<< 特殊奏法の魅力      タイムリーで気持ちがイイ! >>

楽しかった!「ソロギター合宿~横山ギター工房探訪ツアー」

c0137404_19374946.jpg

 10月2日(土)~3日(日)に行われた
 「 ソロ・ギター合宿~横山ギター工房探訪ツアー」に参加してきました。

 場所は、「横山ギターズ」の工房のある長野県筑北村のコテージ。
 主催は、横山ギターズの販売などを手掛ける「ワンダートーン」。
 講師は、「ソロ・ギターのしらべ」シリーズでおなじみで、
 我が師匠でもある南澤大介先生と
 間もなくCDデビューする若きギタリスト、松井祐貴さん。
 さらに横山ギターズの工房見学では、
 ギタークラフトマンである横山正さんが直々に案内してくれるという
 ボクにとっては夢のような企画!

 しかも今回の参加者の中には、
 大阪の「MIKIミュージックサロン心斎橋」で行われている
 「南澤大介のソロ・ギター講座」で知りあった仲間たちもいるので、
 同じく南澤先生に習っているボクにとっては、まるで修学旅行のよう。
 また今回、初めての方とも出会い、ソロ・ギター仲間の輪が
 さらに広がりました!

c0137404_1959192.jpg

 10月2日(土)、千葉の自宅を出たのは朝5時過ぎ。
 合宿場所の長野県筑北村までは、電車ではなく、クルマで向かいます。

 というのは今回、南澤先生と松井先生をお迎えに上がり、
 現地までお連れするという重大な任務を担っているからなんです。
 
 ボクが遅れたり、万が一、事故など起こしたら大変ですからねぇ~。
 いつになく運転にも気合いが入り、緊張しました。

c0137404_209180.jpg

 実は、今回の合宿の企画にはボクも少し関わっていまして、
 というのは、今年4月に横山ギターを注文して、
 その後、ワンダートーンの末次さんと
 メールで仕様の確認などのやり取りしている際に
 「完成の時には、是非みなさんで泊まりがけで工房に遊びに来てください」
 とのお誘いを受け、それに対してボクが、
 「それだったら、南澤先生にもお願いして、ソロ・ギター合宿&工房見学ツアーとして、
 正式に公募したらどうでしょう?」と提案したら、
 「それはいいですねぇ!」ということになり、
 あれよあれよという間に実現した、というわけなんです。

 ですから、言い出しっぺの一人として、
 確実に、安全に南澤先生と松井先生をお連れするというのが
 ボクの役目になったわけなんですよね。

c0137404_20203781.jpg

 ということで、無事に長野県に入りました!

 ほかの皆さんは、午前11時に松本駅に集合して、
 まずは昼食場所の安曇野市「石挽き十割そば 穂高城」へ。
 ボクらとは、そこで合流です。

c0137404_20341256.jpg

 さあ、全員無事に揃いました。
 まずは腹ごしらえ!

 ところで今回の参加費は、ひとり15,750円。
 それで、宿泊費、レッスン費、4食付きですから、かなり安いですよねぇ。

 まあ、最初の昼食はお蕎麦屋さんということだから、
 「蕎麦を軽く食べるのかな?」と思っていたら、
 お蕎麦のフルコースのような料理で食べきれないほど。 
 「予算的に大丈夫なのかな?」と企画に少し関わったボクとしては、
 余計な心配をしてしまうほどでした。

 ここでは、みんなで「初めまして」の自己紹介と挨拶をして、
 合宿が始まったばかりなんですが、
 昼食が終わって店の外に出るころには、
 初めての人とも、それぞれに話をしたり、いきなり店の前で記念写真を撮ったり、
 すでに以前からの仲間のような雰囲気。

 やっぱり、そうなんですね!
 皆さんそれぞれに年齢も、性別も、技量や経験も違うんでしょうが、
 ソロ・ギターが好き!南澤先生に習いたい!という気持ちは一緒で、
 いつもはひとりで練習しているのが、
 こうして「同じようなことをこの人たちも立っているんだろうな」と思える人が集まると
 嬉しくて、すぐに仲間になれちゃうんですよね!

