<< 8月のライブはちょっと不思議?      愕然としたこと >>

ギターを求めてお茶の水へ

c0137404_8333555.jpg

 職場の素敵な女性が、「ギターが弾きたいんですけど」と言ってきました。

 「ギターと言ってもいろいろあるけど、どういうのが弾きたいのかな?」
 本当に全くの初心者で、エレキとアコギの違いも良く分からない様子。
 「ひとりでポロンポロンと弾くようなのなら、エレキよりはアコギがいいけどなぁ」
 「とにかく今度、お茶の水の楽器店街にでも見に行こうよ」
 ということで行ってきました。

 いくつもの楽器店を周って、
 「これがエレキギターで」「これがアコギで」
 「そのアコギにもナイロン弦とスチール弦があって」などと話しているうちに
 「じゃあ、やっぱりスチール弦のアコギかなぁ~」ということになりました。

 「予算は1万円くらい」ということだったんですが、
 「あんまり安いのはおもちゃみたいなもんで、やっぱり良くないよ、
 せめて、その倍くらいだといいんだけどなぁ~」
 「それとやっぱり見た目で気に入ったのがいいしねぇ~」
 などと話しつつ、お茶の水界隈を行ったり来たり。

 そうこうしているうちに「おっ!」というギターに出会いました。

 まずは、見た目で彼女が気に入りました。
 
 でも、値段は当初予算の3倍以上の3万3600円。

 だけど、やっぱり1~2万円のものより、作りもしっかりしているし、
 風合いも綺麗だというのは彼女も良く分かったようで、悩み始めました。

 「まあ、今日買う必要もないわけだし、こういう時はお茶でもしながら考えようよ」

 と、お茶をしているうちに、
 「またお茶の水に来るのも大変だし」と言いだし、
 「ちょうど3万円くらいにならないかなぁ」と言うので、
 「じゃあ、交渉してみよう!」ということに。

 ゆっくり試奏させてもらって、店員さんにあれこれお願いすると、
 値段そのものは端数だけで、そんなに負けてもらえなかったものの、
 チューナーやギタースタンド、弦など
 3000円相当のアクセサリー類を付けてもらうことになったので、
 ギター本体はちょうど3万円くらいということで、
 彼女も決心したようでした。

 購入したのは、
 「Art & Lutherie (アート・アンド・ルシアー)」というカナダのメーカーの
 「Ami (アミ)」というパーラータイプ・シリーズの
 「Spruce Burgundy (スプルース・ブルゴーニュ)」という
 ワインカラーの色合いがとっても素敵なギターです。

 ギターが全く初めての彼女にとっては、かなり高価な買い物になったけれども
 気に入ったギターだし、「カナダ製」だし、良かったんじゃないでしょうか。

 さて、素敵なギターにめぐり逢えて、
 これでギター好きがまた一人、増えてくれるといいんだけどなぁ~。


c0137404_0471023.jpg
Art & Lutherie
“Ami Spruce Burgundy”


Top : Spruce (Pressure Tested Solid Top)

Back & Sides : Wild Cherry

Neck : Silver leaf maple

Fingerboard & Bridge : Rosewood

Finish : Semi-Gloss Custom Varnish Finish

Tusq® nut & saddle by Graphtech

Proudly handcrafted in Canada.

by acogihito | 2010-08-11 23:46 | ★アコギ関連 | Comments(14)  

Commented by s-121sp at 2010-08-12 09:53 x
あきぎひとさんへ

良かったですね気に入ったギターが買えて
アドバイザーが良かったんだわ。
これでソロギターをやりたいと言ったら
もっといいね。。。そうなると良いな。。
Commented by まきろん at 2010-08-12 11:29 x
あ いいな~
僕も最初にギター買ったときに
近くにあこぎひとさんみたいな人がほしかったです
Commented by のぶぞ〜 at 2010-08-12 13:52 x
アコギ人口増加に励んでおられますね(爆)

人にギターじゃなくてもモノを薦めるとか、選んで上げるって難しいですよね
Commented by 必着仕事人 at 2010-08-12 21:51 x
またまた購入?!って思いました・・・

アコギ人口が増えるのって、嬉しいですね!!!

南澤ファミリィーに勧誘しましょう♪♪♪(笑)
Commented by acogihito at 2010-08-13 00:13
s-121spさま、こんばんは!

