<< 身を粉にして・・・?      横山ギター、製作中! (その2) >>

そうか、アール・クルー (Earl Klugh)

c0137404_21175913.jpg

 過日、南澤先生との会話の中で、
 アール・クルーが話題になったことがありました。

 アール・クルー(Earl Klugh)と言えば、
 ガット・ギターを弾く、ジャズ・フュージョン系のギタリストですよね。

 昔、好きだった曲があったなぁ~・・・。

 だけど、その時は思い出せず、後で調べてみると、
 それは「I'm Ready For Your Love」という曲でした。(→ こちら

 そうかぁ、1981年に発表された曲だったんですねぇ。

 でも、その頃のボクは、アール・クルーは、
 この曲だけが特別に好きで、他の曲はあんまり印象がありません。
 
 そうなんですよね。
 その頃は、ジャズ・フュージョン系も聴いていはいたけど、
 ラリー・カールトンやリー・リトナー、
 あるいはカシオペアや高中正義など、
 ロック寄りのエレキ・ギター系ばかりで、
 ガット・ギターにはそれほど興味を抱かなかったんですよね。

 そうかぁ、アール・クルーかぁ~・・・。

 もし、その頃、アール・クルーに、もう少し興味を持っていたら、どうだったんでしょうねぇ?
 もう少し早くアコギにも興味を持ったんでしょうか?
 そして、もう少し違う音楽人生を歩んだんでしょうかねぇ?

 う~ん、そう考えると、その頃に分かれ道があったようで、ちょっと面白いなぁ、と、
 最近、アール・クルーのベスト盤などを買い、聴いています。

 なんて言うか、1981年ごろから、やり直してみるというか、
 もうひとつの別の人生を模索してみるというか。

 そうして聴いてみると、アール・クルーもソロ・ギターのアルバムを出しているんですね。
 
 もし、その頃、アール・クルーによって
 ソロ・ギターという概念というかジャンルを知ることになったら、どうだったんでしょう?
 タイムリーで、マイケル・ヘッジスとかも知ることになったんでしょうか?

 そうか、アール・クルー。

 1981年頃、エレキを主体としたロック系のサウンドに興味をもち、
 音楽の趣味としては、バンドなどをやってきたボクにとって、
 今、改めて、とっても興味深く聴いています。

by acogihito | 2010-07-06 21:52 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by daikaisui at 2010-08-09 09:10 x
ブログ拝見。
 背景画面がきれいですね。
 参考にさせていただきます。
Commented by acogihito at 2010-08-09 12:48
daikaisuiさま、こんにちは!

ありがとうございます。

よろしければ今後とも御贔屓に!!

<< 身を粉にして・・・? 横山ギター、製作中! (その2) >>