 そして、筑北村の「とくら沢ふれあい広場キャンプ場」のコテージに移動して、
 いよいよレッスン開始!

c0137404_20531947.jpg
 
 今回の合宿参加者は11人。
 それが2グループに分かれて、
 南澤先生と松井先生に90分ずつレッスンを受けます。

 南澤先生のレッスンでは、
 ボクや大阪のMIKIミュージックサロンで南澤先生に習っている人は自らちょっと引いて、
 初めて習う人を中心にレッスンを展開。
 内容としては「右手の消音」についてが中心になりました。

 でも、「ソロ・ギターのしらべ」には、まだ載っていない、今ちょっと研究中という
 ですから、南澤先生としては正式に発表できるレベルに整理されていないという 
 ユーミンの「中央フリーウェイ」や「あの日に帰りたい」などを聴かせてくれたんですが、
 それがとってもいい雰囲気で、それに感動!
 いずれ是非、正式に発表して欲しいというものでした。

c0137404_2193085.jpg

 そして松井先生のレッスンです。

 ボクは松井先生とは、この日が初対面。
 しかも、自分の子供であってもおかしくない年齢の松井先生が
 「いったい何を教えてくれるんだろう?」と思っていたんですが、
 教え方がとっても上手で、紳士的で、すっかり魅せられてしまいました。

 この日、教えてくれたのは「特殊奏法の基礎」。

 実はボクは、特殊奏法に関しては、
 どこかキワモノ的に感じていた部分があったんですが、
 実際に正式に目の前で見るのは初めてで、
 そうして見てみると、手の動きがとっても美しいんですよね。
 やっぱり本物を見てみないとダメですね。

 そして見ただけでは分からない部分で、いろいろなことをやっているんです。

 それは「左手での消音」。

 南澤先生の奏法では、右手の消音が決め手で、
 特殊奏法では左手なんですね!

 いずれにしても、「いかに余計な音を出さないようにして弾くか」ということが
 ギターを弾く上での大事なポイントであることが良く分かりました。

 そして、特殊奏法の基礎を学んだので、
 少しずつ練習して、いつかさらりと弾けたらカッコいいだろうなぁ~と、
 新たな目標も生まれました。

 それにしても松井くん、いいねぇ!
 すっかりファンになってしまいました。
 今度、CDを出すそうだから、是非とも応援しなくちゃ!

c0137404_21315727.jpg

 さて、レッスンが終了して、ほどなくすると、
 今度はコテージの外で、夕食のバーベキュー!

 ワンダートーンの坂本さん、末次さん、それに横山ギターズの横山さんと親しく、
 料理が得意という御兄弟がわざわざ八王子から来てくれて料理を作ってくれました。

 ところで、この方々、一見すると料理をするようなタイプには見えないんですが、
 外での食事であるバーベキューとは思えない、凝った料理をなさるんですよね。
 もうびっくり!

 そして、一応、料理に関しては素人であるそうなんですが、
 出来上がった料理は、プロ顔負けの繊細なもので、
 これまたびっくり!

 さらに、それを作る道具も、
 「これを外にわざわざ持ってきちゃったんですか?」というもので、
 キャンプやバーベキューは良くやる方で、
 ちょっと煩い方のボクも、びっくりするものでした。

 だけど、とっても美味しかったのは覚えているんですが、
 その後、深夜までみんなでワイワイガヤガヤやってしまったので、
 料理名に関しては、すっかり忘れてしまって申し訳ない限りなんです。

 とにかく「〇〇の〇〇スープ」といった感じの、間に「の」が入る料理で、
 バーベキューで味わうにはもったいないような料理でした。
 どうもありがとうございました。
 ごちそうさまでした。

c0137404_21453789.jpg

 さて、この合宿の主催者である「ワンダートーン」は、
 横山ギターズの横山さん、それに坂本さん、末次さんという3人の会社。

 とは言え、横山さんが一流のギター職人であるように、
 坂本さん、末次さんもギター関係のそれぞれの分野で活躍してきて独立し、
 その3人が組んだ会社ですから、
 ギター業界の精鋭の集まりのようでもあるんですよね。

 バーベキュー後は、そんな横山さんや坂本さんを中心に、
 普通じゃ聞けない「ギター製作秘話」や「ギター業界秘話」なども聞けて、
 これまた大いに勉強になりました。

c0137404_22222053.jpg

 そして、南澤先生の演奏があって、
 豪華な夕食バーベーキューはお開きに。

 しかしまあ、あっという間にお腹いっぱいになっちゃって、
 お肉とか、「そんなに用意してたんですか!」というくらい食材もいっぱいあって、
 それがけっこう余っちゃったようで、
 参加費を考えると、「本当に予算的に大丈夫なんですか?」と
 これまた心配してしまうほどでした。  

c0137404_2272843.jpg

 さて、一方で、いったん解散しても
 名残り惜しい人たちは、深夜まで、ギターを抱えて飲めや歌えやの大騒ぎです。

 坂本さんは何回も
 「みなさんは本当に今日初めてなんですか?」と繰り返していました。

 やっぱり、そうなんですよね!
 普段一人で練習しているからか、仲間ができるとすぐに仲良くなって、
 ましてや世代が近いと歌までずっと一緒に歌ってたりして。
 知らない人が見れば、まるで同窓会のようで、
 今日初めて会ったような人たちが騒いでいるとは思えなかったでしょうねぇ。