Art & Lutherie(アート・アンド・ルシアー)というブランドは知らなかったんですが、
見た目はちょっとアンティークな感じで、なかなかおしゃれなギターです。

女性の部屋に飾っておいても絵になる感じ。

後は本人の取り組みですよねぇ。
「ギターの弦って、こんなに痛いの?」と言わないように。
まあ、スケールも短いギターですから、
テンションも弱く、いいんじゃないかなぁ。
Commented by acogihito at 2010-08-13 00:16
まきろんさま、こんばんは!

予算と見た目と音と、
あんまりちゃちなギターで、
「これがギターか・・・」と思われるもいやだし、
あんまり高価すぎてもいけないし、
自分のギターを探すより大変です・・・^^;
Commented by acogihito at 2010-08-13 00:20
のぶぞ〜さま、こんばんは!

そうですよねぇ。
彼女の場合、「エレキギターもいいかなぁ~」なんて言うもんですから、
フェルナンデスの「ZO-3」も見てみました。

でも、はじめの1本にはおもちゃっぽいじゃないですか。

ちょうどいい感じのギターが見つかって良かったです。

あれだったら、もし弾かなくなっても
インテリアとしてもおしゃれですからね!(^.^)
Commented by acogihito at 2010-08-13 00:24
必着仕事人さま、こんばんは!

自分のギターじゃないですが、
なかなかいい感じの綺麗なギターで、
もう少し大きいタイプを試奏してみました。

ただ色合いと大きさのバランスでいうと、
パーラータイプがちょうどいい感じだと思いました。

そう、出来ることなら「ソロ・ギター」の魅力も知ってもらいたいですよねぇ。

徐々に、徐々に、その道に引っ張り込んでみようかと思います。(*^^)v
Commented by c-harp at 2010-08-13 15:28 x
 こんにちは。入門用のアコースティック・ギターだと、相場は25,000円くらいですかね?私が初めて買ったギター(ヤマハ)は、学生で貯金が無かったので20,000円を切る価格だったと思います。しかし、ギターは愛情を注いだ分だけ良い音が出るので、1台目のギターは思い入れが深いです。8年近く経った今でも使っています。

 以前、打田十紀夫氏が「女性はギターではなくウクレレに行ってしまう」と嘆いていましたが、あこぎひと様の知り合いの方がギターを手にとってくれて良かったですね。細く長くでも続けていって欲しいです。
Commented by acogihito at 2010-08-14 00:29
c-harpさま、こんばんは!

ボクが初めて買ったギターは、トーマスのEF-190というものでした。
   ↓
http://acogihito.exblog.jp/6872153/

当時1万7000円だったんですが、今だといくらくらいのに相当するんでしょうか?
やっぱり2万5000円くらいかな?
今でももちろん持っています。

そういう意味でもやっぱり初めてのギターってのは重要ですよね。

ところで、今回、ギターを見に行った時は、ウクレレも見たんです。
「でもやっぱりギターの方がいい」ということでギターになったんですが、
とりあえず、いくつかコードを覚えて、
何か曲が弾けるようになってくれば面白くなるんですけどね。

確かに細く長くでも続けられるように
ボクなりにアドバイスなどするつもりです。
Commented by ひでー at 2010-08-14 21:27 x
あこぎひとさん、おひさしぶりです。
自分も、まったく同じような状況で、同僚のギター購入に同行しました。
人のギター選びを手伝うのはとても楽しいことですが、責任も感じてしまいます(笑)。


Commented by acogihito at 2010-08-15 15:50
ひでーさま、こんにちは!

そうですよね。
人のギター選びを手伝うのは楽しいけど、
その人の人生に関わるような責任も感じてしまいますよね。

さてさて、この先どうなるか、
FとかBのコードの壁を乗り越えられるか、
暇が合う時には、職場でギターを少し教えることになりました。
Commented by ひでー at 2010-08-18 02:00 x
職場でたまに教えることになった(これまでも少し教えていたのですが)のも、Fコードが課題なのも、まるっきり同じ状況です(笑)

こちらは押尾さんつながりで、ソロギターから入っています。
南澤先生の「ソロ・ギター入門」も買って、気合い入っています。
Commented by acogihito at 2010-08-18 22:39
ひでーさま、こんばんは!

そうですか、ひでーさんが教えている方は、
南澤先生の「ソロ・ギター入門」もやっているんですね?

こちらの方は、まず弾き語りのようで、
徐々に「ソロ・ギター」の魅力を伝え、
その世界に引き込みたいと密かに思っているところです。

初めの1か月を上手く乗り切れて、
何か少しでも弾けるようになってくると
面白くなってくるもんですよね。
だからFの壁の前に、
面白くなることは何か、
簡単なコードだけど洒落た今の曲はないものか
と思っているところです。

<< 8月のライブはちょっと不思議? 愕然としたこと >>