<< タイムリーで気持ちがイイ!      ついに完成!横山ギター!!(そ... >>

伝統工芸とソロ・ギター

伝統工芸とソロ・ギター_c0137404_2234506.jpg

 そういえば小さいころから、工場での大量生産による製品に囲まれて育ってきました。
 そして、金属やプラスチックで、きちっと成形されたものこそ素晴らしいと思っていました。

 でも、最近、改めて「手工芸」の素晴らしさに目覚めています。

 先日、東京・日本橋にちょっとした用事があり、帰りに三越に立ち寄ったところ、
 「日本伝統工芸展」というものが行われていて、思わず見入ってしまいました。

 なんでも
 「日本の優れた伝統工芸の保存と後継者の育成を目的」に行われている公募展で、
 厳しい審査を経て選ばれた
 陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門の入選作、
 730点余りが展示されているそうです。

 う~む!

 上の写真は「日本工芸会総裁賞」、つまりはグランプリに輝いた
 『重ね六つ目盛籃「水鏡」』(磯飛節子)という竹工芸の作品です。

 細く薄くした竹を薄茶から赤茶まで4段階に染めて、微妙なグラデーションをつけ、
 それを伝統的な六つ目編みに独自の工夫を加えた編み方で編んで、
 澄み切った湖面を表現しているそうで、
 なるほど、微妙な色合いと六角形に編まれた竹が、キラキラ輝く水面のように、
 そしてそれが、水面の波を見続けて目が回ってしまうように感じるのと、
 同じように感じるから凄いものです。

 でも、これは写真ではなかなか伝わらないですねぇ。
 写真ではただの平べったいカゴですもんねぇ。
 これは実際に目で見てみないと・・・・。

 その他にも、「これはどうやって作るんだろう?」
 「描いているんだろう?」というものばかりで、
 「人間の手作業って凄いんだなぁ~」と圧倒されてしまいました。

 それに伝統工芸といっても、ただ守るだけではなく、
 その中に新しいアイデア、手法など、若い人たちがどんどん行っているんですね。
 素晴らしい!

 ところでボクは、こういう作品展は初めてだったんですが、
 会場全体の雰囲気は、以前、どこかで経験したことがある雰囲気なんですよね。

 大量生産の製品に慣れた身にとっては、初めはちょっと敷居が高く感じるものの、
 慣れてくると、とても心穏やかにしてくれる、この雰囲気。
 決して派手ではないものの、重厚感のある、この雰囲気。

 う~む、この雰囲気は、何だろう・・・?

 そうだそうだ!
 いつか見た「TOKYO ハンドクラフトギターフェス」の雰囲気だ。

 どちらも手工芸だからでしょうか?
 人間の手が作り出す「ぬくもり」と、それを実際に目で見て初めて分かる「質感」。
 さらに、普通ではなかなか手が出せない、ちょっとマニアックな雰囲気も
 似ているような気がします。

 となると、ボクがこういう伝統工芸に興味を持ったのは、
 アコースティック・ギターに興味を持ち、
 「ハンドクラフトギターフェス」を見に行ってハンドメイドに興味を持ち、
 実際に念願の横山ギターを手に入れて
 職人技を目の当たりにした、ということが影響しているんでしょうねぇ。

 う~む、ギターによって、いろいろなことに開眼させられているという感じです。
 ありがたい。ギターに感謝です。

 そういえば、南澤先生の「ソロ・ギターのしらべ」シリーズも、
 自由なアート作品というよりは、こういった「伝統工芸作品」的ですよねぇ。 
 伝統工芸なら伝統というしばりの中で、
 ソロ・ギターなら楽曲をギター1本用にアレンジするという限られた範囲の中で、
 キラッと光るセンス、才能を表現するということですからねぇ。

 そのソロ・ギターの演奏も、CDで聴くより、
 やっぱり「生」の質感の方が断然素晴らしいし、
 日本の伝統工芸→ギターの手工芸→ギターの生演奏は、
 どこか共通した「人間の手の質感」「ぬくもり」が、
 ホッとするというか、安心するというか、
 穏やかで、いい感じなんですよね。

伝統工芸とソロ・ギター_c0137404_2316189.jpg

by acogihito | 2010-09-28 23:24 | ☆その他 | Comments(2)  

Commented by まきろん at 2010-10-04 15:29 x
手作りのものにひかれるようになったのは
僕もこの頃です
大量生産や機械でつくったではない味わいを感じるように
なってきました
確かにギターもそうですね
究極の手作り嗜好品かもしれないな
Commented by acogihito at 2010-10-04 16:08
まきろんさま、こんにちは!

手作りのものは、大量生産のものに比べれば、やっぱり高価です。
だから長く大事に使おうと思うし、
無駄なものは買わず、必要なものだけと考えていくとすると、
それってエコだよね!という感じもします。

作り手の顔の見えるようなもの、
手のぬくもりを感じるようなもの、
スローライフ。

そういうもののありがたさをボクも感じるようになっていきました。

もちろん、ギターを含めて!

<< タイムリーで気持ちがイイ! ついに完成!横山ギター!!(そ... >>