 そんな雰囲気でした。


★    ★    ★    ★    ★    ★    ★    ★

c0137404_2357737.jpg

 そして、翌日の10月3日(日)は、
 まず、昨夜は入れなかった温泉に入って、朝食を済ませてから
 「横山ギターズ」の工房見学です!

c0137404_2212747.jpg

c0137404_2354785.jpg

 普通だったら、楽器店の高級ギター売り場のガラスの戸棚一番上に飾ってあるような、
 普段だったら、「ちょっと試奏させてください」とはなかなか言えないような、
 ハカランダを使ったギターも試奏できたり、
 木材それぞれの特徴を教えてもらったり、
 作り方を教えてもらったり、
 とにかく、いつもだったら、こんなに一流のプロの人には、
 「ちょっと怖くて聞けないな」というような超初心者的なことでも気軽に質問できて、
 本当に勉強になる有意義な時間でした。

c0137404_22204599.jpg

 一方、別室では、南澤先生を囲んで、
 これまたセミナーのような、演奏会のような状態に。

 そして、この時の演奏は、きちんとした演奏というよりは、
 その場でリクエストに応えての即興のソロ・ギター演奏。
 
 即興ですから、最後までスラスラっと演奏されるのではなく、
 途中で、こうかな?こうかな?こういう方がいいかな?とか、
 普段なら見ることができない先生が考える場面を見ることができて、
 それでも、ボクらにはすごい完成度に聴こえて、
 大いに勉強になり、刺激になるものでした。

 そうしたところを見たり聴いたりできたのも、この合宿ならではでしたよね!
 

c0137404_22415489.jpg

 その後、工房のある筑北村から松本駅に向かう途中の
 安曇野市にある「大王わさび農場」という
 ワサビのテーマパークのようなところのレストランで昼食。

 ボクと南澤先生、松井先生の3人は、そこで皆さんと別れ帰路へ。
 皆さんは、それから松本駅で解散ということになりました。

c0137404_22451825.jpg

 いやぁ~、それにしても本当に楽しく、中身の濃い、充実した2日間でした。

 南澤先生、松井先生、ありがとうございました。

 そして、坂本さん、横山さん、末次さん、ご苦労様でした。
 バーベキュー場の照明の追加や数々の調理器具やテーブル、
 ギタースタンドやホワイトボード、その他、
 細かい準備や後片づけ、本当に大変だったろうと思います。
 おかげさまで心から楽しませていただきました。
 どうもありがとうございました。


 そして参加された皆さん、またいつかお会いしたいものですねぇ!

 出来ることならば、第2回、第3回の合宿を希望したいところです。



 当日の模様は、
   「ヨコヤマギターズのウェブサイト」内の「ブログ」にも掲載されています。
    → ソロギター合宿~横山ギター工房探訪ツアーレポート-前編-
    → ソロギター合宿~横山ギター工房探訪ツアーレポート-後編-

 南澤大介先生の「ブログ」にも掲載されています。
    → ソロギター合宿&横山ギター工房探訪ツアー2010・その1
    → ソロギター合宿&横山ギター工房探訪ツアー2010・その2

  ボクのブログを含め、3つの記事を読むと、
  参加者、主催者、講師と、3者の目線で、合宿の様子が立体的に分かって面白いです。
  

by acogihito | 2010-10-04 23:03 | ★アコギ関連 | Comments(18)  

Commented by piyopiyo at 2010-10-04 23:47 x
いつものことながら、よくできた文章に感服しました。

ああ楽しかったですねー。
高価なギターに触り放題弾き放題。
先生には質問し放題。
おまけに歌い放題食べ放題飲み放題(笑).


たとえ高級ブランドギターでも、誰が作ったかわからない展示品を買うよりは、目を閉じればワンダートーンの皆さんの顔が浮かぶ世界に一つの特注ヨコヤマギターの方がずっといいと思いましたよ。

第2回、あるといいなぁ。
Commented by 必着仕事人 at 2010-10-05 00:14 x
この企画を作って頂き、感謝です!

楽しかった~!!!

またまた「あこ ぎひと」さんの文才に脱帽・・・(汗)

第2回、第3回と合宿の実現が有ればいいですね!!!

mixiのupには、このページの転写を許してね♪♪♪
Commented by acogihito at 2010-10-05 00:30
piyopiyoさま、こんばんは!

