスのイメージは、マーチンを真似した廉価版のギターのイメージでしたからね。

今後ともよろしくお願いします!
Commented by acogihito at 2010-04-12 20:25
まきろんさま、こんばんは!

フィンガーピッキング・デイの会場は、
500人程度の中規模のホールです。

ですからお客さんは全部で500人くらいなんでしょうが、
「あれ?この人はどこかで見たな」という人が何人かいましたよ。
きっと、イサトさん、岸部さんなど、どこかのライブ会場で
見かけたことのある人なのかもなぁ~、と。

そのほか、プロの方も普通にいらしたりして、
そう考えるとソロギの世界は広いんだか、狭いんだか・・・。

でも密度の濃いイベントで本当に楽しかった。

次回はぜひ!!
Commented by acogihito at 2010-04-12 20:36
kisimamuさま、こんばんは!

いやいやとんでもない。

そういえば5月15日(土)、16日(日)と、東京の錦糸町で
「TOKYOハンドクラフトギターフェス2010」というイベントが開かれます。

これは日本の手作りギターの見本市みたいなイベントですが、
「こんなギターがあるのか~」とか、
「いつかはこういうギターが欲しいなぁ~」とか、
街中の一般の楽器店では
なかなか目にすることができないギターを見ることができて面白いですよ。

今回ボクは仕事の都合でのその日は行けなくて残念なんですが、
以前行ったときには模範演奏のライブもあったりして
とっても面白かったです。

そんなところなどに出かけたりしているうちに、
おかげさまでボクもだんだん詳しくなってきました。

はじめは誰だって初心者ですからね、
kisimamuさんも都合がつけばのぞいてみたらいかがでしょう?

Commented by kisimamu at 2010-04-13 21:17 x
 ありがとうございます。都合がつけばいってみたいと思います。

 それから、やはりライブは生で見るものですね。自分はYou Tubeで満足していたのですが、やはり本物を見ないとダメですね。ライブというわけではないですが、南澤先生のセミナーにいってその一端を垣間見てみたいと思います。

 これからもacogihitoさんのブログを参考にさせてもらいます。
Commented by acogihito at 2010-04-13 23:11
kisimamuさま、こんばんは!

やっぱりライブはいいですよ!

例えばCDは、その時のベストテイクを収録し、
後から整音、加工、編集などが出来るわけですが、
ライブではそうはいきません。

You Tubeで「こう弾いてるのかぁ~!」というのはわかりますが、
目の前で弾いている「迫力」と「感動」まではなかなか伝わってきません。

アコギのライブの場合、押尾コータローさん以外のほとんどは、
それほど大きな会場ではない場合が多いので、かなり近くで見ることができて、
PAを通していても、目の前で弾いている「迫力」と「感動」が伝わってくるんです。

ぜひぜひ、いろんなライブの機会を見つけてみてください!
Commented by 必着仕事人 at 2010-04-15 00:00 x
流石は、関東ですね~!

川端さんが、最優秀賞とは嬉しいです♪♪♪

私は、マイペースで楽しみます~♪♪♪

Commented by acogihito at 2010-04-15 00:42
必着仕事人さま、こんばんは!

とは言え、受賞者6人のうち、3人が関西の方ですからねぇ~。
(関東は一人、あとは北海道、東北)
さすがに関西、レベル高し、という感じです。

そうですね!
我々としてはマイペースで「楽しむ!」ということが大事ですよね!!
Commented by okayan at 2010-04-16 11:42 x
お久し振りです!
数年ぶりに決勝に出てきました。
今回は楽しかったですね~あまり緊張しませんでした。
おかげでライブのような感覚に陥ってしまい・・・(TT

リズムが重かったですか。
たぶんそれは、ちょっとは真面目に弾いていたからだと思います(笑

何とか再度リングに上がれてほっとしております。
また九十九里あたりでお会いしましょう!
Commented by acogihito at 2010-04-16 17:17
okayanさま、こんにちは!

ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。
FPDでは「TABギタースクール賞」、おめでとうございます。

>リズムが重かったですか。
>たぶんそれは、ちょっとは真面目に弾いていたからだと思います(笑

申し訳ないです^^;
過去に1度しか見たことのないokayanさんの演奏ですが、
ボクとしては「何て楽ぅ~な感じで、軽やかに弾くんだろう!
ああいう風に弾けたらいいだろうなぁ~!!」という印象が強烈に残っていまして、
その時の印象からすると、ちょっと重いような、(真面目すぎた?)
気がしたので、
もし、その時の印象と同じようだったら、
「もっと上の賞になったりしなかったのかなぁ~」と思った次第なんです。

以前、Back In Townでライブがありましたよね?
その時は行こうと思っていたんですが、仕事で都合がつかず残念でした。
いずれ機会を見つけてライブにもお伺いしたいと思いますので、
その時はまた、どうぞよろしくお願いします!!
Commented by okayan at 2010-04-17 12:34 x
あの時の心境を、日記にUPしてありますので宜しければご一読下さいませ♪
演奏って難しいですね^^;
Commented by acogihito at 2010-04-17 14:52
okayanさま、ありがとうございます!

実際のご本人の心境は、
客席から見た(聴いた)印象とは、だいぶ違うもんなんですね。

特にFPDのコンテストの場合は、しゃべることもできず、
演奏のみで表現しなくてはいけないわけですから、
本来の極々一部しか見られないんですもんね。

改めて、出場された皆さんは大したもんなんだなぁ~と実感しました。

<< 桜・咲くころ 南澤先生直伝レッスン “SP-... >>