<< 「ソロギター合宿&横山ギター工...      南澤先生直伝レッスン “SP-... >>

日本人女性ジャズ・ピアニスト

c0137404_1950111.jpg

 楽器としては「ギター」だけがいくらか弾けるボクにとって、
 その対極にあるような、羨望の楽器が「ピアノ」です。

 まして、それを美しい女性が弾くならば、なおのこと。 

 ボクはこれまでジャズというものは、きちんと聴いてこなかったんですが、
 最近、ひょんなきっかけから日本人女性の、
 しかも若手のジャズ・ピアニストのCDを良く聴いているんです。

 気が付くと、けっこうたくさんの方がいらっしゃるんですね。
 しかも、どの方も美しく魅力的です!

 一口にジャズ・ピアノと言っても、
 ソロ・ギターでもいろいろなアプローチがあるように
 人によって、いろいろなんですね。

 今聴いているCDの場合、多くがスタンダード曲ではなく、
 いい感じの自分のオリジナル曲が大半なんです。

 その分、純粋なジャズ路線の人もいれば、
 ブルース的、ロック的なフレーズが入る人、
 久石譲さん的なフレーズの入る人などなど、
 それぞれのスタイルや個性があるんですよね。

 また、そのスタイルによって、
 バックを務めるドラムのチューニングも変わり、
 叩き方も、いわゆるジャズ的なものから、ロック的なものもあったり、
 ベースもエレキ・ベースを使ったり、
 ウッドベースも弓で弾いてチェロのような音を出したりと、
 いろいろなんですよね。

 ピアノの音色だけをパッと聴けば、ギターのように
 誰が弾いていても同じようにも聴こえるんですが、
 その弾き方やフレーズの違いなどが分かってくると、
 なかなか面白く聴けるんですよね。

 それに女性の場合、幾分タッチが柔らかいのか、
 優しく上品で、さわやかな味わいが聴きやすいんです。

 20年以上前に買ったスピーカーも
 「ようやく、こういう音楽も聴くようになったんですね」と、
 普段より、心もち、いい音で鳴っているような気がします。

 これまではロック系の曲が多く、
 最近はソロ・ギターの曲ばかりを聴いているボクにとって
 たまにはこういうのもいいなぁ~。


 ちなみに写真は、手前の寝ているCDから
 上原ひろみさんの「PLACE TO BE」、
 その奥が、森田まなみさんの「Colors」、
 立っているCDの手前から、
 松本茜さんの「プレイング・ニューヨーク」、
 妹尾美里トリオの「ラヴィ」、
 山中千尋さんの「ランニング・ワイルド」。
 スピーカーは、古いダイヤトーンです。

by acogihito | 2010-07-20 20:17 | ☆その他 | Comments(4)  

Commented by martha at 2010-07-21 21:49 x
大西順子さんは聞かれたことありますか?
女性ピアニスト=「幾分タッチが柔らかいのか、優しく上品で、さわやかな味わい」
という固定観念を吹き飛ばしてくれますよ。
Commented by acogihito at 2010-07-21 22:26
marthaさま、こんばんは!

大西順子さんは、まだ聴いてないです。
そうですか!力強いんですね?
今度、聴いてみます。
ありがとうございます!
Commented by 必着仕事人 at 2010-07-21 23:22 x
おっ!Comments出来るようになってる!

最近は、べっぴんさんが多いんですね~!!!

それより私は、ダイヤトーンが気になります・・・(笑)
Commented by acogihito at 2010-07-22 13:23
必着仕事人さま、こんにちは!

ごめんなさい、最初の頃、
気づかないうちに「コメント欄を表示しない」にチェックマークが入っていたようでした。

そう、美人というか、魅力的な方たちなんですよね!
ボクとしては「アイドル」的な感じとしても聴いているようです。

それとダイヤトーンは、大したスピーカーじゃないんですけど、
今となっては割りと希少価値があったりして・・・!?

最近、テレビをデジタル化したのを機に
アンプも新しくしたら、けっこうイイ音で鳴り出しました。
予算の都合で、スピーカーまで新しくしなくて良かったと思っています。

<< 「ソロギター合宿&横山ギター工... 南澤先生直伝レッスン “SP-... >>