お褒めいただき、ありがとうございます。

それにしてもホント、楽しい合宿でした。
ワンダートーンの皆さんには感謝です。

ところで、先日見た「情熱大陸」の沖仁さんの回で、
沖さんがスペインのテオドロ・ペレスというギター職人を訪ねるシーンがあって、
「作り手が見えることが名器の条件」として、
「あの笑顔が浮かぶ」と話していたことが印象的ででした。

プロはともかく、素人はなかなかギター職人と会えるチャンスはなく、
そういう意味では、横山ギターは素人にも門戸を開いていていいですよね!

さらに、その情熱大陸では「生まれたてのギターは音が若く、
2~3年かけて音を育てていく」というナレーションもありました。

ボクは、横山さんにギターを作ってもらったわけですが、
「2~3年かけて音と、自分の技量を育てていく」としたいものです。
3年たてば今より少しは上達しているでしょう。
その時を楽しみにしています。

ところでpiyopiyoさんの写真、いいですね!
ボクがとってないような写真、コピーさせてくださいね!
Commented by acogihito at 2010-10-05 03:19
必着仕事人さま、こんばんは!

いや~、本当に楽しい合宿でしたよね!
ワンダートーンのみなさんには本当に感謝です。

言い出しっぺでもあるボクとしては、
本当は参加者をもっともっと盛り立てるべきだったんでしょうが、
自分が一番喜んではしゃいでしまったようです。

また是非とも集まりたいですねぇ!
そして「南澤一門」の輪を広げたいもんですねぇ!!

また是非!
今度は必着仕事人さんの蕎麦を味わいたいものです。
Commented by チョコたんどす at 2010-10-05 07:57 x
どんなに楽しかったってことが伝わって来るとても素敵な文章ですね

画像からも楽しさが伝わってきます(笑)

作った人の顔見れるギターっていいですね
Commented by まきろん at 2010-10-05 11:13 x
楽しそうですし
みなさん いい表情ですね
今回はホントに残念
また設定してください
次回はぜひ行きたいとおもいます
お疲れ様でした
Commented by 合宿 at 2010-10-05 11:46 x
あこぎひとさん
そして参加された皆様
お疲れさまでした。
見ていても楽しいさが伝わってきますよ。
それにしても、良い企画だったのに
参加できなかった事が残念でした。

Commented by acogihito at 2010-10-05 20:53
チョコたんどすさま、こんばんは

ありがとうございます。
合宿、ホント楽しかったです!

それから作者の顔が見えるギターっていうのはいいもので、
きちっと弾かなくちゃ、弾けるようにならなくちゃという意識がより高まるんです。

Commented by acogihito at 2010-10-05 20:58
まきろんさま、こんばんは!

今回は、南澤先生、若きギタリストの松井さん、
それにギタークラフトマンの横山さん、
さらにワンダートーンの坂本さんに末次さんと、
それぞれアコギの世界でのプロと一緒でしたから、
ちょっとした会話も「へぇ~」とか、「なるほど!」ということが多く、
楽しいだけでなく刺激的で、
刺激的だら楽しい合宿だったんだと思います。

また次にもこんな企画があれば是非!
ボクも機会があれば働きかけてみます。
Commented by acogihito at 2010-10-05 21:05
合宿さま、こんばんは!

あらぁ~、本当は参加するはずだったんですね?
それは残念!
お会いしたかったし、こういうチャンスななかなかありそうでないですからねぇ。

1泊2日と、普通のセミナーなどに比べれば圧倒的に時間があったはずなのに、
それでもアッという間に過ぎて時間が足りないくらいでした。
もっとみんなでいろいろなことを聞きたかった。

南澤先生には個人的に習っているものの、
他の人と一緒だと、ボクが気付かないことを質問したりして、
それが「なるほど、考えもしなかった」ということだったりして、
それも勉強になるんですよ。

本当に良い合宿で関係したすべての方々に感謝でいっぱいです。
Commented by nilla at 2010-10-05 22:50 x
あこぎひとさん、こんばんは!

合宿中は、本当にお世話になりました。
初めて会う生の南澤大先生に、緊張しっぱなしでしたが
年甲斐もなく感激してしまいました。
あこぎひとさんのブログに出会えたからこそ出来た
自分にとっては貴重な体験です。

私も『南澤一門』ってことですよね!

お酒が入ったときばかり元気で
すみませんでした。
今後とも宜しくお願いします。
Commented by acogihito at 2010-10-06 08:28
nillaさま、おはようございます!

そう!もう立派な「南澤一門」ですよね!

それにしても、あの夜の長淵剛熱唱シリーズは凄かったですね!
普段はひとりひとりでも、ああやって集まると一体になれちゃうのは不思議なのものです。
しかも、それが初めてでも出来ちゃうんですから。

そこには、みんなギターが好きで、
日ごろは南澤先生の「ソロ・ギターのしらべ」に心打たれて練習してるんだろうな、という
暗黙の共有感があるからなんでしょうね。

このブログもお役に立てたようで何より!
そうだとしたらボクも嬉しいです。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

また集まりたいですね!!
Commented by 大阪支店のS at 2010-10-06 11:52 x
この度は色々とお世話になり、大変ありがとうございました!
あこぎひとさんには、講師陣の移動をお願いしちゃってスイマセン。
(気軽に頼める距離じゃないですよねぇ・・・汗)

我々は楽器製作、販売を仕事とさせて頂いている訳ですが、
参加してくださった方々同様、我々も楽器好きで音楽好きです。
(ウチのボスなんか、歌っちゃってましたしね^^;)

もちろん、商売ではあるものの、
やはり、”同じ音楽好きの仲間”という意識があります。
これからも、”仲間”のみなさんと共に、頑張っていきたいと思います。

ともかく、ご参加頂いた方々に楽しんで頂けたようで良かったです。
第二回開催となりましたら、またご参加くださいね!

ありがとうございました!
Commented by acogihito at 2010-10-06 21:26
大阪支店のSさま、
この度(旅?)は、本当にありがとうございました。

おかげで、心の底から楽しむ2日間を過ごすことができました。

今回の合宿で、
「ギターというのは本当に人間味あふれる楽器なんだなぁ~」と
改めて感じ入りました。

人間が作り、人間が弾き、そして人間が集まる・・。
しかもそこには、老若男女、経験も、何も関係なく、平等ですからねぇ~。
なんと平和な楽器なんだろうとも思います。

ボクも横山ギターファンとして
これからも陰ながら応援していきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。

第二回、是非、楽しみにしております。
Commented by kisimamu at 2010-10-09 01:12 x
 acogihitoさん。こんばんは。

 楽しく、充実した2日間だったのでしょうね。お料理もおいしそうだし、いいですね。いいな~。

 そういえば松井祐貴さんのブログもちょくちょく見ているのですが、acogihitoさんの車の中で失礼して寝させてもらいました~みたいなことが書いてありましたよ。快適なドライブだったのでしょう。

 なにはともあれ、お疲れ様でした。
Commented by acogihito at 2010-10-09 09:06
kisimamuさま、おはようございます!

はい!本当に楽しく充実した2日間でした。

ソロ・ギターの場合、普段はひとりで練習することが多いですよね。
だから横のつながりが少ない。

ギターのサークルのような活動もありますが、
今回の場合、同じギターでも参加者はみんな
南澤先生の「ソロ・ギターのしらべ」をやっている人たちだったので、
「あの人はあの曲をやっているのか」とか、同じ曲を一緒に演奏できたり、
同級生的感覚、門下生的感覚、ゼミ的感覚で、
すぐに一体になったという感じです。

しかも初めて会った人とでもそういう感覚が持てるというのは、
不思議で、とっても嬉しいものでした。

そこに南澤先生があまりやらない、
松井さんの特殊奏法の講義が加わり、新鮮で、それが生きてましたね。

第二回もあるようでしたら、是非、kisimamuさんも参加してみてはいかがでしょう!
楽しいです!お勧めです!
Commented by 寿 at 2010-10-10 16:24 x
合宿、お疲れ様でした。 
acogihito先輩の後押しでこの企画に参加しました。
この機会を逃さず本当によかったです。
たのしい、おいしい、ためになる合宿でした。
このブログ見ていてよかった!!いつもありがとうございます。
それからすっかり「ギターの貴公子」松井先生のファンになってしまい、CD発売記念ライブには行こうと思っています。
ソロギターのしらべのはがきには
「女性ボーカル編」リクエストしなければ。
Commented by acogihito at 2010-10-11 00:18
寿さま、こんばんは!

お役に立てて何よりです。
こちらこそ、どうもありがとうございます。

本来なら、近所ですし、一緒に行けたらよかったのですが、
いろいろ申し訳ありませんでした。

土日が仕事の今のボクは、
松井さんのCD発売記念ライブには、ちょっと行けそうにないんですが、
寿さんが行かれたら、是非、よろしくお伝えください。

また何か機会がありましたら、一緒に参加しましょう!
今後ともよろしくお願いします。

<< 特殊奏法の魅力 タイムリーで気持ちがイイ! >>